助詞「に」の使い方について伺いたく存じます。

タイトルの「今年の夏には北海道に行く」ですが、
このように、「今年の夏は」に「に」を入れると不自然でしょうか。

よろしくお願い致します。

A 回答 (3件)

どちらも自然です。


ただ、若干、ニュアンスの違いが生じるでしょう。

1.「今年の夏は北海道に行く」

この「は」は、
1 判断の主題を提示する意を表す。
という用法の係助詞。
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/172815/meaning/m1 …
「今年の夏」が、係助詞「は」の用法によって主題提示されている構文。
「今年の夏について語ってみるなら、北海道に行く」といったニュアンス。

2.「今年の夏には北海道に行く」

この「に」は、
1 動作・作用の行われる時・場所を表す。
という用法の格助詞。
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/166083/meaning/m1 …
また、この文の場合、「は」は2つの用法が想定可能だと思います。
ひとつは、1と同じで「主題提示」の用法。
「今年の夏という時期について(どうするかという予定を)語ってみるなら、北海道に行く」といったニュアンス。
もうひとつは、
3 叙述の内容、またはその一部分を強調して明示する意を表す。
という用法。
「今年の夏に」という場所要素が、係助詞「は」の用法によって強調されている。
「今年の夏には、[ 絶対に / どうしても ] 北海道に行く」といったニュアンスが想定されやすい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に説明していただき、ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/18 00:50

#1です。


申し訳ありません。
誤植がありましたので訂正させてください。

×
「今年の夏に」という場所要素が、係助詞「は」の用法によって強調されている。


「今年の夏に」という時要素が、係助詞「は」の用法によって強調されている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2017/04/18 00:51

不自然ではないですよ!


ただ印象のちがいですね!
今年の夏には〜だと、今まで行こう行こうと思って計画もしてたけど行けなかった。けど今年の夏には絶対行く!みたいな印象でした。
今年の夏は〜だと、今までは北海道以外のところに行っていて、今回初めて北海道に行くことを計画した。みたいな印象でした。

あくまで私の印象からのアンサーですが、少しでも参考になれば幸いです!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。わかりやすかったです。

お礼日時:2017/04/18 00:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「上達したい」「上達させたい」の使い方と、「を」と「が」の各助詞につい

「上達したい」「上達させたい」の使い方と、「を」と「が」の各助詞について教えてください。
以下の文はどれが正しいでしょうか? 宜しくお願いします。

1.(私は)自分の英語を上達したいんです。
2.(私は)自分の英語を上達させたいんです。
3.(私は)自分の英語が上達したいんです。

Aベストアンサー

上達するは自動詞なので、~をという目的語をとりません。
英語が上達する、ピアノが上達する
3、私は自分の英語が上達したいんです。私は英語が上達したいんです。はOK
2、させるは使役で、他動詞になるので~をと云う目的語をとる、したがってOK
だと思います。

Q「自然に」と「自然と」のニュアンスの違い

 教えていただきたいことがあります。
 「自然に」と「自然と」のニュアンスの違いなのですが、普段は目にする分には
あまり気にしてはいないのですが、いざ自分で使うとなると、どっちがベターなの
かと・・・。
 細かいこととは存じますが、お分かりの方いらっしゃいましたら教えていただけ
ないでしょうか。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自然(じねん):「中世以前では「ひとりでに、おのずから」の意の時は「じねん」と読むことが普通で、「万一、ひょっとしたら」の意の時は「しぜん」と読み分けていたという。」(小学館「国語大辞典」)

このように使い分けられてもいた頃から、更に呉音「じねん」では仏教用語色が強まり、一方幕末明治での外来語の訳語としての漢音「しぜん」が主流となっていった。
そして今では名詞以外では形容動詞として定着しているとするならば、その連用形の副詞的用法である「自然に」が一番無難であり「自然」なのだと思われます。

自然に:故意にするわけでなく、おのずから、そうであるさま。また、ひとりでに、そうなるさま。
「自然にその戸が開いた。」「心の傷もやがて自然に癒されていた。」

自然と:ひとりでに、そうなるさまから転じて、比較の基準の意味合いを増し、あることがらが誰にも抵抗なく受け入れられるさまや、行為や態度がわざとらしくないさま、といった判断性のトーンが混じる。
「サイドを引いていなかったせいか、車が自然と動き出した。」「けんかの後なので、自然と口数が減ってきた。」

Q助詞「に」「は」「には」の使い分け

外国の友人から、
1.具合の悪い時は、この薬を飲んでください。
2.具合の悪い時に、この薬を飲んでください。
3.具合の悪い時には、この薬を飲んでください。
上記3つの助詞の使い分けについて質問を受けたのですが、よく説明できなかったんです。
この3つの言い方の違いを教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

 少し角度を変えて考えてみました。
1.具合の悪い時は、この薬を飲んでください。
2.具合の悪い時に、この薬を飲んでください。
3.具合の悪い時には、この薬を飲んでください。
4.具合の悪い時、この薬を飲んでください。
この場合、「この薬を飲め」という主題が<を>によって強められているので、前提条件における助詞はあまりその役割が求めれず、むしろ助詞なしの4番が一番収まりがつくし、これが2番と共に、「飲んで…」という用言を限定修飾しているだけに、すっきり通りやすいのではないでしょうか。

 これを別の角度から見直すため、更に、この「薬<を>飲め」という文の結びつきを弱めさせて、ついでに順序も変えてみると、
1.この薬は、具合の悪い時は飲んでください。
  この薬は、具合の悪い時は飲まないでください。
2.この薬は、具合の悪い時に飲んでください。
  この薬は、具合の悪い時に飲まないでください。
3.この薬は、具合の悪い時には飲んでください。
  この薬は、具合の悪い時には飲まないでください。
4.この薬は、具合の悪い時飲んでください。
  この薬は、具合の悪い時飲まないでください。
用言に掛かる2と4番の場合が明瞭で、それに比べて3番は「飲め」とも「飲むな」とも両者いづれも可のような選択性が、そして1番はむしろ「飲むな」という逆接が、むしろ似つかわしいぐらいではないでしょうか。
3番は「この薬」にも「飲んでください」の何れにも掛かっているし、1番の方はむしろ「この薬」を取り立てているせいでしょうか。
下にもう一度、単純な例をあげてみました。 
困った時、この金を使え。  
困った時は、この金を使え。
困った時に、この金を使え。
困った時には、この金を使え。

この金は、困った時使え。 困った時使うな。 
この金は、困った時は使え。困った時は使うな。
この金は、困った時に使え。困った時に使うな。
この金は、困った時には使え。困った時には使うな。

 少し角度を変えて考えてみました。
1.具合の悪い時は、この薬を飲んでください。
2.具合の悪い時に、この薬を飲んでください。
3.具合の悪い時には、この薬を飲んでください。
4.具合の悪い時、この薬を飲んでください。
この場合、「この薬を飲め」という主題が<を>によって強められているので、前提条件における助詞はあまりその役割が求めれず、むしろ助詞なしの4番が一番収まりがつくし、これが2番と共に、「飲んで…」という用言を限定修飾しているだけに、すっきり通りやすいのではないで...続きを読む

Q「家に住む」「ホテルに泊まる」の「に」の助詞の意味

「家に住む」「ホテルに泊まる」の「の」助詞の意味を教えてください。どうして「に」になるのでしょうか。
あと、「公園を散歩する」と「公園で散歩する」の違いも教えていただけたら助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.「家に住む」「ホテルに泊まる」

これらの「に」は、【1-1 動作・作用の行われる時・場所を表す。「三時―間に合わせる」「紙上―発表する」】という用法の格助詞です。
「に」には多様な用法があります。
下記辞書で確認できます。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/166083/m1u/%E3%81%AB/

2.
a.「公園を散歩する」
この「を」は、【3 移動の意を表す動詞に応じて、動作の経由する場所を示す。…を通って。「山道―行く」「廊下―走る」「山―越す」】という用法の格助詞。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/239138/m1u/%E3%82%92/
『公園を通って散歩する』
b.「公園で散歩する」
この「で」は、【1-1 動作・作用の行われる場所・場面を表す。「家―勉強する」「委員会―可決する」「試験―合格点を取る」】という用法の格助詞。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/148951/m1u/%E3%81%A7/
『公園の中で散歩する』

1.「家に住む」「ホテルに泊まる」

これらの「に」は、【1-1 動作・作用の行われる時・場所を表す。「三時―間に合わせる」「紙上―発表する」】という用法の格助詞です。
「に」には多様な用法があります。
下記辞書で確認できます。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/166083/m1u/%E3%81%AB/

2.
a.「公園を散歩する」
この「を」は、【3 移動の意を表す動詞に応じて、動作の経由する場所を示す。…を通って。「山道―行く」「廊下―走る」「山―越す」】という用法の格助詞。
http://dictionary.goo.n...続きを読む

Q助詞「に」と「~に~を塗る」と「~を~で塗る」とヲ


A父に手紙を書いた。恋人にセーターを編んだ。
B父にお土産を渡した。恋人にプレゼントを贈った。

(1)Aの「に」と同類の「に」を含む例文を二例、挙げなさい。
(2)AとBの「に」の共通性と異質性について説明し、両者は区別すべきか否か、論じなさい。




a壁にペンキを塗る。
b壁をペンキで塗る。
aとbは、同じ「塗る」という動詞について「~に~を塗る」と「~を~で塗る」の二通りの格助詞の組み合わせで表現可能である。
(一)同じような例を他に3例あげなさい。
(二)なぜこのような現象が起こるのか、aとbの意味の遣いにも言及しながら説明しなさい。


3 次のそれぞれのヲ格の意味・用法の違いについて簡単に説明しなさい。
(1)a汗をふく   a,体を拭く
(2)b水を沸かす b,湯を沸かす

Aベストアンサー

大体OKです。

1  
A父に手紙を書いた。恋人にセーターを編んだ。
B父にお土産を渡した。恋人にプレゼントを贈った。

Aの「二」格もBの「二」格はも、移動先を表すことは共通している。
しかし、Bは単純にモノが「Xに」移動することを表しており、「二」格は単なる着点を表す。
それに対して、Aでは、「手紙を書いて、それが「Xに」移動する」ことや、「セーターを編んで、それが「Xに」移動する」ことを表している。「二」格は単なる着点ではなく、受益者でもある。





(1)汗をふく(動作の対象)   OK  
(2)体を拭く(通過する場所)  ちょっと違う

(2)は動作や作用の及ぶ場所を表している。
同じようなペアに、次のようなものがある。
(1’)(庭の)落ち葉を掃く / 黒板の字を消す
(2’)庭を掃く / 黒板を消す

「部屋を探す」と言うとき、「これから住む部屋を探す」という意味と、「なくなった財布を探して、部屋の中をあちこち探す」という二つの意味があります。



(3)水を沸かす(動作の対象)  OK 
(4)湯を沸かす

(4)は「結果の目的語」という。動作の結果生じるモノを目的語にとります。
詳しくは本を読むなり、辞書を引くなり、検索するなりしてください。
同じようなペアに、次のようなものがあります。
(3’)折り紙を折る / 地面を掘る / 毛糸を編む
(4’)鶴を折る / 穴を掘る / セーターを編む

大体OKです。

1  
A父に手紙を書いた。恋人にセーターを編んだ。
B父にお土産を渡した。恋人にプレゼントを贈った。

Aの「二」格もBの「二」格はも、移動先を表すことは共通している。
しかし、Bは単純にモノが「Xに」移動することを表しており、「二」格は単なる着点を表す。
それに対して、Aでは、「手紙を書いて、それが「Xに」移動する」ことや、「セーターを編んで、それが「Xに」移動する」ことを表している。「二」格は単なる着点ではなく、受益者でもある。





(1)汗をふく(動作の対象)  ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報