年契約のパート従業員です。職種は 食品製造業です。更新々、で十年間勤続しておりますが 昨年 労災事故により 手術入院して 十ヶ月休職し 最近復職しました。まだ、重量物が持てないので 軽作業に従事させて頂いておりますが 此まで 休んでおったのと 椎間板ヘルニアの持病(十年前に手術を薦められた)があり 7時間 定位置に立ちっぱなしの作業で 腰痛が酷く 湿布、痛み止め服用し 腰痛ベルト装着で 二日間就業しましたが 酷くなる一方(車の運転、乗り降りが辛い)で 整形科受診の結果 二三日安静とのこと 職場の上司に 連絡したところ 休職中太った(事実6㌔体重増加)のが原因で 腰痛がでたのは、自己管理不足なので 休んで困るとの事。この状態で 勤務すれば 益々ヘルニアが 悪化しそうです。今回の就業契約期間は まだ二ヶ月残っておりますが 体調を考えると 辞めるしかないと思いますが 上司に対し 腹ただしい思いです。労災の時も 入院、手術前の自宅療養中(絶対安静時)も 何とかと上司に言われ 二日間出勤させられた事あり 頭にきております。ご意見お聞かせ頂きたく 投稿させて頂きました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そりゃあなんでも太りすぎで 上司の言うことはもっともです。

会社が配慮してくれた軽作業でも 仕事ができないなら 居場所はありません 辞めることをお勧めします。
    • good
    • 1

復職し前の仕事ではつらく勤まらない場合 


会社内でも移動も出来ない場合 

自分の体を守る為に退職する場合が多いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご意見有りがとうございます。

お礼日時:2017/04/18 02:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報