って、どんな保証人のことですか?

A 回答 (1件)

細かい違いは沢山ありますが、最も大きいのは


検索の抗弁権と、催告の抗弁権を有することです。

民法 452,453,454条。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q破産手続きをした場合、保証人つきの賃貸契約(滞納分)は債権者によって残りの支払い額を保証人に取り立て

破産手続きをした場合、保証人つきの賃貸契約(滞納分)は債権者によって残りの支払い額を保証人に取り立てるのでしょうか。

Aベストアンサー

≫債権者とは賃貸契約者(貸主)が債権回収業者に引き渡した為、今まではその業者に返済していましたが、私が個人破産することで今度は保証人が返済しなければならないということですよね…
これを回避するには、保証人も自己破産するしかないのでしょうか。

はて?
ちょっとアベコベになってませんか?

まず、保証人がいるのに債権回収会社に債権が譲渡されるといことはありません。

保証人は、契約者が未払いになった時点で即支払いを請求されます。

なので、最初の回答の通りで、破産と無関係に保証契約を履行しなくてはならないのです。

この場合、契約者は保証人に対しての弁済義務はありません。
なので、保証人が支払った時点で債権そのものは消滅します。

これは保険契約と同種の考えです。

例えば損害保険い加入していて怪我をしたとします。
病院で損害保険の適用を受け、支払いが損害保険で支払ったとします。
被保険者は、だからといって損害保険会社にその費用は弁済しませんよね?

という考え方です。

上記とは関係なく、保証契約を履行したくないというのであれば、お考えの通り自己破産以外にありません。

≫債権者とは賃貸契約者(貸主)が債権回収業者に引き渡した為、今まではその業者に返済していましたが、私が個人破産することで今度は保証人が返済しなければならないということですよね…
これを回避するには、保証人も自己破産するしかないのでしょうか。

はて?
ちょっとアベコベになってませんか?

まず、保証人がいるのに債権回収会社に債権が譲渡されるといことはありません。

保証人は、契約者が未払いになった時点で即支払いを請求されます。

なので、最初の回答の通りで、破産と無関係に保証契約を履行...続きを読む

Q亡くなった親の借金(信用保証協会)と保証人と相続人の関連について教えてください。

実父が信用保証協会に負債がありました。その借金の連帯保証人が長男になっています。
長男は跡継ぎで二人で商売をしていました。
実父が先日亡くなり、相続をすることになりました。兄弟は3名います。
父名義の不動産があり、それらを相続するにあたり 
保証協会の負債は連帯保証人になっている兄以外の兄弟2人も負の財産として相続しなくてはいけないのでしょうか?

保証協会に聞けば、連帯保証人が兄であっても 父の保証協会の負債は 父の不動産を相続するなら負の財産として相続しなければいけない というのですが、納得がいきません。
連帯保証人が設定されていない父の負債であるならば、相続する兄弟が負の財産として受け入れるのはわかります。
しかし連帯保証人に兄がなっているのだから 負債は100%兄のものではないでしょうか?

付き合っている銀行に聞けば 連帯保証人がすべてを負う のが当たり前だと言います。

司法書士に聞いても正確な答えが返ってこず、詳しい弁護士に聞いてくださいと言われて困ってます。
どなたかご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

負債は,「父と長男」の負債でした.相続が発生したなら,「父の遺産を受け継ぐ人」と「長男」との負債に変わります.長男さんは両方に関わるだけで前者「父の遺産を受け継ぐ人」を一身に背負う仕組みではありません.「父の遺産を受け継ぐ人」が長男以外にも存在するなら,貸した側は法定相続割合を原則として全員に返済を請求できます.

以下推測ですが:
・付き合っている銀行が「連帯保証人がすべてを負う」と言ったのは
 『長男以外の兄弟二人は当然のごとく相続放棄する』ことが前提だと勘違いしたからでは.
・司法書士が「詳しい弁護士に聞いてください」と言ったのは,この相続事案が書士の手に負えない
 ”争続”になると判断したからでは.

Q連帯保証人の相続人の相続人

連帯保証人が死んだ場合
債務者が破産したら、その連帯保証人の相続人に支払義務があるのは
わかりましたけども、
もしその相続人も分割返済の途中で死亡したばあい
その相続人に残債務支払い義務が生じますか?
払い終えるまで(相続放棄をしない場合)延々、その子、孫にといくのでしょうか?

不動産が大きいだけに放棄はしない意味で教えてください

Aベストアンサー

連帯保証人は、本人の債務を全額保証します。
連帯保証人の相続人は、相続分に応じて債務を相続します。その相続人も、相続分に応じて債務を相続します。
従って、相続人の債務は、相続分に限定されます。相続が続くと、債務は」小さくなります。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/so/debthoso.html

Q他に連帯保証人があるとの債務者の説明を誤信して連帯保証契約を結んだ者は

他に連帯保証人があるとの債務者の説明を誤信して連帯保証契約を結んだ者は、特にその旨を表示し保証契約の内容としたのでなければ、錯誤無効を主張することができない。

答えは◯です。この文章が何を言っているかわからないので、もっと分かりやすく教えてもらえませんか?

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

連帯債務者の数が増えれば、求償権との
関係で、一人あたりの負担額が実質
減ります。

他に連帯保証人があるから、俺の負担額は
これだけだな、と計算して、安心して連帯保証人になった
のに、それが間違いだった場合は錯誤に
なり、無効になるはずです。

しかし、それでは債権者に不利となるので、
それは認めない、としたのです。

Q夫の借金と、保証人である私の相続に関する相談です

夫は私の両親と養子縁組をしていて、夫にも相続権があります。
夫は事業に失敗して自己破産を考えていますので、近々養子離縁をして夫の相続権をなくす予定です。
私は一人っ子なので両親の財産は私が100%相続することになると思います。
しかし私は夫の借金の連帯保証人になっているので、私の両親の財産を私が相続しても、
全部取られてしまう可能性が高そうです。私は自己破産をしたくありません。
私たち夫婦には子供(23歳と28歳)がいるので、
その子供ふたりを私の両親の養子にして、私が相続を放棄すれば、
両親の財産は100%子供が相続できるので、取られなくて済むのではないだろうか。
・・・と考えたのですが、このような方法は法的に有効なのでしょうか?
できれば民法の何条にそのようなことが書いてあるのか教えてください。 

Aベストアンサー

それは、刑法96条の2で2年以下の懲役です。
明らかに強制執行を免れる目的で養子離縁したり、孫との養子縁組は違法です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報