質点はどれも同じ質量ですか?

A 回答 (1件)

その質点の質量がいくつかによります。



当たり前のことですが、「同じ質量の質点」であれば「同じ」ですが、異なる質量であれば異なります。

「質量 1 kg の質点」と「質量 1 kg の質点」は「同じ質量」ですが、
「質量 100 kg の質点」と「質量 1 kg の質点」は「異なる質量」です。

「大きさ」に関しては、「質点」といえば「質量はあるが体積はない」ものですから、「体積はゼロ」という点でみな同じです。

お分かりのとおり、「質点」とは「仮想的な質量」であって、現実には存在しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。やはりモノによって質点は異なるのですね。
ありがとうございました!
解決しました!

お礼日時:2017/04/18 10:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q質量mの2つの質点が

質量mの2つの質点を長い糸で結び、水平に2aだけ隔たっている滑らかな釘にかけて釣り合わせておきます。いま質量m´の別の質点を糸の中央にかけたとすれば、それが止まるまでにどれだけ下がるでしょうか。
という問題で、張力のつりあいからm´g/2sinθ=mg、求める高さh=asinθとして、h=am´/2mかなと思ったのですが、自信がありません。正しい解説をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問ではぶら下げる物体の質量はm’です。
回答ではいつの間にかm’=mになってしまっています。

m’=mであれば3つの物体の質量が等しいのですから
3つの大きさの等しい力の釣り合いです。力と力のなす角度が120°というのは計算しなくても分かります。空間の3分割です。

>張力のつりあいからm´g/2sinθ=mg、求める高さh=asinθとして、h=am´/2mかなと思ったのですが

h=asinθではありません。h=atanθです。
sinθ=m’/2mを使ってtanθを求めればhをmとm’で表すことが出来ます。

h=am’/2mという結果が得られたが自信がないということです。そういうときのチェックに「m’=mとして考えてみる」というのが有効です。h=a/2となります。力の開きの角度が120°であれば
h=a/√3になります。間違っていることが分かります。計算をやり直す事になります。
一般式で求めた解が正しいかどうかを調べるときの方法のひとつが特別な値を入れてみるということです。

QX軸上を運動する質量mの質点の問題

お世話になります。

問題で

X軸上を運動する質量mの質点に、時刻tの関数として
       f(t)= a + b t
と表される力fが働いている(a,bは定数)

t=0のとき、位置 x=0 速度 v=0として、
Xをtの関数で表せ


という問題があるのですが、よくわかりません。
教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

>Xをtの関数で表せ

xのことでよろしいでしょうか?

運動方程式は m(d^2x/dt^2)=a+bt ですから、時間で積分し、t=0で v=dx/dt=0 とすると v=dx/dt=at/m+bt^2/(2m)
もう一度積分して t=0 で x=0 を用いると x=at^2/(2m) + bt^3/(6m) です。

Q(x,y)平面内の質点に力F(xy,xy^2/2)でかけられているとき質点が(0,r)から(r,0)

(x,y)平面内の質点に力F(xy,xy^2/2)でかけられているとき質点が(0,r)から(r,0)まで半径rの演習を動く時に力のなした仕事を求めよ。
これが分かりません…

Aベストアンサー

たぶん
(x,y)=(r・cosθ,r・sinθ)
と置いてF・dlをθについて π/4から0まで積分すればいいんじゃないのかな。
ちなみに
dl = (r・sinθ,-r・cosθ)dθ
ベクトルの内積はわかるよね?
だったら計算はできるかと。

Q質量と体積は同じではないのですか?

http://blog.livedoor.jp/aritouch/archives/4026669.html
このサイトで浮力を勉強していたのですが、疑問になるところがあるので教えてください。

疑問1
例題2:質量60g、体積80立方cmの木片を水に入れたところ、木片は水浮力例題2に浮かびました。
(1)木片にはたらいている浮力の大きさは何Nですか。
質量60gがういていることから0.6N
このことで疑問があります。
図では物体が8割がた沈んでいますよね?
これが真ん中で沈んでいても0.6Nなのでしょうか?
逆に2割しか沈んでいないと、浮力は違う答えになるのではないでしょうか?

疑問2
例題3:ビーカーに水を入れて台はかりで重さをはかったところ、台はかりの目盛りは3Nを示しました。
(1)では、おもりが全て沈んでいるのだから下には水とビーカーの重さと合わせて3.5Nの力があると言っています。
しかし、(2)では浮力が0.1N上向きにはたらいているという。
そしたら(1)の答え目盛は3.4Nをさすのでは?

これらの疑問が気になります。どうか教えてください。

http://blog.livedoor.jp/aritouch/archives/4026669.html
このサイトで浮力を勉強していたのですが、疑問になるところがあるので教えてください。

疑問1
例題2:質量60g、体積80立方cmの木片を水に入れたところ、木片は水浮力例題2に浮かびました。
(1)木片にはたらいている浮力の大きさは何Nですか。
質量60gがういていることから0.6N
このことで疑問があります。
図では物体が8割がた沈んでいますよね?
これが真ん中で沈んでいても0.6Nなのでしょうか?
逆に2割しか沈んでいないと、浮力は違う...続きを読む

Aベストアンサー

疑問1
>図では物体が8割がた沈んでいますよね? これが真ん中で沈んでいても0.6Nなのでしょうか?
逆に2割しか沈んでいないと、浮力は違う答えになるのではないでしょうか?

●質量 ある体積を持った 60g の物がどの位置で浮いていても水面ぎりぎりまで、受ける浮力は 同じ 0.6N です。 沈めばその体積からくる浮力よりも重量が勝っている状態です。 体積と重量の関係は 「比重」 という表し方をします。浮いていれば 比重<1 で 仮にその物質が水中に入っても浮力は同じですが、物質の 比重 =1 です。 沈んでしまって底まで着いたらやっぱり浮力は同じで、 物質の 比重>1 ですね。 木片との設定ですので浮くとの前提なのですが浮かない木があっても浮力は同じです。 (通常の概念で問題に変にひねった事が無い限り、その考えで OKです。)

疑問2
>(1)の答え目盛は3.4Nをさすのでは?
0.5Nのおもりが ビーカーの底面についている。 つまり全てのおもりの重量はそのままはかりに 0.5Nとしてかかっている。 別の言い方をすればおもりをビーカーの外(横)のはかりの上にじかに乗せたのと同じ状態で0.5Nがプラスされます。

例題3: の (2)では浮力が浮力が0.1N上向き。。。。でも、おもりはビーカーの下についている、つまり浮力よりも大きい場合は「ビーカーとおもりははかりに対して一体となります。
浮力が 0.1Nあってもおもりがビーカーについているのでその浮力の分は下向き(はかりを押し下げる)に働きます。
ばねばかりで (3)の状態にしたとき(ビーカーの底を離れたとき)はじめて浮力の影響が分かります。 つまり 0.5Nの物に 0.1Nの浮力が働き 0.4N で持ち上げる事ができるわけです。

空気中ではかなり重いものでも水中では持てる場合があるのと同じ原理です。

疑問1
>図では物体が8割がた沈んでいますよね? これが真ん中で沈んでいても0.6Nなのでしょうか?
逆に2割しか沈んでいないと、浮力は違う答えになるのではないでしょうか?

●質量 ある体積を持った 60g の物がどの位置で浮いていても水面ぎりぎりまで、受ける浮力は 同じ 0.6N です。 沈めばその体積からくる浮力よりも重量が勝っている状態です。 体積と重量の関係は 「比重」 という表し方をします。浮いていれば 比重<1 で 仮にその物質が水中に入っても浮力は同じですが、物質の 比...続きを読む

Q質点に働く力が中心力ならば質点の運動では、面積速度dS/dt=1/2×

質点に働く力が中心力ならば質点の運動では、面積速度dS/dt=1/2×r×vの時間微分は常に0になることを示せ。
わからないのでお願いします。

Aベストアンサー

S, r、vはベクトル、×は外積として

d(dS/dt) = d[ (1/2) r×v] = (1/2) [ (dr/dt)×v + r×(dv/dt)]

dr/dt=vなので、第1項はv×v=0

dv/dtは加速度なので運動方程式からF/m (Fはベクトル)
Fは中心力なのでF=crより、r×(dv/dt)~r×r=0から第2項も0。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報