休業損害並び慰謝料は、いくら

A 回答 (1件)

店の規模、売り上げ、損害状況、相手の過失具合で違います。



相手の過失が100%であると仮定して、前3ヶ月の売り上げの平均を出し、閉店した日数分請求しては?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慰謝料の主婦休業損害とは

初めまして。
早速ですが、昨年ミニバイクを運転中に交通事故に巻き込まれ先日まで通院していました。
過失割合は0と言うことですが
先日届いた加害者側の保険会社からの慰謝料金額がどういった計算によるものなのか全くわからず
こちらにたどり着きました。
これまでのログを見させて頂いて
自賠責で一日\4,200×日数(通院期間、実通院日数×2の少ない方)と言うことがわかりました。
ただ、保険会社の担当の方が事故の直後に
お勤めでしたら休業補償、パートの主婦の方でしたら
主婦休損の方(ほう)が得ですね、そちらにしましょう。
みたいな話をされていまして、それ(主婦休損)が1日につき\4,000程度加算されると言うお話でした。
通院した日数分出ると言うお話だった割に
送られて来た慰謝料にはその分は全く入っていないようです。
問い合わせしようと思っているのですが
土日がお休みなのと、問い合わせる前にご存じの方がいらっしゃったら教えて頂けるとありがたく思い
投稿させて頂きました。
メモ書きで残しておいたのですが
慰謝料として1日\8,000程度出る、プラス主婦休損分\4,000。
だとすると単純に\12,000×実日数だと思っていたのですが、
頂いている書類では実通院日数×2×\4,200
になっているようです。
よろしくお願いします。

初めまして。
早速ですが、昨年ミニバイクを運転中に交通事故に巻き込まれ先日まで通院していました。
過失割合は0と言うことですが
先日届いた加害者側の保険会社からの慰謝料金額がどういった計算によるものなのか全くわからず
こちらにたどり着きました。
これまでのログを見させて頂いて
自賠責で一日\4,200×日数(通院期間、実通院日数×2の少ない方)と言うことがわかりました。
ただ、保険会社の担当の方が事故の直後に
お勤めでしたら休業補償、パートの主婦の方でしたら
主婦休損の方(ほう)が...続きを読む

Aベストアンサー

慰謝料と休業損害はまったく別物です。
慰謝料の対象日数と休業損害の対象日数は同一ではありません。
主婦休損は家事に従事できないと判断される日数。
休業損害は実損払いで払われます(要証明書)
どちらが得かは収入の実績や怪我の症状・治療内容等がわからないと回答不能です。
計算書に休業損害が入っていないなら、それを保険会社に問い合わせることです。

Q休業損害、慰謝料が支払ってもらえない

7月に追突事故を受け、11月初旬に示談し通院日、休業損害の書類を送付しましたが、現在(12月16日)になっても金額の提示や入金(入金日の連絡)がありません。2度程催促の連絡をしましたが、もう少し待ってくれと言うだけで、誠意がまったく見られません。給料も減らされて生活に困っていますが、どれくらい時間がかかるものなのでしょうか?また法的な催促が出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

#4です。
タクシー会社でしたか。
タクシー会社は任意保険に加入で、任意保険を使用するのであれば、任意保険の担当者に任せます。
事故係と話しているということは、任意保険は使用しない方向で考えているのではないでしょうか?
病院代はどういう支払いになってたのでしょうか?

任意保険を使わずに自賠責への請求ですと、先に書いたような病院からのレセプト等の請求に必要な書類を揃えてから、自賠責への請求になり、そこから1~2ヶ月かかるので、年内に解決は難しいでしょう。

Qこの休業損害と慰謝料の額は妥当でしょうか?

昨年追突事故に遭い(当方の過失は0)、むち打ち症になったパートの主婦ですが
示談をすることになり送られてきた損害賠償額の計算書を見て慰謝料の少なさに驚いています。

事故後休業日数:9日
総治療日数:260日
通院日数:96日(病院通院日数:29日  鍼灸通院日数:67日)

計算書によると・・・・損害合計額:1,132,520円((1)~(4))
(1)治療費:572,000円
(2)通院費:10,320円
(3)休業損害:25,200円(¥2,800×9日)
(4)慰謝料:525,000円(¥4,200×125日)

治療費は直接保険会社から医療機関に支払われています。
計算書が送られてきて既払済となっていたので慌てて通帳記入し、わかったのですが休業損害も年末に振込みされていました。
(1)と(3)を差し引いて最終支払額:535,320円となっています。

自賠責基準で計算すると慰謝料は¥4,200×96日×2=¥806,400になると思いますが
これですと自賠責補償限度額の120万円を超えてしまうので
私の場合は任意保険基準の計算で出された慰謝料額なのでしょうか?
任意保険基準は自賠責保険基準の慰謝料より金額が少なくなってしまうようですが・・・。
125日という日数もどこから出た数字か分りません。
一般病院と鍼灸院では慰謝料の計算額が変わってくるのでしょうか?

また私は主婦なので休業損害は主婦休業損害額の¥5,700×9日で計算されるものと思っていました。
示談する時に休業損害も精算されると思っていたので
振り込みされていると思わずこちらから何の指摘もしていないままでした。
仕事を休んだ時はもちろん、かなりの期間家事にも支障をきたしました。
まさかパートの休業損害とは別に主婦休業損害を請求することができるのでしょうか?

天気のよい普段の生活では症状もなく良い状態ですが
曇りや雨の日にはやはり首や頭が痛みます。
これから梅雨の季節を思うと恐ろしくもあります。

無知なことをいいことに保険会社のいいようにはされたくありません。
こちらで相談させてもらい少しでも知識を身に付けて
保険会社の担当の人に詳しい説明を求めようと思いますので、
宜しくお願いいたします。

昨年追突事故に遭い(当方の過失は0)、むち打ち症になったパートの主婦ですが
示談をすることになり送られてきた損害賠償額の計算書を見て慰謝料の少なさに驚いています。

事故後休業日数:9日
総治療日数:260日
通院日数:96日(病院通院日数:29日  鍼灸通院日数:67日)

計算書によると・・・・損害合計額:1,132,520円((1)~(4))
(1)治療費:572,000円
(2)通院費:10,320円
(3)休業損害:25,200円(¥2,800×9日)
(4)慰謝料:525,000...続きを読む

Aベストアンサー

あんま、マッサージ、指圧師、鍼師、灸師の施術は原則実治療日数が慰謝料の対象です。
29日×2+67日で125日、計算はあっています。

休業損害は5700円×96日が請求出来た筈ですが、2800円という数字が出ていると言う事は、休業損害証明書を提出されたのでしょうか?
通常はパート収入と家事従事者の5700円とを比べて、多い方で請求するものです。
事故直後に保険会社との話し合いがもたれた筈ですが、休業損害について説明は有りませんでしたか?
休業損害の金額は別として、計算は自賠責の支払基準で確り計算されています。

任意保険の基準では慰謝料が81万2000円。
これは治療期間で計算します。
休業損害は5700円×30日分。
「家事に従事出来なかった期間」認められますから30日が良いところでしょう。

対応としてはパートの休業日以外の部分を家事従事者の休業損害で請求し、120万円をオーバーさせます。
これにより自賠責から任意保険の対応に変わりますから、任意保険の基準で計算してくれと要求する位でしょうかね。
保険会社は出したくない方向ですから、認めるかどうかは貴方の交渉力次第ですけど。

搭乗者傷害に加入していれば此方も請求して下さい。

あんま、マッサージ、指圧師、鍼師、灸師の施術は原則実治療日数が慰謝料の対象です。
29日×2+67日で125日、計算はあっています。

休業損害は5700円×96日が請求出来た筈ですが、2800円という数字が出ていると言う事は、休業損害証明書を提出されたのでしょうか?
通常はパート収入と家事従事者の5700円とを比べて、多い方で請求するものです。
事故直後に保険会社との話し合いがもたれた筈ですが、休業損害について説明は有りませんでしたか?
休業損害の金額は別として、計算は自賠責の支払基準で確り計...続きを読む

Q主婦の休業損害と慰謝料

昨年、パートに行く途中交差点で車にぶつけられました。(わたしは、自転車に乗っていました。)
人身事故扱いとし、治療を進めていましたが保険会社から一度清算の手続きをして欲しいといわれ昨日書類が郵送されてきました。中には、損害賠償額の内容と交通事故に関する承諾書(示談書)が同封されていました。その内訳は、以下のとおりです。はたして、この提示金額は妥当なのでしょうか。


1.治療費  471,240円
   総治療期間 168日 通院実日数 107日
   (市民病院および接骨院への合算日数)
2.休業損害 307.800円
   5,700×107日×0.5
3.慰謝料  673.640円
   任意保険基準 5.6月
       612,000円×1.1
               計 1,452,680 円   責任負担額 10%
     △145,268 円 差し引き 1,307,412 円
となっており、ここから治療費を差し引いた
    836,172 円 を支払います と書かれています。

送られてきた書類には、レセプトや月ごとの診断書も同封されていましたが、病院の診断書はまだ継続になっています。(完治ではない)
もし、このまま同意書にサインをしてしまうと今後病院の治療費は自前になってしまうのでしょうか。
また、病院までの往復の交通費(電車)や事故後痛みで出来なくなった内職代などは請求できないのでしょうか?
なぜ、休業損害が50%なのでしょうか?
なぜ、責任負担が発生するのでしょうか?
ネットや本で色々調べたのですが、なかなか理解できません。どうぞ、ご教授ください。   

昨年、パートに行く途中交差点で車にぶつけられました。(わたしは、自転車に乗っていました。)
人身事故扱いとし、治療を進めていましたが保険会社から一度清算の手続きをして欲しいといわれ昨日書類が郵送されてきました。中には、損害賠償額の内容と交通事故に関する承諾書(示談書)が同封されていました。その内訳は、以下のとおりです。はたして、この提示金額は妥当なのでしょうか。


1.治療費  471,240円
   総治療期間 168日 通院実日数 107日
   (市民病院および接...続きを読む

Aベストアンサー

 事故でのお怪我心よりお見舞申し上げます。
まず「一度精算の手続きを」との事ですが、示談をすれば(後遺障害は別です)傷害に付いては全て完了ですので治療費などの支払いは自己負担に成ります。
途中で精算出来るのは被害者としては交通費・休業損害です。
賠償金額の内容を拝見致しますと。
(既に任意保険での計算内容になっていますので自賠責保険の計算方法では有りません)
1.治療費に付いては・直接病院に支払いますので問  題は無いでしょう。
2.休業損害(家事従事者として認定)
  1日(5,700円)×107日を半分にしたの  は家事の仕事が出来なかったのは107日の半分  ぐらいであったろうと、担当者が判断したから   です。(日数の協定に付いては話し合いの必要が  あります。)
3.慰謝料に付いては、任意基準ではこの位の金額に  成ります。
4.交通費は電車での金額が通院日数分に対して請求  出来ます。
◎事故状況が解りませんが、10%の減額に付いては 貴女にも過失があったとしての減額です。(任意保 険では過失相殺をされます。)
 内職代に付いては家事従事者として認定されていま すので、改めて請求は出来ません。何れにしても示 談をすればこの事故でのお怪我に付いて全て完了と 云う事ですので慎重に対応して下さい。

 事故でのお怪我心よりお見舞申し上げます。
まず「一度精算の手続きを」との事ですが、示談をすれば(後遺障害は別です)傷害に付いては全て完了ですので治療費などの支払いは自己負担に成ります。
途中で精算出来るのは被害者としては交通費・休業損害です。
賠償金額の内容を拝見致しますと。
(既に任意保険での計算内容になっていますので自賠責保険の計算方法では有りません)
1.治療費に付いては・直接病院に支払いますので問  題は無いでしょう。
2.休業損害(家事従事者として認定)
  ...続きを読む

Q交通事故の慰謝料と休業損害

交通事故にあい、通院中です。そろそろ示談を検討してます。
通院50回(10;0で過失なし 治療期間、4ヶ月すぎました。)です。だいたいの慰謝料は、4200円×2で、いいのでしょうか?整形外科で、電気治療とマッサージです。
専業主婦の場合、休業損害は、もらえないのでしょうか?
わかる方、教えてください。

Aベストアンサー

自賠責方による慰謝料計算は、総通院期間と実通院日数の2倍と比較して少ない方に1日4200円を乗じますが、その他の損害額がいくらあるのかにより自賠責基準か任意保険基準か解りません。基本は自賠責の120万の枠に入るか否か 総損害額(治療費・通院費・休業損害・慰謝料)によって変化するということです。 主婦の休業損害 実通院日数に対し日額5700円ですが・・。4ヶ月=120日>通院50日×2=100 100×4200=420000 休損 5700×50日=285000円 あと治療費・通院費がいかほどかによります。 あくまで自賠基準の規定計算です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報