ぴこ太郎さんは来年には消える一発屋と思いませんか? 何の芸も無いでしょ。

A 回答 (4件)

来年では無く年内には消えます。


既にピークは過ぎましたので転げ落ちて行くのも日に日に加速していくだけでしょう。
古坂大魔王としては新しいキャラクターを作るより、古坂大魔王として売れないと自分も一発屋の仲間として見られるだけでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしょうね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/18 19:57

ピコ太郎に関しては、芸風がワンパターンなので、飽きられると思いますが。



ただ、結構、多才な人物ですよ。
消えても、本人は別に困らなさそうと言うか・・。

http://netacube.com/pikotaro
    • good
    • 0

もう消えてますよ

    • good
    • 0

やたらテレビに出てるけど、正直面白いと感じないです。


私も芸能寿命の長い方だとは思えません。

でもね、今の芸能界は面白くなくても消えてない人も居ますから。
だからテレビがつまらない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/18 19:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qみなさんの奥さん旦那さんまたは彼女さん彼氏さんは芸能人でいうと誰に似ていますか?

みなさんの奥さん旦那さんまたは彼女さん彼氏さんは芸能人でいうと誰に似ていますか?

Aベストアンサー

芸能人ではないけど、彼氏は、のび太くんに似ています。(o´・ω・`o)

Q芸能人・岡本信人さん(69歳)って、草食べるんですが、どう思いますか?

芸能人・岡本信人さん(69歳)って、草食べるんですが、どう思いますか?

Aベストアンサー

有田さん司会の番組のことでしょ。
あれは番組内のジョークです、岡本さんはタンポポの葉っぱなんか生で食べません。
あの番組はジョークで成り立っている番組なので本気にしてはいけません、笑い飛ばしてください。

Q皆さんはどの芸能人にファンレターを出した事がありますか? 私はmisonoさんと藤本美貴さんと若林さ

皆さんはどの芸能人にファンレターを出した事がありますか?
私はmisonoさんと藤本美貴さんと若林さんです。

Aベストアンサー

40年前まだ無名だった峰竜太さんに、2度手紙を書きました。
2度共直筆の葉書を頂きました。今も大事に持っています。

Q山本裕典解雇で 芸能界もかなり 厳しい時代になったと思いませんか? 佐藤健なんざ 【夜の帝王】で ネ

山本裕典解雇で 芸能界もかなり 厳しい時代になったと思いませんか?
佐藤健なんざ 【夜の帝王】で ネットでは 有名でしたが 肝を冷やしている 芸能人 多くありませんかね?
やはり 事務所より ネットの力は 強い時代なのでしょうか??

Aベストアンサー

芸能人も大変でしょうな。
もう日本国民全員パパラッチ化してますからね。
「ネットの力>事務所」という力関係ももうなずけますね。
肝を冷やしている芸能人も時間の問題で表に出てくるでしょう。

Q佐村河内事件に対するマスコミの反省は無いのか?

マスコミ各社は、「私も騙されました」と被害者を装っています。

マスコミはほんとに、彼の演技に騙されたのか、それとも物語つくりのため
に、騙された風を装って、我々視聴者を騙したのか。
本当に騙されたのであれば、取材の能力のなさを反省し、なぜ騙されたの
かを社内で検証し、検証結果を我々に報道する責任があると思います。

詐欺師の記者会見で、マスコミは「自分たちも被害者です」とアピールした
かったのでしょうが、マスコミ自身も我々の前で報道を通して「会見」すべき
です。
皆さんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

>本当に騙されたのであれば、取材の能力のなさを反省し、なぜ騙されたの
>かを社内で検証し、検証結果を我々に報道する責任があると思います。

正論だと思います。
でも、「マスコミも自戒せねばならない。」くらいの文章を、さらっと一行載せて、それで反省終わりでしょうね。

朝日新聞は、「「ヒロシマ」や「ハンディキャップ」を売りにする音楽業界、音楽以前に「感動の美談」をありがたがる聴き手の側にも問題はないだろうか?」と、「聴き手のレベルが低いのが問題。ああ嘆かわしい。」と暗に主張されております。すみません、朝日新聞様。一般大衆のレベルが低くて。

一方で、煽っていた記者は、「実は心の中では、軽薄な音楽だと感じていた。」などと今頃コラムに書いてきましたね。新聞記者は騙されていなかったけど、読者が喜ぶので不承不承付き合ってくれていたのですね。レベルの低い私達に付き合ってくれて御苦労をおかけしました。

でも、良く考えると、戦時中の報道についても同じような見解を出されてますね。朝日新聞は戦争に反対だったけれども、読者が喜ぶので、不承不承賛美記事を載せていたと。いつまで同じことをやっているのか。

読売の橋本五郎も、ことが発覚してから、「あんなのはマーラーのパクリだと感じていた。」と、自分の審美眼を自慢するような文章を書いておられました。本当にそう思っていたのなら、佐村河内ブームの真っ最中にそう言えよ。それこそがマスコミの矜持だろ!と言いたくなりますが。ノーベル賞受賞者の益川先生は、常日頃から「自分はモーツアルトの音楽は嫌いだ。バッハやベートーベンの方が好きだ。」と公言されています。どんな名曲でも、好き嫌いはあるしケチをつけようと思ったらつけられる。要は、他の人が何を言おうが、自分はこう思うと言うことを堂々と言えるかどうかが大切なのだ。世の中が叩きだしてから、「俺は前からそう思っていたんだよ」なんて、サイテーの言動だと思います。

戦時中から、マスコミは「一般大衆を正しい方向に導くことが使命だ」とか言いながら、実態は世の中の完全な後追いで、その時々でブームになっていることを囃したてることしかできなかった。 徹底検証などできるはずもなく、もはや体質ですね。

>本当に騙されたのであれば、取材の能力のなさを反省し、なぜ騙されたの
>かを社内で検証し、検証結果を我々に報道する責任があると思います。

正論だと思います。
でも、「マスコミも自戒せねばならない。」くらいの文章を、さらっと一行載せて、それで反省終わりでしょうね。

朝日新聞は、「「ヒロシマ」や「ハンディキャップ」を売りにする音楽業界、音楽以前に「感動の美談」をありがたがる聴き手の側にも問題はないだろうか?」と、「聴き手のレベルが低いのが問題。ああ嘆かわしい。」と暗に主張されてお...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報