エレモフィラ・ニベアについて質問です。
苗を買ってまだ半年ほどですが花を咲かせたものの根本辺りが茶色くなっています。
冬の霜があたったためだと思いますが茶色くなった部分はもう戻りませんか?
また、こちらは剪定などせずこのまま育てていくものなのでしょうか?
茶色くなって見た目の悪い部分取り除いたり好みの樹形に仕立てても大丈夫でしょうか?

「エレモフィラ・ニベアについて質問です。 」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

エレモフィラ。


オーストラリアが原産で、チョッと気難しい種類のようです。
耐寒性はそtれほど強くなく、冬の寒さでダメにする人が多いようです。
また、オーストラリア原産の植物には「多湿に弱い」と言う物も多く、これもその一つです。
なので、水遣りにかなり神経を使います。
それでもこのようになることが多く、私も2度失敗してあきらめたがね。
正直、まともに育てられる人はあまりいないかも。
そのためだろうか、最近あまり見かけなくなったような気がするが。
「小灌木」なので剪定はできるが、この状態では無理かも。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q柿の剪定中に時々見かけるこの茶色の苔のようなカビのようなところ…農家初心者でわかりません。これは病気

柿の剪定中に時々見かけるこの茶色の苔のようなカビのようなところ…農家初心者でわかりません。これは病気ですか?なんと言う病気かわかる方おられたら教えてください!

Aベストアンサー

わたしらの所では膏薬病と言ってます。
これが出たところは、削ってもそこから枝は出ないと言われています。
最高気温が5~10度になった頃、石灰硫黄合剤の7倍液を散布して、駆除すると言われていますが、削ったところに原液か2倍液を刷毛で塗るくらいしないと駆除できないと言う人もいます。
りんご、梅、スモモ、ボケ等にも出ます。
まじめに農業に取り組んで、薬剤散布もきちんとやっている人はなくしていますが、我々ではそこまでいけません。

私の場合は春に幹の皮を削るときに病気を見つけたら削りますが、それでお終いなので、毎年小さいものは出ます。
花が咲いている時に殺虫剤と、殺菌剤を散布してもう二度、イラガの幼虫が出たときとおまけに殺虫剤を入れて散布するだけなので、石灰硫黄合剤は臭いがキツイので、今はやめています。

Q花の苗の霜よけについて

今から、春に咲く花の種を徐々に蒔いて、苗を仕立てていこうと思ってるのですが、冬の間は霜よけをしないといけないらしいのですが(種の袋の裏にそう書いてありました)、場所はどのような所で、どの様に霜よけはしたらいいのでしょうか?
ビニールハウスの様なものはありません。ちなみに、車庫と倉庫はあります。
また、ポットに入れたままで苗を、冬をこさせるのでしょうか?
初めての事で分りませんでして・・。
春に綺麗な花畑(畑にまでなるかは分りませんが・・汗)になればいいな~と思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うちの辺は-10度以下になるのですが、そういう場所でポットのままだと完全に凍結して駄目になるものも多いです。自分は発泡スチロールのトロ箱に入れて、夜間はダンボール箱被せてますが、耐寒性の強いものは軒下に入れとくだけで平気なものもあります。

早めにプランターや花壇などに定植して根を張らせておけば、同じ植物でもより耐寒性は向上します。また積雪で結構埋もれたままになりますが平気で越冬します。

Qポトスの葉の茶色に枯れた部分

ポトスの葉の茶色に枯れた部分が増えてきました。これを防ぐには
どうしたらよいでしょうか?

Aベストアンサー

どんなところに置かれてますか?
うちでは直射日光に当てるとどんどん茶色くなってました。
植木鉢がそろそろ小さくて根づまりしてても、葉先から枯れたりしてました。
エアコンの風も良くないと聞きます。
水が切れたときは、葉がふにゃ~っとなってから黄色くなって
ポロっと落ちてた様子からすると、水切れではないようですね。

20~30cm位に切ったのを水にさして育てると楽ですよー。
たまに水が減ったら足して、思い出したら液肥をやって、伸びすぎたら
切ってまた水にさして・・・でもう7年くらいたちます。
テラコッタの穴の開いてない鉢に植えたものもありますが、これも葉に艶がなくなってきたら水をやって・・・でやはり7年です。 
植え替えしたのは、3回くらいでしょうか?
枯らし魔だった私とも仲良くやってきてくれた丈夫な植物のようです。 

Qみかんの剪定・仕立て方についてですが、みかんの木の高さを2mくらいにし

みかんの剪定・仕立て方についてですが、みかんの木の高さを2mくらいにしたい場合、枝は何本くらいにするのがいいでしょうか?もしくは枝と枝の間は何センチくらい離したらいいでしょうか?

Aベストアンサー

ミカンは基本的に剪定は積極的に行わない方がいい木だと思います
日の当たらない枝は自然に枯れていきますしそこまで気にしなくても枝の数は自然に決まると思います。
しかし、たかさを2Mですと切らないと数年で超えてしまいますので、木の中心に近い芯(幹)になりそうな枝を切って高さを抑えてください。
種類によって上にばかり伸びるものは支柱などで工夫して左右に向かって誘引してもいいかもしれません。

Q藤の苗約1.5mの鉢植から藤棚に仕立てていきたいのですが、やり方を教え

藤の苗約1.5mの鉢植から藤棚に仕立てていきたいのですが、やり方を教えてください。
冬にホームセンターで購入しましたが、現在、葉がたくさん茂っていて、特に人間の頭くらいの位置にこんもりと葉が重なって、その先に何本も蔓が伸びてきています。
スチール製のアーチを傍に置いて、そこに這わせようとしていますが、このままでいいのでしょうか???
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言いますと、鉢植えの場合は棚仕立てにはできません。
なぜなら鉢植えは、植え替えてやらなければいけないからです。元気に育っていれば、どのような大きな鉢でも2~3年で根詰まりを起こしてしまいます。根詰まりを起こせば鉢の中は古い根で一杯になり、新しい根が生えるスペースがなくなります。こうなるともう生育不良になり、元気に育つことはできません。
新しい根の方が水分や養分をより多く吸収してくれ、また鉢内は水の通りが悪くなり、根が満足に水を吸うことも難しくなります。
根もギュウギュウ詰めで、鉢からの抜き易さを考慮しても、2年を目安として植え替えるのがよろしいでしょう。8号鉢以下であれば毎年植え替える必要もあります。水遣りしても水がサッと抜けず、滞留して時間がかかるようになったら、詰まりしている、あるいは根詰まり気味のサインです。

今年伸びたツルも冬には木質化して来ますが、これが藤棚などに固定されていると植え替え作業は難しいですね、植え替え作業もいい加減なものではダメですから、まず不可能と言ってよいでしょう。
根をあまり切り詰める事はしませんが、根もほぐして古い土も半分以上落としてやらなければいけません。ちなみに植え替え最適期は、2月の中下旬あたりの早春です。まだ落葉している状態で植え替えます。
鉢植えの場合はスタンダードな仕立てとしましょう。ツルは今年伸ばされても構いませんが、植え替え時は、やはり切り落とすことになります。あるいは太くなって木質化したツルの基部だけ残すようにします。ここにも花芽が付きます。
藤棚などにできるのは、やはり地植えの場合です。

画像は今年の4月21日のもの。早咲き種のものですが、今年の3月4月は寒かったので、開花が2週間ばかり遅れたようです。枝の上部に割りと真っ直ぐめの枝部分がありますが、この部分は木質化したツルの基部をやや残したものです。花房が重く、枝全体が垂れ下がるので支柱で支えてやっています。

結論から言いますと、鉢植えの場合は棚仕立てにはできません。
なぜなら鉢植えは、植え替えてやらなければいけないからです。元気に育っていれば、どのような大きな鉢でも2~3年で根詰まりを起こしてしまいます。根詰まりを起こせば鉢の中は古い根で一杯になり、新しい根が生えるスペースがなくなります。こうなるともう生育不良になり、元気に育つことはできません。
新しい根の方が水分や養分をより多く吸収してくれ、また鉢内は水の通りが悪くなり、根が満足に水を吸うことも難しくなります。
根もギュウギュウ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報