司法書士受験生です。ご教授願います

同一管轄の不動産甲に、
同一の被担保債権を債務者A にたいして持つ
A Bがそれぞれ抵当権を設定した場合、

同一管轄の同じ被担保債権の担保権であるため、
『目的』のみ同一であれば、
1の申請により、
『抵当権設定』登記を申請する事ができると思いますが


根抵当権の変更の場合で、
極度額の増額変更と、
債務者の変更
の登記をする場合、
『目的(抵当権変更)』は同一であるのに、
『日付』が違う場合に
1の申請によることができない理由は、

なぜなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>同一管轄の不動産甲に、同一の被担保債権を債務者A にたいして持つA Bがそれぞれ抵当権を設定した場合



 事実関係が不明ですが、不動産甲の共有者A、Bのそれぞれの持分について、抵当権を設定したが、その設定日がそれぞれ違う場合ということでよろしいですか。

 形式的理由は規則第35条第10号の「同一の登記所の管轄区域内にある二以上の不動産」にあたるからです。A持分、B持分をそれぞれ一つの不動産と読み替えれば良いです。
 実質的理由は、共同担保なので、一括申請を認めた方が便宜的ですし、公示上の混乱も生じないからです。

>極度額の増額変更と、債務者の変更の登記をする場合、『目的(抵当権変更)』は同一であるのに、
『日付』が違う場合に

 二以上の不動産について申請ではないですよね。だから、10号ではなく9号の適用の可否になりますが、日付けが違うので一括申請できません。
 実質的な理由は、登記原因が複雑になって公示上の混乱が生じかねないからです。仮に登記原因を公示するとすれば、極度額につき平成29年4月18日変更、債務者につき平成29年4月19日変更とするしかないでしょうが、登記原因はなるべくシンプルに表示するという不動産登記法の理念に反します。


不動産登記規則
(一の申請情報によって申請することができる場合)
第三十五条  令第四条 ただし書の法務省令で定めるときは、次に掲げるときとする。
省略
九  同一の不動産について申請する二以上の権利に関する登記(前号の登記を除く。)の登記の目的並びに登記原因及びその日付が同一であるとき。
十  同一の登記所の管轄区域内にある二以上の不動産について申請する登記が、同一の債権を担保する先取特権、質権又は抵当権(以下「担保権」と総称する。)に関する登記であって、登記の目的が同一であるとき。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信用保証協会が設定する根抵当権の被担保債権の範囲について

みなさんこんばんは。

私は金融機関に就職しているものです。
信用保証協会が金融機関に対して行う代位弁済の制度について質問させていただきます。

・信用保証協会が金融機関に対する代位弁済によって取得する求償権を担保するために根抵当権を設定する時に、被担保債権の範囲を「信用保証協会取引による一定の債権」として登記することができるのでしょうか。

何分にも勉強不足で恐縮なのですが詳しい方がいらっしゃれば、ご回答よろしくお願いいたします。
  

Aベストアンサー

借主兼所有者をA、貸主をB(金融機関)、それを保証している者をC(信用保証協会)とすれば、B・C間の契約で、A所有の不動産に抵当権設定するのではなく、A・B間の契約で、A所有の不動産に、Cを権利者として抵当権を設定するのです。
その場合に、Aの債務不履行の場合は、CがAに代わってBに支払うわけですから「根抵当権」と云うのはあり得ないです。
A・B間で継続的な取引の場合は「根抵当権」となるでしようが、それだとしても、B・C間の契約ではないので「信用保証協会との取引」と云うことではないです。
以上で、ご質問のような登記は、銀行等所有の不動産に設定する抵当権ならば考えられますが、通常では考えられません。

Q建物表示登記・建物所有権保存登記と抵当権設定登記

自己所有地に建築資金を銀行から借りて建物を新築することになりました。
土地については地積測量図があり,隣地の地番等も明確です。
建物についても建築会社が作成した平面図等があり,求積もできそうです。
建物表示登記・保存登記の申請書の書式もHPで捜しあてました。
これなら自分で登記ができそうなのですが,抵当権設定登記との関係で現実には難しいのでしょうか。
所有権保存登記と抵当権設定登記との間に他の登記入ることを銀行が気になるのであれば,抵当権設定登記の申請と,表示・保存登記の申請の代行だけを司法書士に以来することはできないものでしょうか。

Aベストアンサー

まず表示登記は自由にしてかまいません。

保存登記と抵当権設定が問題となります。
基本的に抵当権設定がなされることが確実でなければ銀行は融資しません。
だからもし建築業者が、抵当権設定後の支払い(つまり当然引き渡し後)でもよいと言えば、保存登記も銀行指定ではなく独自に行えます。

建築業者はお金を受け取らなければ保存登記に同意しない、銀行は抵当権が設定できなければ融資しないというジレンマを解決するために銀行指定の司法書士となります。

Q抵当権設定仮登記権利者と強制競売申立債権者の配当の優劣

例えば、Aさん所有土地に、Aを債務者として、債権者Bの抵当権設定仮登記があるとします。(その仮登記は、不動産登記法で云う1号仮登記とします。)
一方で、AにはCと云う債権者もおり、CはAに対して債務名義をもっているとします。(Aには、他に債権者はいないとします。)
そこで、Cは強制競売の申立をするわけですが、当該土地の評価は、Bの被担保債権を遙かに下回る場合は、民事執行法63条によって、無剰余でないことを証明するか、又は、保証して自ら買い受けの申し出でのない場合は無剰余取消になるでしようか ?
私の考えは、仮登記は順位を保全するだけで、第三者(この場合はC)に対抗することができないから、無剰余取消とならない気がします。
しかし、それならば、配当時に、Bに優先してCに配当してかまわないことになり、もし、Bが本登記をしてくるか、又は、本登記とすべき要件がそろっておれば、Bを優先して配当しなければならないです。
そこで、その優劣をお尋ね致します。
現在、実務で、思案中です。

Aベストアンサー

仮登記の配当金を供託する。
後日、本登記が可能な事を証明したときは配当。
   不可能は他の債権者に追加配当。

Q被担保債権の弁済期到来前に担保権を実行された場合

 担保権は被担保債権到来後にしか実行できませんが、担保権実行手続上はこれは確認されないと理解しています。被担保債権に付された期限は登記事項ではないですし、民事執行法194条は同30条を準用していないからです。そうすれば、たとえば「抵当権は被担保債権の弁済期到来前でも、実行に移せてしまう(競売手続を開始できてしまう)」ということになります。
 事実、ある法律事務所のホームページでも「弁済期到来は担保権者が証明しなくてもよい」と記載されていました。

 これを前提として、もし弁済期到来前に担保権実行手続が開始された場合、執行異議・執行抗告の中で「弁済期未到来」を主張せざるを得ないということでしょうか、またそれは可能なのでしょうか。
 民執182条は「執行抗告または執行異議の申立てにおいては…担保権の不存在または消滅を理由とすることができる」と、担保権不存在または消滅のみ主張できるような規定ぶりです。となると、弁済期未到来は主張できないとも考えられるのです。
 執行を取消そうにも、「弁済の猶予をした裁判上の和解の調書その他の公文書の謄本」が必要です(民執183条1項3号)。弁済期前の実行に備えてこれを用意している人は少ないでしょうし、実行後に取ろうにも「弁済期未到来の確認の訴え」なるものがあるのでしょうか?

 なぜ民執194条が同30条を準用しなかったのか、担保権設定者に酷ではないか、すごく気になります。
 学生で実務を知らないということもあるので、理論上のみならず実務上どうなっているのかも教えていただきたいです。

 担保権は被担保債権到来後にしか実行できませんが、担保権実行手続上はこれは確認されないと理解しています。被担保債権に付された期限は登記事項ではないですし、民事執行法194条は同30条を準用していないからです。そうすれば、たとえば「抵当権は被担保債権の弁済期到来前でも、実行に移せてしまう(競売手続を開始できてしまう)」ということになります。
 事実、ある法律事務所のホームページでも「弁済期到来は担保権者が証明しなくてもよい」と記載されていました。

 これを前提として、もし弁済期到...続きを読む

Aベストアンサー

>民執182条は「執行抗告または執行異議の申立てにおいては…担保権の不存在または消滅を理由とすることができる」と、担保権不存在または消滅のみ主張できるような規定ぶりです。となると、弁済期未到来は主張できないとも考えられるのです。

→競売開始決定に対する執行異議における実体上の異議事由としては、担保権の不存在又は消滅のみならず、法182条に準ずるものとして、被担保債権の弁済期の未到来等を主張することが可能です(民事執行の実務・不動産執行編(上)第2版Q20参照)。

Q根抵当権等の変更や抹消の登記申請書って必要ですか?

根抵当権で商号変更や本店移転など変更した場合登記申請書が作成されますよね、それって必要ですか?
それと、根抵当権の抹消登記したときに設定契約書に抹消済みのハンが押される場合と別に、登記申請書ができる場合があると思うのですが、これも必要ですか?
何年も前に抹消した物がたくさんあるので整理したいのでお願いします。
ちなみに、それらのものを捨てようとは思ってないです。
けれど権利書のように大事に保管するほどのものではないような気がして…

Aベストアンサー

おそらく、「登記申請書」とおっしゃるのは、「申請書副本」のことかと思います。登記申請書と同じものをもう1通作成し、これを申請書副本として提出し、これに登記済の印判が押されて「登記済証」となるものです。そして、商号変更や本店移転の登記済書類は、はっきり言って無くても問題ないと思います。抹消印判押印済みの設定契約書も、同じです。完済した記念品くらいでしょう。捨てる事もないですが、無くなってこまる事はありません、もう使用しないのですから。ここが「権利証」と違うところですね、権利証は、売買や設定の登記の際に使用します。間違って権利証を捨てないで下さいね!!ところでちなみに、今後指定された登記所から徐々に、新規に登記済証(権利証も)を発行しなくなる時代が到来します。これからは、パスワードの通知に変わっていくのです。手持ちの権利証は、無効になるわけでなく、ずっと使用します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報