の意味を具体例を挙げて教えて下さいm(_ _)m

民訴です。

A 回答 (1件)

通常の形成訴訟は原告被告間の法律関係を判決によって変動確定させるものですが、その前提となる法律、要件(形成原因)が存在しています。


これに対して、前提となる法律、要件がない形成訴訟を形式的形成訴訟といいます。
よく出される例は共有物分割の訴え、境界線確定の訴え、父を定める訴えなどですね。
これらはよりどころになる具体的法律要件はなく、裁判所が合理的と判断した結果を判決として出すわけです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民訴法の口頭弁論等について教えてください。

例えば、261条3項ただし書きでは、『口頭弁論等の期日』として、「口頭弁論、弁論準備手続又は和解の期日」があげられていますが、準備的口頭弁論は、「口頭弁論」の一つとみてもよいのでしょうか?それとも、準備的口頭弁論は、弁論準備手続とどこが大きく違うのでしょうか?168条の「当事者の意見を聴いて」にその違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「例えば」って書いてあるじゃんねぇ?明らかに主題は、準備的口頭弁論って何?弁論準備手続とどう違うの?だよね。
大まかな説明だけにします。詳しくは、民訴法の教科書読めば必ず書いてあるのでそっちに譲ります。

>準備的口頭弁論は、「口頭弁論」の一つとみてもよいのでしょうか?
そうです。と言うか、まさしく「口頭弁論」に他なりません。
「口頭弁論」を二段階に分けて、まず争点および証拠の整理を行うために行う「口頭弁論」を準備的口頭弁論と呼ぶだけです。言い換えれば、「口頭弁論」を専ら準備手続に利用する場合を準備的口頭弁論と呼ぶのです。

>それとも、準備的口頭弁論は、弁論準備手続とどこが大きく違うのでしょうか?
#なんか日本語が少し変だけど。
「口頭弁論」であることが最大にして唯一の根本的な違いです。細かい違いは全て「口頭弁論」であるか否かによって決まる結果的な違いに過ぎません。
一例として例えば、弁論準備手続と実際にやることは大して変わらないのですがあくまでも「口頭弁論」なので公開の法廷で行う必要があります。公開しないとか大嘘です。準備的口頭弁論も「口頭弁論」である以上は原則として公開しなければなりませんし、当然、それは法廷で行わなければなりません。そのため少々面倒なので本人訴訟で済むような小さな事件ではあまりやりません。
例えば、「口頭弁論」なので争点および証拠の整理に必要な限度で文書、準文書に限らずあらゆる証拠調べを行うこともできます。争点および証拠の整理に必要である限り、「口頭弁論」で行える手続きを全て行うことができます。だって、「口頭弁論」なんですから。

>168条の「当事者の意見を聴いて」にその違いがあるのでしょうか?
そもそも違うから意見を聴かねばならないのです。
弁論準備手続は「口頭弁論」ではないので非公開で行います。ですのでやれることに制限があります。そうすると当事者によっては制限の少ない準備的口頭弁論の方が良いということもあり得ます。そこで、手続き保障的な意味合いで当事者の意見を聴きます。つまり、当事者の意見を聴くこと自体は、「口頭弁論」でないことによる派生的な結果に過ぎません。「口頭弁論」でないという点が根本的に違うから当事者の意見を聴くだけなのです。もっとも、準備的口頭弁論を行う場合でも当事者の意見を聴いてはならないわけではありませんが。
また、「口頭弁論」でなければ行えない手続きは行うことができません。例えば証拠調べは文書及び準文書に限ります。また原則として非公開ですから傍聴はできません(一定の場合に傍聴を許可することはできる)。だって、「口頭弁論」ではないのですから。

「例えば」って書いてあるじゃんねぇ?明らかに主題は、準備的口頭弁論って何?弁論準備手続とどう違うの?だよね。
大まかな説明だけにします。詳しくは、民訴法の教科書読めば必ず書いてあるのでそっちに譲ります。

>準備的口頭弁論は、「口頭弁論」の一つとみてもよいのでしょうか?
そうです。と言うか、まさしく「口頭弁論」に他なりません。
「口頭弁論」を二段階に分けて、まず争点および証拠の整理を行うために行う「口頭弁論」を準備的口頭弁論と呼ぶだけです。言い換えれば、「口頭弁論」を専ら準備手...続きを読む

Q民訴で却下!異議申立てできないの?

例えば、民事訴訟を地方裁判所に申し立て却下された場合でお聞きします。

却下理由に不服がある場合、どうしたらいいのでしょうか?

ネットで検索しても的確なヒットに繋がりません・・

教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 控訴して下さい。

民事訴訟法

(控訴をすることができる判決等)
第二百八十一条  控訴は、地方裁判所が第一審としてした終局判決又は簡易裁判所の終局判決に対してすることができる。ただし、終局判決後、当事者双方が共に上告をする権利を留保して控訴をしない旨の合意をしたときは、この限りでない。
2  第十一条第二項及び第三項の規定は、前項の合意について準用する。

Q民訴法338条が分からないのですが

民訴法338条に、
有罪の判決若しくは過料の裁判が確定したとき、又は証拠がないという理由以外の理由により有罪の確定判決若しくは過料の確定裁判を得ることができないときに限り、再審の訴えを提起することができる。
とありますが、これは具体的に何がどうなら提起できると言っているのでしょうか? どなたかご存じの方がおられましたらご教授願います。

Aベストアンサー

4号について言うと

 判決に関与した裁判官が賄賂をもらっていたときは、その事件について再審の訴えを提起することができる。
 しかし、頭のおかしい当事者が妄想にもとづいて「あの裁判官は賄賂をもらっていたはずだ」などと主張して再審の訴えを提起することはできない。その裁判官が、実際に収賄罪で有罪判決を受けてその判決が確定した場合でなければ、再審の訴えを提起することはできない。
 但し、その裁判官が有罪判決前に死亡したとか、逮捕・送検されたが検察官が起訴猶予にしたとか、刑事事件の時効が完成してしまった、などの理由により有罪の確定判決を受けることができないときは、有罪の確定判決がなくても、その関与した民事事件の再審の訴えを提起することができる。
 その裁判官が逮捕され、送検されたが、検察官が調べてみると収賄を裏付ける証拠がないため嫌疑なしの不起訴処分にした場合、または、検察官は起訴したものの収賄を裏付ける証拠がないため無罪判決を受けたときは、民事事件の再審の訴えを提起することはできない。

Qパワハラで訴えて 裁判で勝つ例は今まで ありますか? 自殺とかしたら勝ちやすいの でしょうか?

パワハラで訴えて
裁判で勝つ例は今まで
ありますか?
自殺とかしたら勝ちやすいの
でしょうか?

Aベストアンサー

パワハラを立証できれば勝てます。

勝った事例は数え切れないくらいありますよ。
裁判としては、いたって普通の部類です。

Q公正証書について教えてください。 公正証書で養育費や慰謝料の取り決めをしても相手が職場を変えて教え

公正証書について教えてください。

公正証書で養育費や慰謝料の取り決めをしても相手が職場を変えて教えてくれなかったり給与の振込口座を変えられたら請求することは出来ないのでしょうか。強制執行もできなくなってしまいますよね?

相手がそういう事を平気でする人の場合、公正証書は意味がありますか?

Aベストアンサー

◆公正証書で養育費や慰謝料の取り決めをしても相手が職場を変えて教えてくれなかったり

※相手が居所や職場を変える可能性があり、それを通知しない可能性が高いなら、左記の通知を怠って連絡が取れなくなった際は、民間の調査会社に所在及び勤務先の調査を依頼しその分の費用は全額負担する旨の取り決めも公正証書で約束することができます。


◆給与の振込口座を変えられたら請求することは出来ないのでしょうか。

※給料の振込口座に強制執行をかけるのではなく、一般的には勤務先の給与に差し押さえをかけるので振込口座は把握できていなくても勤務先が分かっていれば問題ありません。


◆強制執行もできなくなってしまいますよね?

※何もわからないでは強制執行はできませんね。


◆相手がそういう事を平気でする人の場合、公正証書は意味がありますか?

※相手がそのようなことを平気でするなら、公正証書以前に養育費や慰謝料を定めることすら意味がなくなってしまいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報