前科ありの者でも仮釈放は可能なのでしょうか?
回答よろしくお願い致します

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あります。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本に、人身売買って今でもあるのでしょうか? 回答よろしくお願いします

日本に、人身売買って今でもあるのでしょうか?

回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

あります。 米国サイト「TOP10LIST」の「人身売買に関与している国ランキング(Top 10 Human Traffickers)」では、日本は世界で第10位にランクされており、以下のように記述されています。

日本は人身売買の中継国であり、受入国です。多くの女性と子どもたちは中国、東南アジアや東欧から日本へ人身売買されています。 被害者のすべての女性は、組織犯罪を強要されています。お金と豊かな生活を約束され来日した被害者たちは、目的地に到着するとパスポートは没収され、移動を制限されます。オーナーへの支払いのために労働(売春)を余儀なくされます。2011年6月27日に米国務省により発表された世界の人身売買に実態に関する年次報告書によれば、日本企業の実施する「外国人研修・技能実習制度」が、賃金不払い、長時間労働、パスポートを取り上げるなどの不正行為によって移動の制限を行うなどにより、中国、東南アジア出身者の人権を蹂躙したり、暴力団組織が性風俗産業で外国人女性を強制労働させている実態を紹介し、日本政府による対応の不備を指摘しました。このため、「人身売買根絶の最低基準を満たさない国」(4ランク中上から2番目)に分類されており、これは7年連続となります。これまでに保護された女性の多くは祖国に送還されたり、避難所に入れられています。政府は人身売買撲滅メッセージを多言語で記載したパンフレットを配布するなどして対応にあたっています。

ソース:Top 10 Human Traffickers

あります。 米国サイト「TOP10LIST」の「人身売買に関与している国ランキング(Top 10 Human Traffickers)」では、日本は世界で第10位にランクされており、以下のように記述されています。

日本は人身売買の中継国であり、受入国です。多くの女性と子どもたちは中国、東南アジアや東欧から日本へ人身売買されています。 被害者のすべての女性は、組織犯罪を強要されています。お金と豊かな生活を約束され来日した被害者たちは、目的地に到着するとパスポートは没収され、移動を制限されます。オーナーへの支払...続きを読む

Q仮釈放中の再犯

こんばんは。御世話になります。
仮釈放中の人が、その期間に再犯を犯すと
どうなりますか?
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

仮釈放が取り消されて、しかも新しい犯罪の分の刑期も加算されます。

Q仮釈放のしやすい犯罪を教えてください

公務執行妨害
逮捕状を破いた場合
ハイジャック
看守への殺人未遂
パトカーを盗んだ場合
反警察行為は仮釈放が甘い

Aベストアンサー

そんなものはありません

Q人の前科 人の前科で消えるですか?

人の前科
人の前科で消えるですか?

Aベストアンサー

「前科」には2つあります。

ひとつは法律上の前科で、年月が経過すると消滅します。比較的に軽い刑の初犯の場合は執行猶予がつくことが多いのですが、初犯でなければ(つまり前科があれば)実刑になります。ですが刑を終え、たとえば5年くらい大人しく暮らしていると、前科が消えて初犯扱いになります。

もうひとつは、検察庁で取り調べられて検察調書にその記録が残ることを俗に前科と言っています。これは一生消えません。

Q前科ありの人が窃盗罪で捕まったら

質問です。傷害、公務執行妨害などの、前科のある人が、会社の車、スマホをパクって逃走しました。

捕まった場合、刑務所にいれられますか?どれぐらい、罰せられますか?

ちなみに執行猶予は去年終わってます

Aベストアンサー

○前科はあるも、同種前科でなく、前刑の執行猶予が無事満了しており、余罪がなく、被害額はある程度大きく、被害弁償・被害回復なし、示談なしという事案ですが、起訴されるけれどもなんとか執行猶予に持っていけるような感覚がありますね。今後、被害弁償・被害回復(車はいずれもどることを期待します)・示談があると、執行猶予の可能性が大きくなり、事情によっては起訴猶予の可能性も出てきます。
犯行態様からして、罰金ではないと思います。

○これが執行猶予中の再犯の場合だったら、実刑を免れない可能性が大きかったと思います。

○従業員が、会社から預かっているスマホや車を持ったままいなくなっている場合かどうかが気になります。いなくなった事情にもよるでしょう。精神的に弱い人が行き詰まって行方をくらました(遁走した)ような事情なら、処罰までいかないこともあると思います。従業員が、もともと占有していた場合には、罪名が横領に変わるかもしれません。

○また、逃げた理由として別の犯罪の発覚等がある場合は、その別の犯罪が何かによっては執行猶予など考えてはいけない場合もあるでしょうね。

○前科はあるも、同種前科でなく、前刑の執行猶予が無事満了しており、余罪がなく、被害額はある程度大きく、被害弁償・被害回復なし、示談なしという事案ですが、起訴されるけれどもなんとか執行猶予に持っていけるような感覚がありますね。今後、被害弁償・被害回復(車はいずれもどることを期待します)・示談があると、執行猶予の可能性が大きくなり、事情によっては起訴猶予の可能性も出てきます。
犯行態様からして、罰金ではないと思います。

○これが執行猶予中の再犯の場合だったら、実刑を免れない可能性...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報