所沢の航空公園を訪れ、木村中尉、徳田中尉について興味が湧きました。
突発的なものなので取り敢えずネットで調べているのですが、資料が少なくてなかなか調べが進みません。

特に一番疑問に思っているのが、事故の状況と事故機についてです。

「木村はスロットルレバーに鼻を強打し顔面を粉砕、一方徳田は操縦席で木村の膝に抱きついた状態で発見されたが、胸部を強打しており、両者ともにほぼ即死状態であった。」

(…Wikipedia様から引用させて頂きました)

木村中尉の状態はわかるのですが、徳田中尉の状態がイマイチ理解出来ていません。
また、この時乗っていたブレリオ式飛行機の操縦席は二人乗りだと思うのですが、縦に並んで座っていたのでしょうか?横に並んで座っていたのでしょうか?

縦に並んで座っていて、腰に抱き着いた状態で発見されたなら何となく想像出来るのですが、何故「膝」なのかがわかりません。

詳しい方に、この事故機の操縦席の事と、何故徳田中尉が木村中尉の「膝」に抱き付いた状態で発見されたのかの見解をお聞きしたいです。

…拙い文章ですみません。
ご回答お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

恐らくですが、といいますか完全な推量です。


スロットルレバーに顔面強打とあるので
通常スロットルレバーは座席の脇に装置されていると思います。
しかも墜落原因が先の方の情報では翼撓み線の破断による
操縦不能空中分解とあります、撓み翼は現在の補助翼に相当しますから
恐らく錐揉みから回復できず空中分解、ってことは墜落時は遠心力で
片側に身体が寄せられていたと思います。
その状態での落下衝撃での座席脇スロットルレバーへの顔面強打と
臨席操縦者膝への上体の被さりと推測しますがどうでしょう?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

助かりました

航空記念館に展示してあった墜落状況の絵をメモしてきたものを見ながら考えていたのですが、恥ずかしながら遠心力というものの存在を忘れておりました。
納得しました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/20 18:03

飛行機は、ブレリオ12型単葉機というやつらしいです。

席は横並び。

http://www.interq.or.jp/www-user/mahoroba/MUSEUM …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

助かりました

成る程、納得致しました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/20 18:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「楽市楽座」か「楽市・楽座」か

織田信長の行った、「楽市楽座」についてお聞きします。
この場合の表記は「楽市楽座」が正しいのでしょうか、
それとも、「楽市・楽座」と中に、点を打つのがただしいのでしょうか。
中学校の教科書には、「楽市・楽座」と表記されていました。
あるいは、どちらでもいいのでしょうか。
お教えください。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 回答番号1の者です。
 <ですので、「・」を入れないほうが正式と思います。>は間違っていました。正しくは、
 「・」を入れるのが正式です。

Q零戦ー滑らす時の操縦法

角田和男氏の名著「修羅の翼」
を読むと、敵機の銃弾を
避けるために零戦を滑らす(p.118)
と記されていますが、どのような
操縦をすると零戦は横に走るの
でしょうか。

諸先輩、ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

翼が水平のまま右に滑らす場合はラダーペダルの左を踏みます。そうすると機首は左を向きますが、飛行機は前の進行方向のままです。つまり機首の向きに対して右斜め方向に進むことをになります。
このままですと、左に傾いて来ますので、右にエルロンを取り、左に傾かないようにします。
なぜこれが空戦時に有効かと言うと、機軸線と飛行方向が一致しないので、敵を欺瞞出来るからです。

Q戦時中、日本軍の飛行機の操縦法の名称は?

先日、たまたまプロペラの飛行機が飛んでいるのを見ました。

「日本軍が得意とした操縦法」で「敵からの射撃を避ける為」の操縦法
の名称を教えて下さい。

子供の頃に戦争の話のなかで読み聞きしたはずなのですが、思い出せません。

「落ち葉落とし」とか「木の葉落とし」とか、そんなかんじだったかと思うのですが。。。

【特徴】
・垂直に近い急降下
・落ち葉がヒラヒラと落ちるような不規則な動き

気になって仕方がありません。
色々と自分なりに検索してみたのですが、分かりません。
ご存知の方、お助け下さいませm(_ _)m

Aベストアンサー

確かに「木の葉落とし」は、戦闘機のマニューバ(航空機の機動、動き方)のひとつで、大日本帝国海軍の主力戦闘機である零式艦上戦闘機(零戦)が得意とした戦法と言われています。 90度バンクに近い状態からのラダー操作で縦滑りを発生させ、背後の敵機の射撃軸線から離脱するとともに急降下によって速度を稼ぐ。 この際に木の葉がひらひらと靡くような様であるから「木の葉落とし」と呼ばれました。 その後は稼いだ速度を生かし、反転上昇して敵機を逆襲、あるいはそのまま離脱します。 敵側からすれば、突如機体が消えたと思ったら下(又は背後)から攻撃を受けていたと言う恐るべき体験だったと言われています。
この「木の葉落とし」マニューバについては、実在の有無が取り沙汰されてもいますが、日本の撃墜王であった故・坂井三郎氏の著書の中にも紹介されています。
一部のフライトシム系ゲームでも(ラダー操作可能が前提で、機体の運動性能にもよりますが)再現は可能であり、時として有効な戦術となっています。

Q零戦操縦士は僚機と普通に電話してた?

零戦についての資料を読んでいますと、九六式艦戦の時代から無線電話通信機があったことがわかりました。
零戦操縦士は僚機と普通に電話してたのでしょうか? 話した言葉が、電波の届く友軍機全てに届くような物ですか?

手話や、手書き板で必死に対話してたというのは勝手なイメージですかね?(戦争ドラマで、そんなのは見ます)
映画『永遠の0』での、”私は自爆します”、”やめろ!”のシーンではどうだったでしょうか? その時は意識して見ていなかったので忘れました。

Aベストアンサー

なんでも零戦の前期~中期型の96式空1号無線電話機は、出力が低すぎて(加えてノイズが大きい)、ほぼ零戦→零戦は使えなかったそうですよ。
零戦の最終に登場した52型(永遠の0の最後で本当のお父さんが今のお父さんに譲った機体)に搭載された三式無線電話機は零戦→零戦ができたそうです。(昔のよりは)

あとエンジンのかかっていない地上ならノイズはないのですが、エンジンをかけた巡航速度ではノイズが発生して使い物にならないのでは。
電気ノイズも音声ノイズも大量にあったと思いますよ。

携帯電話の通話がブチブチ切れてる、電波の悪い状態を想像してもいいです。
ノイズがあると使い物にならないのが電話です。(何言っているのかわからない)
ちょっと前の携帯電話でもノイズ対策があれだったのに、あのころのノイズ対策が完璧だったとは思えませんしね。

なので基本的に、あるけど使えないものとしてたらしいです。
(エースは取り外して軽量化する人もいたそうな。)
ハンドサインや黒板で連携を取っていたものと思われます。

Qタイガー(ティーガー)戦車の操縦者の窓はどうなってるの?

映画「プライベートライアン」でのクライマックスシーンで、ふと疑問に思ったのですが、映画の中でミラー大尉が短機関銃をタイガー(もどき)戦車の操縦士用運転窓から、中に向けて発砲してました。
外からあの窓を通して車内に撃てるのですか?
もし、そうだとしたら小銃一つでやられてしまうのはあまりにも(大戦末期に出てきた)戦車としては、脆くないですか?
あんなに簡単に操縦士がやられたら、戦車は動かなくなります。
移動中ならともかく、(鏡を使ったスコープを使用するとか等の)戦闘中はなんらかの防御物は無かったのでしょうか?
気になります。

Aベストアンサー

結論から申しますと、映画の描写と前述の皆様の回答共に間違っています。あの場所にサブマシンガンの銃身を突っ込んで撃ち込むなど不可能です。
ティーガーやそれ以前のドイツ戦車の直視バイザー(乗員用の覗き窓)には全て防弾ガラスが入っています。これは、通常のライフル弾や短機関銃・拳銃弾では貫通不可能、対戦車ライフル以上でないと一発で破壊することは不可能です。いちおうこの防弾ガラスは取り外して交換可能なので、外したまま戦場に出てきてうかつにもやられた、とも解釈できますが、単なる考証ミスでしょう。(そもそも、普通戦闘中はこの部分の装甲シャッターを下ろしているものです)
あと、「泥の中の虎」での戦車長キューポラの防弾ガラス破壊の描写は、直視型ではないティーガー中期型以降のペリスコープ(潜望鏡)型ですので、ここを撃ち抜かれても乗員を直撃しません。これは、以前の直視型がソ連の強力な14.5mm対戦車ライフルの標的となり、被害が出た結果の改良です。
余談ですが、大戦中の日本戦車の場合、防弾ガラスは無く細い隙間が空いているだけでした。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報