所沢の航空公園を訪れ、木村中尉、徳田中尉について興味が湧きました。
突発的なものなので取り敢えずネットで調べているのですが、資料が少なくてなかなか調べが進みません。

特に一番疑問に思っているのが、事故の状況と事故機についてです。

「木村はスロットルレバーに鼻を強打し顔面を粉砕、一方徳田は操縦席で木村の膝に抱きついた状態で発見されたが、胸部を強打しており、両者ともにほぼ即死状態であった。」

(…Wikipedia様から引用させて頂きました)

木村中尉の状態はわかるのですが、徳田中尉の状態がイマイチ理解出来ていません。
また、この時乗っていたブレリオ式飛行機の操縦席は二人乗りだと思うのですが、縦に並んで座っていたのでしょうか?横に並んで座っていたのでしょうか?

縦に並んで座っていて、腰に抱き着いた状態で発見されたなら何となく想像出来るのですが、何故「膝」なのかがわかりません。

詳しい方に、この事故機の操縦席の事と、何故徳田中尉が木村中尉の「膝」に抱き付いた状態で発見されたのかの見解をお聞きしたいです。

…拙い文章ですみません。
ご回答お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

恐らくですが、といいますか完全な推量です。


スロットルレバーに顔面強打とあるので
通常スロットルレバーは座席の脇に装置されていると思います。
しかも墜落原因が先の方の情報では翼撓み線の破断による
操縦不能空中分解とあります、撓み翼は現在の補助翼に相当しますから
恐らく錐揉みから回復できず空中分解、ってことは墜落時は遠心力で
片側に身体が寄せられていたと思います。
その状態での落下衝撃での座席脇スロットルレバーへの顔面強打と
臨席操縦者膝への上体の被さりと推測しますがどうでしょう?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

助かりました

航空記念館に展示してあった墜落状況の絵をメモしてきたものを見ながら考えていたのですが、恥ずかしながら遠心力というものの存在を忘れておりました。
納得しました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/20 18:03

飛行機は、ブレリオ12型単葉機というやつらしいです。

席は横並び。

http://www.interq.or.jp/www-user/mahoroba/MUSEUM …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

助かりました

成る程、納得致しました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/20 18:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本能寺の変での信長生け捕り

歴史には詳しくないのですが、教えてください。

高校の時に日本史の先生が、明智光秀は信長を生け捕りにすることも考えたと思うと発言していました。光秀は信長を生け捕りにするつもりはなかったのでしょうか?
最初から討ち取るつもりだったのでしょうか?

Aベストアンサー

最初から討ち取るつもり
じゃないですかね?


プライドの高い信長は、敵に生け捕られる
くらいなら絶対に自害を選ぶ。


光秀はそのことを良く知ってるはず
なので、生け捕りが成功するとは
考えてないと思います。

Q世界史:「皇帝」と「王」のちがいは?

「皇帝」と「王」のちがいはなんですか?

あと、神聖ローマ帝国のオットー1世は『王』ということで良いのですよね。そうすると、皇帝は誰だったのですか?

Aベストアンサー

王の上位者が皇帝。

神聖ローマ帝国の場合は帝国を構成する各国を支配する王などから選挙で選ばれて帝国全体の統治者となったのが皇帝。

>あと、神聖ローマ帝国のオットー1世は『王』ということで良いのですよね。そうすると、皇帝は誰だったのですか?
オットー1世が東フランク王国の王でドイツ帝国の皇帝。

日本で言えば殿様(王)と徳川将軍(皇帝)の様な関係。

Q真珠湾攻撃の3日前に電話で予告してたら勝てました?

3日前に日本政府から米政府に
「よくもボクチンの大日本帝国を馬鹿にしてくれたな?戦争で勝負つけてやる!500機の爆撃航空団を送ってやる!」
と伝えていたら真珠湾でどんな感じに終わったと思いますか?

Aベストアンサー

1940年の重慶爆撃の際、その護衛として13機の新規開発されたばかりの零式艦上戦闘機(ゼロ戦)が襲撃し、アメリカの援助で中国が保持していた27機の戦闘機を全滅させたことはご存知ですか?

当時のアメリカの認識としては、日本には引き込み足の戦闘機はないというものでした。つまり、高速で飛べる戦闘機はなく、しかも2000キロ以上飛行することができる(海外の戦闘機は800キロ程度)なんてありえないと、中国軍の27機が全滅したのにも関わらず、その情報は無視されました。

ですから、500機の爆撃航空団を送るという情報が入っても信じないでしょう。

また、真珠湾攻撃は、敵国であるアメリカに事前にキャッチされていました。

ただ、その際の日本の攻撃について、
①戦艦で来た場合、哨戒機による発見が容易であって、砲撃する前に爆撃機で撃滅できるとされていました。
②潜水艦で来た場合、真珠湾の海底は平均12メートルと浅く、容易に潜水艦を見つけることができますので、来るとしても、攻撃力の弱い特殊潜水艇だとされていました。
③空母で来た場合、爆撃機の投下する魚雷は20メートル以上潜り、海底が12メートルと浅い真珠湾では着底して爆発してしまうので、無理だとされていました。

ですから、これらの点からも信じないでしょう。

よって、結果は変わっていないと思いますよ。

1940年の重慶爆撃の際、その護衛として13機の新規開発されたばかりの零式艦上戦闘機(ゼロ戦)が襲撃し、アメリカの援助で中国が保持していた27機の戦闘機を全滅させたことはご存知ですか?

当時のアメリカの認識としては、日本には引き込み足の戦闘機はないというものでした。つまり、高速で飛べる戦闘機はなく、しかも2000キロ以上飛行することができる(海外の戦闘機は800キロ程度)なんてありえないと、中国軍の27機が全滅したのにも関わらず、その情報は無視されました。

ですから、500機の爆撃航空団を送...続きを読む

Q戦争が進むと日本軍に独立部隊が増えるのはなぜ?

日本の戦史を見ていて気づいたことが有ります。旧日本軍では師団に属しない部隊は頭に「独立」がついて独立部隊と呼ばれます。日清日露戦争では独立部隊は少なく、砲兵旅団とか騎兵旅団が少しある程度でした。しかし日中戦争あたりから混成旅団などで独立部隊が増えだし、太平洋戦争では独立混成連隊・独立歩兵大隊・独立速射砲大隊・独立戦車中隊など独立部隊がどんどん出現し細分化されていきます。師団を離れた小兵力の部隊が増え続けた理由は何なのでしょうか?

Aベストアンサー

師団では戦闘単位として大きすぎるようになってきたからではないでしょうか。

師団はそもそもそれ単独で方面の戦闘行動を継続できる諸兵科連合の戦闘単位であり最小の戦略単位です。
ところが、師団では大きすぎて小回りがきかない場合というのが往々にして発生するようになってきます。
そこで必要な戦域に必要な戦力を投入するために師団の隷下に属さない独立部隊が増えていったわけです。

同じような事はヨーロッパでも起きていますよ。
ドイツ軍の重戦車大隊はほぼ独立部隊として各戦域を転戦していますが、まさにこれがいい例でしょう。

参考程度にどうぞ。

Q江戸時代の農民は貧しかった?

昔から疑問でした。
学校では農民は苦しい生活とか習いましたが、感覚と一致しないです。

貧乏で生活するだけで必死なら文化なんて生まれないんじゃないですかね?

各地の郷土料理。祭りもあるし?
死ぬ前に一度は伊勢参り?
茶屋だってあるし?

巡業だってあったでしょう?

村の寄り合い?に遅れたら駆けつけ3杯?お酒のんでるじゃないですか?

江戸で白米ばっか食べてた町民よりはよっぽどいい食事をしてたのでは?

そこそこ普通に生活してたんじゃないですか?

Aベストアンサー

救いようがない程の貧乏村はゼロではなかったでしょうが平均的な言い方をすれば普通に生活をしていたというのが小生の考えです。
きっかけは小生の生まれたところ。村高250石、殿様への年貢が200石、免(年貢率)は何と8割。ですが酷税に泣かされたといった悲惨な伝説はありません。寺も神社もあるし酒も飲んでいました。伊勢参りの記録は確認していませんが四国遍路の記録はあります。

なぜ免が異常に高いか
村高は豊臣秀吉が各地の領主に命じて調べさせたのが最初。しかし領主が役人を派遣して調査したのはごく少ないようで一般的にはやり方を説明して各村々にやらせ報告書を提出させた。これを「差出検地」といいます。村高が決まると年貢が決まる。村人は年貢は少なくしたい。ならば貧乏村にしてしまえ、というわけで過少申告した村があった。でもすぐにばれる。ばれると正しい年貢に増量されますが村高は訂正されなかったので免だけが異常に高くなった。
その後領主が変わるなどして再検地があると村高は訂正されることもあったようです。しかし小生の故郷は江戸時代を通じて領主の交代はなかったので再検地もなかったようです。

小生が知る範囲で最も重税なのは備中羽山村。村高58.5石、年貢が93.8石、免は160.3%(万治3年、1660年)。年貢の量が村高の1.6倍。年貢の常識論では有り得ない値。
この村、2年後には村高は128石余に増えている。農民の負担が増えた、村は苦しんだなどと言った史家先生がいたのではないかと思うが年貢の量は94.1石とほぼ変化なし。免が73.5%と何とか常識的な値に下がっているのだ。
史家の多くは村高基準で年貢制度を語っているようですがまちがい。年貢の絶対量を基準にしないと農民の負担はわからない。余計なことですが史家は算数ができないのかと疑いたくなることがよくある。

領主に納めた年貢の量を村の人口で割って1人あたりの年貢の量を調べたことがある。備中の20数か村でやったのですがどこの村も3斗5升から4斗とほぼ一定になった。小生の故郷も 年貢200石÷人口500人=0.4石 となる。村高や免の値とはほぼ無関係にこうなる。ただし宿場町や漁村は例外。さらに5才程度以下の子供は人口として数えられていないことがあるので要注意。上の羽山村は人口のデータが見つからないので計算できず。
1人あたり食糧が米1石、年貢0.4石、衣料費など雑費が最低1石必要と考えれば2.5石程度が1年間生活するために最低限必要な経費ということになる。村の数字の記録がどうであろうと1人あたり2.5石(米換算で)の生産があったということになる。当然冬の生産も含まれる。村高は夏の生産だけしか考えていないのでこのことも注意が必要。
逆に言えば人口がわかれば村の生産量が推定できるということになる。

農民はアワやヒエばかり食べていたか
年貢は土地(一般に田、畑、屋敷)に対してかかります。何を栽培しようと、逆に何も作らなくても年貢の額は変わりません(変えた領主もいたようですが)。米を作ろうとヒエを作ろうと年貢は変わりませんから誰でも最も高価な米を作ろうとしたはず。何故アワやヒエだったか、その理由は気候風土の問題で米が作れなかったのです。
関東地方などでは丘陵が多く水が乏しかったため水田は少なく、多くが畑。少ない水で育つ作物でないとダメだったのです。しかし畑の年貢も米で納めるのが基本。僅かに取れた米は全部年貢に。それでも足りないと他所から買ってきて年貢に充てました。それを見た、恐らく西日本出身の人が「米が食えない貧乏村」と言ったのでしょう。

救いようがない程の貧乏村はゼロではなかったでしょうが平均的な言い方をすれば普通に生活をしていたというのが小生の考えです。
きっかけは小生の生まれたところ。村高250石、殿様への年貢が200石、免(年貢率)は何と8割。ですが酷税に泣かされたといった悲惨な伝説はありません。寺も神社もあるし酒も飲んでいました。伊勢参りの記録は確認していませんが四国遍路の記録はあります。

なぜ免が異常に高いか
村高は豊臣秀吉が各地の領主に命じて調べさせたのが最初。しかし領主が役人を派遣して調査したのはごく少...続きを読む

Qもし平清盛が源頼朝と源義経を処刑していたらその後の展開はどうなりますか?

もし平清盛が源頼朝と源義経を処刑していたらその後の展開はどうなりますか?

Aベストアンサー

源氏の生き残りは 誰かを統領にして戦うでしょう
隠れている源氏はいくらでも居る
平家は必ず 滅ぼされたでしょう
言い切れる理由に
平家に有能な人が居なかったと言う事と
復習は怖い と言う事です
 
注目したい事は 世界史等からも
この時代から 日本だけでなく
世界規模で戦争の時代に入った
と言う事 

其の発端が 日本は僧侶(保元の乱)
西洋は教会(十字軍)なんですね
ここにも注目

聖職者の堕落が戦争の発端

Q【江戸時代のお米一貫って今で言うとどれくらいの量ですか?】 女優の貫地谷しほりというか今はナレーター

【江戸時代のお米一貫って今で言うとどれくらいの量ですか?】

女優の貫地谷しほりというか今はナレーターの彼女の貫地谷って一貫分のお米が取れた谷に住んでいた家っていう意味らしいです。

Aベストアンサー

http://roots.blog.jp/archives/822432.html

聞きかじっただけで
それをよく調べようとせず
自分の中で決め付けちゃうのはあなたの悪い癖ですね
一貫というお米の単位ではなく
一貫文というお金の単位です
一貫文分の作物が取れるからという説があるだけです

貫という質量の単位もありますが
この説を信じるのであれば意味は違うでしょうね
そもそも、一貫=3.75Kgほどですから
大した量じゃないです

Qヒットラーが自身の肖像画を紙幣にしなかった理由はなんですか? フセインや金日成はしてますよ。

ヒットラーが自身の肖像画を紙幣にしなかった理由はなんですか?
フセインや金日成はしてますよ。

Aベストアンサー

ヒトラーは負けたから悪者にされた
可能性が高い政治家に過ぎないからです。

事実、戦争前の米国の評価は、優秀な指導者
というモノでした。

ユダヤ人虐殺にも種々の疑問が出されています。

600万も虐殺されたはずなのに、大戦中
ユダヤ人の人口が増えているとか
(1500万から1800万)
アウシュビッツの焼却炉を24H365日フル稼働
しても、せいぜい数万しか処理できず、400万など
物理的に不可能云々。

事実、調査が進むにつれ、犠牲者の数はどんどん減って
行きます。

イスラエル建国の為の、国際世論操作だ、という説が
説得力を持つ所以です。

戦争に負けて、悪者にされたのは日本だけでは
無かった訳です。

Q朝鮮半島統治36年で日本がどのくらい悪政だったのでしょうか?

よく韓国から非難されるのですが、一体36年間で具体的にどのような悪政で韓国、朝鮮の人たちは怒っているのでしょうか? 怒る理由がよくわからないでいるから日本人側も何か釈然とせずにいる事が多いと思います。また、全く統治時代に良い事を日本はしなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

日帝が半島で犯した罪

1)日帝せいで半島の人口が35年間で2倍に増えてしまった。
2)24歳だった平均寿命が35年以上伸ばされてしまった。
3)人口の30%を占めてた白丁が市民権を得て、人権が認められ、教育を受けさせれてしまった。
4)幼児売春や幼児売買が禁止されてしまった。
5)女性が人間として扱われ、名前を付けなければならなくなった。
6)度量衡を統一されて日本とも流通がなめらかになってしまった。
7)8つあった言葉が統合されて標準朝鮮語をつくられてしまった。
8)5200校以上の小学校をつくられて師範学校や高等学校も合わせて1000以上つくられてしまった結果
  239万人が就学して識字率が4%から61%に上がった
9)大学を造られた。今ある、韓国のほとんどの大学は、当時日帝が作った
10)病院を造られてカルト呪術医療が禁止されてこれが平均寿命を延ばしてしまった。
11)3800キロ鉄道を引かれて港を造られてさらに電気まで引かれてしまったので、
  人間が物を担いで運ぶことが出来なくなってしまった。
12)工業が発達してしまい、国の経済が極端に大きくなった。それまでは、国家予算など誰も考える必要がなかった。
13)会社が作られるようになって物々交換から貨幣経済に転換してめんどくさい銭勘定をしなければならなくなった。
  もっとも、日帝が学校を作ったので、以前は銭勘定など出来なかったが、日帝は銭勘定をさせるために学校を作った。
14)二階建て以上の家屋が造られるようになって入浴するよう指導された。
  なにしろ、イザベラ・バードの朝鮮旅行記では、ソウルは平屋の藁葺き小屋が立ち並び、
  路地は糞尿にまみれている世界で最も汚く不衛生な町だと書かれているのが、
  30年後には日本と同じような近代都市に生まれ変わってしまった。
15)禿げ山に樹木を植林されて、洪水がなくなり、農業生産力があがってしまった。
16)ため池をつくられて今あるため池の半分もいまだに日本製だ
17)川や橋を整備されて耕作地を2倍にされて1反辺りの収穫量が3倍になってしまった。
18)コメの収量が3倍以上になってしまって、余った分を日本に輸出したら、なんと金が入ってきて、
  今まで奴隷同様だった白丁の生活が豊かになってしまった。
19)全土を精密に測量し、観測ポイントとして杭を打った。
  これは後に韓国に呪いをかけるための地脈を断つ杭だったと分かって、見つけ次第抜いた。
  おかげで、測量がまともに出来なくなって、道路を両端から造ったら、真ん中で食い違ってしまった。
20)今まで差別されていた白丁を主として、大勢の朝鮮人が日本に密航した。
  マルハンの社長などはそれを得々と言っている。
  ただ、後から強制連行した事が分かったので、賠償を求める裁判を起こした。
  仙石大臣が居るから、きっと保証してくれるだろう。
21)希望する者には日本名を名乗らせるなどよけいなことをした。
22)朝鮮語をとともに日本語を教えた。
  それまで読み書きできなかった朝鮮人のためにハングルを教え、それが今のハングル使用につながった。

日帝が半島で犯した罪

1)日帝せいで半島の人口が35年間で2倍に増えてしまった。
2)24歳だった平均寿命が35年以上伸ばされてしまった。
3)人口の30%を占めてた白丁が市民権を得て、人権が認められ、教育を受けさせれてしまった。
4)幼児売春や幼児売買が禁止されてしまった。
5)女性が人間として扱われ、名前を付けなければならなくなった。
6)度量衡を統一されて日本とも流通がなめらかになってしまった。
7)8つあった言葉が統合されて標準朝鮮語をつくられてしまった。
8)5200校...続きを読む

Q宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘について

宮本武蔵と佐々木小次郎が巌流島で決闘したのは歴史的事実だと思います。その際武蔵が二時間も遅れたり、小次郎が鞘を捨てたことをなじりお前は負けると言ったのは当時の記録にあることですか?とてもみみっちいーと思います。私は武蔵にはそんなことは言ってほしくないのですが

Aベストアンサー

その記録は、『武公伝』(1755年に完成)に武蔵が島に渡るときの船の漕ぎ手であったとする小倉商人の村屋勘八郎なる人物が、正徳2年(1712年)に語ったものと記されているそうです。ただし、そんな話はこの『武公伝』だけに書かれているようで真偽のほどはわかりません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報