家庭菜園で色々な野菜を作られている方から「ネギ」だと言われて頂いたのですが、私が普段食べているネギとは葉の様子などが少し違い、本当にネギなのか気になってきました。
その方に種類を聞いても「分からないんだよね。ワケギか何かだと思うんだけど」と言われました。
買ってきた種から育てているなら種類は分かるはずなので、もしかして勝手に生えて来たものの種を取って、それを繰り返し育てている?と不安にもなってきます。

ネットでワケギを検索しても、根本が白いものしか出てこず、やはり似ているけど違う植物なのではないかと思ってしまいます。

葉はネギのように空洞ですが、指で触ったときにザラザラと感じるぐらいの筋が縦に入っています。

よろしくお願い致します。

「これはネギ(わけぎ)なのでしょうか?」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 丁寧なご回答ありがとうございます。
    ご自分でも育てていらっしゃるようで、かなり詳しいとお見受けし、更に質問させて下さい。

    葉のスジなのですが、ネギ類をよく見たらある見た目の線(触ってもほぼ平らでツルツル)ではなく、明らかに等間隔に凸凹があり、ザラザラしています。

    葉の硬さも硬めで、以前頂いた時に食べたのですが、特に旨味も感じなかったのです。
    もう苗状態とのことなので、これは、育ち過ぎとかが原因なのでしょうか。

    お店のワケギと比べても太さも質感も、根本の色も違うので、違う植物に思えてしまいます。
    家で育てていると、そういう風に育つ事があるのでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/04/20 11:17

A 回答 (4件)

一般に わけぎ というものは存在しますが、これとて品種改良されているようです。


http://www.naro.affrc.go.jp/org/karc/seika/kyush …

私の知る限りでは 間違いなく 赤みを帯びた少し玉ねぎになりそこなったような形 でも「らっきょ」でもない・・・まさしく「わけぎ」であり、すでに分割した食べごろの食品です。

そのまま「わけぎあい」あるいは「ぬた」 
白みそ お酢 砂糖 と イカと お揚げさんで家内が先日夕食に出してくれたものを頂いたばかりです。

今が旬の食材です。

節のようなもの これはどの野菜にも言えるのですが 木の年輪のようなもので
年輪は一年中で冬の間は成長が止まるために、その間は育たなく年輪を作る 春になると一気に成長するためにその期間の年輪は柔らかく幅が広い・・・

前置きが長くなりましたが、この節のようなものは実は植物が何らかの影響を受けて耐え忍んだ傷跡なのです。
例えば風が強く折れそうになった 或いは一旦折れ曲がったが復活した。
肥料が不足した時期があるなどの影響もあるでしょう。

人間だって同じです。
ストレスを感じると、その間はどこかで影響を受けて居ます。

今夜は間に合わないかもわかりませんが 明日の夕食には美味しい旬の食材をいただいてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答をありがとうございます。
なるほど、あの筋は育つ過程で何らかの影響をうけてできたものだったのですね。
完全管理の商品用で育てられた訳ではないのですから、それも納得です。
根本に赤みがあるのも異常ではないようで、本当に安心しました。
早速明日、ぬたのレシピを検索して作ってみたいと思います。

先に詳しくお答え頂いたoo14様と悩んだのですが、不安が取り除けた感謝を込めて、こちらをベストアンサーとさせて頂きます。

ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/20 22:42

ネギとワケギは違いますよ。


写真で見る限りワケギに見えます。
今の季節だと、おおむね1か月で結論が出ます。
このままじゃとても食べられそうにもない、苗状態です。
一本ずつ、数センチ離して、これだけあると1m2は優に要りそうですが、
場所がなければ、3本くらいたばねてもいいかもです。
植えてみてください。2週間もすると丸々と太ったらっきょのような
物が根の付近にできて、葉は折れてきます。
食べられるのはここまでです。1か月後は休眠状態になりますので、
来年まで干しておきます。
次植えるタイミング(普通秋です)は球根が教えてくれます。
自分もこれを20年繰り返しています。
間引く(わけぎは分けて収穫できるからわけぎ)という意味が
ようやくわかってきました。
とにかく、球根を作るのはネギとは違いますし、わけぎのぬたの
あの食感はネギではできません。最高ですよ。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
このまま植えれば球根が育つのですね。
一部を植えて、残りはぬたにして食べようと思います。
うまく行けば来年の春には自分で育てたワケギが食べられるなんて
とても楽しみです。
ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/20 22:52

根元の感じから見て「分葱(わけぎ)」だと思うがね。


葱であることは間違いないが・・・・。
葉が軟らかいので、薬味に使うことが多いかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
薬味にも向いているのですね。
頂いたものは葉が硬めですので、購入したものや、
自分でうまく育てられたら色々試してみたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/20 22:55

どくいりきけん たべたらしぬで

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
以前頂いた時に食べたのですが、お腹を壊すこともなく
無事に生きています(^^)
でも死んだら嫌なので、その辺で見つけた似ているけど正体の分からないものは
口にしないようにしておきますね。

お礼日時:2017/04/20 23:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q万能葉ねぎの栽培方法 プランター、箱等で簡単に作れると書いてあったので万能葉ねぎの種を買いました。種

万能葉ねぎの栽培方法            

プランター、箱等で簡単に作れると書いてあったので万能葉ねぎの種を買いました。種をまくのにプランターは、ある程度幅が広くて深さがある方が良いのでしょうか?家にあるのは、普通の細長い花用のプランターしかありませんそれでも大丈夫ですか?
後、種の袋に栽培手順が書いてあって5㎝ぐらいに伸びて来たら500倍位の液肥を10日おき位に与えます。と書いてあるのですが何を(どんな液肥)どのように与えたら良いですか?プランターを置く場所は、日影とか日なた、雨が降ったとき自然に雨がかかるような場所どこが良いのでしょうか?分かりやすく詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

葉ネギであれば、あまり容器は選びません。花用プランターで充分でしょう。大きく伸びなかった場合でも、芽ネギとして使えますし。

肥料は、あまり神経質にならないほうがいいと思います。どのような土を使われるかにもよりますが、土の中の養分だけでもそれなりに育つものです。
野菜専用でもいいし、ホームセンターのプライベートブランドの「植物全般用」みたいなものでも、他の植物に使い回しできていいかもしれません。
むしろ、不安になって必要以上(回数)に肥料を与えてしまったり、濃度が濃すぎたりして、かえって悪影響になるほうが心配です。(個人的には、液体肥料は指定よりも薄くして、回数を多くしたほうがいいような気がしています)
いつもの水やりと同じように、じょうろで根元にまきます。底から流れ出るまで、たっぷりと。与えるタイミングは、間引き後や刈り取って収穫した後でもいいと思います。

置き場所は日陰よりは日向(多少日当たりが悪くてもネギは大丈夫だそうです)、雨は当たってもいいでしょう(雨が当たらない場所なら、水をまきましょう)。

あと、袋の中の種を、一度に全部まく必要はありません。残しておいて、また後でまくことができます。
ただし、ネギの種は寿命が短いようで、常温で数年経てばまいてもほとんど芽がでなくなってしまいます。ところが、冷蔵庫で保存すると、その時間をかなり伸ばすことができます。袋には有効期限が記載されていると思いますが、冷蔵するとそれ以上大丈夫なはずです。
種が古くなったといっても、芽が出にくくなるだけであって、育った植物の品質や安全性には影響ありませんので、ご参考までに。

葉ネギであれば、あまり容器は選びません。花用プランターで充分でしょう。大きく伸びなかった場合でも、芽ネギとして使えますし。

肥料は、あまり神経質にならないほうがいいと思います。どのような土を使われるかにもよりますが、土の中の養分だけでもそれなりに育つものです。
野菜専用でもいいし、ホームセンターのプライベートブランドの「植物全般用」みたいなものでも、他の植物に使い回しできていいかもしれません。
むしろ、不安になって必要以上(回数)に肥料を与えてしまったり、濃度が濃すぎたりし...続きを読む

Q大葉とワケギと一緒に育てられる野菜

南向きベランダに置く65型プランターで、大葉1株とワケギ2~3株を植えますが、3分の1~半分近く空きそうなので、さらにもう1~2種類野菜を植えたいと思います。
○大葉とワケギと共通の土・育て方+これから植える(または種まき)できる
○野菜栽培初心者なので、世話が複雑でない
○大葉、ワケギとの共通が難しければ、大葉かワケギのどちらかで可。
○大葉、ワケギ、他の野菜とプランター3個は使いたくありません(庭無し、ベランダのみなので)。

Aベストアンサー

 こんにちは。園芸を趣味で楽しんでますので良かったら参考にして下さい。
 大葉も結構でかくなりますし、ワケギがあるならそれでOKのような気もします。パセリ&イタリアンパセリは結構大株になります。ただし背はは本当に簡単ですので、もしもう1つプランターをおく予定があるなら1株植えてみても良いかと思います。割と小さくて簡単なのはルッコラ(ロケット)、チャイブ、ニラ、ミツバです。チャイブは西洋アサツキなんで見た目が似てますが、葱坊主がピンクで可愛いですし、匂いもネギほどきつくはありません。ルッコラは種まきでも充分ですが、多分種1袋で1プランターぐらいですので、苗でも良いかと思います。ハーブの中でも一番クセがなく、食べやすいですよ。ニラも1度植えると割とずっと収穫できます。おまけに簡単で病害虫にも強いです。
http://yasashi.info/ti_00002.htm
http://yasashi.info/ru_00007.htm

 ご参考までにm(__)m。

Qミモザについて 2年前に種から育てているのですが 1週間前から急に下の葉からポロポロと 落ちてい

ミモザについて


2年前に種から育てているのですが
1週間前から急に下の葉からポロポロと
落ちていきます。
土は花と野菜の土と書いてある物を使用しています。
水やりは土が乾いたらたっぷり与えていますが
肥料等は与えていません。
葉が落ちる原因は何でしょうか?

Aベストアンサー

最初に余談です。
ミモザと書かれているのはミモザ属のオジギソウのことと思います。
ただしミモザとするとアカシア属の通称でもあるので大きな樹木が出てきます。
よってオジギソウとか、おじぎ草の方がいいと思います。

画像からバークの多い土に見えます。
勝手ながら私はバーク堆肥は好きではない。
その理由は完全発酵と書かれても怪しいものが一部にあるので。
バークの芯まで真っ黒なら良いですが、こげ茶どまりなら??です。

ここから推測です。
最初はそれなりに肥料分があったが、水で流れたりして徐々に少なくなっている。
もしかした発酵が不十分で窒素分をバークが吸収して使ってしまって不足・・欠乏している。
それかなあ?であれば肥料を入れましょう。
化成肥料を大さじ一杯程度を外側に混ぜて入れる。 これで様子を見てください。

Q同じ種類なのに葉の形状が違うスペアミントについて

昨年、地植えをしたスペアミントの苗が冬を越し、新芽を出してきました。

スペアミントエリアを拡大しようと新たに苗を購入したのですが、
昨年のものと今年のものとでは、葉の形状が異なるようです。


昨年のミント→
アップルミントとケンタッキーカーネルミントの丁度中間くらいの形。
葉脈がしっかりとして割と厚く固め。

今年のミント→
昨年のものに比べると葉は小さめ
葉脈もあまり目立たず、薄くやわらかい葉。


まだ、食してはいないのですが、葉をちぎってみると
昨年のものは割と渋めの爽快な香り、
今年のものはあまり匂わず、揉むと甘めの香りが立ちます。


これは、本当に同種のスペアミントなのでしょうか。
今年の苗も、時間がたつと葉が固く、大きくなってくるものでしょうか。

ミントは交雑しやすいとのことですので、違う種類であるならば
場所を変えて植えねば、とおもっています。

どうぞよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

>これは、本当に同種のスペアミントなのでしょうか。

同じ名前でも株ごとに特徴が異なるのはよくあることです。
一般にスペアミントとして売られている苗がすべてまったく同じ形質の株かどうかはわかりません。
成長後の様子は今後の管理にも左右されますので確実なことは判りかねます。

交雑を防ぐには片方を開花前から防虫ネットで覆っておくといいと思います。

Qブドウを種から育てますが、種からはどうすれば良いですか?

ブドウを種から育てますが、種からはどうすれば良いですか?

Aベストアンサー

過去の回答です

僭越ながら「カテゴリーマスターさん」の回答を一部訂正します。
種子の取り方
①良く洗う…OKです。
②乾燥させる…×です。
※通常は、乾燥させず湿ったまま殺菌剤の液に漬け水を切り、そのまま冷蔵します。
<ブドウの種子>
種子から発芽させた個体を実生と言います。
ブドウ畑では同じ品種をまとめて植えてあります。
ブドウは自家受粉するので、元の親と同じ形質の個体が発生することが多い。
しかし、多くのブドウ品種は、交雑種なので「メンデルの法則(2:1:1)」によって、半分は変異が現れます。
<播く時期>
○暖房施設が無ければ「春に播く」ことをお勧めします。
・室温だけでは、冬の寒さによって、生育が止まりやすいので、気温が上がる3月下旬頃がよいでしょう。
・ブドウの種子は、硬い殻に包まれているので「ペンチなどでひびを入れ」てから播きます。
・土は、栄養分の無い、パーライトや鹿沼土に播き、芽が伸び始めたら液肥を薄く溶かして与えます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報