Nous nous sommes inscrits tout de suite; le numerus clausus pouvait nous en empêcher. c'était notre hantise !

1. 和訳をお願いします。
2.en empêcherのenは何を意味しているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私たちはすぐに登録した。


人数制限のために登録できないかもしれなかったから。
(人数制限が私たちにそれを妨げたかもしれないから。)
それは私たちの強迫観念だった!

・numerus clausus 定員、人数制限

・en=de nous inscrire
le numerus clausus pouvait nous empêcher de nous inscrire.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/20 14:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語「tous en rond」「tout en rond」どちらが正しい?

有名なフランス民謡「Sur pont d'Avignon」の歌詞の中に、『みんなで輪になって』の意として「tous en rond」という箇所があります。しかし現地ビジターセンターで見た原譜では「"tout” en rond」と表記されており、実際このように歌っている合唱団もあるようです。(YouTubeにて検索した結果、「tous」の方が圧倒的に多かったですが、「tout」も複数見られました。)

曲が出来上がった時代と現代とではフランス語(熟語)がもたらすニュアンスに違いが生じて「tout」よりも「tous」にシフトしてきたのかな、と思われるのですが、あくまでも素人の推測ですので、正しいところを知りたいと思い、ここで質問させていただきます。

また、「曲」自体を離れて、現代文法として考えて、どちらが自然な(正しい)フランス語と解されるでしょうか?
tout,tous,toute,toutes にはいつも悩まされているので、ここで一度はっきりさせておきたいという思いもあります。
ご教示いただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

有名なフランス民謡「Sur pont d'Avignon」の歌詞の中に、『みんなで輪になって』の意として「tous en rond」という箇所があります。しかし現地ビジターセンターで見た原譜では「"tout” en rond」と表記されており、実際このように歌っている合唱団もあるようです。(YouTubeにて検索した結果、「tous」の方が圧倒的に多かったですが、「tout」も複数見られました。)

曲が出来上がった時代と現代とではフランス語(熟語)がもたらすニュアンスに違いが生じて「tout」よりも「tous」にシフトしてきたのかな、と...続きを読む

Aベストアンサー

> どちらが自然な(正しい)フランス語と解されるでしょうか?

どちらも自然な(正しい)フランス語なので、両方あるのです。
ただ、もちろん、意味が違う。

tous en rond → みんなでまるく(踊ろう)
tout en rond → まん丸に(踊ろう)

tous は主語の同格で、en rond とは切り離して考える。
tout は強調の副詞で、en rond を修飾。

まあ、tout は確かに面倒くさい。
ロワイヤル仏和をみても、注が 1~11 まである。
習得には、辞書を繰り返し読み、いろいろなフランス語の文章を読み込み、自分でも書いてみるしかない。

Qフランス語:enとle・la・lesの使い分けについて

中性代名詞enは不定冠詞や部分冠詞がついた直接目的語を置き換えます。それと逆に、直接目的語人称代名詞le/la/lesは特定のもの、つまり定冠詞がついた直接目的語を指します。

では以下のような場合はなぜ大丈夫なのでしょうか?
(教科書のディアローグにありました)

A:Tu l'as trouve, ta voiture?
B:J'en ai vu une super, avant-hier.
A:Tu vas la prendre?
B:Je n'ai pas encore decide...

Bが「une super」と言っているのに、
どうしてAは「la prendre」と「la」に置き換えているのでしょうか?
ここで「en prendre」とはならないとなんとなくはわかりますが、
文法的な理由はあるのでしょうか?

ここでは「その車」という意が会話でわかるので、
「特定の車」ということになり「la」となっているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

ご質問:
<ここでは「その車」という意が会話でわかるので、「特定の車」ということになり「la」となっているのでしょうか?>

ご想像の通りです。

1.ご質問にある疑問は、une superと不定冠詞uneが使われているから、enでなく定冠詞?と疑問を持たれたのだと思います。

しかし、前出の名詞に不定冠詞が使われていてもそれが「特定の1台の車」を指しているのであれば、定冠詞に置き換えられることができるのです。何故ならそれは特定のたった1台の車だからです。

2.これは英語などでも同様で、不定冠詞が使われていても、話題がその名詞を指しているのが明らかであれば、人称代名詞itが使われます。
例:
I have an apple.
It is big and red.
「りんごを一つ持っている。それは大きくて赤い」

3.Bは、車の中でも特にかっこいい車1台について言及しています。その特定の1台を受けてAはla「それ」=「君がかっこいいと思う1台」と、特定の直接補語を表すlaを使っているのです。

4.ご質問のように、形容詞などで特定されると、それが「限定用法」となり、かかる名詞を「特定化」する働きがあります。

5.このenは任意の複数の自動車を指してdes voitures「複数の車の中の」=d’elles「そのうちの」という意味で使われています。訳では他の複数の車については触れていません。

6.Bの会話の代名詞enを名詞に置き換えて文を書き換えると以下のようになります。

J'en ai vu une super, avant-hier.
「一昨日、かっこいいのを見たよ」
→J' ai vu une voiture super (des voitures), avant-hier.
「一昨日、(車の中でも)かっこいい車を見たよ」

voitureという単語は既出のため、反復をさけ代名詞を使っています。ここではdes voituresは任意の複数の車になりますから、わざわざ訳出されていないのです。

以上ご参考までに。

こんにちは。

ご質問:
<ここでは「その車」という意が会話でわかるので、「特定の車」ということになり「la」となっているのでしょうか?>

ご想像の通りです。

1.ご質問にある疑問は、une superと不定冠詞uneが使われているから、enでなく定冠詞?と疑問を持たれたのだと思います。

しかし、前出の名詞に不定冠詞が使われていてもそれが「特定の1台の車」を指しているのであれば、定冠詞に置き換えられることができるのです。何故ならそれは特定のたった1台の車だからです。

2.これは英...続きを読む

Qフランス語、libre de suiteの意味

フランス語の求人広告からです。

SSII recherche informaticien(ne) experimente(e)(H/F).
Diplome(de) grand ecole ou institut ingenierie. Connaissance multimedia obligatoire. Libre de suite. Anglais indispensable.
Adresser CV et lettre de motivation au DRH, Societe Toutvu, Les
Ulis. 

ここでよく分からないのは、“ Libre de suite”の部分なんですが、
ここのdeは libreとくっ付いて「続きのない」ではなく、suiteとくっ付いて「すぐに自由」の意味に近いと思いますが、これは、「面接を受けて採用ならすぐに応じられる」と解釈していいのでしょうか?日本語ならどんな決まり文句になりますか?
また、DRHは人事担当の人のことだと思うんですが、何の略なんでしょうか?

Aベストアンサー

“ Libre de suite”
■Ceiriosenさんの解釈で当たっています。

日本語ならどんな決まり文句になりますか?
■「採用後、即勤務可」


また、DRHは人事担当の人のことだと思うんですが、何の略なんでしょうか?
■ Direction des Ressources humaines ですね。

Qla chapelle de la Vierge à Notre-Dame

フランス語の質問です。

la chapelle de la Vierge à Notre-Dameという表記があるのですが、なんと言う日本語に相当しますか?

de la Viergeという表記がある以上、「パリのノートルダム教会」という表記だけではニュアンスが足りないような気がしまして。。。

Aベストアンサー

補足を拝読しました。

司教・大司教の任命は、ローマ教会で取り計らわれており、archevêqueが存在するパリの教会、ということであれば、ノートルダム大聖堂、ということで間違いないと思います。

英語で恐縮ですが、添付しましたのは、フランスの教区の地図です。細い線で囲まれているのが、一般の教区、太い黒線で囲まれているのが、大司教区で、その地方のどこの教会に一番の権威が与えられているか、一目でわかるようになっています。この教区は、先の教皇ジョン・ポール二世のときに現状を踏まえて決めなおされた、ということです。

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_the_Roman_Catholic_dioceses_of_France

補足のなかで質問者さんがおっしゃっているように、ローマの聖パウロ大聖堂の巨大なドームのお隣の、教皇の居住区に、システィン・チャペルが、彼専用の礼拝堂として存在しているように、ノートルダム大聖堂の中に、小さなla chapelle de la Vierge à Notre-Dameと呼ばれる祭壇が存在するのかもしれませんね。

ノートルダム大聖堂の内部の様子を探してみました。 添付しましたのは平面図です。

http://www.notredamedeparis.fr/Praying-reflecting

11.に、Chapel of Our Lady of Guadalupeというのがありまして、これは、メキシコに出現した聖母マリアを顕彰した礼拝のための祭壇なのですが、たくさんある祭壇の中のひとつが、la Vierge à Notre-Dameにささげられているのかもしれません。

補足を拝読しました。

司教・大司教の任命は、ローマ教会で取り計らわれており、archevêqueが存在するパリの教会、ということであれば、ノートルダム大聖堂、ということで間違いないと思います。

英語で恐縮ですが、添付しましたのは、フランスの教区の地図です。細い線で囲まれているのが、一般の教区、太い黒線で囲まれているのが、大司教区で、その地方のどこの教会に一番の権威が与えられているか、一目でわかるようになっています。この教区は、先の教皇ジョン・ポール二世のときに現状を踏まえて決めなおさ...続きを読む

QLe Chats de Hasard(仏語)の意味

タイトルは「運命の猫」アニー・デュペレ 藪崎利美氏訳 人文書院 の副題です。実はフランス語の意味を検索できるサイトを紹介していただきたいので、ここに質問しました。

Aベストアンサー

それでしたら

下記のオンライン辞書
http://dico.fj.free.fr/traduction/index.php 
仏⇔日ですから。

お試し下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報