教えて下さい。
<状況>
自宅の隣接地を所有者Aから売買で購入しました。その隣接地奥の住人Bは、40年以上の間、
隣接地の端を通行して公道に出ていました。私は、その通行の状況を見て知っていました。
AとBは、合意で無償の通行地役権を設定していたようです。

私は、隣接地(承役地)を取得したので、Bの通行地役権は、認めますが、Bに対して通行料金を
請求できるのでしょうか? 

通行面積は駐車場程度なので、通行料金は、駐車場料金5000円程度と考えて宜しいでしょうか?
それとも半額程度でしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 返答を頂き、ありがとうございます。
    Bは時効取得では無く、AとBは黙示の合意による無償の通行地役権を設定していたと、
    Bは主張しています。私も、これを認めざるを得ません。

    その上で、Bに対して、5000円/月の通行料金を請求したいと考えています。
    通行料金を請求できるでしょうか? ご存知の方は、宜しくお願いします。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/04/20 17:56

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Net情報ですが参考まで。


通行地役権時効取得とは、これを承役地に対して行う事を意味します。通行地役権を時効取得する、その時効期間は善意無過失で10年、その他なら20年です。
通行地役権の時効取得は、要役者が自ら承役地に通路を開設することで「通行の権利を表現」し、それを時効成立まで継続する事で成り立ちます。通行地役権時効取得は多くの場合、無償利用の権利を得る事を指しています。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

40年以上から既得権が発生しているのでは 相手が通行する事で貴方に迷惑が掛かるのなら 交渉する 袋地なら 人の通行範囲は認めないとダメです


恐らく相手も 通行料になれば裁判に持ち込むでしょうな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答を頂き、ありがとうございます。
要役地と承役地との迷惑度のかかりしだいということになりますか。
状況によるということでしょうか。

お礼日時:2017/04/20 17:49

無償通行地役権を設定 永遠なのか、条件の内容が判りません。



Bの無償通行地役権を認めないで済むなら
貴殿と契約書を交わすでしょうね。そこで50年間 通行料300万円とか・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返答を頂き、ありがとうございます。
AとBは、黙示の合意による通行地役権に当たるようです。
相手しだいということでしょうか?
交渉してみます。

お礼日時:2017/04/20 17:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q袋地の通行権(囲繞地通行権)について

Tの字のような形で横棒の所に2軒の袋地に家があります。縦棒の所に左右2軒ずつ家(計4軒)があります。縦棒の真中が位置指定道路(2m+2m=4mの私道)になっていて、それぞれ4軒が私道の地代を地主に払っています。T↓の先に公道があります。向かってT}の右側は、最近相続のため分割登記(2軒を3軒に奥が袋地になった)したので、土地分割のため袋地の人は無償で通行できると思います。問題は{T左側の奥の3軒(いずれの土地も一筆で登記されていません)めの袋地の私です。昔から通行していたのですが、自分の2m+2mの中心線の先の土地(後ろに母屋がある)に車を置きました。また、仕事をしているので、業者の車や品物が台車に載せて通ります。最近私道のお金も払っていないのにと、噂を耳にしました。通るだけなら問題がない様ですが、私の土地に車を置くこと(自家用車の入出)や、仕事の車等の出入りは、問題があるのでしょうか?教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

『袋地』の概念を間違って使われていると考えまして、仮定の話ですが、黄緑色で表した地主A所有の土地が、地主Bとおなじように、質問者様の土地と道路の間に存在するとすれば、それが『分割により生じた袋地』ですよ、という意味で書きました。その場合には、×印で示したルートを通ることは出来ず、○印で示した隣地経由で道路に出ることになり、このことを『囲繞地通行権』というのですよ、と言う事です。

また、実際に質問者様の土地が道路に接しているのであれば、そもそも『袋地』ではアリマセンよ、ということです。

繰り返しになりますが、地主Aや周囲の人から見ると、質問者様は通行料を支払うべき地権者と見なされてもおかしくない。
質問者様は、それに対して反論できます。
最悪の場合には、車の通行に支障が出るような事(ポールの設置)もやられる可能性はありますが、それでも良いのであれば、こちらから通行料の話をしなくとも、地主Aの出方を待つのも手でしょう。
どういった結果が出るかは、私には予想が付かないので、隣の身内の方とも相談されたら如何ですか?ということです。

Q通行使用承諾書(合意書)の有効性と位置指定道路について

法律のことについてあまり詳しくないので教えていただきたいのです。
知り合い(Aさん)から土地について相談があり、調べたところ地目が宅地なのに家が建てられないことがわかりました。
仮にこの土地をAとします。Aの位置は公道から3.5m幅の通路状私有地の一番奥右側にあります。
Aの左隣にBという土地があり、現在Aは更地、Bはアパートが建ってます。この通路を使うのはAとBだけになります。
今から9年前にBにアパート建設の計画の際に当時通路を持っていた方(Cさん)とBの所有者(Bさん)とで「土地通行使用合意書」を交わされ、そこには
・所有地番と面積(面積は通路分全部)
・無償にて永年使用
・Bの建築確認上建築申請地として使用
・日常生活における通行目的
・水道、ガスなどのライフライン設備のための掘削
・将来的に双方の土地所有権が譲渡された場合でも譲受人に継承
・その他問題が発生した場合は双方協議の上解決すること
と記載されてました。
このことをのちに知った土地AをAさんに売った方(Dさん)がAの権利を失ってはいけないと、CさんとAさんとでBさんと交わした同じ内容の(Aの建築申請地として)「土地通行使用合意書」を作成しました。その後Cさんが亡くなる寸前に「土地通行使用合意書の公正証書」(AさんとCさんとの)を作成、通路の土地をAさんが購入、名義変更したそうです。
建築できない理由は役所で調べたところ、Bのアパートは旗上敷地で3.5m幅のうちの2.0mを使って確認申請をしているのでAの土地は接道が足りなくなってしまっているからです。

Cさんはすでに亡くなっているためこれらの通行使用合意書の有効性はどうなのか。
また役所に相談したところ位置指定道路を取ることを進められましたが、通路の角地の右側(A側)の隣は1.0mの国有地と共同墓地、角地左側(B側)の隣はBの土地所有者です。Bの土地所有者は位置指定取得の隅切りには理解は示すものの、墓地側に塀を建ててくれないと応じないとのこと。
また国有地の払い下げについても役所に聞いたら墓地が通路側に向いて建っているため払い下げに難色を示しています。
回答をよろしくお願いします。

法律のことについてあまり詳しくないので教えていただきたいのです。
知り合い(Aさん)から土地について相談があり、調べたところ地目が宅地なのに家が建てられないことがわかりました。
仮にこの土地をAとします。Aの位置は公道から3.5m幅の通路状私有地の一番奥右側にあります。
Aの左隣にBという土地があり、現在Aは更地、Bはアパートが建ってます。この通路を使うのはAとBだけになります。
今から9年前にBにアパート建設の計画の際に当時通路を持っていた方(Cさん)とBの所有者(Bさん)...続きを読む

Aベストアンサー

2です。そうでしたか。
ちょと違う案件ですが、袋小路で角から3軒あり、角からの3件で敷き延長部分の持分があるとき、敷延部分がなぜか4mをきってしまっていて奥のかたが建てられない状態になっていたことがありました。幸い2番目のかたは花壇をはずせば4m確保できるように十年ほど前に新築しなおしておりましたが、角は古いのですが店舗もしており間口をきる事になかなか同意しにくい状況でした。
それを、一生懸命説得して次の建て直しには下がるという書面を取り付けることで役所のかたにも救済していただいた事があります。

Eは所有者でなく、Bが所有者でEは居住者だと読みました。
Eに墓地側に塀を建てさせる権利なんて基本的にはないはずですから、土地所有者に理解させるしかないと思います。Eへの説得は土地所有者が行うべきでしょう。

Q隣接地との高低差

私の家の西側が駐車場でした。境目は新築時にうちがブロック50cmくらいプラスフェンスで塀を作りました。GL(グランドレベル)はうちよりやや低かったのです。そこに住宅が建つために今、盛り土をしています。約50cm位!!塀のブロックよりやや下目。要するにうちのGLより30~40cmは高いのです。
しかもうちの塀で土止めをしている状態。タダでさえ高くされ、不安と不満があるのに、工事の方に、「塀で土止めをしている状態、ブロックの劣化が進むのではないか」と、話をしたら水はお宅へは行かないから大丈夫との安易な回答でした。
聞くところによると、この場合相手方の方でもう一つ塀を作り、土止め、盛り土しなくてはいけない(マナーにのっとて・・・)様です。
どうしてもらうのが最適なのか教えていただけませんか??
隣が50cmも高く盛り土をしてもいいのですか?
その南にある住宅にはきっと水びたしになりそうです。。。

Aベストアンサー

建築士です。私の知る範囲では、地盤面の変更自体は、地区計画や建築協定で禁止されていなければ、建築基準法上は問題ないと思います。(民法で規定があるかどうかは知りません。)
しかし、人の家のブロックで土留めというのは言語道断!!30cmくらいであればすぐに土圧でブロックが倒れてくるなどということはないと思いますが、ブロック自体が土圧がかかることを想定してできていないし、傷みも早くなります。隣地側に擁壁と側溝はつくってもらうように言った方がいいのではないですか。
それか、ブロック全部壊してやったらどうですか。

Q隣接地との境界点

隣の家との境界点が不確かな場合、地積測量図があれば一番なんですが、
在るのは建物図面に描かれた寸法と、建築屋さん(大手)が作った敷地図面に描かれた寸法だけ。昭和60年代の代物です。
お隣りさんが改築されるのは勝手ですが、この辺りに境界の刻みがあったはず、と勝手に決めつけ、それよりも10センチ控えめにするから、と敷地の土台を作ろうとされています。
一か月以上前にお隣の家の受注を受けた営業マンがやって来て、境界点の立会をお願いしたいと言われるので、地積測量図か何か分かる方法で決めてほしいと言ったのですが、それから音沙汰なく、留守の間に左官屋の糸が張ってありました。
営業マンに電話すると、隣の奥さんが覚えていたと、10センチさげてますからと、訳のわからないことを言われ、どうしてそんなことを勝手にするんだと主人が言うと、グラグラしますからと答えたため、もう主人は激怒。私も胃が痛くなりました。どうしたらいいでしょう。

Aベストアンサー

この際に境界線をはっきりしたらどうですか
境界線は、測量事務所にお願いします
費用は20万円位だと思いますが、両者の折半で

測量の方法は、
あなたの自宅の近くに測量用の「基準点」が色んな方向に何箇所かあります。
その基準点から次の仮の基準点までの角度と距離を測り、何ヵ所かの曲がり角を
計った上であなたの敷地まで図っていきます、そのようにしてお役所に保管している
地図と見比べながら、あなたの家の敷地の「角地」を決定します。

何ヵ所かの基準点からあなたの敷地の角を割り出して、角と角をつないだものが
境界線となります。
その境界線の角々に境界杭を目印として打ちますが、その際にはその境界に接する
すべての地主さんが立ち会い、測量事務所の説明を聞いたうえで、全員納得の上で
境界杭を打ちます。

Q袋地通行権

袋地になる土地(住宅)の購入を考えています。
公道に出るための隣の家の土地に柱があり、
幅60センチのスペースはあります。
購入した場合、家具・家電が入るのか不安です。
そこで、袋地通行権とは「実際に何センチまで開けなければいけない」
という決まりはあるのでしょうか?
真剣に困っています。
どうぞ良い回答をお願いします。

Aベストアンサー

>決まりはあるのでしょうか?

明確な決まりはありません。

基本的に人が通行できる通路の開設を認めているだけであり、一般的には幅1mくらいです。

袋地通行権とは回りを他人の土地に囲まれて、公道にでることが出来ない=自分の土地に入るのに他人の土地を通らざるを得ない場合の権利ですが、土地への人の出入りを可能にするだけであり、人以上の通行を認めるものではありません。

これは囲にょう地の所有者が袋地の所有者に対して「私の土地を通るな」とは言えないということです。
囲にょう地の最も邪魔にならないところを通らせてもらう権利が「袋地通行権」です。

これから袋地通路を開設するという話なら別ですが、既に家が建ってる原状では、その状態は変わらないものとして購入するしないを考えるしかないでしょう。

なぜなら60cmは微妙な幅ですので、裁判などに持ち込めば柱を撤去させることができるかも知れません。

しかしその住居の前住人はその状態で住んでいたという既成事実もあります。その辺を裁判所はどう判断するか判りません。

いずれにせよ隣家と裁判するのは如何なものかとも思いますし、その柱が隣家にとって撤去できない重要な構造物である場合は、裁判所は撤去を命じることは無いでしょう

>決まりはあるのでしょうか?

明確な決まりはありません。

基本的に人が通行できる通路の開設を認めているだけであり、一般的には幅1mくらいです。

袋地通行権とは回りを他人の土地に囲まれて、公道にでることが出来ない=自分の土地に入るのに他人の土地を通らざるを得ない場合の権利ですが、土地への人の出入りを可能にするだけであり、人以上の通行を認めるものではありません。

これは囲にょう地の所有者が袋地の所有者に対して「私の土地を通るな」とは言えないということです。
囲にょう地の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報