コレ↓なんですが、どーも解せません。

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170417/ …

首相夫人の隣りにいる男は既に逮捕されたらしいです。
首相夫人であれば大麻栽培してもよいのでしょーか。
大麻で町おこしやるなんて犯罪ではないですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

申請し、許可を受けているなら首相夫人であろうと、薬物犯で収監された人物であろうと栽培を行なっても良いです。

それが法治国家です。
許可を受けずに、栽培を行なっいたら問題ですが、参照の記事には「許可されていた」とありました。

法律で許可された範囲内で行なうのは、犯罪ではありません。それが、大麻などの麻薬であっても同じです。
もしも、法律で許可された範囲内であっても犯罪となるのであれば、大麻よりも終末医療で使われているモルヒネ、精神病の治療で使われている薬物も問題でしょう。また、アヘンの原材料となる芥子も許可があれば栽培が可能であり、実際に都立薬用植物園では栽培(鑑賞目的)が行なわれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そーすると許可さえ受ければケシ栽培なども簡単に出来るわけですか。
都立薬用植物園ではケシ栽培もやってるみたいですね。
警察は立ち入り検査しないのでしょうか。

お礼日時:2017/04/20 09:19

お礼をいただきまして、ありがとうございます。



厚労省は一般人でも許可があれば、芥子の栽培を認めています(大麻の栽培許可は都道府県が行なっています)。植物園のみで栽培を行なっているのではありません。
厚労省が栽培している理由は、最初の回答に書きました。

また、大きな誤解があるようですが麻薬指定の薬物であっても医療目的であれば、使用されています。
終末医療で使われているモルヒネ、精神病の治療で使われる医薬品などは、それに当たります。
    • good
    • 0

お礼をいただきまして、ありがとうございます。



許可があれば可能です。
立ち入り検査を行なわれないでしょう。植物園は厚労省の機関です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

厚労省は一般人には大麻栽培もケシ栽培も禁じているが、自分らは植物園の中で大麻もケシも栽培しているんですか。
厚労省はいったい何を考えているんでしょうか。
厚労省はその植物園を使ってマリファナやヘロインを製造しているのですか。
そーすると厚労省は麻薬シンジケートと同類になるのではないですか。

お礼日時:2017/04/20 16:40

神社のしめ縄や大相撲の横綱がしめる化粧回しといった伝統行事などの特殊用途に用いられますので、それなりに需要がありますから、輸入に頼る産業用大麻を国内で生産すれば、農家も潤いますので、栽培その物には、何ら問題はありません



農業振興が目的ですから、首相夫人も顔を出している訳ですし

ただ、どんな物でもそうですが、それを使った犯罪行為というのが有りますので、それを首相夫人がお墨付きを与えたという意味ではありません
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>農業振興が目的ですから、首相夫人も顔を出している訳ですし

最近森友学園やら鳥取県智頭町やら、とにかく首相夫人が行く先々で何やらいかがわしい出来事が多発しているのは何故でしょう。
巷で言われていることですが、これは首相夫人という看板を用いて宣伝行為をやっているからではないでしょーか。
 

>神社のしめ縄や大相撲の横綱がしめる化粧回しといった伝統行事などの特殊用途に用いられますので、

日本の伝統行事が大麻に頼っているのであれば、これはよくありませんね。
用途が何であれ麻薬に関連するものは排除すべきでしょう。

お礼日時:2017/04/20 04:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報