国際に目を向けていますという日本語はおかしいですか?

A 回答 (4件)

大辞泉の語釈と補注がご参考になるかと思います。


【 国際 】
複数の国家に関係していること。世界的であること。多く他の語の上に付けて用いる。

[補説]国際法の漢訳「万国公法」の中で使用された「各国交際」という語をもとに造語された和製漢語。本来、diplomatic intercourse(=国家間の交際)の訳語であったが、明治30年代からinternationalの訳語として用いられるようになった。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/76772/meaning/m1 …
本来は、diplomatic intercourse(=国家間の交際)という意味だったので、『 [ 国際間の交際 ] に目を向けています』と捉えれば不自然なことはなかったのでしょう。
ただ、明治30年代からは、international(国際間の、国際的 の訳語)として用いられるようになったということのようです。
つまり、現在では形容動詞的に使われている、ということなのだと思います。
形容動詞自体に「目を向ける」という表現はできないので「国際に目を向けています」という表現もできない、ということになりそうです。
また、個人的には、形容動詞としてだけではなく、「単独では用いられず、常に他の語の上について、その語とともに一語を形成するもの。」という用法を持つ 接頭語 として捉える場面もあるように思います。
    • good
    • 0

「国際」とは「国と国との間の」の意味で、その後に「問題」とか「社会」というような言葉がついて「国際問題」「国際社会」のようになった時、初めて意味が分かります。

    • good
    • 1

「国際」の部分が何を指しているのか明確ではないので、このままではおかしな日本語です。


「国際」とは形容詞で「世界的な」という意味でしかないので後ろに世界的な「なんであるか」をつけてはじめて言葉として成立します。

例をあげると
・国際社会に目を向けています
・国際情勢に目をむけています
・国際金融市場に目をむけています
という言い方ならばOKです。
    • good
    • 1

おかしいです。

「世界に目を向けています」、です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【日本語】「散歩旅」という日本語表現はおかしい表現なのでしょうか? 「さんぽ旅」「◯◯さんぽ旅」と

【日本語】「散歩旅」という日本語表現はおかしい表現なのでしょうか?

「さんぽ旅」「◯◯さんぽ旅」というタイトルで雑誌の特集を組んだら日本語に敏感な方からクレームが来るのか教えてください。

Aベストアンサー

さんぽ散歩  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%A3%E6%AD%A9

与謝蕪村は「門を一歩出れば、そこは旅」みたいなことを言いました。師匠と仰ぐ芭蕉のように旅に強く強く憧れましたが、家業の関係で実行できない境遇でした。
日常を離れるのではなく、日常の中にも旅はある、それが蕪村の到達点であり句作の原点でもありました。

はるかな旅も旅でしょうが、結局旅というものは私たちの心の中にある。旅をすればどんな人間かが出てしまう。つまらない人間はつまらない旅しかできない。

不況とかデフレとかで経済は上手く回っていませんが、それだけに身近な旅、心の旅が見直されているのではないでしょうか? クレームよりも好評の方が多いと思いますよ。

また、日本語に敏感であるならば、その自由度こそ日本語の優れた点だと認めてくれると思います。

Q【日本語】「創業者」という日本語はおかしい? 会社を設立した人のことを「創業者」というのは間違いな

【日本語】「創業者」という日本語はおかしい?

会社を設立した人のことを「創業者」というのは間違いなのでしょうか?

正しい日本語は「創立者」、「設立者」、「創設者」のいずれかであって「創業者」という表現はおかしいというのは本当ですか?

あと日本語で「創立者」、「設立者」、「創設者」の使い分けってどういうときに使い分けているのか意味の違いを教えてください。

Aベストアンサー

厳密にいうと、創業というのは業務を開始を意味し、法人でも個人でも始業の意味となります。
設立は法人登記した日を指します。
創立はというと団体的な意味があり、組織、制度、施設などを言います。これが法人。
創設というのは、誰もやったことのない団体的な意味があり、組織、制度、施設をいいます。もちろん法人。

Q日本語の用件とは何の略ですか?電話を受けた側が「用件は何ですか?」と聞くのに使う日本語ですか?

日本語の用件とは何の略ですか?

電話を受けた側が「用件は何ですか?」と聞くのに使う日本語ですか?

それとも電話を掛けた側が「○○の用件で電話を掛けさせてもらったんですが」と使うものなのでしょうか?

○○の件と○○の用件との日本語の違いって何ですか?

○○の件は用件の用を略してるだけですか?全く意味が違うものなのでしょうか。

Aベストアンサー

けん【件】
[名]事柄。特に、問題になる、ある特定の事柄。「例の―は承知しました」
[接尾]助数詞。事柄・事件などを数えるのに用いる。「問題は三―ある」

よう‐けん【用件】
なすべき仕事。また、伝えるべき事柄。用事。「―を伝える」「すぐに―に入る」

用件は仕事や伝える必要のある内容などの話で、件とはとある事柄についてという意味です
件の方が広い範囲に使われています
用件の方は仕事、伝えるべき事柄、用事、必要な処理という感じだと思います
「用件は何ですか?」という言葉は、「用件(あなたの伝えるべき事柄や用事)は何ですか?」と聞いてる状態ですね

>それとも電話を掛けた側が「○○の用件で電話を掛けさせてもらったんですが」と使うものなのでしょうか?
これは「○○の件でお電話をさせていただいたのですが」ではないでしょうか
ややこしいかもしれませんが、用件(伝えるべき事柄や用事)があって電話をした場合
伝えるのは内容であって、なすべき仕事の部分ではないからです

一緒に仕事してる人には「○○の用件(なすべき仕事)はどうなったの?」とかいう話はすると思いますが
一般的には「○○の件はどうなったの?」だと思います

けん【件】
[名]事柄。特に、問題になる、ある特定の事柄。「例の―は承知しました」
[接尾]助数詞。事柄・事件などを数えるのに用いる。「問題は三―ある」

よう‐けん【用件】
なすべき仕事。また、伝えるべき事柄。用事。「―を伝える」「すぐに―に入る」

用件は仕事や伝える必要のある内容などの話で、件とはとある事柄についてという意味です
件の方が広い範囲に使われています
用件の方は仕事、伝えるべき事柄、用事、必要な処理という感じだと思います
「用件は何ですか?」という言葉は、「用件(あな...続きを読む

Q日本語が嫌いです 日本人は損してると思います、自分がそう思っています。 日本語覚えるなら英語覚えたか

日本語が嫌いです
日本人は損してると思います、自分がそう思っています。
日本語覚えるなら英語覚えたかったです、なぜなら日本語はダサいからです。
それに比べて英語はかっこいい、この違いはなんですか?
しかも日本語は簡単に発音できるのと違い英語の発音は難しい
ほんと日本語は損ばかりしてます。
日本語はなぜこんなにもショボくて腐ってる言語なんでしょうか?
日本人じゃなくアメリカ人が良かったです。
英語よめればウイルス表記も読めるしなにかと便利だけど日本語は不便です。
なぜ日本なのに日本語でウイルス表記しないですか?
なぜ日本なのに英語表記があるんですか?これぎもんです
nintendもローマ字表記で普通に、任天堂とかかないのはなぜですか?
しかもゲームの説明書の裏には英語表記がびっしり書かれてるし、日本なのに英語表記使う意味はなんですか?
日本語ってそこまで必要じゃないんですか?
英語の方が必要性ありますよね

Aベストアンサー

この質問、ずっと心に引っかかていました。
今週だったか、混血の人の自殺の話をテレビでやっていて、なんともいたましいなって思いました。

元ミスユニバース日本の女性が、子供時代のいじめで、アメリカに渡った話を聞きました。

日本も韓国も人種差別はお盛んです。韓国の場合は、日本よりも血縁を重んじますし、学歴社会ですから、もっとひどいものだと思います。私などでも、ずっと長い間、日本人からも、他の国の人からも「なに人」とか言われましたし、チケットを買おうとすると、英語で聞かれたりしました。

私の生まれ故郷では、幸い、あまり人種差別的なことは発生しなかったというか、不思議となかったと思います。今の学校というのは、先生方自体が、そういう問題に深刻に向き合ってきていないし、子供たちと同じ目線でしか考えられないようです。子供の差別心は、親の心を反映しているわけで、親がいけないと言えば、子供たちはやめるはずなのです。だいたい、日本人の遠い祖先の中には、かなり遠くの国からやってきて、日本にいついた人もいます。

日本語が嫌いになるには、それなりのもっと心の闇のようなものがあるような気もします。

それを一方通行であれこれと評価することも批判することも、無理だと思います。

アメリカは自由だと言いいますが、かつて明治の前にアメリカに渡った頃とは違ったものになっているわけで、自由の意味がだいぶちがってきているようです。多民族国家ゆえに、日本語以上に、相手への心遣いの言葉が必要だというそうです。

日本語が損しているというよりも、日本が、経済的にも政治的にも損をしているわけで、私たちが直接見聞きしなければ気がつかない問題が多くあります。日米地位協定なんていうものも、駐留米軍が日本では何をしても許されるような感覚に陥ってしまうものだと思います。

日本語の印象というのは、あまり効率的な言語ではないというのは事実です。最後の語尾まで聞き取らないと、某テレビ局のように、最後の音声を消してテレロップでは逆の意味にしたりすることも可能です。

言葉は最終的には意思を伝える道具にすぎません。しかし、それと同時に思考言語です。『英語で考える』といったところで、内的言語が英語になっているに過ぎません。

その道具の使い方次第ではどうにも変わるものだと思います。一生懸命に英語を勉強したら、きっと違う部分が見えてくるはずだと思います。日本人としてのアイデンティティーを失ってまで英語を勉強し続けるのか、それとも、日本人としてのアイデンティティーを深めるかは、ご質問者さん次第だと思います。

この質問、ずっと心に引っかかていました。
今週だったか、混血の人の自殺の話をテレビでやっていて、なんともいたましいなって思いました。

元ミスユニバース日本の女性が、子供時代のいじめで、アメリカに渡った話を聞きました。

日本も韓国も人種差別はお盛んです。韓国の場合は、日本よりも血縁を重んじますし、学歴社会ですから、もっとひどいものだと思います。私などでも、ずっと長い間、日本人からも、他の国の人からも「なに人」とか言われましたし、チケットを買おうとすると、英語で聞かれたりしまし...続きを読む

Q【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか? 来るの尊敬語だと思う

【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか?

来るの尊敬語だと思うが行くの尊敬語がお店のいらっしゃいませだと言っている人がいて驚いた。

Aベストアンサー

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎりでござります」
(3)「居る」の尊敬語。
*浮雲〔1887〜89〕〈二葉亭四迷〉一・一「何時(いつう)かもお客様のいらっしゃる前で」

〔二〕補助動詞として用いられる。動作、作用、状態の継続・進行の意で、その動作の主に当たる人に対する尊敬を表わす。江戸期では主として女性用語。
(イ)動詞の連用形に、助詞「て(で)」を添えた形に付く。「ている」の尊敬語。
*当世書生気質〔1885〜86〕〈坪内逍遙〉二「妾(わたい)が時計を取あげたもんだから、屹度(きっと)腹をたって居(ヰ)らっしゃるんだヨ」
(ロ)形容詞の連用形、またはそれに助詞「て」を添えた形に付く。
*多情多恨〔1896〕〈尾崎紅葉〉前・三・二「然(さ)ぞお寂(さみし)くてゐらっしゃいませう」
(ハ)動作性、状態性の名詞、または形容動詞語幹(いずれも主として敬意の接頭語の付いたもの)に、「で」または「に」を添えた形に付く。「である」の尊敬語。
*人情本・英対暖語〔1838〕二・一一章「アレもう貴君(あなた)は平気でいらっしゃるヨ。お憎らしい」

語誌
(1)上方からでなく、江戸で生じたとされるが、江戸期では江戸でも例は少なく「おいでなさる」「…なさる」の方が有力である。ただ「滑稽本・浮世風呂‐二・上」に言語使用者の品格のよさを印象づける例があり、敬意の高いことばであったことがうかがえる。
(2)明治期には二〇年代以降小説に多用されるようになり、明治末期から大正期にかけて、数量的にも用法的にも、ほぼ現在と同じような情況が出来上がっていたとみられる。
(3)命令形が「いらっしゃい」となること、助動詞「ます」に続くとき「いらっしゃい」の形が現われること、「ます」の命令形「まし」「ませ」が直接付くことなどから、同様の形式をもつ「なさる」「おっしゃる」「くださる」とともに、特別ラ行四段活用とか、ラ行変格活用と呼ぶ意見もある。→いらっしゃい。
(4)「た」「て」に続くとき、「いらっしっ」「いらしっ」「いらっし」「いらし」などの形をとる場合がある。「今日はどっちへいらっしったへ」〔洒落本‐猫謝羅子〕、「仮名家(かなや)さまへ入(イ)らしって」〔人情本・清談若緑‐三・一六回〕、「何処へいらしたか存んじません」〔花間鶯〈末広鉄腸〉中・八〕、「実家(さと)の方から絶交されて入らっしたのであった」〔桑の実〈鈴木三重吉〉二〕など。
(5)誤って「居る」に類推して、「ゐらっしゃる」と表記されたものも見られる。
(6)「ていらっしゃる」が「てらっしゃる」となる場合もある。「待ってらっしゃいましよ」〔桑の実〈鈴木三重吉〉〕など。
「いらっしゃい」という形ですと、母親が子供に「遅れるといけないから早くいらっしゃい」のように、「お行きなさい」の意味で使うこともあり得る。 
[注意]「くださる」「おっしゃる」「なさる」との類似性がある。

次に「いらっしゃいませ(まし)」は「いらっしゃる」に丁寧の助動詞「ます」の命令形(まし・ませ)がついたもので、

いらっしゃい‐ませ 〔連語〕
(動詞「いらっしゃる」の連用形のイ音便に、丁寧の助動詞「ます」の命令形の付いたもの)
(1)「いらっしゃい(1)」の丁寧な表現。
(2)あいさつのことば。「いらっしゃい(2)」の丁寧な表現。

 「いらっしゃいませ(まし)」はお客などを迎えるための言葉としても用いられることが多いようです。

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報