【溶接と溶断ってどっちの方が難しいですか?】


その理由も教えてください。

A 回答 (4件)

溶断が単に精度もあまり関係なく単に切断する事とすれば


難易度は溶接かと思います。
溶接は建築でも細かく資格が分かれるほど精度と強度を
保つためには難しい腕が要求される技術であると思えます。
切断面を超音波探査しませんが溶接面は必ず超音波と目視
計測検査実施しますので。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2017/04/20 19:45

愛することより、別れることの方が難しかったです。



愛するが故の別れは、その訳がよく分からないので、もっと難しいだろうと思います。

理由は、人間だから、だと思います。

【みつを】

高度な溶接は、相互の金属を分子クラスまで均一に融合しなければならないそうなので、難しいと思います。
建築現場の高所などで、テントで養生して溶接していますが、あれは、風で溶接部分の温度が低下して均一な溶接が妨げられることが無いようにしているのだそうです。
    • good
    • 0

どちらも難しいです。


基本はありますし、基本はだれでもすぐ覚えられるものですが、実際の仕事はいろんな条件があって、それぞれに、簡単な仕事、難しい仕事があります。
あえて、どうしても、どちらが簡単か、と言えば。
溶断でしょうか。
切れれば何でもいい、と言う場合がけっこうありますが、溶接で、付けば何でもいい場合もありますが、めったに無いですから。
    • good
    • 0

溶断。



溶接はわりかし得意だったけど、溶断は実習で一度も切れたことがない。
おそらくは焦りすぎて切れなかったのだと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【溶接】鉄同士の溶接について質問です。 鉄と鉄を溶接する場合、溶接は必要箇所に点で打って行くのが正

【溶接】鉄同士の溶接について質問です。

鉄と鉄を溶接する場合、溶接は必要箇所に点で打って行くのが正しい溶接なのか。

鉄と鉄の繋ぎ目は全部溶接を滑らせて全体に溶接した方が良いのか教えてください。

鉄のテーブルを作る際に鉄同士を点で溶接していたので、線で溶接したらダメなのだろうか?と疑問に思いました。

Aベストアンサー

メーカの人間です。
間違いなく線で溶接してください。

Q【溶接】溶接でアルゴンガスが使われるのはなぜですか?

【溶接】溶接でアルゴンガスが使われるのはなぜですか?

Aベストアンサー

大気中の酸素による溶融金属の酸化防止のためです。
アルゴンガスを溶融金属の周りに吹き付けることにより、大気中に含まれる酸素による溶融金属の酸化を防止します。
通常の電気溶接等でも、わざと溶融スラグ成分を溶接棒に含ませているのも、溶融スラグにより大気を遮断し酸化物生成を防ぐ目的もあります。

溶接時に金属酸化物が出来て溶融金属内に巻き込まれると溶接部の破壊靭性が低下することになるので、酸化物生成は防ぐ必要があります。
溶接時は水素(大気中の水分)も嫌うので、その低減の意味もあります。

Q【溶接】純アルゴンガスで溶接すると放電点が激しく動き回るのはなぜですか? アルゴンガスって不活性ガス

【溶接】純アルゴンガスで溶接すると放電点が激しく動き回るのはなぜですか?

アルゴンガスって不活性ガスですよね?

Aベストアンサー

こんにちは

ガスシールドメタルアーク溶接では一般的に溶接ワイヤが陽極(プラス)、母材側が陰極(マイナス)に接続されます。
よって、イオン(プラス)がプラス側から母材に向かい、母材からは電子(マイナス)が陽極であるワイヤに移動し溶接電流を形成します。
この時、イオン(プラス)は母材に形成された酸化物を求めて発生します。陰極点は酸化物のある個所に形成されやすく、陰極点は酸化物を求めて母材表面を動き回ります。

鉄鋼材では、シールドガスに酸素分(CO2はCO+Oに分解し,Oが酸素分)が十分にあると,溶融池の表面が一様に酸化鉄の膜に覆れるので均等に,拡がったアーク,つまり安定したアークが持続します。
もしここに酸素がないと陰極点があちこち変わり,アークは不安定になります。
ただ,溶接金属に一旦これらの酸素が入ってしまうので,このあと酸素を取る必要があります。この作用のため溶接ワイヤにはあらかじめ酸素との親和力の強いマンガンやシリコン等の元素,いわゆる脱酸成分を多少多い目に含ませてあります。
このような理由で、鉄鋼材では純アルゴンガス中に数%の酸素や、20%前後の炭酸ガスを添加して陰極点の安定化を計ると、安定なアーク状態が得られ、ビード形状も良好になります。

アルミやチタンの場合は、仕方ないのかな・・・

こんにちは

ガスシールドメタルアーク溶接では一般的に溶接ワイヤが陽極(プラス)、母材側が陰極(マイナス)に接続されます。
よって、イオン(プラス)がプラス側から母材に向かい、母材からは電子(マイナス)が陽極であるワイヤに移動し溶接電流を形成します。
この時、イオン(プラス)は母材に形成された酸化物を求めて発生します。陰極点は酸化物のある個所に形成されやすく、陰極点は酸化物を求めて母材表面を動き回ります。

鉄鋼材では、シールドガスに酸素分(CO2はCO+Oに分解し,Oが酸素分)が十分...続きを読む

Q隅肉溶接で相談です。 2つの鉄板を平置きに並べて、溶接する事はなんとなく出来るのですが、隅肉溶接がう

隅肉溶接で相談です。
2つの鉄板を平置きに並べて、溶接する事はなんとなく出来るのですが、隅肉溶接がうまくできません。
アングルとアングルをTの字に溶接するとした場合、いつもアングル同士の隅がビートの中に穴ができてしまうような(ビートが浮いたような感じ?)形になります。
気をつけているのは母材同士の溶接棒の角度は45度、なるべく真上から出来るように、母材を動かしながら進行方向に少し傾けてやっております。
よく分からないのはアングルのLの字の付け根の部分は、真上からするには45度傾けて、初めて真上ですよね?しかしLの字の下の辺は、そのままで真上ですよね?付け根からどうやって端までうまく溶接すればいいのでしょうか?
また、最後の部分もいつも溶接できない部分ができてしまいます。
どなたかアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

遅くにすみません。
わかる範囲で回答しますが、相変わらず説明が下手だと思います。
オレンジ色の部分に溶融池〈プール〉があり、その後方にはノロという波がかぶってきてませんか?それらがオレンジ色に見える別々な物体です。試しに溶接中のノロにそっと棒ヤスリか何かで触れてみてください。恐らくすぐ外れます。そして溶接後にカスを取ってみて下さい。触れたところに大きな変化は無いはずです。大気から溶融金属を守るノロに触れただけですので。
次に溶融池の後ろ物体に触れてみて下さい。これに触れるととかした肉に触れることになるので、ヤスリが溶接されたことにはなりませんが結構くっついてしまうはずです。
そして溶接後のカスを取ると触れたところが凹んでるはずです。肉に触ったわけですから。
わかりますかね?違いが。
画像や動画がyoutubeにもありますので溶融池の後方直近がほぼ肉です。その後ろの波の塊がノロになります。そいつをアングルの角のターンで鍋のアクをとる感じで後方へ追いやるのです。当然その部分は大気に触れますので溶接部に欠陥がわずかに入りますが見た目ではわかりませんので。。
あとですね。溶接棒の種類によって、かなり見え方が違いますね。個人的な主観で申し訳ないんですが、見えやすい順番として、ライムチタニア、高酸化チタン、低水素、イルミナイトだと思います。
特にライムチタニア、高酸化チタン系は化粧棒と呼ばれる棒が多く、スラグはすぐ取れますし、(ノロが固まったカスの事です)経験年数の浅い溶接士が使っても綺麗につきますよ。ただ強度はそんなに強くないですが。
あと、溶接機の選定も見栄えがかなり変わります。
交流機よりも直流機の方が溶け込みがよくノロがよく見えます。ただ電流調整や棒によって極性が限られますので少しスキルが要ると思います。
あ。棒のお話ですが。
イルミナイト系、箱の何処かに旧D4301いまはE4301と明記
低水素系、D4316 E4316
ライムチタニア系 D4303 E4303
高酸化チタン系 D4313 E4313です。
いまは【E○○○○】と表記してるそうです。巷の在庫品は【D○○○○】の物がまだあるので注意です。
イルミナイトは記号と番号が違います。

遅くにすみません。
わかる範囲で回答しますが、相変わらず説明が下手だと思います。
オレンジ色の部分に溶融池〈プール〉があり、その後方にはノロという波がかぶってきてませんか?それらがオレンジ色に見える別々な物体です。試しに溶接中のノロにそっと棒ヤスリか何かで触れてみてください。恐らくすぐ外れます。そして溶接後にカスを取ってみて下さい。触れたところに大きな変化は無いはずです。大気から溶融金属を守るノロに触れただけですので。
次に溶融池の後ろ物体に触れてみて下さい。これに触れる...続きを読む

Q【電気】蛍光灯とLEDの科学と化学と電気について質問です。 蛍光灯もLEDも放電灯です。 蛍光灯

【電気】蛍光灯とLEDの科学と化学と電気について質問です。

蛍光灯もLEDも放電灯です。

蛍光灯には放電方式に3つあって、グロースタート式、ラピッドスタート式、インバータ式の3種類があるそうですがそれぞれの違いを教えてください。

3種類のうち主流は何なのかどれが1番安定していて美しく光るのか高寿命なのか等、利点と欠点を教えてください。


あとLEDですが、LEDも放電式だったんですね。

青色LEDと黄色LEDの2つのLEDを光らせることで白色に見せているらしいですが、青色と黄色の2色の何が光っているのでしょうか?

気体ですか?

まさか実物の青色のLEDと黄色のLEDの2個が中に入って2個のLEDが光って人間の目で2色が被って白色に見えているわけではないですよね?

さすがに青色と黄色のLEDが光ってたら分かりますよね。

気体が合体して入っているって話ですよね?

Aベストアンサー

LEDは放電灯ではありません

1から勉強し直してください


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報