ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

三相交流回路のベクトル図についてと言うか電圧をベクトルで表す時の基本についてなのですが、

画像は三相交流回路のベクトル図です
線間電圧を見るとEa相とEb相の線間電圧はVabとなっており、ベクトルもEa-Ebのベクトル和となっております。

そこで質問なのですが、なぜVbaではなくVabなのでしょうか

他の線間電圧もVbc、Vcaとなっておりますがどのような考え方で決まっているのでしょうか

「三相交流回路のベクトル図についてと言うか」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

サイクリックなので、


 a → b → c  → a → b → c  →・・・
という風に「順番」を決めているだけです。

なので
「Vab」「Vbc」「Vca」
になります。

a → b で呼んだり b → a で呼んだり混在すると、「正」「負」が紛らわしくなりますから。

もし「Vba」を使いたいなら、順番を c → b → a に変更して、他の電圧も
「Vba」「Vcb」「Vac」
と呼ぶようにすればよいのです。
「原則」「順番」の決め方ということです。

あくまで「統一する」「一貫する」ことが大事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!そうだったんですね。いつも引っ掛かっていたので解決できて良かったです。
ありがとうございました!

お礼日時:2017/04/20 10:57

アルファベット順を逆にすることないでしょ?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三相交流のV結線がわかりません

V結線について勉強しているのですが、なぜ三相交流を供給できるのか理解できません。位相が2π/3ずれた2つの交流電源から流れる電流をベクトルを用いて計算してもアンバランスな結果になりました。何か大事な前提を見落としているような気がします。

一般にV結線と言うときには、発電所など大元の電源から三相交流が供給されていることが前提になっているのでしょうか?

それとも、インバータやコンバータ等を駆使して位相が3π/2ずれた交流電源2つを用意したら、三相交流を供給可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。
>V結線になると電源が1つなくなりベクトルが1本消えるということですよね?
●変圧器のベクトルとしてはそのとおりです。

>なぜ2つの電源の和を「マイナス」にして考えることができるのかが疑問なのです。
●もっと分かりやすいモデルで考えてみましょう。
乾電池が2個あってこれを直列に接続する場合ですが、1個目の乾電池の電圧をベクトル表示し、これに2個目の乾電池の電圧をベクトル表示して、直列合計は2つのベクトルを加算したものとなりますが、この場合は位相角は同相なのでベクトルの長さは2倍となります。

同様に三相V結線の場合は、A-B,B-Cの線間に変圧器があるとすれば、A-C間はA-B,B-Cのベクトル和となりますが、C-A間はその逆なのでA-C間のマイナスとなります。

つまり、どちらから見るかによって、マイナスにしたりプラスにしたりとなるだけのことです。

端的に言えば、1万円の借金はマイナス1万円を貸したというのと同じようなものです。

QΔ-Y結線にて位相が30°進むのはなぜ?

Δ-Y結線にて、1次電圧に対して、2次電圧の位相が30°進むのはなぜでしょうか?

Y結線は、線間電圧が相電圧に対して、30°進むのですよね?
それだと、Δ-Y結線では、Y結線の相電圧は、Δの線間電圧に対し、30°遅れると
思うのですが、違うのでしょうか?

Aベストアンサー

Δ接続の相電圧(=線間電圧)とY接続の相電圧が対応しているので、一次の線間電圧と二次の相電圧が同位相になります。
二次の線間電圧(Vuw)が二次の相電圧(Vu)より30度進みになるので、二次の線間電圧は一次の線間電圧より30度進みになるかと思います。

Q3相電動機の消費電力の求め方

3相電動機の消費電力の求め方について質問です。

定格電圧 200V
定格電流  15A
出力   3.7KW

上記の電動機ですが実際の電流計指示値は10Aです。
この場合の消費電力の求め方は
√3*200*15=5.1KW
3.7/5.1*=0.72
√3*200*10*0.72=2.4KW
消費電力 2.4KW

このような計算で大丈夫でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出力は軸動力を表しているので、消費電力はそれを効率で割る必要があるかと思います。
概算で出してみると、定格での効率が85%程度と仮定すると、定格時の消費電力は3.7/0.85=4.4kW程度になります。
この時の一次皮相電力は、5.1kVAで、無効電力Qnは√(5.1^2-4.4^2)=2.6kVar程度になります。

この無効電力は励磁電流が支配的でしょうから、負荷によらず変わらないとすると、軽負荷時に線電流が10Aになったときの皮相電力は√3*200*10 で3.5kVAで、このときの有効電力は√(3.5^2-2.6^2)=2.3 kW という具合になりそうに思います。

Q三相交流回路のインピーダンスを求める問題で、補足のように計算したら間違いでした どこを間違えているの

三相交流回路のインピーダンスを求める問題で、補足のように計算したら間違いでした

どこを間違えているのでしょうか

Aベストアンサー

インダクタがなければこれでよいのですが、インダクタが電源側についているためこの変換ではうまくいきません。
なぜなら、負荷をY→Δ変換した後では一つのインダクタに流れる電流はΔ回路の2系統に流れてしまうためです。

この場合は負荷を1回Δ→Y変換し、インダクタを含めたスター回路として処理すればよいのです。

Q画像の問題の二電力計法のベクトル図についてなのですが、ベクトル図の書き方が違うようです。 補足の考え

画像の問題の二電力計法のベクトル図についてなのですが、ベクトル図の書き方が違うようです。
補足の考え方のどこを間違えているのでしょうか

Aベストアンサー

主さんの考えはまったく正しいです。
相順と言うのは、相電圧Ea、Eb、Ecベクトルの位置関係を表わすのであって
主さんが図にあげている位置関係で相順を定義すればW₁、W₂はそこにある式のとおりです。
これをたとえば、図のEaとEbとをいれかえれば(相順を入れかえるとは、このことをいいます。)
図を書けばわかりますが、W₁、W₂の30+θ、30-θが入れかわるだけです。
したがってW₁+W₂は、相順にかかわらず正しい電力の値、√3×線間電圧×線電流×力率、となります。

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Q三相交流√3の意味

素人ではずかしい質問ですが、三相交流で必ず関わる√3の意味が今一理解できません。過去の同質問例を幾つか確認しましたが、ベクトルの合成と言われる方、又は合成でなく、電位差(底辺長さ?)と言われる方など・・単純に120度、30度三角形の底辺と考えれば良いのでしょうか?相電圧×2=線間電圧にならない訳も良くわかりません。
こんな素人にどなたかわかり易く解説お願い致します。

Aベストアンサー

>√3の意味
√3には2つの意味があります。電圧と電流です。
例えばY結線の場合線電流と相電流は等しいが線間電圧と相電圧は√3の関係がある。
Δ結線の場合は線間電圧と相電圧が等しいが線電流と相電流には√3の関係がある。
>相電圧×2=線間電圧にならない訳も良くわかりません。
相電圧(Y結線)と線間電圧は30度角度がずれている。単純に2倍にはなりません。120度30度の三角形の底辺が線間電圧になります。Y結線の相電圧=線間電圧/√3です。要はベクトルの合成です。

Q零相電圧「V0」は、負荷バランスによる電圧の不平衡や欠相では発生するの?

零相電圧「V0」は、負荷バランスによる電圧の不平衡や欠相では発生しないはずなのですが、理論的に証明出来ないでしょうか?
模擬回路で1次側に不平衡電圧つくり実験しましたが、3次巻線の対地電圧は不平衡になっているのに、V0は発生しません。
ちなみに1相を欠相させても、同じです。
Vr+Vs+Vt=V0=0とはなっていないように思われますが...

Aベストアンサー

回路図を見せてもらえませんか?

Voについては参考URLがよいと思います。

参考URL:http://www.actv.zaq.ne.jp/gaagc102/frame1.htm

Qこの回路の端子abの電位差を求めるのに画像のように考えたのですが間違えていました。 考え方のどこを間

この回路の端子abの電位差を求めるのに画像のように考えたのですが間違えていました。
考え方のどこを間違えているのでしょうか。
1番を電位0としてそこから辿り10Ωの電圧降下を差引いた電位とa点の電位を差引き、電位差を求めようと考えました。

また、b点についてですが1番から辿っていくと10Ωの電圧降下の先に2Vの電圧が掛かっていますがこの電源の電圧についてどう考えればいいのでしょうか。
2V~10Ωに繋がる導線には2Vの電圧が掛かっているのでしょうか。
それならばb点の電位は
0-(10Ωの電圧降下)-2V
と考えなければいけないのでしょうか

Aベストアンサー

aの電位の求め方は正しいです(^^)
問題は10[Ω]の部分の扱いですね。
10[Ω]には右から左に電流が流れますので、
右側が高電位、左側が定電位です。
その電位差は、計算の通りに(7/12)×10[Ω]ですね。
ですから、10[Ω]の右側の方が電位が上がって、bの電位は(7/12)×10=35/6 となります(^^)

また、①からbにたどる場合は2[V]の電源は関係ありません。
それは、2[V]の電源は、電源の両端で2[V]の電位差を生じさせるものであるので、
回路に流れる電流を計算したところで、すでに考慮済みということになります(^^)
ただし、① → 10[Ω] → 2[V] → 2[Ω] → a とたどるときは、2[V]を気にして下さいね(-_-)
このときは、
35/6 + (-2[v]) + 2[Ω]×7/12= 60/12 =5[V]
となり、矛盾はありません(^^)

参考になれば幸いです(^^v)

Q電験三種の機械の問題です。

電験三種の機械の問題です。

(b)はどのような考えの元に解き進めれば良いでしょうか。
応用が効くように、考え方を教えてください。
よろしくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

No.1です。

>補足に書いた事が理解出来なくて質問したようなものです。

>→照明器具の消費電力がそのまま発熱になるのはどうしてなのでしょうか?
>発熱にも使われる気がしますし、発光にも使われる気がしてしまうのです。

発光のエネルギーも、壁や床に照射・吸収されて最終的には「熱」になります。
つまり、「光のエネルギーも含めて、消費電力のエネルギーは、部屋の中の閉じた空間でエネルギー保存則が成立している」という前提で考えればよいということです。

下記のような説明を参照ください。
http://www.tlt.co.jp/tlt/lighting_design/design/basic/data/57_60.pdf

もしそれを仮定しない場合には、どれだけのエネルギーが「閉じた空間内にとどまるか」という「効率」のようなものが提示されないといけませんね。
通常は、この効率は「100%」と仮定してよいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報