日本語学習者です。次のような日本語の選択問題があります。

1.次々に読んでいくうちに、僕はもっとさまざまのことを(  )ました。
 A 考えられ  B 考えさせられ  C 考えさせ  D 考えされ
A かBか、迷っています。動詞の受け身も使役受け身も自発の使い方があると思いますが、日本人の方々に選択してみていただけませんか。選択した理由もちょっと説明してください。お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (22件中11~20件)

No.6です。


設問と違う部分での指摘、「さまざまの」は「さまざまな」であるについて…
「さまざま(名詞)+の(格助詞)」という位置付けであり、「の」は修飾する名詞の「属性」を示す用法です。
ですから決して間違いなどではなく、【問題文を改変してまで指摘する内容ではない】のです。

話し言葉的には、同意義の「さまざまな」でも構いませんが、外国人向の問題文という位置付けですから、そこは「さまざまの」としておくべきでしょう。
    • good
    • 1

その前に、さまざま「の」ではなく「な」です。


Aさまざまなことを考えられました(可能)ではあり得ますが、この場合は考えることができました、の表現を使います、文法だけの勉強だとやってしまうかも・・・。
B一応OKですが、「もっと」は単に今以上、「さらに」とすれば今もたくさんだがそれ以上・・・
Cは使役になり、僕は・・・と矛盾。
Dは論外日本語になりません。
    • good
    • 0

Bしか、考えられません。



もっと言うなら、
「次々に読んでいくうちに、僕はもっとさまざま『な』ことを考えさせられました。」かと。
    • good
    • 0

B でしょう。

「読んでいく」ことが私に「考えさせる」、しかも自然とそうさせる。

「させ」は使役、「られ」は受身です。

主述関係は入り組んでおり、「させる」の主語は「読んでいくこと」、「られる」の主語は「私」です。
    • good
    • 0

#7です。


またしてもタイプミス(というより注意力不足ですね、こうなると)。

×
そのため、どちらかと言えば A が正解、ということになるでしょう。

そのため、どちらかと言えば B が正解、ということになるでしょう。
    • good
    • 0

#5です。


文脈からご理解いただけたとは思いますが、A と B のタイプミスがありましたので訂正させてください。

×
そのため、どちらかと言えば B が正解、ということになるでしょう。

そのため、どちらかと言えば B が正解、ということになるでしょう。
    • good
    • 0

Bでしょうね。


AかBかを迷うのは、なんとなく分かります。

Aを受け身とするなら、「考える」のは隠された言葉「文章が」であり、「文章が考える」ことはないので成立しないのは No.3 さんのとおりです。
ただし、Aを受け身とせずに別の考え方で拡大解釈すると、「考えられる」は「考えることができる」という可能の意味を持たすこともできてしまいます。
消去法は要素のいずれかに例外があると、論理として成立しません。

例題は「僕は文章を読み進めていくうちに、その内容から多くのことに対して考えることを強いられるようになった。」つまり意訳すると、「文章が僕に多くのことを気づかせてくれた。」という意図です。
この場合の用法として適切なのは、使役受け身であるBが適切だと考える理由です。
    • good
    • 0

文法的には、A , B どちらもあり得ます。


「さまざま」を「いろいろ」という意味で使うと、
1.次々に読んでいくうちに、僕はもっいろいろなことを( 考えられ )ました。
という可能用法の文になるので。

ただ、可能用法にする場合は、「さまざま(いろいろ)」よりも「多くの」などの語を使うほうが自然です。
そのため、どちらかと言えば A が正解、ということになるでしょう。
    • good
    • 0

文脈から一番自然なのはBです



僕は読んだ情報で考えた→読んだ情報は僕に考えさせた→僕は読んだ情報により考えさせられた
    • good
    • 0

僕は(主格)考え(+させ・+られ・+させられ・+され)た。


 
 A「られ」は受身で「僕が誰かに考えられた」の意味になる。
 B「させられ」は使役・受身で「僕が誰かに考えさせられた」の意味になる。
 C「させ」は使役で「僕が誰かに考えさせた」の意味になる。
 D「され」は成り立たない言い方。
ABCに共通しているのは「誰か」ですが、ここにはそういう人は出てきません。この場合は、読んだ「文章に」が代わりをしています。すると、「文章」は考えることはしませんから、Aは成り立ちません。ADがなりたたなければ、BかCかになりますが、Cは「僕が」「文章に」「考えさせた」と言うことになるが、文章に「考えさせる」というようなことはできません。したがって、「僕が」「文章に(よって)」考えさせられたしか残りません。これが正解です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング