ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

北朝鮮は、ミサイルを打ってなにをしたいのでしょうか?

A 回答 (5件)

「核保有国としてアメリカに認めさせたい」その上で、アメリカと停戦協定を結びたいのでしょうね。


(朝鮮半島は現在でも朝鮮戦争を休戦しているだけの状態です。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなのですね、アメリカはやはりどの国にとっても重要な様ですね
ありがとうございました

お礼日時:2017/04/20 15:03

「なにか」を持っていて、「相手に正確に届ける手段」を「買いたい人」がいるかもしれません

    • good
    • 0

現実世界を変えるとかの前に、行動の理由がわからなければなにも出来ませんので」←じゃあ 回答が付けば 行動の理由が解かるのか?



皆 想像でしか 回答して無いのに・・

だから「何がしたいの?現実世界は変わらない」って事なんだが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正解は当人にしか分からないとは思います。でも、私が納得出来る回答を下さった方はいました。それではいけないのですか?質問したからといって、現実世界を変えなければいけないということはないでしょう?変わらなくても聞いたっていいじゃないですか…気になったんだから…。

お礼日時:2017/04/20 15:19

あなたは この質問して 何が したいの?



回答が どんなに付いても 現実世界は 何も変わらないのに・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現実世界を変えるとかの前に、行動の理由がわからなければなにも出来ませんので…
おかしいと思いながらもわざわざ返事をくださり、ありがとうございました。(嫌味ではありません)

お礼日時:2017/04/20 15:06

私はつよいぞーって自慢

    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、そうなのかも知れませんね!
それなのに打った事を認めないなんておかしな話ですね…

お礼日時:2017/04/20 14:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北朝鮮について… ミ〇ネ屋を見てて思いました。 非常に初歩的な質問なのですが…なぜ北朝鮮は日本に向け

北朝鮮について…

ミ〇ネ屋を見てて思いました。
非常に初歩的な質問なのですが…なぜ北朝鮮は日本に向けてミサイルを打つのですか?
テレビなど、何を言っているのかよく分からなくて…
わかりやすく解説をお願いします!

Aベストアンサー

単純に北朝鮮がミサイルを打てる方角に日本があるからです。

北朝鮮は南が韓国、西が黄海、東が日本海です。日本海のほうが広く、公海がたくさんあります。黄海のほうに撃つとすぐに中国に行ってしまうわけです。

だから「日本に向けて撃つ」ことが問題なのではありません。

じゃあなにが問題なのか、というと
北朝鮮は国連安保理の決議で「ミサイル開発を禁止」されていることが問題なのです。また、核開発も禁止されていて、経済制裁を受けていますが、それでも開発を続けて核兵器を持ってしまいました。

核兵器はもっていても特段の意味はありませんが、これをミサイルに乗せて飛ばしたらどうなるでしょう・・

北朝鮮はミサイル開発もどんどん進めていて、数年前には日本に確実に届くミサイル
→在日米軍基地を攻撃できる

日本全土(硫黄島とかね)やグアムまで届くミサイル
→アメリカ領土を攻撃できるミサイル

そして、最近アメリカ本土まで届く大陸弾道弾も開発したと言われています。

これらの開発を日本海側にミサイルを発射する形で、あめりかなどに教えていて「ほら、核兵器を載せてアメリカに撃てちゃうよ」と脅しているわけです。

だから「日本海にミサイルを打つ」ことが問題なのではなくて、日本海向けて撃つことで、どの程度の性能のミサイルをもっているか知らせている、のが問題だ、ということです。
また、撃つ日も重要な会談日などに合わせて撃ったりして、そこでもアピールをしてくるのです。

単純に北朝鮮がミサイルを打てる方角に日本があるからです。

北朝鮮は南が韓国、西が黄海、東が日本海です。日本海のほうが広く、公海がたくさんあります。黄海のほうに撃つとすぐに中国に行ってしまうわけです。

だから「日本に向けて撃つ」ことが問題なのではありません。

じゃあなにが問題なのか、というと
北朝鮮は国連安保理の決議で「ミサイル開発を禁止」されていることが問題なのです。また、核開発も禁止されていて、経済制裁を受けていますが、それでも開発を続けて核兵器を持ってしまいました。

核...続きを読む

Q安倍首相は、とりあえず、北朝鮮に行って、金正恩と一度ぐらいは会うべきではないでしょうか? 北朝鮮から

安倍首相は、とりあえず、北朝鮮に行って、金正恩と一度ぐらいは会うべきではないでしょうか?

北朝鮮から核ミサイルが飛んで来るかもしれないのですから同然でしょう。

過去には、小泉純一郎首相が北朝鮮に行って、大きな成果を上げた実績か有ります。

そして、北朝鮮の要求を聞いて見るべきです。例えば、沖縄を除く、日本本土の米軍が撤退すれば、日本を攻撃しないという確約が取れば、本土の米軍は撤退させるべきでしょう。沖縄は住民を避難させれば良いです。

もちろん、アメリカと交渉しなければなりませんが、アメリカも日本の事情を理解すれば、同意を得られるでしょう。そして、北朝鮮問題が解決すれば、沖縄住民を帰還させ、米軍を本土復帰させれば良いでしょう。

Aベストアンサー

私もそう思います。
確か小泉元首相が来朝した際、安倍さんも同行されていた記憶があります。
それを考えるとなぜしないのか疑問でなりません。

Q韓国

韓国の一部国民は日本に対して非常に激烈ですよね。男が激烈な感情に走るのは解るような気がするんですが、ストッパーであるであろう女性は何で男を抑制しないのですか?

Aベストアンサー

日本もそうですが、そもそもああいうことを
しているのは、普通の人ではありません。

政党や何らかの政治団体の構成員や、そういう
人達がバックにいるのです。

韓国の反日には、右派と左派があります。

1,右派は壇君神話系右派が多い
・日本の大使館前で指を切ったり、焼身自殺するのは
 ほとんどがこれ。
・親日の学者、知識人を脅す。
・VANKという団体があり、国際社会で日本の地位を貶めようと
 しているのがこれ。
・サイバー攻撃を専門にしている団体もある。
・治貧団 という団体もある。

2,左派の中核は全教組といわれる、日教組みたいな団体で
 日本の左派や北朝鮮と連携している。

Q日本も韓国に対してもっと強い対抗措置を取るべきでは?

在韓ソウルの日本大使館前や釜山の日本総領事館前に売春婦像を設置して、日本がお願いしても撤去をしようとしない韓国に対して、現在日本大使や日本総領事を一時帰国しております。
しかし、国際条約を理解しない韓国には何の効果もありません。

日本も韓国に対して、もっと解りやすく強い方法で、・・・・
・例えば、日本漁民を24名も殺傷して未だに不法占拠している竹島問題の蛮行に対して「謝罪と賠償」を要求すべきではないのか???

・また、大使館前や総領事館前の売春婦像を撤去しないなら、日本でこんなに多く存在する南北朝鮮籍の犯罪者を日本国民の血税で衣食住を与えて(ホテル並みの)刑務所で養っているのをやめて、素晴らしい祖国へ強制送還すべきではないのか???

・さらには、歌舞伎町をはじめ日本全国の繁華街で外貨獲得のために不法滞在・不法就労している、韓国人売春婦(自称少女慰安婦)を強制送還すべきではないのか???

★在日韓国・朝鮮人の犯罪者
http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

○ご意見ご回答をよろしくお願いします。

在韓ソウルの日本大使館前や釜山の日本総領事館前に売春婦像を設置して、日本がお願いしても撤去をしようとしない韓国に対して、現在日本大使や日本総領事を一時帰国しております。
しかし、国際条約を理解しない韓国には何の効果もありません。

日本も韓国に対して、もっと解りやすく強い方法で、・・・・
・例えば、日本漁民を24名も殺傷して未だに不法占拠している竹島問題の蛮行に対して「謝罪と賠償」を要求すべきではないのか???

・また、大使館前や総領事館前の売春婦像を撤去しないなら、日本...続きを読む

Aベストアンサー

世界に「伊藤博文」を認知してもらいましょう!
日本の初代内閣総理大臣の「伊藤博文像」を大使館など韓国公館前に設置する。
「伊藤博文」は今風で言うと、親韓派ではないでしょうか?
韓国人を高く評価し、韓国が自立するまで一時的に日本の管理下に置く腹の内であったが、単なる併合には賛成の意があったらしいが併合派が主張するやり方には反対した。
伊藤博文は韓国のテロリスト「安重根」に暗殺され、韓国併合の動きが強くなり、暗殺後僅か1か月で大韓民国は大日本帝国となる。
暗殺の結果が、併合派の勢力を一気に強まり併合を早めたと言うこと。
韓国併合に反対した韓国人(抗日独立運動)は、伊藤博文という人物を勘違いし、反対派にとって本当に惜しい人物を殺めことになります。もし、暗殺が無ければ、一時的に併合されつつも、伊藤博文の意向通り、独立に向けた政策や準備が本当にあったかも知れません。その途中で敗戦になったとしても、現在とは違う展開だったかも知れませんね。
これを現在の韓国人に認知される。

などがありますが、実は日本は何もしないで良い。やると、日本も韓国並みの国に成り下がります。

日本と韓国では、世界への貢献度が比較になりません。
私は陸自ですが、在日米軍人や在日韓国軍人など他国の軍人ですが、多くの友人がいます。特に親友である米軍人は、米国にも慰安婦像がありますが、米国で慰安婦問題の話題になると、三通りがあるそうです。
1つ目は、その碑文みたいな文章に書いてあることを真っ向から信じない人達。
つまり、何処の国の軍隊も娼婦が身近に居て同じことをやっているんだ!という意味らしいです。(約3割)
この気持ちを表沙汰に容易に言葉にすることは出来ませんので皆は口を閉ざしていると言う。
2つ目は、それを信じる人達(少数)
3つ目は、「そんな昔のことを誰が気にするんだよ!」(圧倒的大多数)
たとえ、慰安婦問題が韓国主張通りに実際にあったとしても、米国世論が日本に対して持っている好印象や良いイメージを壊すような破壊力は「一切ない」と言い切れる

と、その米軍人は言ってくれました。

韓国人は、米国で必死に日本を叩きたい!とのイメージが米国世論でもあるようです。
米国では日本のイメージが大変良いので韓国は嫉妬している。
韓国を知る米国人は、韓国の歴史的な行動を見たら、自ら努力して改善するのではなく、とにかく優れた他者を蹴り落として、自らのし上がろうとしていることが分かる。
韓国人は、努力する方向を完全に間違っているとしか言えない。と、言ってました。

アメリカは移民国家です。
世界の縮小をアメリカにしても良いと思ってます。
アメリカ世論は最も国際世論に近いのでは?
とすると、日本は何もしなくて良いです。
韓国が世界にせっせと慰安婦像を建てていくとしましょう。
その間に日本は、品質良好な電化製品、カメラ、自動車、機械などを生産する努力をし、それがアメリカや世界における日本のイメージを更に良くしているわけで、何の生産性もない慰安婦をアメリカや世界に建て続けている韓国人と、世界人類の生活を豊かになる製品を次から次に世界に供給する日本とで、どちらが世界人類にとってありがたいかを考えれば、結果は明白です。

繰り返しますが、日本は何もせず、今まで通りで良いです。

世界に「伊藤博文」を認知してもらいましょう!
日本の初代内閣総理大臣の「伊藤博文像」を大使館など韓国公館前に設置する。
「伊藤博文」は今風で言うと、親韓派ではないでしょうか?
韓国人を高く評価し、韓国が自立するまで一時的に日本の管理下に置く腹の内であったが、単なる併合には賛成の意があったらしいが併合派が主張するやり方には反対した。
伊藤博文は韓国のテロリスト「安重根」に暗殺され、韓国併合の動きが強くなり、暗殺後僅か1か月で大韓民国は大日本帝国となる。
暗殺の結果が、併合派の...続きを読む

Q米軍が北朝鮮を攻撃したら大都市から避難したほうが良いのでは

攻撃が始まると宣戦布告とみなしてすぐに報復ミサイルを撃ってきます。
こちらの迎撃ミサイルが外れる可能性も有ります。
すぐに田舎のほうへ避難するべきなのではないでしょうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170404-00000050-sasahi-int

Aベストアンサー

その通りです。
戦争が始まるとわかった時点ですぐに田舎に避難するのが賢明だと言えます。
なるべく早く避難しないとパニックになってからでは遅いです。
都市部からは少なくとも100キロ以上離れた田舎に行きましょう。
それだけでミサイルが落ちてくる確率が相当少なくなります。

Qもし、日本に核ミサイルが落ち、多数の日本国民が犠牲に成ったとすれば、それは明らかに政治の失敗でしょう

もし、日本に核ミサイルが落ち、多数の日本国民が犠牲に成ったとすれば、それは明らかに政治の失敗でしょう。日本国民の生命を守る事が出来なかったのですから。

その責任は、政権政党である、与党、自民党に有る事は確実ですね?

それで、核ミサイルが落ちた時、自民党は国民に対して、どんな責任を取るのでしょう?

全員、切腹するのでしょうか?

Aベストアンサー

>敗戦の責任を取って自決した、杉山元帥

話をそらすな。杉山元は自決だ。
国民に多くの死者を出して処刑されたA戦犯じゃないだろ。

Q日本への核配備によって生じるメリット・デメリット

日本の核保有がアメリカの国益となることを保証する新たな協定を結び、アメリカの核兵器を日本に配備すれば、両国どちらもが得をすると思いませんか?
日本への核配備によって生じると思われるメリットとデメリットを挙げ、それらの大小関係を総合的に比較し、どちらが大きいか意見を述べてください。
なお、知識があまり無い人は答えないでください。また、回答は必ず500字以上で行ってください。

現在東アジアでは中国が核兵器を保有しており、突出した中国の軍事力は東アジアでのパワーバランスを不安定なものとしています。
中国は海洋進出を活発化させており、資源や領土などをめぐって、周辺国との間で対立が生じています。
仮に日本がアメリカと交渉を行い、日本の核保有がアメリカにとって不利益とならない条件で、アメリカの核兵器を日本に配備することが実現したとします。
すると、日本の核抑止力から、東アジアにおける日米対中国の軍事力のバランスがより安定することになります。
核の抑止力はこの地域の情勢を安定化させ、中国の過激な行動を抑制させることになります。
中国は海洋進出を活発化させ南シナ海での利権を独占しようとしていますが、日本への核配備はそういった中国の過激な行為を抑制すすることが可能です。
現在はアメリカの核の傘があることから、東アジアでのパワーバランスが維持されているという考えもありますが、中国の軍事予算は年々増加しており、もはやアメリカ一国で中国に対処することは不可能であり、今後日米が連携して東アジアでの立場を強くしていく必要があります。
また日本への核の配備がもたらす効果によって、アメリカは在日米軍の規模をこれまで通り維持する必要がなくなり、駐留経費を削減することができます。国内の基地問題を一部解消することも可能です。

そして、アメリカの同意を得て核を保有した場合は、アメリカは世界で最も発言力のある国であることから、国際社会からの制裁はほとんど行われないものと考えられます。

つまり、アメリカの核を日本へ配備することは、以下の理由で日米双方にメリットがあると考えます。

①東アジアでのパワーバランスを安定化させる、核戦争の抑止
②中国の海洋進出を阻止、世界の貿易で重要な拠点であり、かつ海洋資源が豊富に存在する南シナ海における覇権をアメリカが維持
③在日米軍の駐留経費を削減、国内の基地問題の一部を解消

もちろん日本は核拡散防止条約に加盟しており、日本への核配備は非核三原則に反することとなります。よって、これを実現させるためには、日本は核拡散防止条約から脱退する必要があります。
また、場合によっては憲法を改正する必要もあります。


以下参考(Wikipedia 日本の核武装論)

日本が核武装することで、周辺諸国との勢力均衡維持が期待できる(勢力の均衡が平和をもたらす)。日本に核武装を提言するフランスの人類学者エマニュエル・トッドなどがこのように主張している。
著書『帝国以後』でアメリカ「帝国」への一極集中の時代(パクス・アメリカーナ)が21世紀では維持できないとしたエマニュエル・トッドは、2006年10月、朝日新聞での若宮啓文とのインタビューにおいて、「インドとパキスタンは双方が核を持った時に和平のテーブルについた。中東が不安定なのはイスラエルだけに核があるからで、東アジアも中国だけでは安定しない。日本も持てばいい」と述べ、日本の核武装を提言。さらに「核を持てば軍事同盟から解放され、戦争に巻き込まれる恐れはなくなる」と指摘する。ほか、被爆国である日本が持つ核への国民感情については、「国民感情はわかるが、世界の現実も直視すべき」とした。日本が核兵器を持った場合に派生する中国とアメリカと日本との三者関係については、「日本が紛争に巻き込まれないため、また米国の攻撃性から逃れるために核を持つのなら、中国の対応はいささか異なってくる」との見通しを出したうえで、「核攻撃を受けた国が核を保有すれば、核についての本格論議が始まり、大きな転機となる」と指摘した。これは日本が核兵器を保有することで、中国を牽制し、かつ米国への隷属状況からも離脱し、米中日の三か国の勢力均衡を示唆する説である。
2010年の日本経済新聞のインタビューでは、日本が非核国で、中国が核保有国であることを「不均衡な関係」だ、「不均衡な関係は危険」だとして、ロシアとの関係強化を提言した。


核抑止力とは、敵の先制攻撃によっても生存可能な報復用の核兵器を持つことにより、敵の核攻撃を抑止する力である。日本は、核武装することによって中国、北朝鮮、ロシアに対する核抑止力を持つことができる。日本の狭く都市部に人口が密集した地理的条件から中・露など広大な国に対する核抑止力を否定する意見もあるが、それは相互確証破壊の概念と核抑止力の概念の混同である。核によって攻撃しようとする側は、核攻撃によって得られる利益が不利益を上回らなければ攻撃できない。したがって、自国が報復用の核を持つことによりその相手国の不利益の割合を増大させれば、相手国の核攻撃の動機を抑止出来ることになる。そして核抑止力の大きさは反撃可能な核の量に比例する。これが核抑止力の基本的な考えである。その核抑止力が敵対しあう2国間で最大、すなわち国家の存続が不可能となった状態が、相互確証破壊である。日本が核武装するとしても中国などに対し相互確証破壊に至るまでの核戦力を保有することは困難である。日本同様狭い国土で一定の核抑止力を構築しているイギリスやフランス、またはイスラエル程度の核戦力の保有が現実的選択肢と思われる。


米国の核の傘に対する否定的な考えは当の米国の政治家や学者からも出ている(米国の核の傘への否定意見の根拠は、直接米国高官にインタビューした経験や、意見交換した経緯などを基にしている)。ヘンリー・キッシンジャーは「超大国は同盟国に対する核の傘を保証するため自殺行為をするわけはない」と語っている。CIA長官を務めたスタンスフィールド・ターナーは「もしロシアが日本に核ミサイルを撃ち込んでも、アメリカがロシアに対して核攻撃をかけるはずがない」と断言している。カール・フォード元国務次官補は「自主的な核抑止力を持たない日本は、もし有事の際、米軍と共に行動していてもニュークリア・ブラックメール(核による脅迫)をかけられた途端、降伏または大幅な譲歩の末停戦に応じなければならない」という。以下の米国の要人が、米国の核の傘を否定する発言をしている。サミュエル・P・ハンティントン(ハーバード大学比較政治学教授)マーク・カーク(連邦下院軍事委メンバー)ケネス・ウォルツ(国際政治学者、カリフォルニア大学バークレー校名誉教授)エニ・ファレオマバエガ(下院外交委・アジア太平洋小委員会委員)米国政府は公式には同盟国への核の傘を一度も否定したことは無く、今後も核の傘の提供を維持することを再三明言しているが、それは同盟国や仮想敵国に対する外交戦略としての政治的アピールである。実際に同盟国が核攻撃を受けた場合、米国が何千万もの自国民が死亡する危険を覚悟して核による報復という軍事的選択を行うはずがない。それだけの核戦力を保有する国は旧ソビエト(現在のロシア)しか存在しない。核武装を必要とする最大の理由は、「たとえ日本が核攻撃を受けたとしても米国自身が核攻撃に晒されるのなら米国は核報復はしない」と日本に核を向けている国が判断する可能性が非常に高いということである。日本自身がある程度以上の核戦力を保有することにより、「日本を核攻撃したら確実に日本から核反撃される」と予想させる効果がある。日本へ核を向けている国が「日本を核攻撃すれば、米国が核によって反撃する可能性がある」と予想しなければその国に対して核の傘は機能しない。


中国の経済成長に伴う軍事力の拡大によって米軍の影響力の低下が予想されている。中国の軍事支出の伸びは19年連続2桁パーセント増で、2007年の時点で5兆円超と公表されているが、実態はその3倍になると米国防総省は指摘している。かつて米国はソ連との冷戦期において同盟国を保護し、やがてソ連を崩壊に追い込んだが、中国相手に同様の構図は成り立たないと考えられる。ソ連は経済的には貧弱であったが、中国の経済力はやがて米国を上回るという予測もある。そして冷戦期の米ソの経済関係は極めて希薄であったが、米中の経済関係は極めて緊密であり、米国の国別の貿易額では、中国は2004年に日本を抜いて3位になっている。また米国債の保有額では2007年で日本は1兆ドル弱、中国が約7,000億ドルと推定される。今後も中国の経済発展により、米中の貿易額は確実に増加していく。それに対して日本は人口減少により対米貿易額は減少すると考えられる。即ち米国経済にとって中国の価値が日本の価値を上回れば、米国が中国の脅威から日本を守ろうとする動機が希薄になる。実際に中国が経済的、軍事的に超大国となった場合、米国は台湾や日本を守るため中国と戦争は出来ないという指摘は米国の学者からもなされている。ハーバード大学のスティーヴン・ウォルトやシカゴ大学のジョン・ミアシャイマー、そしてサミュエル・P・ハンティントンなどは、米国が東アジアでの覇権を放棄して中国との力関係を保つ「オフ・ショアー・バランサー戦略」という選択肢を主張している。リチャード・アーミテージは講演で、米国一極超大国時代は2020年以降に不確実になる可能性があるという認識を示した。

日本の核保有がアメリカの国益となることを保証する新たな協定を結び、アメリカの核兵器を日本に配備すれば、両国どちらもが得をすると思いませんか?
日本への核配備によって生じると思われるメリットとデメリットを挙げ、それらの大小関係を総合的に比較し、どちらが大きいか意見を述べてください。
なお、知識があまり無い人は答えないでください。また、回答は必ず500字以上で行ってください。

現在東アジアでは中国が核兵器を保有しており、突出した中国の軍事力は東アジアでのパワーバランスを不安定な...続きを読む

Aベストアンサー

日本への核配備によって生じると思われるメリットとデメリットを挙げ、
それらの大小関係を総合的に比較し、
どちらが大きいか意見を述べてください。
   ↑
1,メリット
・政治的に米国から自立できる。
 フランスが核武装したとき、ドゴールがこう言いました。
「これでやっと米国の鎖から逃れることが出来る」
・中国や北に対する抑止力となり、平和に貢献できる。

2,デメリット
 中国、と韓国、北が猛反発する。
 特に中国は、韓国がサード配置をしたときで
 判るように、露骨な経済、政治的報復をすることが
 考えられる。
 
3,比較
 サード配置により中国が韓国をいじめていますが、
 その効果は1兆円ぐらいと言われています。
 しかし、それも長続きしないでしょう。
 長期化すれば、経済的に自分の首を絞めることに
 なるからです。
 それは、対日本でも同じどころか、はるかに上回ります。

 従って、メリットの方が遙かに大きいと思われます。

 核武装化の問題は、それが可能かが問題です。
 
 まず米国が承諾しません。
 日本が米国から自立したら、困るのは米国です。
 フランスでさえ、米国の承諾を得るのに過酷とも言える
 苦労をしてきました。

 次に、日本の世論が問題です。
 野党や朝日、その他、核アレルギーを持っている
 国民が少なくありません。
 
 米国と日本国民。
 この二つの山を越えないと、実現出来ません。

日本への核配備によって生じると思われるメリットとデメリットを挙げ、
それらの大小関係を総合的に比較し、
どちらが大きいか意見を述べてください。
   ↑
1,メリット
・政治的に米国から自立できる。
 フランスが核武装したとき、ドゴールがこう言いました。
「これでやっと米国の鎖から逃れることが出来る」
・中国や北に対する抑止力となり、平和に貢献できる。

2,デメリット
 中国、と韓国、北が猛反発する。
 特に中国は、韓国がサード配置をしたときで
 判るように、露骨な経済、政治的報復を...続きを読む

Q日本が北朝鮮を先制攻撃することはあるのでしょうか

アメリカが北朝鮮を攻撃しないのでこの際思い切って日本が北朝鮮を先制攻撃したらどうでしょうか?
ついでに慰安婦で揉めている韓国も同時に進攻
植民地化して大日本帝国を再建する考えはどうでしょうか?一気にカタがつきますが

Aベストアンサー

よく「敵地攻撃能力」がないとか言われますが、必要なら装備すればいいだけの話しです。
「能力」の問題ではなくて「必然性」があるかどうかです。
朝鮮半島を乗っ取ることなどないですね。
過去の日本人が朝鮮半島に関わって大ヤケドしてますからね。
日本人は学習しました。
もう二度と疫病神の朝鮮には介入しないでしょう。
てゆーか、1000キロ先からミサイルを撃ち合う時代に上陸して白兵戦など考えられません。
やるなら韓国人だけでどうぞ。
まっ、ヘタレの韓国人が死力を尽くして戦うとは思いませんが。

Q日本海の日本の排他的海域で、日本の巡視船が北朝鮮の不審船らしき船から、銃を向けられました。 日本の巡

日本海の日本の排他的海域で、日本の巡視船が北朝鮮の不審船らしき船から、銃を向けられました。

日本の巡視船は、危険を感じて逃げると、馬鹿にしたのか、不審船は追いかけてきました。これは、北朝鮮が核武装しているので、強気に成って、日本を馬鹿にしているのでしょうか?

Aベストアンサー

あれ確か巡視船じゃなく水産庁の漁業監視船じゃなかった?
なんの武装もないので逃げざるを得ないでしょ。
やる方はいい気になってます。
次は海保が行くでしょうね。

Q9条教の人の思考が分かりません

先日、いわゆる9条教の人と議論する機会がありました。

その人の主張をまとめると
◆改憲したら自衛隊は「人殺し集団になる」
◆他国に恨みを買い余計な危険を招かないために、「自衛隊は他国の戦争に行くべきでは

ない」
◆竹島が取られても、日本人が拉致されても、テロに巻き込まれても、海洋資源を奪われ

ても「本土が無事な限り日本は平和」
◆アメリカの言いなりは屈辱だが「自主防衛に力を入れるなど自立する必要は一切無い」
◆これからの時代は「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる」
という感じでした。

議論の中でその人が
「今の改憲の動きはアメリカが自民党に圧力をかけてきたからだ。アメリカは日本に戦争させたいんだ」
と言うので
「だとしたら改憲したほうが良くないですか?あなたは軍事同盟などの信頼が大事だと言いました。
ということは改憲に反対してアメリカの意に沿わなかった場合、その信頼は揺らぐ事にならないか?」
と聞いてみました。

するとその人は
「いや安倍総理がトランプタワーに行ってアメリカ様に媚を売ってるから大丈夫だ」
と言ってきました。
私はその発言の前に
「『日本のために死んでくれ。まぁお前がピンチの時は金だけ出すからさ』自分がアメリカだったら、こんな国を自国の兵士を危険に晒してまで守ろうとは思いません」
と突っ込んでいたのですが、見事にスルー。
媚を売るだけでアメリカ軍が本気で安全を担保してくれると考えているようでした。

とにかくその人は
「自衛隊がある」「安保がある」「米軍がある」「9条がある」
だから日本は今のままで平和だという考えでした。

他にも会話の中身として
私「既に日本人がテロで死んでいる」
彼「ほっとけばいいんじゃない?身内が殺されたわけでもないし、自分には関係ない」

私「攻めなければ攻められないというのはあまりにも楽観的かと」
彼「いや自衛隊はイスラム教徒を殺していない。だから今の日本はテロ攻撃を受けてないんだ!手を出さない限り、向こうも手を出してこない!」

私「拉致問題や竹島、海洋資源が略取されているが、これで本当に守れていると言えるのか?あと何があれば反撃していいと考えられるようになるのか?」
彼「当然ながら、日本の領土が攻撃された時」

私「北朝鮮がミサイルを飛ばしているが、あれは現状が危険である事にはならないか」
彼「騒ぎすぎ。子犬がちょっとじゃれて噛み付いただけで大騒ぎ。冷静に判断する能力があなたには無い」

私「それでは日本人が殺されてからでしか動けないじゃないか」
彼「防衛システムやイージス艦があるから、日本人は殺されない。防衛後動けばいい」
(ミサイルの事しか頭に無く、無差別テロが起きた場合についてはスルー)
と、全く議論にならず。

最終的に私が
「日本の国債貢献度が世界最下位。そんな国を本当に他国が守ってくれるのか」
「仮に韓国の原発が攻撃されたらどうするか。そうなったら手遅れ」
「改憲しなければ自衛隊が『違憲』という議論を残してしまう」
「日本人が殺されている時点で、既に我慢の最終ラインは越えている」
「日本は今でもISの標的国になっている」
「日本を守っているのは憲法9条ではなく自衛隊と米軍だ」
「抑止力と言うなら『やる時はやる』と示したほうが、より効果的じゃないか」
「すでに多くの日本人が殺されている」

と突っ込んでも、

「安倍政権は国防軍を作って戦争をしようとしている!」
「イスラム教徒を殺せば日本のショッピングモールが爆発するかもしれない!」
「日本は自立する必要は無い!アメリカは世界最強の軍隊なんだから守ってもらえばいい!」
「改憲すれば自衛隊は殺人集団になる!」
「テロリストの要求なんか全部呑めばいい!それが平和だ!」
「お前は何も理解できていない!単にTVの影響を受けた愚か者だ!」
「そんなに言うならお前が北朝鮮に乗り込んで来い!ネットで爆弾の作りかたでも調べて行ってこい!」
「日本人が殺されたから報復しようとするのは幕末の過激思想に取り付かれた志士と同じ!冷静さは無い!」
「お前はネットで吼えるだけ。実際に自分がISと戦う気も無いだろ!」
「お前の意見は的外れで論理破綻してるし矛盾してるし、発言に一貫性がない!」
「お前と僕はレベルが違う!ただ反論ばかりして議論にならん!」
「改憲はさせない!でもテロが起きたら政府のせいだ!」
「9条で日本は守られている!それがわからないお前はただのバカ!」

と切れる始末。

とても長くなってしまいましたが、
やはり私は彼の主張が納得できません。

平和平和と念仏を唱えても、平和にはならないと思うのです。

他国を攻撃しないから自国が攻撃されないという保障はありません。
「やる時はやる」という姿勢を見せなければ、日本は永遠に舐められたままです。

普通に世界を見ていれば、今の日本が平和とは言えないと思います。
北朝鮮のミサイル、中国の領海・領空侵犯、ISのリストとアジアへの浸出などなど。
どう考えても、まともな状態ではありません。

そこで質問です。

『どうして9条教の人はあそこまで楽観的平和思想になってしまうのでしょうか?』

先日、いわゆる9条教の人と議論する機会がありました。

その人の主張をまとめると
◆改憲したら自衛隊は「人殺し集団になる」
◆他国に恨みを買い余計な危険を招かないために、「自衛隊は他国の戦争に行くべきでは

ない」
◆竹島が取られても、日本人が拉致されても、テロに巻き込まれても、海洋資源を奪われ

ても「本土が無事な限り日本は平和」
◆アメリカの言いなりは屈辱だが「自主防衛に力を入れるなど自立する必要は一切無い」
◆これからの時代は「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと、視点を変えてみましょう。「外国に9条があった場合、日本のような9条教ができるかどうか」です。

ま、そもそも外国で9条と同等の条文が憲法に入ること自体がほとんどあり得ないので、9条教もありえない、といえるのですが、じゃあなぜ「外国では9条もありえないし、9条教もありえないのか」ということを考えていきます。

理由は簡単で「自分の国の憲法に9条を入れても、近隣諸国はそれを尊重してくれるとは限らないから」でしょう。では、なぜそう思うかというと「今までの歴史の中で、隣国から攻め込まれたり、逆に自国が相手の弱みに付け込んで占領したりした歴史をもっているから」です。

つまり、日本人以外は自国の歴史と実際に存在する国境線を意識しているので「私の国がどれほど平和を願っても、隣国が攻めて来たら意味がない」ということを肌で感じているからです。さらに言えば「今の政府だって、隣国に協力して国民をうらぎるかもしれないし、特に少数民族は迫害されるかもしれない。また隣国がうちの国を乗っ取れば、土地も財産も奪われてしまう」という意識もあります。ですから「政府そのものを信用できるかどうか」も問題になるわけです。

日本は逆です。日本は太平洋戦争敗戦後のGHQの占領期を除けば
・外国と本当の意味で戦ったことはない
・日本の政府の根本が変化したことはない
といえるでしょう。

つまり、普通に日本に住んで居て、日本人として経験できる「リアル」から言えば「政府はどの国の政府でも信頼できるはずだし、政府が『戦争を望まない』といえば、他国もそれを尊重してくれるはずだ」ということになりえる、といえます。

ここが9条教の深層心理としての「原点」です。

また、面白いことに日本は「武装解除の国」なんですね。実際に何度も武装解除を行っているのは日本だけ、じゃないでしょうか。

たとえば刀狩、戦国時代は兵農未分離で農民も武装していました。日本の農家は自前の土地や財産を持っていましたので、他人に土地などを奪われないように、そして戦国時代は行政も機能不全でしたので、農家も武装している必要があったわけです。ところが、秀吉が天下統一をすると、農民は刀を放棄します。それは「天下人がちゃんと庶民の暮らしまで、安心安全を担保してくれる」という信頼があったからです。

お分かりだと思いますが、諸外国では「政府すら信用できない」わけですから、可能な限り武装を解くことはしませんし、武装できないなら、いつでも逃げれるように財産を身に着けている、ことになります。インドなどで女性が金の腕輪をたくさんつけているのは「いつでもすぐに財産を持って逃げられる」ようにしているからです。

日本は違いますよね。財産は奪われないし、土地だって理不尽に奪われたことがありません。それは時代時代の政府が天皇の勅許を必要とし、あくまでも「天皇の土地に政府を運営するだけの立場」だったからです。

ですから、たとえば「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる」なんてことを本気で言い出すわけです。「他国の政府も日本同様に信頼できる。少なくとも米国は信頼に値するだろう」ということと「私たちを守ってくれる『政府』は日本政府じゃなくても信頼がおけるならいいだろう」と考えてしまうわけで素。

 日本人にはそもそも「外国と戦争する」と言う言葉の意味が理解できていないし「自分の同胞が血を流して、やっと自分たちの国を守ってきた。これからも守る」という価値観はまったく考えもつかないのです。

それでも、これだけネットなどが発達し、外国の情報も入るようになってきているわけですから、危機感を持つ人も出てきます。右翼の方に厳しい言い方をすれば「やはり日本人なので、ピントがずれた危機感の方も多い」とはいえます。

いずれにしても9条教の人は「そもそも外国がなぜ戦争をするのか理解できない。そのような価値観を経験していない」ということです。日本の歴史的な価値観からすれば、9条教の言っていることも理解はできます(理解はできますが、正しいとは思いませんよ。念のため)

ちょっと、視点を変えてみましょう。「外国に9条があった場合、日本のような9条教ができるかどうか」です。

ま、そもそも外国で9条と同等の条文が憲法に入ること自体がほとんどあり得ないので、9条教もありえない、といえるのですが、じゃあなぜ「外国では9条もありえないし、9条教もありえないのか」ということを考えていきます。

理由は簡単で「自分の国の憲法に9条を入れても、近隣諸国はそれを尊重してくれるとは限らないから」でしょう。では、なぜそう思うかというと「今までの歴史の中で、隣国から攻め込...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報