京都大学「日本姓名研究サークル」です。

日本の「苗字」の研究を120人くらいでしています。

現在、「遠竹(とおたけ、とおだけ)」様というお名前の分布で悩んでいます。

インターネットで調査し、また、電話帳も用い、分布を調べさせていただいております。

○ もとは長崎の御一族だったのが政争で、鹿児島県出水市に逃れられたので、出水市に遠竹様は集中的に多い、という説があります。

○ 長崎には地名として残っているそうです。

○ 御存命の著名人としては、仙台のアメリカ文学教授、遠竹護氏。元・自衛隊のトップ、遠竹郁夫氏。東京の女性区議会議員、遠竹よし子氏などがおられますが、いずれも御先祖は出水市だということです。あとお会いしていませんが、東京慈恵会大学病院の遠竹教授も、出水市出身だそうでう。

皆様の御周囲に「遠竹様」という方はおいでではないでしょうか?

いらっしゃった場合、やはり鹿児島御出身でしょうか。

御手数をおかけしますが、よろしく研究に御協力お願いもうし上げます。

注記:私たちはプライバシーの侵害にならないよう、顧問弁護士の監視と指導のもと活動を行っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

文学 アメリカ」に関するQ&A: 東京より北の私立で、「英文学科(アメリカ文学)」が充実している大学を教えて下さい

A 回答 (3件)

「遠竹」について「姓氏大辞典」(丹羽 基二著)で調べてみたところ、その姓の由来は地名のようでした。

そこで、お書きになっている長崎県の地名を調べたところ、「長崎県北高来郡小長井町に遠竹」という小字の地名がありました。(現在は諫早市)ここは「佐賀県」の南端と接しています。JR長崎本線の「小長井駅」が最寄り駅です。有明海沿いの小さな集落です。

約20年ほど前の電話帳(CD版)で「長崎県」の「遠竹」姓を調べてみましたが1軒のお家もありませんでした。保育園、小学校、農協、公民館などが「小長井町遠竹」にある程度でした。個人の名前では掲載されていませんでした。

更に「鹿児島県」の「遠竹」姓を調べてみましたところ、全部で89軒の遠竹姓の個人名が電話帳で確認出来ました。そのほとんどが「出水市」及びその近辺でした。その他、全国の「遠竹」姓の分布を調べてみたところ、「北海道東北地区」は「仙台市」の1軒のみでした。「東京都」は6軒でした。「神奈川県」は12軒。千葉、茨城、埼玉は、1軒~3軒でした。

「中部地区」は全県で10軒、そのうち「愛知県」が6軒でした。「関西地区」は、「大阪府」が6軒、「京都府」「兵庫県」が各3軒でした。「中国四国地区」は「山口県」「香川県」が各1軒でした。九州地区は「福岡県」が16軒。「宮崎県」が10軒。「熊本県」が4県。「佐賀県」「長崎県」が0でした。「大分県」「沖縄県」が各1軒でした。

以上の情報は20年前くらいの電話帳を参考にした情報です。「遠竹」姓は、地名から来た姓のようですので、あなたの調べられた内容は正しいと思います。それにしても、「長崎県」の一族全戸が「出水市」に移ったということは、余程の事件があったのでしょうね。名字から土地の歴史が分かると面白いですね。これからも研究を続けて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへんに詳しく調べていただき感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2017/04/21 01:22

回答者知人の一人に遠竹姓が居ましたが、彼は奈良県が代々(明治の初めから)の戸籍と伝え聞いてます、



いい加減な情報ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/21 01:21

失礼します!


めずらしい姓名で由来について知りたいんですが 参考になるサイトなどはありますか?某有名サイトにはありませんでした…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

失礼します!
めずらしい姓名で由来について知りたいんですが 参考になるサイトなどはありますか?某有名サイトにはありませんでした…

お礼日時:2017/04/21 01:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q科学研究費、教員研究費、教育研究費、

科学研究費、教員研究費、教育研究費、の違いをどなたかわかりやすく教えていただけませんでしょうか。
あまり知識がないもので違いや出所、ほかにもなにかありましたらお願いします。

Aベストアンサー

科学研究費補助金は,学外からぶんどってくるもので,いわゆる競争的資金というものです。申請して審査を通れば,所属の大学に配分され,教員名の口座(経理コンピュータ内のアカウント)みたいなところに入ります。

教員研究費は,ふつう,大学内部の資金を教員名の口座に配分するものをいいます。これは原則としてみな平等にわけます(理系が文系より多いということはあります)。いまは,この資金が「研究費」と「教育費」の2つの口座にわけて配分されることが多いはずです。

教育研究費は,教育費と研究費の総称です。上記した属人的な2つの経費をいうこともありますし,大学内部資金のうち人件費(給料)や設備費などをのぞいた残りを指すこともあります。

Q【研究者】世の中の研究者は自分が調べたいことを国からお金を貰って研究している。 お金を貰えるだけマシ

【研究者】世の中の研究者は自分が調べたいことを国からお金を貰って研究している。

お金を貰えるだけマシなのでは?

国からの助成金すなわち国からお金が出ないと無職者、ニートと余り変わらない。

自分が研究したい分野の会社に就職して会社の研究開発費で研究するのが普通の人の考えでは?

国からの研究開発の助成金が少ないと言っている研究者は生活保護者の生活保護費が少ないと愚痴を言っているのと同等な程レベルな話だと思う。

本当に研究したいのなら世間から無職者、ニート、生活保護者と言われようが我が道に突き進むのが本当の研究者であって、助成金で生活保証をして貰って研究したいという輩はただの国の金をむしり取るだけの寄生虫にすぎない。本当に研究したいのではないのでは?国からお金が貰えるから研究してるだけなのでは?

Aベストアンサー

そういう考えの人がいるから、みんなアメリカで研究するんでしょ。
日本企業だって環境は劣悪じゃん。
LED発明の人だって自社と裁判やった挙句に渡米して、二度と日本に帰りたくないって言うし。

Q研究開発者の研究範囲について

研究開発者になれた場合、研究できる内容は、出身の大学の研究室で取り組んできた研究分野がどれくらい影響しますか?
電磁気など他の分野も組み合わせたいと思った場合や、自分の研究が航空宇宙の技術にも応用できるかシミュレーションしたいなどと思った場合は必要な装置さえあれば何でもできますか?

Aベストアンサー

企業の研究開発ではその企業のニーズに沿ってやりますから、出身大学の研究室で取組んできた研究分野に合致したものになる可能性は小です。大学の研究の延長ではありませんからね。決して思う(希望する)ようにはなりません。
大学の研究室で取組んで来た者に期待されているのは、論理的アプローチによる問題解決の手法です。なので、自分の専門分野とはまったく畑違いの研究に従事するハメになることは珍しくありません。

Q社会学研究科で教育を研究できますか?

私、日本を研究する外国人です。今は大学院の一年生です。今年、うちの大学には日本一年留学という交換生試験があって、私は非常に日本へ留学しに行きたくて、その試験を受けようと思います。私が研究したいのは「日本の大学におけるITの実践教育」というテーマです。しかし、留学先の大学(駒澤大学)には教育研究科はないです。私の研究テーマと関係があるのはせいぜい「社会学専攻」だけと思います。だから、社会学専攻の研究科でそういうテーマを研究できますか?

交換生試験には面接があるので、もし、面接の先生に「教育を研究したいのに、どうして社会学専攻を選んだの?」に聞かれたら、どういうふうに応えればいいか、ずっと悩んでいます。

下は質問のために準備した答えおよび志望動機です。

「大学時代に受けた遠隔講義を契機に、ITを活用した教育の研究に興味を持つようになった。勿論、そのテーマを研究するには情報化社会への理解は不可欠である。「情報社会学」「社会調査法」などの情報化社会に関するカリキュラムが充実している駒澤大学人文科学研究科の社会学専攻で研究をしたいと思った。基礎的な理論を学習できるだけではなく、実際に遠隔講義やネット教材を体験することができ、自分の研究分野に非常に有益であり、また、外国での生活経験をすることにより、国際観の養成、視界の広がりが期待される。ぜひ、この恵まれたチャンスを自分の研究に活かしたいと思い、今回の交換生試験を受けた。」

そういう答えですが、適当かどうかわからないので、どうか、指導していただけませんか?よろしくお願いします。 

私、日本を研究する外国人です。今は大学院の一年生です。今年、うちの大学には日本一年留学という交換生試験があって、私は非常に日本へ留学しに行きたくて、その試験を受けようと思います。私が研究したいのは「日本の大学におけるITの実践教育」というテーマです。しかし、留学先の大学(駒澤大学)には教育研究科はないです。私の研究テーマと関係があるのはせいぜい「社会学専攻」だけと思います。だから、社会学専攻の研究科でそういうテーマを研究できますか?

交換生試験には面接があるので、もし、面...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。私は、教育学の教授です。

私は駒澤大学の関係者ではありませんから、正確なことは知りません。駒澤大学のウェブサイトをみた限りで、思ったことを書きますね。

社会学研究科で教育の研究をすることは、変ではありません。社会学的な視点から、ITと大学教育の関係を勉強したい、と言えば、それで十分だと思います。むしろ、教育学研究科の方が視点が限定されていて、不便かもしれません。

社会学研究科で情報社会学を担当している二人の教授のうち、川崎賢一(かわさき けんいち)さんという人は、研究業績から見ると国際的な視野を持ちつつインターネットの文化的影響などを研究している人のようです。この人のところで研究したいといえば、とりあえずなんとかなるのではないでしょうか。つまり、川崎先生のところで、日本のITと大学教育の関係について、国際比較も含めて、勉強してみたい。そういう話を付け加えてはいかがでしょう。

滞在は1年間ということですから、そのテーマで日本で学位をとるとかいうことではないですね? そうであれば、受け入れる側もかなり楽なきもちで受け入れてくれるのではないでしょうか。もしさらに詳しいことが知りたいのであれば、川崎先生に直接メールでたずねて、アドバイスをもらうこともできると思います。きっと川崎先生は英語も得意でしょう。

下のURLは、川崎教授の業績一覧のページです。ご参考までに。

参考URL:http://www.komazawa-u.ac.jp/~kikaku/profiles/1205006.htm

こんばんは。私は、教育学の教授です。

私は駒澤大学の関係者ではありませんから、正確なことは知りません。駒澤大学のウェブサイトをみた限りで、思ったことを書きますね。

社会学研究科で教育の研究をすることは、変ではありません。社会学的な視点から、ITと大学教育の関係を勉強したい、と言えば、それで十分だと思います。むしろ、教育学研究科の方が視点が限定されていて、不便かもしれません。

社会学研究科で情報社会学を担当している二人の教授のうち、川崎賢一(かわさき けんいち)さんと...続きを読む

Q社会学研究科で、教育を研究するのがありうる?

私、日本を研究する外国人です。今は大学院の一年生です。今年、うちの大学には日本一年留学という交換生試験があって、私は非常に日本へ留学しに行きたくて、その試験を受けようと思います。私が研究したいのは「日本の大学におけるITの実践教育」というテーマです。しかし、留学先の大学(駒澤大学)には教育研究科はないです。私の研究テーマと関係があるのはせいぜい「社会学専攻」だけと思います。だから、社会学専攻の研究科でそういうテーマを研究できますか?

交換生試験には面接があるので、もし、面接の先生に「教育を研究したいのに、どうして社会学専攻を選んだの?」に聞かれたら、どういうふうに応えればいいか、ずっと悩んでいます。

下は質問のために準備した答えおよび志望動機です。

「大学時代に受けた遠隔講義を契機に、ITを活用した教育の研究に興味を持つようになった。勿論、そのテーマを研究するには情報化社会への理解は不可欠である。「情報社会学」「社会調査法」などの情報化社会に関するカリキュラムが充実している駒澤大学人文科学研究科の社会学専攻で研究をしたいと思った。基礎的な理論を学習できるだけではなく、実際に遠隔講義やネット教材を体験することができ、自分の研究分野に非常に有益であり、また、外国での生活経験をすることにより、国際観の養成、視界の広がりが期待される。ぜひ、この恵まれたチャンスを自分の研究に活かしたいと思い、今回の交換生試験を受けた。」

そういう答えですが、適当かどうかわからないので、どうか、指導していただけませんか?よろしくお願いします。 

私、日本を研究する外国人です。今は大学院の一年生です。今年、うちの大学には日本一年留学という交換生試験があって、私は非常に日本へ留学しに行きたくて、その試験を受けようと思います。私が研究したいのは「日本の大学におけるITの実践教育」というテーマです。しかし、留学先の大学(駒澤大学)には教育研究科はないです。私の研究テーマと関係があるのはせいぜい「社会学専攻」だけと思います。だから、社会学専攻の研究科でそういうテーマを研究できますか?

交換生試験には面接があるので、もし、面...続きを読む

Aベストアンサー

IT教育、遠隔講義については、日本では慶応大学湘南藤沢キャンパス http://gc.sfc.keio.ac.jp/
が実績があるので参考にしてみてください。

志望動機には、日本の若者ははたしてITを使いこなしているのか?いかに活用すればメディア・リテラシーを習得することになるのか? など、情報化社会における若者の問題点や、IT教育にどんな可能性があると思うのか、あなた
の考えをお書きになればいかがでしょうか?

駒沢大学の社会学研究科には、教育学出身の川本勝教授
http://www.komazawa-u.ac.jp/~kikaku/profiles/1205008.htm
がいますよね。彼の業績を見るとヒントが見つかるかもしれません。

ほかにも川崎謙一教授
http://www.komazawa-u.ac.jp/~kikaku/profiles/1205006.htm
の業績も参考になるかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報