起業/融資100万or1年後自己資金100万5年後

今後起業を考えていまして、ふと気になったのです。

A:自己資金0万+銀行融資100万で今すぐ起業。
仮説1:5年(=60ヶ月)で返済、金利は固定で3%
=初月¥22000/2ヶ月以降¥17900の返済
仮説2:収入30万、生活費10万、運転資金5万

B:自己資金100万+銀行融資0万で20ヶ月我慢して起業。
仮説1:自己資金貯まるまでは月収15万のアルバイト。
・〜20ヶ月収入15万、生活費5万
・21ヶ月〜収入30万、生活費10万、運転資金5万

Aパターン
1ヶ月目:30-(10+5+2.2)=12.8
2ヶ月〜:30-(10+5+1.79)=13.21
5年後:12.8+13.21×59=¥7,920,1900

Bパターン
20ヶ月まで:15-10=5
21ヶ月以降:30-(10+5)=15
5年後:5×20+15×40=¥7,000,000

Aの方が¥9,201,900プラス。

簡単にシュミレーションしてみたのですが、この計算は正しいですか?(税金など別途支払うものがあれば教えてください)
もし正しければ、やはりお金借りてでも早く起業するべきなのでしょうか?
※最初から30万の売上が経つのか不明ですし、自己資金調達の為にもっと割りのいい仕事して月々の貯金額を増やし早くお金貯られたらまた変わるとは思うのですが。。。

質問者からの補足コメント

  • 訂正!Bパターン。

    ・〜20ヶ月収入15万、生活費5万
    じゃなくて
    ・〜20ヶ月収入15万、生活費10万、5万貯金でした!

      補足日時:2017/04/20 17:46

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.1及び4です。



>てか、先ほど資格のアドバイスくださった方ですか??
はい、資格のご質問をさてた際にも回答させていただきました。

>今後失業手当は入るのですが
具体的な起業準備に入ったら失業手当は切られますので注意しましょう。

>前年度の給与に基づく市民税や健康保険料がけっこう大きく、他にも子育てのお金を考えると春までに60万あればいい方だと思います。
そうですね、おそらくもっと少なくなる可能性が高いかと思います。

>やはり春から副業始めて、60万を早く100万に増やせるようにコツコツやっていくのが一番ですかね?
正直なところ、100万ではかなり心もとないかと思います。
>道具さえあればできるものなので道具だけ揃えるには40万あればできます。
とのことですが、100万円から40万円を差し引いて残るのは60万円ですよね。
基本的に売上が全くなくても半年から1年は続けられるだけの資金を用意しておくべきです。
訪問美容のお仕事とのことですが、メイクとかそういった類のものかな?と想像しますが、使われる道具の中には消耗品もあるでしょうし、使用期限のある物もあるでしょう。
そういった物の買い替えサイクルや品質管理も考えましょう。
とても60万円で1年間売上なしで生活していけるとは思えないので、資金はもっと準備するか、それこそ運転資金を融資してもらうべきです。

あなたの行おうとしているビジネスの市場調査等はお済みでしょうか?
どの地域でどういった層をターゲットにするのか、そしてそのターゲットはその地域にどれだけいるのか、あなたの行おうとしているサービスの需要はどれほどあるのか。
そしてSWOT分析などをして、どのようなアプローチ方法でどのように営業をかけるのかなども決めているのでしょうか?
ご存知かもしれませんが、一応SWOT分析を解説しているサイトのリンクを載せておきます。
https://blog.kairosmarketing.net/marketing-strat …
こういった手法で分析して、戦略を決めて、戦術に落とし込みましょう。
様々な仮説を立てて、実証してみて、PDCAが回るサイクルを構築しましょう。

準備8割と言われますが、起業となるとそれが特に重要です。
綿密に準備して様々なリスクを想定してヘッジして、細かな計画を立てなければ失敗する可能性が非常に高いです。
特に質問者さんはお子さんの出産を控え、そこから乳幼児を育てながらの起業と営業ですから、ハードルはかなり高いです。

100万円という金額の根拠がちょっと解らないのですが、おそらく足りないというのが私の所見です。
アルバイトでも何でも良いので、もう少し自己資金は貯めた方が良いです。

>もう一度費用や売上の目処など計算してみます。
売上の目処は、現段階でこの人は確実に自分のサービスを買ってくれるという人が思い当たらないのであれば、皮算用を繰り返すことになるだけですから無意味です。
売上の目処を立てるのであれば、自分の提供するサービスが具体的にいつから稼働可能かを明確にして、必ず買ってくれるお客さんのところを回り、サービス開始時期をアナウンスして、買ってくれることを念押しして了解を得て、ようやく予定に入れるようにしましょう。

出産されることを抜いて考えて、今質問者さんがするべきことは、事業を運営していくために必要な最低限の知識を得ることと、質問者さんの進出しようとしている業界での法的な問題を知ることです。
法的な問題とは、例えばやろうとしていることを実現しようとした際に、何かしらの資格が必要なのか、行政などへの届け出が何か必要なのかなどなどです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございます。

訪問美容は髪を切る方です。美容師免許は持ってます。

市場調査は、地元の市内の施設と定員をリストアップしています。また競合に関しては個人での契約が多く調べられたのは訪問美容可能な美容サロンだけを一旦リスト化し、いつ、いくらでやっているのかは調べてあります。
ただ美容師さんが個人で契約しているような事はネットでは分かりかねるので、3ヶ月かけてリスト上の施設を周りヒアリングかかるところから始まります。そこの上で施設での需要を確認し、少しずつお仕事頂けるところを増やすというやり方になるかなと思っています。

法的な問題は大丈夫です。
保健所で確認していますし、実際に訪問美容されてる知人からも伺ったので。

正直、実際にヒアリング回って需要の確認をしていかないと、売上の目処は立ちません。
でも今営業活動をしても来春以降のことになるので身動きが取れずにいる感じです。
なので今年は職業訓練で介護の勉強をしながら、しばらくはアルバイトをして、休みの日に施設を周りネタを増やし、徐々にアルバイトよりも事業の割合を増やし、一月300人の目処を立ててからやっと本格稼動になるかと思います。

それまではアルバイトしながら生計維持して頑張ります。

お礼日時:2017/04/22 01:06

No.1です。



>本当に小さな個人事業で、1人で営業しながら一件ずつ仕事増やしながら始める予定です。
>なので最初は融資は考えてなかったんです。。。アルバイトしながら少しずつ仕事増やしていこうかなと。
アルバイトでも正社員でも何でも良いので、副業から始めましょう。
そしてある程度見通しがついてから起業すれば良いです。
小さな名前も知られていない個人事業主に仕事が入るほど甘くありません。
起業する多くの人は、会社員として働いていた頃の人脈などを使って、早い段階から仕事がもらえるという確約を持って起業します。
その仕事を維持しながら新規顧客を開拓していくんです。
新規顧客も最初はこれまでの顧客からの紹介などで広げていくんです。
同時に新規の営業活動もしながらです。
とにかく信頼と実績を積み重ねながら新たな顧客を開拓していくんですよ。

>ただ日々の生活を早く安定させる事を考えると、融資使うのも1つなのかな?と思い始めて、計算してみました。
融資自体はアリです。
創業時はお金がいろいろかかりますから。
ただ貸す方の身にもなってください。
「起業するからお金かして〜」「うん、いいよ〜。頑張ってね〜」で100万円手に入ると思いますか?
普通は「これこれこういう事業です。経費はこういう根拠で毎月これだけかかって、これこれこいう根拠から○ヶ月後には売上が○万円ほど見込めます。さらに×ヶ月後にはこれこれこういう根拠で売上も×万円になってます。これを実現するのにどうしても最初にこういう内訳で使用する100万円が必要なので、貸してください」ってなるんですよ。
これもかなーーーり簡単に書いただけですよ。

>いつから始めるって決めて、そこまで目標件数立てて、営業かけなきゃと思うのですが、そうするとまた営業かける運転資金も必要だな〜と思ってきたり。。。
だからみんなそれなりの時間をかけて事業計画を立てて、見込みがあると判断して、そこから必要なお金を用意してから始めるんです。
お金を貸す方も返してもらうことを前提に貸しますので、返せなさそうなところに貸したりしません。
質問者さんのように無計画で初めてしまうと、まず破綻します。
自己資金がない場合は、投資してもらうか融資してもらうかになるでしょうが、いずれの場合も事業計画がしっかりとしてなければいけません。
とりあえず製品あるいはサービスを用意したんで、売り先はこれから探しますってんでは誰も貸しませんし、投資しません。

>こういうの、どこで相談したらいいのでしょうか。。。
商工会議所などで、起業したい人向けのセミナーなどをやっていますので、それに参加してみてはいかがでしょうか。
最低限必要な知識や資金の得かたなどを教えてもらえますよ。
そこで人脈ができることもありますし、様々な支援を受けることもできます。

私の場合は、サラリーマン時代の預貯金2000万円を元手に起業しました。
融資や投資は考えていませんでしたが、事業計画はかなりきっちりと作りましたが、それでもなかなか計画通りにはいかないものでした。
一経理から営業から何から何まで一人です。
質問者さんは帳簿つけられます?
最低限知っておくべき法律などもご存知ですか?
もう少し具体的な絵が描けるようになるまで、アルバイトでも何でもしてお金を貯めましょう。
質問文に書かれている内容は、他の回答者様もおっしゃっていますが、皮算用も良いところです。
起業なんてしたら100万円なんてのはあっという間に溶けていきます。
私は友人にburn moneyと表現したくらい、あっという間に無くなっていきますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に何から何までありがとうございます!
てか、先ほど資格のアドバイスくださった方ですか??
何度もすみません。。。

5月末に出産を控えてるので、今年は勉強や下調べや準備の年と思っていて、起業や仕事は来春から徐々にスタートさせたいなと思っています。
それまでに本当に無知で無計画なところを修正して準備します。

実は一度融資を検討して、商工会には行ったのですが、「お金を貸すのは銀行だからまずは銀行に行ってみてください」と言われ、市の助成金などの制度やいくつか資料をいただきました。ただ借金って怖いな、月々の返済で家計が更に圧迫されるのも怖いな、とそれっきりになってました。

帳簿についても、商工会で税理士さんと話す機会があってそこで始めて知りました。なので簿記など勉強しようと思いました。

退職金とわずかな貯金で現在200万ほどはあるのと、今後失業手当は入るのですが、前年度の給与に基づく市民税や健康保険料がけっこう大きく、他にも子育てのお金を考えると春までに60万あればいい方だと思います。

やはり春から副業始めて、60万を早く100万に増やせるようにコツコツやっていくのが一番ですかね?

正直起業といっても本当に小さく、道具さえあればできるものなので道具だけ揃えるには40万あればできます。ただ自己資金なくなるのが怖いので100万貯めてからと思っています。。。

それにしても無計画ですみません。
もう一度費用や売上の目処など計算してみます。

お礼日時:2017/04/20 18:47

そんな皮算用意味無いで!


ってか・・・100万円で何するん???
    • good
    • 0
この回答へのお礼

訪問美容の仕事です!

お礼日時:2017/04/20 18:06

どんなお仕事の起業をするのか不明ですが、AパターンもBパターンも「獲らぬ狸の皮算用」です。

「※最初から30万の売上が経つのか不明ですし」とあるように、ポンと作った会社に仕事をくれる奇特な会社も人もいません。それに会社を作っても誰にも知られていないわけですから、仕事が来るはずがありません。

起業をする前に長年付き合いのあった会社だとか人脈がたくさんあって、そうしたコネをベースにして仕事が出来ればまだいいのですが、それが無ければポンと作った会社に仕事をくれる会社も人もいませんよ。

私はかつて仲間5人と資本金1千8百万円の会社(製造業)を興したことがありますが、仕事が入ったのは半年後で、しかもそれ以前からお付き合いがあった会社からです…こりゃぁダメだと判断して1年でその会社は清算しました。

参考までに仕事を取ろうとビラやチラシを1万枚配っても、釣れるのは1件ほどの勝率です。俗にセンミツ(千3つ)と言われますが、1千のPRで3つの仕事を取れるのは奇跡です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の地域では需要はあり競業は少ない業種でなのですが、基本1人でテレクリや飛び込みで一件ずつ仕事得るような仕事です。
前職で広告営業を5年ほどしていて成績も良かったので、自分の営業力には少し自信はありますが、本当にどこまで通用するかは不明です。

なので最初は融資を受けず、アルバイトしながらコツコツ仕事増やしていこうと思っていました。

何が1番いいのか、悩みます。。。

個人的には利子がもったいないし、借金せずにあるお金でできることからコツコツ始めようとは思うのですが。。。

お礼日時:2017/04/20 18:05

正しいとか正しくない以前にガバガバすぎ。


お金借りて今すぐ起業できるって人だったら、最初から30万の売上が立つのか立たないのかは解ってるはずですよ。
とても融資が受けられる事業計画ができてるとは思えないのですが……
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。。。

初月から売上は立たないんですよ。。。
本当に小さな個人事業で、1人で営業しながら一件ずつ仕事増やしながら始める予定です。
なので最初は融資は考えてなかったんです。。。アルバイトしながら少しずつ仕事増やしていこうかなと。
ただ日々の生活を早く安定させる事を考えると、融資使うのも1つなのかな?と思い始めて、計算してみました。

もしそうなると、いつから始めるって決めて、そこまで目標件数立てて、営業かけなきゃと思うのですが、そうするとまた営業かける運転資金も必要だな〜と思ってきたり。。。

こういうの、どこで相談したらいいのでしょうか。。。

お礼日時:2017/04/20 17:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q6月中旬から起業予定。でも収入は12月までで30万以下かな。

6~12月末までで、トータル30万いくかいかないか・・・。
という計算です。

9月くらいに新しいパソコンを買ったら経費としていれるつもりですが、
そうなると、見込み収入は今年度もしかしたらないかもしれません。

そうした場合でも
6月の開業前までに、開業届けをださなければいかえませんか?

ある程度見込みがみえてくる来年度に開業届けをだしてもいいのでしょうか??

Aベストアンサー

#1です。一部間違えましたので訂正します。ごめんなさい。

>課税所得額がゼロになり、15,000円が還付されます…

ちょっと勘違いしましたが、収支がとんとんのときは、消費税の還付などありません。還付は赤字になったときのみです。

30万円の収入で、仕入れと経費が 20万円、ほかにパソコンを 25万円で買ったとしましょうか。
差引して、消費税を計算する上での課税所得額は、「マイナス 15万円」となります。この赤字額に対する消費税分 7,500円が還付されます。

パソコンに限らず、自動車や店舗の新築、改装、事務所の備品などなど、開業初年度は多額の設備投資で赤字が避けられません。
節税の知恵として知っておかれるとよいと思います。

Q20代前半で起業して月収20万円から30万円

程度で気楽にやろうかと思っています。

整骨院経営、整体院、リラクゼーションボディケア系統

もしくはパソコン関係、学習塾関係、デイバリー風俗関係などで考えています。

一体どんなかんじの業種が一番経費が安くて気楽にできるのでしょうか?

起業して気楽に自分の仕事がしたいんです。

Aベストアンサー

 難しいでしょうねー。整骨院経営でも整体院でも学習塾でも、初期投資と運転資金がいりますからね。初期投資というのは開業するために最初にいる費用で、おそらく数百万円はかかるでしょう。運転資金は、その事業の運営を続けていくために必要な費用で、家賃をはじめ従業員の給料やら光熱費やら…さまざまなお金が常に必要になります。

 それに、お店を開いてもすぐに客がくるわけではなく、仮にうまく行っても最初の数ヶ月は売り上げがほとんどない状態が続き、その間の運転資金は自分で工面しないといけません。ですから1千万円近い軍資金を用意しておかないと、こうした起業はできません。

 それに、たいていはお客が集まらず、売上が少なくて半年もすれば頓挫し、借金ばかりが残ります。整骨院経営や学習塾を開いても競争相手がいっぱいいて、あなたのお店を目当てに客が来る理由がないからです。

 もし気軽に起業して失敗してもダメージが少ない仕事なら、たとえば雑誌のライターのように手元資金がなくてもすぐに始められる仕事でしょうね。ですが気軽に出来る代わりに誰でも気軽に参入してくることになります。

 難しいでしょうねー。整骨院経営でも整体院でも学習塾でも、初期投資と運転資金がいりますからね。初期投資というのは開業するために最初にいる費用で、おそらく数百万円はかかるでしょう。運転資金は、その事業の運営を続けていくために必要な費用で、家賃をはじめ従業員の給料やら光熱費やら…さまざまなお金が常に必要になります。

 それに、お店を開いてもすぐに客がくるわけではなく、仮にうまく行っても最初の数ヶ月は売り上げがほとんどない状態が続き、その間の運転資金は自分で工面しないといけません...続きを読む

Q資金5万円。インターネットで儲けるにはどうすればいいでしょうか?

タイトル通りです。
アフィリエイトは徹底的にやりましたが
大きな儲けにはなりませんでした。
有料でもいいので5万円以内でなんとかならないでしょうか?

Aベストアンサー

すぐに思い付くのはネット証券で株式を売買することです。売買手数料無料の株式(1日に20万以下とか銘柄によっては売買出来ない等の条件が有ります)を根気良く売買して利益を再投資していけば5万が50万、500万になることも可能です。
逆にゼロになる危険もありますので注意して下さい。

Q1円で起業したいのに登記するのに30万もかかるのですか?

起業しようと思ったのですがネットで調べるとなんだかんだで登記するのに30万円かかると書いていました。実際そうなんでしょうか?その内訳は何にいくらかかるのですか?また、安く登記するのにはどうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

ご存知でしょうが、絶対にかかる費用があります
1、公証人役場に支払う定款認証費用
2、金融機関に支払う出資金払込み委託手数料
3、登記所(法務局)に支払う登録免許税
株式会社の場合
1、にかかる費用内訳
定款認証費用
収入印紙代    4万円
定款認証手数料  51,900円
謄本手数料    1枚250円×枚数
定款が5枚だった場合は1,250円
電子定款だと印紙の費用はかかりません。
但し、作成するのにソフトが必要、Adobe Acrobat(リーダーではないです)等 
http://www.e-sopia.co.jp/dennsiteikann.html
2、にかかる費用内訳
出資金払込み委託手数料
金融機関に支払う委託手数料は出資金が1,000万円の場合で2万5,000円になります(一般的には出資金の0.25%)。金融機関によってまちまちで、最低金額が決まっている場合があります)。
3、にかかる費用内訳
登録免許税
出資金の1,000分の7。ただし、最低額は株式会社の場合だと15万円になります。
謄本、印鑑証明などの費用で1500円くらい
登記手続き(金融機関の手数料を除くと)だけですと20万強といったところだと思います。
登記は登記所に登記相談窓口がありますので、わからないときはそこで聞きながらやるといいです、結構丁寧に教えてくれます。

ご存知でしょうが、絶対にかかる費用があります
1、公証人役場に支払う定款認証費用
2、金融機関に支払う出資金払込み委託手数料
3、登記所(法務局)に支払う登録免許税
株式会社の場合
1、にかかる費用内訳
定款認証費用
収入印紙代    4万円
定款認証手数料  51,900円
謄本手数料    1枚250円×枚数
定款が5枚だった場合は1,250円
電子定款だと印紙の費用はかかりません。
但し、作成するのにソフトが必要、Adobe Acrobat(リーダーではないです)等 
http://www.e-...続きを読む

Q女性・中高年起業家資金の場合

担保及び保証人が必要とのことですが、特例はないでしょうか・・・?私はこの資金を利用したかったのですが担保も保証人該当者もなく断念するしかないのでは・・・と途方にくれています。この制度以外で担保も保証人も不要の融資制度はありませんでしょうか?自己資金もまとまった額が無い状況です。厳しいアドバイスを覚悟で回答お待ちしています。

Aベストアンサー

 自営業 男ですが、
 新規開業の場合、私の知る限りでは、
継続して所得があり、同業又は同職種(経験を生かせる開業)であれば、国金などにて借りる方法があります(私はその融資制度を利用した・新規開業資金とか)。ですが、金額は500万ぐらいが限度だったような・・・
 前年度まで継続した所得(収入ではありません)がなかった場合(主婦されてたとかパートで103万以下とか)は、思いつきませんね。
 私の経験上 税金を払ってない人は、一切融資が受けられない ということを身をもって感じております。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報