最近出版された、福山雅治の大きな(新聞紙大)写真集があると聞いて、大阪では何処に売っているんでしょうか?
おいくらでしょうか?
教えて下さい、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

書店では発売されず、27日に発売されたアルバムを購入した人に抽選で


当たるそうです。

参考URL:http://nikkan.cab.infoweb.ne.jp/news/entert/p-et …
    • good
    • 0

福山雅治さんのB2ポスターサイズ超大型写真集(縦74cm×横53cm)は、販売はされていません。


「acoustic live bestelection “Live Fukuyamania”」の初回プレス盤に封入されている応募券で申し込んだ人に抽選で当たる(100名)のだそうです。

参考URL:http://www.c2m-jp.com/site/fukuyama/index.htm
    • good
    • 0

あれは売っていません。


アルバムを買って、応募して人の中から抽選であたります。
完全限定非売品です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q某自費出版会社の「出版実現プログラム」とは?

知人の年配のご婦人が、新聞広告を見て、自分で書きとめていた文章(A4で20枚弱)を送ったところ、出版社の営業さんがやってきて、即時契約となりました。
費用は30万で、100部印刷し、20部は著者の手元に渡り、あとはインターネットで販売するそうです。
この出版社に関しあまり良い評判は聞かないため、知人には思いとどまって欲しいのですが、何かこの件に関しまして情報をお持ちの方がいらしゃいましたら御願いします。

Aベストアンサー

あぁ、気になって眠れない。
愛子様の大好きな絵本を作った出版社です。
出版社は嘘は、ついていません。騙してはいません。
自社のシステム「出版実現プログラム」を説明しただけです。

出版の相場、他社との比較を示してくれるとは限りません。

>「30万以上は絶対出さない」と言い切っていますが、本当にそれで済むのか、

済むと思います。

>最悪また次回作などとカモになってしまうのではないかという懸念もあり・・。

次回作も作りませんか等、アンケート書類は度々、届きます。
ご婦人の本を参考に、他者の出版を勧誘する材料にはなるでしょう。出版社の実績ですから。

>契約書には料金には一切触れず、キャンセル、違約金なる文言もありませんでした。

それなら、キャンセル出来る可能性があるかもしれません。

共同出版(商業用)契約になるので、目的の自費出版に切り替えて貰って、30万円以内で何冊作れるか?20冊だけなら値段はいくらか?を、検討して貰ってください。出来ない場合は、そういう、システムの会社と判断してください。

「出版業界全般について」と、「出版会社のシステム」は違うのです。勘違い、素人とプロの間でありがちなトラブルの元です。

ご納得で20冊=30万、本を作るなら。
出版をする説明を致します。
本の後ろの方に、奥付というページがあります。これは大事な所です。
(1)希望により自分の住所などが入れられます。
(2)発行日の記入。人生の記念の出版です。発行日は、希望できます。思い出の日にち、ご自分の誕生日などに、なさってください。
(3)色々な打ち合わせ手続きは郵送ではなく、担当者と顔を合わせて。
これくらいしか、アドバイスが出来ません。

熱心に、原稿をほめてくださったり、広めましょうと言ってくださいますが、契約後、本の製作に入ったら、担当者が変わります。製作、販売、広報、相談窓口、10人前後の方が控えています。大きな会社ですから。当然です。
本が手元に届いたら、その後は、特に、打ち合わせはありません。
自分で問い合わせれば、後は、在庫状況など、教えてくれます。

ちなみに、私の場合、在庫と出荷、返品数を、計算したら、製作部数と、おかしな数字になりました。(計算を間違えたのでしょうか?)

あぁ、気になって眠れない。
愛子様の大好きな絵本を作った出版社です。
出版社は嘘は、ついていません。騙してはいません。
自社のシステム「出版実現プログラム」を説明しただけです。

出版の相場、他社との比較を示してくれるとは限りません。

>「30万以上は絶対出さない」と言い切っていますが、本当にそれで済むのか、

済むと思います。

>最悪また次回作などとカモになってしまうのではないかという懸念もあり・・。

次回作も作りませんか等、アンケート書類は度々、届きます。
ご婦人...続きを読む

Q1918年出版の和書の入手法

1918年出版の和書を探しています。国内の大学でも20くらいしか持っていません。古本ネットで探すと、1970年代に改編されたものばかりがかかります。

川村多実二「日本淡水生物学」(上・下)裳華房 1918年

数万円でも是非ほしいと思っています。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんばんは。

お探しの資料は中々入手困難なようですね。しかも、調べた範囲では、それ以降出た版違いもすでに入手困難なようです↓。
http://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Kihon_result?p_shomei=%93%FA%96%7B%92W%90%85%90%B6%95%A8%8Aw&p_chosya=&p_gyou=50&p_shomei_option=2&p_chosya_option=2

大学図書館で原本所蔵は全国で36大学だけですね。

どうしても初版入手にこだわれるようでしたら、オーソドックスですが、日本の古本屋サイトの探求書にする↓
http://www.kosho.or.jp/servlet/tankyu.ksT001

あるいは、楽天、ヤフーなどにWantedをかけるしかないのではないでしょうか。

また、古書店連盟が古書展を毎年決まった時期に行っていて、業界(大学図書館など)を相手にしたもので、主にレアブックばかりですが、大正7年刊となると場合によっては貴重なものとして取り扱いがあるかもしれません。最も近くで行われるのは「七夕古本市」ですね。

ご参考まで。

こんばんは。

お探しの資料は中々入手困難なようですね。しかも、調べた範囲では、それ以降出た版違いもすでに入手困難なようです↓。
http://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Kihon_result?p_shomei=%93%FA%96%7B%92W%90%85%90%B6%95%A8%8Aw&p_chosya=&p_gyou=50&p_shomei_option=2&p_chosya_option=2

大学図書館で原本所蔵は全国で36大学だけですね。

どうしても初版入手にこだわれるようでしたら、オーソドックスですが、日本の古本屋サイトの探求書にする↓
http://www.kosho.or.jp/servlet/ta...続きを読む

Q本を出版するには?

今私は、本を出版しようかと考えています。
(精神的に落ち込んでいる若い方たちを立ち直らせたい為、自分の経験を元にその方法をアドバイスしたいということと、一生に一度の人生なので自分が言いたい事を伝えたいと思いました)

しかし、本を出版するにはどのような事をすれば良いのか分かりません。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。私の友達が本を出版しました。詳しいことは良く分かりませんが、その出版社のHPを見てみたらどうでしょうか?

参考URL:http://www.shinpusha.co.jp/

Q本の書き方 出版のしかた

これから自伝的小説を書こうと思います。
そこで質問なんですが、書くとき何かポイントや注意することってありませんか?
また、書いて出版社に持ち込んでもよっぽど良い作品でなければ無理ですよね?

よく芸人などが本を出してますが、あれは芸能人だから簡単(?)に出せるんですか?

Aベストアンサー

出版にはいくつかの形態があります。
 1.自費出版
 2.共同(協力)出版
 3.商業出版
この内、一般書店で流通し、背表紙にISBNコードがあるものは2.と3.です。
evilsofwarさんがおっしゃっている芸人さんが出しているような本や有名作家の本は3.にあたります。
2.はNo.1さんが説明されているように、出版社とお金を出し合って出版する形態で、ごくわずかですが売れ行き次第でここから作家になる人もいます(何年に一人という確率ですが)。
2.での出版は大方の原稿であれば出版してもらえますが、自伝的小説ですよね?
あまりにも小説というより自伝に近いものだと、無名の著者の場合、2.にしてもらえず、1.の自費出版でしか本にしてもらえない可能性があります(出版社も売れる可能性を考えて、判断します)。

書く際のポイントとしては、完全な創作ではなく自伝的小説であれば、自分の経験や体験をもとに書かれるでしょうから、自分以外の人やできごとに気を配る必要があるでしょう。つまり、個人を特定できる書き方をすると、プライバシーの侵害や、場合によっては名誉毀損で訴えられる可能性があります。
が、これらは2.や3.であれば担当の編集者が原稿を読んだ際にチェックが入るでしょう。
内容のチェックに関しては、3.がもっとも厳しく(著者の意に染まない変更を余儀なくされることもあります)、2.では少しゆるくなり、1.ではもっともゆるくなります。
これは、出版社が自社の名前を出して出版する以上、発行後で何か問題があった場合の危険を避けるためなので、出版に関わる費用を出版社が全額負担する3.がもっとも厳しく、ほとんど世間に流通しない1.がもっともゆるくなる(つまり、責任は著者に任される)のです。

自伝的であれ完全な創作であれ、無名の人が本を出すことは難しいです。
実際、書店に並ぶ本を考えると著名な人のものが目立つ位置に平積みにされ、無名の作家のものは目立たないままほこりをかぶっていることが多いことから察せられると思います。
有名作家でなくても、芸能人やテレビなどで顔が売れている著名人であれば、簡単なんですけどね・・・。
がんばってください。

出版にはいくつかの形態があります。
 1.自費出版
 2.共同(協力)出版
 3.商業出版
この内、一般書店で流通し、背表紙にISBNコードがあるものは2.と3.です。
evilsofwarさんがおっしゃっている芸人さんが出しているような本や有名作家の本は3.にあたります。
2.はNo.1さんが説明されているように、出版社とお金を出し合って出版する形態で、ごくわずかですが売れ行き次第でここから作家になる人もいます(何年に一人という確率ですが)。
2.での出版は大方の原稿であれば出版して...続きを読む

Q共同(自費)出版について

出版社から共同出版か自費出版を勧められたらどうしたらいいでしょう?あまりにもリスクが大きすぎるような気がして、どうも乗る気がしない・・ かといって断るとチャンスを逃すような気もするし・・

共同、自費ともに内容がよければ"当たる"ものなんでしょうか?過去にそういった作品でヒットしたものってあるんでしょうか。質問ばかりですが皆さんの意見待ってます。

Aベストアンサー

 出版社も不況で仕事がないですからね、お金を持っていそうな人に自費出版を勧めるのでしょう。それで大概は売れない。

 売れるか売れないか確かめるには、ネット上で公表すればいいでしょう。出版物の一部か全部かをホームページにして誰でも見られるようにすれば、結果がわかります。
 タダなら誰でも抵抗なく見てくれますからね。それで十分なアクセス数があったなら、本にしても売れる見込みがあるわけです。
 実際、ホームページと同じ内容を本にしただけという出版物も最近は多いです。十分なアクセス数があり、話題を呼んだなら、大手出版社が向こうから声を掛けてくれるかもしれません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報