貰い物で、紫色の透明の石鹼です。Toi って石鹼に彫ってあります。掌にのります。台形というか宝石みたいな形をしています。
これっていくらぐらいで顔を洗っても大丈夫ですか?

A 回答 (2件)

http://www.chanson.co.jp/product/body_hair/toi.h …

トワ ボディソープだと思います。
ボディソープですが、使ってみて違和感が無ければ洗顔に使ってもいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。それです。ありがとうございます。

お礼日時:2017/04/21 10:18

資生堂のホネケーキという石鹸じゃないですかね??


検索すれば出てくるので見てみてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2017/04/21 10:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q紫色の石

お土産に紫色の石をもらったのですが、なんという名前か分かりません。
くれた人は、単にきれいだったからということで、特に名前を気にせずに買ってきてくれたようです。

透明ではないので、アメジストではないと思います。
ところどころに、一筋の白いマーブル模様のようなものが入っています。

なんといういしかお分かりでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

しまめのうの可能性が高いと思います

Q【なぜ玄昌石を玄関のタイルに使用するのでしょうか?】 玄昌石の特徴 ・粘板岩の一種ですから、石自体

【なぜ玄昌石を玄関のタイルに使用するのでしょうか?】

玄昌石の特徴
・粘板岩の一種ですから、石自体が剥離することがあります。

・雲母ほど薄いわけではありませんが、薄くスライスした感じで割れ易いです。

・ヒトが頻繁に通るところでは、ちゃんと施工をしても、施工不良の際のタイルのように浮きやすくなります。

このどこに玄昌石を玄関に使うメリットがあるのでしょうか?

あと玄昌石って硯ですよね?

靴底とか真っ黒になるってことですよね?

Aベストアンサー

硯自体は手で触っても黒くなりません(笑)

見た目のゴージャスさでしょうね。
また質問者さんのように玄昌石について知識を持つ人が玄昌石を用いた玄関を利用した時に、「手間がかかるのに大変だなぁ・・・こういうところに手間を掛けるって、やっぱお金持ち?」なんて思ってもらえるだけでも玄昌石を用いて正解ですね。

Qこの石は何の石?

実家の押し入れから出てきました。
昨年亡くなった父が若い頃(30年以上前)に、新潟のどこか?から拾ってきたようです。

この石は何の石で、貴重なものなんですかね?

有識者のかた、ご教示ください!

Aベストアンサー

私も「赤色チャート」に一票。

お父様が拾ってきた場所が、新潟県とのことなので、
ひょっとすると日本三大銘石のひとつ「佐渡赤玉石」かもしれません。
(他の2つは、兵庫県神戸の本御影石と鳥取県佐治川の真黒石)

庭石に使う石ですので、写真のサイズでは価値はほとんどないでしょう。
しかし現在は採取禁止となっているようなので、希少価値はあります。
水石(すいせき)や盆庭(ぼんてい)として使えませんかね?

参考URL:http://www.geocities.jp/ic_a/value.html

Qハワイの溶岩石と日本の溶岩石

ハワイ島の海外にほど近いアンキアリン・プール(ポンド)と呼ばれる場所があるようなのですが、
参照url:ttp://www.fukubonsai.com/M-L2b1a.html
そこの溶岩の裂け目(地下水脈)に生息しているエビを飼育するため性質的に近い溶岩石を探しています。
日本で一般入手可能でそれらに近い溶岩石はどこのものに当てはまるのでしょうか・・。ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

玄武岩質ですね。
鹿児島県馬毛島 香川県屋島 あたりが近いかな。
三原山も噴火形態は近いですね。
玄武岩を使うのはどうでしょうか。
勝手に採集すると盗掘で検挙されるので許可をとりましょう。

Q火打石って何の種類の石なのですか?

街を歩いているときに火打石が売っているのを見かけました。

火打石って何の種類の石なのですか?

Aベストアンサー

火打石は火起こしの一つの手段で マッチが発売される時期まで日常的に販売されていました。こちらでは終戦当時まで町へ販売に行った人もお見えです。
石の種類はみなさんの回答の通りです。(メノウが一般的です)
もし 石を拾いたいならば 小字名で火打ち・燧とつく場所で見つかります。
三重県でも土砂災害の時1300年ぶり(古事記記載済)見つかったそうです。
現在は通信販売もされていますので 非常時には役にたちます。
京都では「伏見稲荷大社」参道の土産物店や,神社用品を取り扱っている「井筒」で入手できます
「伊勢公一商店」で,通信販売が可能です。登録商標が「吉井本家」です
家庭では,火打箱の中の「火口」に向かって,下向けに火花を飛ばしました。利き手に「火打金」を持ち,「火打金」から火花が出ていることを思い描いて叩くように擦ります。つまり,鉄を削り落とすようにします。これを意識するだけで,とても火花が出やすくなります。また,屋外で点火する場合は,「火打石」の上に「火口」をあてがい,「火打金」を叩きつけました。これは,指の中で点火するので,生徒実験にはお勧めできません。通常は,火花を机上に置いた容器の中の「火口」へ落とす方がいいでしょう。暗い中でやると,飛んだ火花がきれいに見えます。

銭形平次などで,出かけるときにカチカチする「切り火」は(送り火といって安全祈願の儀式です),利き手に「火打石」を持って,前に向かって火花を飛ばします。玄関に「火口」があることは考えられませんから,火事になる心配はありません。

火打石は火起こしの一つの手段で マッチが発売される時期まで日常的に販売されていました。こちらでは終戦当時まで町へ販売に行った人もお見えです。
石の種類はみなさんの回答の通りです。(メノウが一般的です)
もし 石を拾いたいならば 小字名で火打ち・燧とつく場所で見つかります。
三重県でも土砂災害の時1300年ぶり(古事記記載済)見つかったそうです。
現在は通信販売もされていますので 非常時には役にたちます。
京都では「伏見稲荷大社」参道の土産物店や,神社用品を取り扱っている「井筒」で...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報