児童手当について教えて下さい。

児童手当には所得制限などあるみたいなのですが、
まだ申請したことがないので良くわかりません。
次の申請が初めてになるのですが、
5人家族で収入があるのは旦那だけです。
扶養が4人になります。
子供は0歳の子が一人います。
年収が約700万位なんですが、この場合はいくら貰えるんでしょうか?

また、受給される場合は収入のある旦那に振り込まれるそうですが、、自分の通帳にしてもらうことはできないのでしょうか?

宜しくお願いします

A 回答 (1件)

以下参考に。



http://jidouteate.com/sinjidouteate1/syotoku.html

この手の情報は「児童手当」といった簡単なキーワードで検索すると様々な情報が得られます。
また、最も確実なのはお住いの市町村の役場の窓口へ行って相談されることです。

参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q児童手当について教えて下さい。 児童手当には所得制限などあるみたいなのですが、 まだ申請したことがな

児童手当について教えて下さい。

児童手当には所得制限などあるみたいなのですが、
まだ申請したことがないので良くわかりません。
次の申請が初めてになるのですが、
5人家族で収入があるのは旦那だけです。
扶養が4人になります。
子供は0歳の子が一人います。
年収が約700万位なんですが、この場合はいくら貰えるんでしょうか?

また、受給される場合は収入のある旦那に振り込まれるそうですが、、自分の通帳にしてもらうことはできないのでしょうか?

宜しくお願いします

Aベストアンサー

ファイナンシャルプランニング技能士です。

>年収が約700万位なんですが、この場合はいくら貰えるんでしょうか?
ご主人の場合、所得制限にはかかりません。
15000円/月もらえます。
申請した翌月分から4か月分(最初は4か月分にならないこともあるでしょう)まとめて、6月、10月、2月に支給されます。

>受給される場合は収入のある旦那に振り込まれるそうですが、、自分の通帳にしてもらうことはできないのでしょうか?
原則、それはできません。
単身赴任ならできるという回答ありますができません。
その場合でも、父親口座です。
「父母指定届」というのは、両親とも海外に居住している場合に、代わりに祖父母などを父母として指定し、その祖父母の口座に振り込めるという届です。

収入が少ない母親の口座に振り込めることがありますが、それは「離婚前提」で「別居」している場合、もしくは父親が」「海外赴任」している場合です。
なお、児童手当は国の制度なので、自治体によって内容が違うことはありません。

Q児童扶養手当の支給金額

小生が死んだときの妻と娘(1人)の今後の生活のため、
民間の生命保険(収入保証保険)の加入を検討しており、
その際、保険の加入金額によって児童扶養手当の支給額に影響があるのか教えてください。

例えば越谷市(他市でもほぼ同じかと思いますが)の場合、

http://www.city.koshigaya.saitama.jp/kurashi/kosodate/hitori/zidoufuyouteate.html

扶養人数が娘1人の場合、一部支給の所得限度額が年230万ですが、
保険に入っていない場合、
遺族(基礎と厚生)年金で年140万あまり受給でき児童扶養手当が一部支給されるかと思いますが、
更に児童扶養手当は収入保証保険に年90万(保険金額は100万ですが内10万は雑所得控除)以内保証される場合、
減額はされるものの一部支給されるのでしょうか。

その他に収入(妻が働くなど)が無いことが前提です。

Aベストアンサー

>遺族(基礎と厚生)年金で年140万あまり受給でき児童扶養手当が一部支給されるかと思いますが…
いいえ。
児童扶養手当は支給されません。
年金を受給すれば(受給できる資格がある場合も含め)、手当を受給することはできません。
この手当は、主に離婚した母もしくは父、未婚の母もしくは父のためにあるものです。

この手当は国の制度なのでどこでも同じです。
越谷市のHPで「次のような場合は手当が受けられません」というところにも、記載がありますのでご確認ください。

Q児童扶養手当の所得の制限

児童扶養手当の所得の制限がわからないのですが・・・扶養親族等の数はなんですか??
あたしは子供二人を扶養してます。0人というのはどういう意味ですか慰謝料ももらってなく給料だけでやりくりしてます。孤児等の養育者、配偶者、扶養義務者の所得制限限度額の意味も教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>扶養親族等の数はなんですか??
税金上の扶養にしている親族(主に子)の数です。
なお、それは”去年の状況”ですから、今年、離婚した場合、それまでは元夫が扶養にしていたでしょうから扶養親族は0人となります。
なお、去年離婚した場合でも、元夫が離婚までは扶養にしていたでしょうから、貴方が去年、お子さんを税金上の扶養にする手続きをしてなければ、扶養親族は0人ですね。

なお、扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があり別物です。

>0人というのはどういう意味ですか
前に書いたとおりです。

>孤児等の養育者、配偶者、扶養義務者の所得制限限度額の意味も教えてください。
「貴方と同居している親族(親・兄弟など)」の所得制限です。
民法上、親・兄弟は、互いに扶養する義務があるとされており、その人たちに一定額以上の所得があれば、その人に援助してもらいなさい、ということですね。
なお、同居していなければ、その人の所得制限は関係ありません。

Q家族、扶養手当について 旦那が年収280万円くらいで、私が働かなくなって子供ができたら 全ての当ては

家族、扶養手当について
旦那が年収280万円くらいで、私が働かなくなって子供ができたら
全ての当てはまる手当はいくらもらえますか?

Aベストアンサー

扶養手当というものは
会社の規定によります。

最近の会社ではあまりありませんね。

旦那さんの扶養扱いになれば
旦那さんの所得から配偶者控除で38万経費と認められそれに課税されるということになります。
微々たるものですね…

年収280って手取りですか?

Q「旦那にお小遣いをあげる」 って可笑しくないですか?? 旦那の稼ぎですよね? よっぽど旦那の金管理が

「旦那にお小遣いをあげる」
って可笑しくないですか??

旦那の稼ぎですよね?

よっぽど旦那の金管理が可笑しいのなら
妻がお金の管理してもいいと思うが。

Aベストアンサー

一寸待って下さい、これまでの回答は旦那の方が金管理を放棄(又は相談で)というシステムで、奥さんの言葉が問題、という形で進行していますが、私の場合は時代の差があるかも知れませんが、別のルールで進んで来ています。

給与振込みが急速に普及した頃、家を建てる必要があって、会社の金融と住宅金融公庫(当時)と貯金の三点で一杯一杯の契約に進んだのです。

私と妻の間には二点に分けての振込みと、一箇所だけの振込みは自由に選べるとあって、その点も相談のテーマに乗ったのでした。
結果は妻の生活費固定額で片側の口座、もう一つの口座で変動費の総枠を私が管理運用する、というものでした。

そのメリットは残業・出張などの予外収入があれば、夫の才覚として飲み代に回せる。デメリットは井戸端会議で近くの主婦に「そんな事して男は何するか判らないわよ」という言葉を吹き込まれる。
それで暫く経って金融の利息が減り、同時に預金金利も下がる、という時期を迎えて又二者対話を実施、小遣い固定額=給与総額連動、但し予外収入は別枠として小遣いに上積み、他の金とは連動しない。

という事になり、考えた結果は妻の要望でこれまでのシステム持続、となって現在に至っています。
既に定年退職して久しいのですが、年金支給が始まって再三質問が出て来ます。何故長期の仕組みで国が約束したものがそう簡単に上下するの?との疑問、もっともなんですが、私が政府の代弁をするのは如何に何でも精神衛生上宜しくない、又原点に戻って仕分け会議を開こうか、となりました。

その結果は年金の実支給額(天引き社会保険込み)を調べた妻が、矢張りこれまで通りで行きたい、との意見を先に出して来たので、よしそうしよう、となって現在に至りました。
たいした収入ではなくとも、私の持つ資格とキャリアで飛び飛びにでも小遣いのプラス位にはなる、という種類の金が井戸端会議の主婦論を少し抑えていた、という事かも知れません。

でも長い夫婦の間でどちらが楽か、という点で自分の管理嫌いから従来型を続ける、という妻の判断は正しかった、(細かい数字は省略)という事でまずまずの収まりで流れて来ました。
最後の問題はどちらが長生きするか、の点に絞られて来ています、戸建て住宅土地借財は無し、という事を見ると長生き競争では私が不利、しかし逆の見方では私の方が運よく長生きすれば、年金が減るとは言え満額受給出来る、面倒なあれこれが苦手な妻はそういう事をそっくり夫に一任して天国へ、これは大岡裁きである。

と話している所へ2人の娘がやって来て、資産の内容とその一覧はお母さんに渡しておけば、と余計な知恵を付けたので、はは~ん娘を味方にしようと企んだな、と直感し判ったわかつた、と二つ返事でオーケーを出して一件落着、あちこち可笑しいとお思いの諸氏は落語の応用だ、という私のサービストークを締めにする事をお許しください。決して他を笑おうとは思っていません、深刻にならない為の知恵は、私だけが実体験として持っているので、その点で裏切らなければいい、というだけの事なのです。

一寸待って下さい、これまでの回答は旦那の方が金管理を放棄(又は相談で)というシステムで、奥さんの言葉が問題、という形で進行していますが、私の場合は時代の差があるかも知れませんが、別のルールで進んで来ています。

給与振込みが急速に普及した頃、家を建てる必要があって、会社の金融と住宅金融公庫(当時)と貯金の三点で一杯一杯の契約に進んだのです。

私と妻の間には二点に分けての振込みと、一箇所だけの振込みは自由に選べるとあって、その点も相談のテーマに乗ったのでした。
結果は妻の生活費固定...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報