酒気帯びで2年間の免許取消の期間終了間際に、無免許で捕まりました。
仕事の関係で、無免許の2年間の間に40回ほど運転をしていることが、運転記録により判明しています。
検察に行ったところ、裁判になり実刑または、執行猶予または、罰金の処罰になると思いますが、裁判官の判断になるのでなんとも言えません。と言われました。
このような例で結果どうなるのか?
また、実刑を免れる手段はあるのでしょうか?
教えて頂けませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この内容は見る人が見たら個人を特定できますよね。


それを然るべき場所または人に出したら。。。
そういうリスクに気が回らないのでご質問に書かれているようなことをしてしまわれるのでしょう。きっと。

そもそもプロであり、様々な事例を見たり聞いたりしているであろう検察の方が「何とも言えない」と言われているのに、このような匿名の掲示板でどこかの誰かに質問されても、ご質問に書かれているだけの内容から「こういう理由でこうなるのが普通です」と答えられる人がいるとは思えません。
そこもまた見込みが甘く。。。(^^;

参考まで。
    • good
    • 0

えっ!反省しとらんのでっか???


>また、実刑を免れる手段はあるのでしょうか?
反省する意味で「実刑」受けた方がえぇと思いまっけど・・・
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酒気帯び運転で正式裁判 弁護士なしで判決を受けた方いらっしゃいますか?

本日裁判所から酒気帯び運転についての起訴状と弁護士選任についての回答書が送られてきました。
飲酒検知の数値が0.75と高かったため(自爆事故で発覚)正式裁判になると検事に言われました。
会社にも知られる事となり懲戒解雇、運転免許取り消し欠格2年を受けています。
警察でも検察でも正直にあるがままをお話しており反論する論点は何もありません。
弁護士にお願いする資力は今のところ300万円程はあるのですが今後の事を考えると私選は無理。
国選も無理となります。
全てを認めようと思いますので弁護士を選任せず裁判に臨みたいと思っています。
懲役が求刑されるのはわかっているのですが(前歴も処罰歴もありません)
実刑を受け入れることは正直避けたいと思っております。あまいですが執行猶予でありたいです。
このような事例で弁護士無しで本裁判を受けた方はいらっしゃいますか?
事前に裁判所へ情状酌量をお願いする方法などあるのでしょうか?
お教えください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

酒気帯び運転ですか 酒酔い運転ですか?
酒気帯び運転なら 懲役3年以下だから 弁護士なしでも裁判はできますよ
なお、国選弁護人が選任されたとしても 資力があると分かれば本人に請求されます。(犯罪を犯した人が資力があるのに国の費用(=我々の税金)で弁護士をつけるなんて 通用しません。)

Q刑事裁判判決で保釈中に実刑判決が出た場合、即収監?

刑事事件の第1審の地方裁判所の判決になります。

被告人は保釈中です。

ここで実刑判決が出た場合は裁判所の、その場で拘置所等に収監されるのでしょうか?

うる覚え覚えの知識ですが・・・
(1)
即時抗告をすれば、収監されず、保釈のまま高等裁判所に移るという覚えがありました。

そのあたりの、刑事訴訟法や刑事訴訟規則等、その他の法律での決まりのご教示とURL等を頂きたいです。

(2)
また、第一審中での保釈金を一度、被告人に返納され、再度、裁判所が決定した保釈金を納付する、
そして、高等裁判所での裁判に保釈中で進行していく、といったこともあるかと覚えがあるのですが・・・

宜しく、ご教示お願いいたします。
法の何条でどう決まりがあるか、教示頂ければ幸いです。

また、不明や質問に不備がありましたら、追記させて頂きます。

ただ、傍聴で見ると、保釈中の裁判では被告人の横に刑務官は付きません、
勾留中ですと刑務官はつきます・・・

Aベストアンサー

【お礼を読んで 2】
○保釈の許可率は17%位かと思いましたが、低い率ですね。

確かに。昔は5割を超えていたこともあるんですがね。それと、都道府県によっておそろしく差があるようです。こんなことを書くと、低い方に揃えろということをいう人が必ずいます。しかし、保釈率はもっともっと上げていかなければいけない。

○日本は起訴前 勾留期間が最大20日と他の諸国の1~5日程度と比べて、長すぎかと?事件解明のためには仕方ないのでしょうか。

日本のやり方の慣れきってしまうと、変に思わなくなるのですが、お隣の韓国の身体拘束の状況など聞くとカルチャーショックを受けますね。
もっとも、日本の今のようなやり方がこの先長く続くとも思わないです。
昔弁護した中国の人が、日本の長い裁判について、「どれだけ裁判に時間がかかるんですか。中国なら、スパイ罪で捕まっても、○週間もあれば銃殺まで行きます。」とか言われたことがあり、妙に納得したことがあります。

○実刑を受ける人は拘置所での勾留期間が満期、未決拘留日数に算入される、ということがありますが、執行猶予判決になった人には利点がないですね。

執行猶予の場合は未決勾留日数の裁量通算を行わないという慣行らしきものはあるのですが、そうする根拠は乏しいのです。最近の裁判官には、未決算入をした上で執行猶予にしてくれる方もいらっしゃるようです。

○しかし、検察の嫌がらせで満期20日勾留で不起訴・釈放はやめて頂きたいですね。20日間も仕事を休んだら解雇されてしまいます・・・

そうなんですが、不起訴なら良しとしましょう。解雇されるのには1週間で十分でしょう。

【お礼を読んで 2】
○保釈の許可率は17%位かと思いましたが、低い率ですね。

確かに。昔は5割を超えていたこともあるんですがね。それと、都道府県によっておそろしく差があるようです。こんなことを書くと、低い方に揃えろということをいう人が必ずいます。しかし、保釈率はもっともっと上げていかなければいけない。

○日本は起訴前 勾留期間が最大20日と他の諸国の1~5日程度と比べて、長すぎかと?事件解明のためには仕方ないのでしょうか。

日本のやり方の慣れきってしまうと、変に思わなくな...続きを読む

Q質問しつれいします。 前科って逮捕されたらつくのですか? それとも裁判して実刑がついたらつくのです

質問しつれいします。

前科って逮捕されたらつくのですか?
それとも裁判して実刑がついたらつくのですか?執行猶予でも前科ですか?

Aベストアンサー

1番目の回答者です。補足です。

http://vict-keiji.com/qa12/

ここにありますが、

>前科には、『法律上の前科』と『事実上の前科』というふたつの意味があります。
>刑事事件の判決で前科が付くと、本籍地の地方自治体が管理する犯罪人名簿に記載が行われます。
>これが法律上の前科です。
>執行猶予判決を下された場合は、執行猶予期間を問題なく過ごせば懲役刑の言い渡しが効力を失うため、前科はなくなります。
>法律上の前科は前述のとおりなくなる場合がありますが、過去に刑事事件で有罪判決を受けたという歴史的事実は残り、消えることはありません。
>日常用語として用いられる『前科』というのは、こちらを指しています。

Q地方裁判所⇒高等裁判所⇒最高裁判所で判決が変わることについて

ご存知の方がいたら教えてください。(法律には疎いズブの素人です)
同じ案件でも、地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所で異なる判決が出ていますよね。
これに非常に違和感を感じています。地方裁判所で有罪となっても例えば最高裁で無罪になることもあります。本当は無罪であるにも関わらず地方裁判で終えてしまうと、有罪ということですよね?
これっておかしくないですか?端的に言うと、すべての案件を最高裁で審議すべきという考えです。もちろん、それには時間的にも物理的にも今のままだと不可能ということは理解しますが、本来のあるべき姿とはかけ離れているようなきがするのです。今のやり方だと法律弱者が出てしまうような気がしています。どうしてこんな制度になっているのか、教えていただけませんか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>すべての案件を最高裁で審議すべき

最高裁は事実認定をしません。
下級審の判断が法律にあっているかどうかだけを判断します。


>本当は無罪であるにも関わらず

日本の裁判の場合、起訴されると99.9%以上有罪です。
これは裁判所が黒と判断する以前に、検察が確実に有罪に持ち込める事件だけを
起訴しているからです。


>同じ案件でも、地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所で異なる判決

基本的には刑事事件では判決(有罪)は変わりません。
判決が変わった(有罪→無罪or無罪→有罪)場合に大きく報道されるだけです。

Q【国際裁判・IDS条約】IDS条約による国際裁判になった企業対国家の裁判事例を教えてください。 い

【国際裁判・IDS条約】IDS条約による国際裁判になった企業対国家の裁判事例を教えてください。

いまグローバル企業は巨大化して発展途上国だと1つの会社より国の資本規模が負けていて国が企業を訴える時代から国より企業の方が強くなって契約違反だと昔は企業は泣き寝入りでしたが現在はバックに国際裁判という先進国の後ろ盾を付けて発展途上国の横暴な企業イジメが出来なくなって途中から条件を変えようと昔は強制的に弱い弱者の企業は泣き寝入りだったが、先進国の後ろ盾を付けた今は発展途上国はグローバル企業に逆に訴えられる事例が増えているという。

どれくらい増えているのでしょう?

今は他国に対国と契約する場合に国が契約違反をすると違約金を支払うというIDS契約を結ぶという。

訴えられた国の事例を教えてください。

Aベストアンサー

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/investment/
投資家と国との間の紛争解決(ISDS)手続の概要(平成28年10月)(PDF)
「よくあげられる仲裁判例」はどうか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報