老犬で何か病気したりした場合お金がたくさんかかりますね。みなさんはいくらくらい支払ってきましたか?優しい回答お願いします。

A 回答 (1件)

犬には国犬健保険が無いので1回で数万円かかる時もあります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね。回答ありがとうございます。

お礼日時:2017/04/21 18:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老犬のこんな症状は病気でしょうか

15歳 認知症の老犬介護をしています。 ほぼ寝たきりですが、食欲はあります。

最近 こんな症状が出てきました。 
普段 右半身を下に横になった状態で寝ていますが 上半身<首>を背中までひねり、胸の辺りに顔を乗せている感じです。前足もずっと動かしています。
息が荒く唾液も出ているので間にタオルを挟んでます。喉もかなり渇くみたいです。 

起きている間中この体勢で 様子を見て体を反対<左下>にすると手足を激しくバタつかせますが 疲れているのでしょう、そのまま眠ってしまうことがあります。 眠らずその状態が長く続く時には元に戻してます(犬は内臓の関係で右下が楽で好むと聞いたことはあります。)  
ご飯を食べる時もこの姿勢です。
苦しそうで 見ていてつらいです。
これは認知症による症状の一つなのでしょうか? それともなにか病気なのでしょうか?
病気では無いとしたら、このまま放置するしかないのでしょうか。

かかりつけの先生からは 原因らしきお答えはいただけません。

皆様のお知恵をお借りしたいです。
よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

16歳の白柴系わんこを飼ってます。
いつもブログ村の高齢犬でいろいろ勉強させてもらっているのですが、
今まで見てきたわんちゃんたちの中にも 首が曲がりこむ子、そりかえる子、足が硬直気味な子
いらっしゃいました。
脳や神経的な症状なのかなとは思いますが、体年齢からくるものなのかもしれません。
マッサージとか鍼灸とか・・・。
筋肉の緊張を取ってあげる手段があればいいのですが、関節用のサプリ(プロモーション)とかじゃあ見当違いかしら。
温めたりするとどうかしら。
床ずれ防止マットは 楽天アイアンバロンのタフィがいいようです。

Q病気の老犬でもフィラリア予防は必要??

先日、愛犬のゴールデン・13歳が倒れ、検査の結果心不全でした
現在は毎日心臓の薬を飲んで、前ほどではないですが元気にしております。この調子で薬を調整していけば、しばらくは頑張ってくれるかという気もします。
ただ医師からは、年齢的にいつどうなっても・・・と言われています。
フィラリアは何年もかかる病気と聞きました。
昨年まではずっと予防してきましたが、このような状態でも予防したほうがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、フィラリアの薬は正確に言えば予防薬ではありません。
蚊に刺されることでフィラリアの感染子虫が体内に入るのですが、内服薬を投与することによって子虫を駆除することができます。そうなれば成虫の寄生を防げるのでフィラリア症の発症を抑えることができるのです。
予防薬というより駆除薬です。

フィラリアは蚊に刺されなければ感染しませんから、絶対に蚊に刺される心配がなければ薬を飲ませる必要はありません。
しかし、犬の場合は日常的に散歩に行きますし、よほどの高層ビルでなければ家の中にも蚊は入ってきます。
感染する可能性はすべての犬にあると言えます。

感染子虫は犬の身体に入ると徐々に成長して7ヶ月ほどで成虫になります。
フィラリアは何年もかかる・・というのは成虫が肺動脈につまるほど多数寄生するには何年もかかるという意味でしょうが、それほど多くの虫体でなくても右心房と右心室をまたいで寄生すれば急性症を起こして急死することがあります。

フィラリアの薬は通常ほとんど副作用はありません。
種類によってはコリー、シェトランドシープドッグ等に禁忌の薬もありますが、ゴールデンなら特に心配ないと思います。
日常生活がそれほど問題ないくらい元気なのでしたら、やはり飲ませてあげるべきではないでしょうか?
せっかく心臓の薬が効いて元気にしているのに、フィラリアに感染させては可哀想だと思います。

まず、フィラリアの薬は正確に言えば予防薬ではありません。
蚊に刺されることでフィラリアの感染子虫が体内に入るのですが、内服薬を投与することによって子虫を駆除することができます。そうなれば成虫の寄生を防げるのでフィラリア症の発症を抑えることができるのです。
予防薬というより駆除薬です。

フィラリアは蚊に刺されなければ感染しませんから、絶対に蚊に刺される心配がなければ薬を飲ませる必要はありません。
しかし、犬の場合は日常的に散歩に行きますし、よほどの高層ビルでなければ家の中...続きを読む

Q病気の老犬ですが、ご飯について・・

15年になるのですが、今は目が見えず、尿結石、心臓肥大の病気を持っています。たまに心臓の発作を起しもうダメかと思ったことも何回もあります。一日の殆どは私のベッドで眠っています。私の今までの人生の中で欠く事の出来ない存在でした。私の言葉も行動もよく理解し、また私も鳴き声一つで何を欲しているか分かります。今は耳も遠くなり名前を呼んでも気づかず、そんな時時の流れと言いようのない寂しさを感じます。餌ですが病気があるので、病院から買っていますが(泌尿器系の疾患のある犬の餌)それだけではどうしても食べません。お腹が空けば食べるかとほおっておくと鳴くばかりで少しは口をつけますが頑固に何日も食べず痩せてく一方です。少し他の餌を混ぜて食べさせていますが家の者は「先が長いわけじゃないから好きなものを食べさせたら・・」と言います。皆様はどうお考えになりますか?

Aベストアンサー

こんばんわ。お辛いですね。お気持ちよくわかります。

私も昨年末に15年連れ添ったビーグルを亡くしました。長年食欲の鬼の子でしたが、途中肥満の時期があって脂肪肝になり、これではいけないと8歳位の時にダイエットをさせて体重を元に戻した後は肝臓用の処方食のみの生活でした。何より食べることが好きな子でしたから、本人には相当我慢させたと思います。でも、長生きして欲しかったから、一切の間食はさせませんでした。おかげで肝臓の脂肪も落ち、検査数値も良くなりました。しかし加齢と共に心臓が弱り、発作も起こすし腹水も溜まるし心臓に起因して肺に水が溜まるしで、晩年2、3年は薬の加減の試行錯誤の連続でした。この辺りから、果物や野菜の茹でたものはちょっとだけあげていました。

心臓を悪くしてからは、獣医さんの良い指導の元、自分もちょっとした健康の変化を見過ごさずに細かく細かく薬を調節して、健康管理はうまく行ってました。食事は相変わらず病院食で、若い頃の様な底なしの食欲はなくなりましたが、ドライフードをお湯でふやかしたり(匂いが出るので嗜好性は多少上がるようです)、いちいち手に乗せて食べさせていました。
それが急に食事をしなくなり、嘔吐したので慌てて病院へ駆け込むとかなり重い腎不全を起こしていました。すい臓の数値も随分悪かったのでもしかしたら悪性腫瘍があるのかも、と。正直もう長くは持たないと言われ、それからは好きな物を食べさせてあげようと思いましたが、体に障らないものをと思いまずは白いゴハンをあげました。本人も、いつもは貰えない食べ物に喜んで食いつきは良かったのですが、二口三口で顔をそむけてしまいました。腎不全は嘔吐するのですが、それ以来食べたものはほぼ未消化のまま吐いてしまい、結局数日で何も食べなくなりました(途中、獣医さんから食事が摂れない子用の処方食を貰って食べさせましたが結果は同じです)ずっと点滴生活でしたが、その内水も自分では飲めなくなり、太い注射(針無し)で毎日数回、お水を流し飲ませていました。

獣医さんに「もう長くない」と言われたときは、「例え結果この子の残りの寿命がこれで半分に減ろうとも、この子が幸せに暮らせるなら」と迷いがなく、食事も多少変えましたし、本人が自分で歩きたがるので獣医さんから帰るときは軽い散歩がてら自宅まで歩いたりしました(最初の3日ほどですが) 獣医さんも「元気な腎不全だなぁ」て苦笑いしてました。結局、やはり自力で食べれなくなってからは早く、最初に病院に連れて行ってからたった2週間で逝ってしまいました。
でも、あの時獣医さんから家まで歩かせた判断は後悔していません。本人は尻尾を振って電柱の匂いを嗅ぎ、とても嬉しそうでした。何より散歩の大好きな子でしたから。

ただ、やはりその2週間は辛いものでした。今までは発作を起こしても腹水が溜まりだしても、獣医さんと綿密に相談して薬を調節してコントロールできていたのですから。そういう意味では、私は飼い犬の体調管理をしっかりコントロールしていると、自信を持っていました。それが、下痢をして血便になり、肺に水が溜まりだしてゼーゼーしたり、夜中に吐いたり、同じ部屋で一時も気が休まるときはありませんでした。夜中に何度も起きました。何をやっても解決はおろか、改善すらしない。悪くなる一方で、行き着く先は見えています。疲れ果ててパニックになり、獣医さんに泣きながら電話したこともありました。

貴女が迷う気持ち、とてもよくわかります。質問を拝見して、貴女が愛犬を本当に可愛がって大切にしているのも伝わってきます。体に負担がかかるのがコワイのも事実ですから、例えば白いゴハンとか(パンは塩分がきついです)根菜を茹でたもの、プリン、ヨーグルト等を試してみては如何でしょう。病院食もドライよりはウェットの方が嗜好性が良いし、メーカーを変えると味が変わるので、獣医さんに他のメーカーを扱ってないか聞いてみては如何でしょう。
うちの子は体調を崩してから全く食事を受け付けなくなるのがほぼ同時でした。食べたくとも受け付けないのが、見ていて本当に切なくなりました。獣医さんは患者さんの数だけ色んなケースを知っています。どんなものならあまり体に負担にならないか、こんな物を喜んで食べた、そういうアドバイスを頂けると思いますよ。色々相談してみては如何でしょうか。

長くなりましたが最後に。15年自信を持って育ててきても、最後だから、愛しているから迷うんです。誰でも迷います。
私事ですが、私は他の愛犬家の方がなんと言おうと、どうしようも無い究極の状況では飼い主には安楽死の選択をすべき時もあると思っていました。それは世界中でたった一人、その子を愛し育てた飼い主だけに与えられた義務と、愛情だと思ってます。今でもそれは変わりません。自分で食事はおろか、水も飲めない状態を点滴だけで生き長らえるのは自然に反していると、苦しい状態を長引かせるだけだと思っていました。でも、昔のように駆け回ることはおろか、しっかり立つことも難しくなるほど弱った体で、健気にもトイレの為によろよろとベランダへ出ていこうとする愛犬の姿を見て、真冬の夜中にベランダで泣き崩れました。この子はこんなに一生懸命生きているのに、私にそれを止める権利があるのだろうかと。今まで自分の考えに絶対の自信を持っていたのに、今まさにその瞬間に何も自分で決められなくなりました。翌朝、獣医さんと電話したとき「誰でも迷います、何頭看取っても、毎回迷い、同じケースは二つとないです」といわれました。それで落ち着くことができ、最期まできちんと看取ることができました。
貴女のワンコにはまだまだ先の話ですが、今の状況でも、そしてこの先も、貴女が迷った末出した答えには、間違いはないです。誰よりもワンコを愛し、理解している貴女の選んだ道なんですから。今、何か判断に迷うことがあっても、この先この時を思い出すことがあっても、それだけは忘れないで下さい。貴女の大切なワンコは、貴女に愛されて本当に幸せな一生を送っているんですから・・・。生意気なこと書いてすみません。ほんの少しでも、参考になる部分があれば幸いです。

こんばんわ。お辛いですね。お気持ちよくわかります。

私も昨年末に15年連れ添ったビーグルを亡くしました。長年食欲の鬼の子でしたが、途中肥満の時期があって脂肪肝になり、これではいけないと8歳位の時にダイエットをさせて体重を元に戻した後は肝臓用の処方食のみの生活でした。何より食べることが好きな子でしたから、本人には相当我慢させたと思います。でも、長生きして欲しかったから、一切の間食はさせませんでした。おかげで肝臓の脂肪も落ち、検査数値も良くなりました。しかし加齢と共に心臓が...続きを読む

Q老犬が病気で弱っていって・・・

シーズーのオス、11歳7ヶ月です。1ヶ月ほど前に、ゴハンを食べないときがあり、病院へ連れて行き、血液検査の結果、腎臓が悪いということがわかりました。あと、腸も炎症を起こしている可能性ことも後にわかり、毎日、皮下点滴と腸の薬を飲ませに病院通いをしています。

一時、元気になったので、皮下点滴は回数を減らしたのですが、また悪くなり、毎日しています。現在はこういった状態です。
(腸のほうは、具体的にどこが悪いということがわからないので、病院の紹介で今月末に専門医に診てもらう予定です。)

ですので、食欲にムラがあり、まったく何も食べない日があります。
食べるときでも、珍しいもの(新しいおやつ)しかたべてくれなくて、同じものが続くと食べません。

主治医ににわがままで、そうなったのかと相談しましたが、わがままがまったくないとは言えないが、病気で食べれないのだろうとのことでした。
おやつ類でも何でも、食べてくれるものを今は食べさせるように言われています。

おかゆを作ったりサツマイモをふやかしてあげたり、犬用のおやつ類もいろいろ試してみましたが、同じものが続くと食べてくれなくなり、種類がつきてきてしまいました。
わんこ自身も何か食べたいのに食べれないといった感じでかわいそうで・・・。

病気だから仕方ないといえばそれまでなのですが、なんとかしたくて・・・。
犬を飼うのは今のシーズーが初めてで、知識も経験もなく、困っています。自分なりにいろいろと調べているのですが、どうしたら良いのか・・・・。途方にくれています。

病気の犬が食べてくれそうなもの、何か教えていただけないでしょうか?また、腎臓や腸の病気に関するアドバイス等もございましたら、どうぞ宜しくお願いいたします。

シーズーのオス、11歳7ヶ月です。1ヶ月ほど前に、ゴハンを食べないときがあり、病院へ連れて行き、血液検査の結果、腎臓が悪いということがわかりました。あと、腸も炎症を起こしている可能性ことも後にわかり、毎日、皮下点滴と腸の薬を飲ませに病院通いをしています。

一時、元気になったので、皮下点滴は回数を減らしたのですが、また悪くなり、毎日しています。現在はこういった状態です。
(腸のほうは、具体的にどこが悪いということがわからないので、病院の紹介で今月末に専門医に診てもらう予定です...続きを読む

Aベストアンサー

病気の時は食欲だけでもあれば安心ですよね。

食事の考え方は色々あるので一概にこれがよいとは言えないと思いますが
私はBARF DIETという生食の方法をとっています。
これは生肉、生骨、そして少量の生野菜を取る方法になります。

全ての動物(人間もいれ)で火を通した食物ばかりとっているのは
よく考えてください。
人に飼われた犬と猫だけなんです。
ふつう餌をとる動物は生で食物を口にしています。

火を通すと酵素やビタミンなどは壊されてしまいます。
人間だって生で食品をとっていますよね。

犬は体の中で消化酵素を作れますが、本来は体の中の酵素だけ使っての消化はあり得ません。
獲物の消化器官の中に消化されかかった内容物を一番最初に食べますが
その消化されかかった内容物なども消化を助ける事になります。
火を通したものだけだとこの消化酵素が全く入っていませんので
体に負担がかかると思います。

そしてドライフードなどは最初に肉が記載されているものを使って欲しいです。
そして火を通す事で酵素などは死んでしまいますので
ドライフードを使うのでしたら消化酵素などをたして消化をよくしてあげてください。
動物用の消化酵素は売っています。

生食にするとドッグフードに比べて驚くほど糞が少なくなります。
最初からは無理だと思いますので、少しずつでも変えていったらいかがでしょうか?

我が家のワンコも腎臓が悪かったのですが、今ではよくなりました。

チーズなども嗜好性が高いと思います。
↓にカッテージチーズの作り方が載っています。
作ってみたらどうでしょうか?

ワンちゃん良くなる事を祈っています!

参考URL:http://wan1wan.at.infoseek.co.jp/cheese.htm

病気の時は食欲だけでもあれば安心ですよね。

食事の考え方は色々あるので一概にこれがよいとは言えないと思いますが
私はBARF DIETという生食の方法をとっています。
これは生肉、生骨、そして少量の生野菜を取る方法になります。

全ての動物(人間もいれ)で火を通した食物ばかりとっているのは
よく考えてください。
人に飼われた犬と猫だけなんです。
ふつう餌をとる動物は生で食物を口にしています。

火を通すと酵素やビタミンなどは壊されてしまいます。
人間だって生で食品をとっています...続きを読む

Q我が家の老犬(14歳くらい)について相談です。

我が家の老犬(14歳くらい)について相談です。

4月20日頃に狂犬病予防接種(集団)を打ち
5月1日にフィラリアの検査をしに動物病院へ行きました。

ついでに耳掃除もお願いすると、
獣医師が「この子は口輪が必要だ」と言い
老犬に口輪をつけ
耳掃除を始めました。
我が家の老犬は元来、動物病院嫌いな子なので
慣れない看護師に押さえつけられ
力まかせに処置をされ、口輪もつけられて
ひどく怯えて暴れ始めました。

引っ越しをする前に通っていた獣医では
嫌がる一歩手前で処置を止め、「飼い主が見えないと不安になるから」
と言って、私も処置室に居ることが当たり前だったのですが…
今回の動物病院では
「掃除が終わってからお渡ししますので待合室でお待ちください」
と、処置室から出されてしまいました。

我が家の老犬の、持病のてんかんに似た呼吸が待合室まで聞こえるものの
見に行くことが許されず
不安な気持ちで待ちました。

暫くして呼ばれて行ってみると
ぐったりとした様子で診察台に伏せっていました…。

診察台は水分をふき取った後があり、
ぬぐった白いふきんと、老犬を繋いだリードは黄色く変色し
また、抱き上げたお腹は湿っており
「失禁したのだ」と直感しました。
(以前通っていた獣医では処置等で失禁したことは1度もありませんでした)
しかし獣医看護師から何ら説明もなく
会計になりました。

受付の人に「本日は狂犬病の…」と言われたので
驚いて聞き返すと、獣医師に確認しにいき
「失礼しました。フィラリア検査でしたね。」と言い直されました。


不信感を抱いたものの、老犬は病院からすぐ出ていきたがっていたし、時間が無かったので
そのまま家に帰り

家族と相談のうえ、出先から動物病院へ電話をかけ
「誤って狂犬病予防接種をしたのか」と問いただしたところ

「こちらの不手際で…申し訳ございません。打ってしまいました」
と白状しました。

「抗体が効きにくい子は2回打つこともありますので…」
と言い訳をしだし
「なぜそのような不手際が生じたのか」事情説明を求めると
「周りが狂犬病の準備をしていたので…」「忙しかったので…」
と、信じられないことを口にしました。
何よりも、それを黙っていたことが許せず
「なぜ黙っていたのか」と聞くと
沈黙してしまいました。しつこく問いただしても「申し訳ございません」の一点張り。
あまつさえ「何かあったら全てこちらで責任を負います」
と、物扱いする始末。

犬の体が不安です。短期間に2回も接種して体に影響は無いのですか?

また、その獣医は某県の獣医師会で上の人間です(HPに記載されていました)。こういう場合、どこに苦情・相談をすべきですか?

回答よろしくお願い致します。

我が家の老犬(14歳くらい)について相談です。

4月20日頃に狂犬病予防接種(集団)を打ち
5月1日にフィラリアの検査をしに動物病院へ行きました。

ついでに耳掃除もお願いすると、
獣医師が「この子は口輪が必要だ」と言い
老犬に口輪をつけ
耳掃除を始めました。
我が家の老犬は元来、動物病院嫌いな子なので
慣れない看護師に押さえつけられ
力まかせに処置をされ、口輪もつけられて
ひどく怯えて暴れ始めました。

引っ越しをする前に通っていた獣医では
嫌がる一歩手前で処置を止め、「飼い主が見えない...続きを読む

Aベストアンサー

ワンチャンがかわいそうで涙がでました。 私は1月に16歳半の柴犬を見送りました。 現在、海外に住んでいますが、私の動物病院ではワンコが14歳になった年から、フィラリアの検査(血液検査)も注射もしなくていい、と言われました。 狂犬病の注射だけは法律で決められているので最期の年まで打ちました。 それ以外の注射などは年齢を考え合わせてワンコに与える負担を考え「必要なし」ということなのでしょう。
うちの子も日本に居るとき、3回、動物病院を変えました。 うちの子も病院が嫌いであばれたりしました。でも、3軒目の先生はとてもよくしてくださいました。

失禁するほどワンチャンは怖かったのでしょうね、かわいそうに・・・・。でも、今は元気な様子、安心しました。
探せばきっとワンチャンにあった動物病院があります。

もう少ししたら、老犬介護が始まるかもしれません。 とても大変でしたが、今となっては「ああしてあげればよかった。」「こうすればよかった。」と後悔することが沢山あります。
どうか、どうか、残された日々を大切に・・・・。 わんちゃんと楽しい毎日を過ごしてくださいね。

ワンチャンがかわいそうで涙がでました。 私は1月に16歳半の柴犬を見送りました。 現在、海外に住んでいますが、私の動物病院ではワンコが14歳になった年から、フィラリアの検査(血液検査)も注射もしなくていい、と言われました。 狂犬病の注射だけは法律で決められているので最期の年まで打ちました。 それ以外の注射などは年齢を考え合わせてワンコに与える負担を考え「必要なし」ということなのでしょう。
うちの子も日本に居るとき、3回、動物病院を変えました。 うちの子も病院が嫌いであばれた...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報