【クレオパトラはエジプト人ではなくギリシャ人だった?】


なんでギリシャ人のクレオパトラがエジプトに居たのですか?

そしてギリシャ人のクレオパトラがエジプトの王妃になってさらにローマ人と結婚してローマに嫁いだの?

どこからギリシャ人のクレオパトラはエジプトにたどり着いたのか教えてください。

しかもクレオパトラは黄色人じゃなくて白人だったって本当ですか?

たまたま銅像の色が茶色かったからクレオパトラを誰も白人だとは思わなかった。

A 回答 (3件)

エジプト人って、色は黒くないですよ。

今の”中東の人”って言えば分かるでしょうか。当時のギリシャやローマの人も今の”中東の人”です。アングロサクソンの血が入ってくるのはもう少し後です。

イエス・キリストも白人のイメージがあるでしょうが”中東の人”です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2017/04/22 10:52

プトレマイオス朝は、アレキサンダー大王の遠征によって生まれた王朝ですから、ギリシャ人の王朝です。


ちなみに、アレキサンダー大王の同母妹のクレオパトラは、プトレマイオス1世に求婚されましたが、エジプトに渡航しようとした際に暗殺されました。(プトレマイオス朝では、クレオパトラは王女の名としては多いです)
「クレオパトラ」の名はギリシア語で「父親の栄光」を意味します。
    • good
    • 0

プトレマイオス朝は元々ギリシャ人の王朝なんです…。

これ日本人にはめちゃくちゃわかりづらいですよね……
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎに出て汗水垂らして働いて疲れて塩を舐めたら給料が飛ぶような働けど働けど楽にはならないことをしたのでしょう。

ピラミッド建設に参加せずに、近くの海で海水を木で樽を作って汲んで蒔けば、自分は国王になれたのに。

なぜ当時のエジプト人は塩の作り方を知らなかったのでしょう?

国王はタダで手に入る塩で金を採掘させたり、重い石を持たせたりして黄金とピラミッドを手に入れた。

どんだけ当時のエジプト人はバカだったんだろう。

塩作りなんかエジプトの国王が密かに自分で作ってたわけじゃなかろうに、奴隷に海水を汲ませて撒かせていたはずなので奴隷は塩の作り方を盗めたはず。

奴隷村に戻って、今日、俺、塩作ったんだぜ!!

俺、塩の作り方知ってるんだぜ!!

と言えば、奴隷村を出て、自分たちで塩田を作れば、お金を作れたってことですよね。

不思議でならないエジプトの謎だわ。

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎ...続きを読む

Aベストアンサー

「サラリーマン」の「サラリー」と食べる「サラダ」が同源なのはご存知?

そして, そんなに簡単に「塩」ってできるものなの?

Qクレオパトラの墓

クレオパトラってお墓があるのでしょうか?
ピラミッドって聞きませんしねえ。

Aベストアンサー

 Cleopatra は、アントニウス(Antony)と結婚し東方の女王として君臨したが、彼が敗れると、後を追って自殺し、オクタビアヌス(Octavian)の命により、同じ墓所に葬られた。

http://www.beautyworlds.com/cleopatra.htm

... she pleaded to be buried in Antony's tomb, and Octavian was later to grant this last wish.


http://home2.planetinternet.be/verjans/Political_Divas/Stories/Bio_Cleopatra.htm

Octavian, the future Caesar Augustus, commanded that she be royally buried beside Antony.



ということに成っていますし、



 1890年(明治23年):クレオパトラの墓、発見。

と報じられました。が、


http://www.ne.jp/asahi/jun/icons/kida/upper1.html
その中でも値段が倍高くいかにも貴重そうな「クレオパトラの墓」...


なので、詳細は未だ不明(?)

 Cleopatra は、アントニウス(Antony)と結婚し東方の女王として君臨したが、彼が敗れると、後を追って自殺し、オクタビアヌス(Octavian)の命により、同じ墓所に葬られた。

http://www.beautyworlds.com/cleopatra.htm

... she pleaded to be buried in Antony's tomb, and Octavian was later to grant this last wish.


http://home2.planetinternet.be/verjans/Political_Divas/Stories/Bio_Cleopatra.htm

Octavian, the future Caesar Augustus, commanded that she be royally buried beside An...続きを読む

Qエジプト考古学

イギリスの大学で一番エジプト考古学の研究で有名な大学ってどこですか?教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今、新王国時代についての文章を読んでいます。
多分、イギリスならばケンブリッジだと思います。
ただ、ケンブリッジのどのcollegeかはわかりません。
あまり詳しくなくて、すみません。

Qエジプトについて

かなりマニアックかもしれませんが、エジプトのピラミッドで中が白壁なものがありますが、あれはなぜ白いのでしょうか。
私の記憶が正しければラムセス一世のお墓だったと思います。
あと、ネフェルティティの胸像はなぜ片目しか目が入ってないのか。
はっきりとした答えがないかもしれませんがお願いします。

Aベストアンサー

ピラミッドは、現在発見されているだけで80基ほどありますが、ラムセス一世のものはありません。
ピラミッドが作られたのは古王国時代で、ラムセス一世は新王国時代の王です。お墓なら王家の谷にあります。ので、名前はaoinanamiさんのご記憶違いかと思われます。
中が白い壁のピラミッドは…ごめんなさいわかりません。
頂上付近に花崗岩の白い化粧石が残っているのは、No.1の方のおっしゃっている通りです。
ちなみに、カフラー王のピラミッドです。
創建当時は全面に化粧石が貼られ、白く輝くピラミッドでしたが、後世に建築資材として持ち去られ、今は頂上部を残すのみとなってしまいました。
ネフェルティティの胸像は、私も疑問に思っています。
完成する事は終わりを意味するから、わざと完成させなかったという話も聞いた事がありますが、ちゃんと完成しているものもたくさんありますから、それも納得いかないですよね。
答になっていなくてごめんなさい。

Q古代エジプトについて

古代エジプトには色々な神々がいますが、
その神様は約何種類の神様がいるのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 質問者さんは古代エジプトについてどの程度ご存じなのかな?

 一応、小説のネタ用に、世界の神々や仏、悪魔などのデーターベースを作ってあるのですが、

> 古代エジプトには色々な神々がいますが、

 となっていて、かなりご存じのようなのでどこまで書くべきかと悩みますが。


 まあ、知っていると言われるかも知れませんが、手ほどき程度のことを書きますと、エジプトの神々はエジプト各地の神や異民族の神が「習合」してこん日に至っています。

 ※ 習合であって、集合ではありません。日本も「神仏習合」国です。

 つまり、主要な神も含めて、わけがわからん状態だということなんですね。

 AはBの親だと思ったら子だったり、兄だと思ったら弟だったり、つまり親族関係が逆という説があったり、親子だと思ったら同一神だ(という説がある/もちろん親子説もある)ということもあるようです。

 また、それらのどれが「正しい」と言えないのが難しい。地域によって違うわけですから。

 つまりエジプトの神々は、日本のように数が多くて数えられないのではなくて、識別が難しいために数えられないと言えばいいかな。

 身につまされる話を書けば、日本の年金みたいな話です。

 AとBは別人だと思ったら同一人物だったり(名前が当て字的で読み間違えて入力したとか)、同じAだから同じ人だと思ったら同姓同名の別人だったり、という状況に似ています。

 現代日本でも起きているのですから、古代エジプトでおきるなんて、当たり前。

 どこかに、キッチリとした数を書いた本が出ていたりするかも知れませんが、まあ、デタラメに近いです
(^_^;\(^O^ )ペチッ!

 せいぜいが、「死者の書」など神話にしばしば出て来る神様の数、つまり質問者さんがすでにご存じの神様数くらいしかわからないと思いますよ。

 というわけで、「誰にもわからない」というのが、今回のご質問に対する正しい回答です。
 

 質問者さんは古代エジプトについてどの程度ご存じなのかな?

 一応、小説のネタ用に、世界の神々や仏、悪魔などのデーターベースを作ってあるのですが、

> 古代エジプトには色々な神々がいますが、

 となっていて、かなりご存じのようなのでどこまで書くべきかと悩みますが。


 まあ、知っていると言われるかも知れませんが、手ほどき程度のことを書きますと、エジプトの神々はエジプト各地の神や異民族の神が「習合」してこん日に至っています。

 ※ 習合であって、集合ではありません。日本も「神仏...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報