どうしても解けないのでおしえてください。
では質問です。
ボリビアの3700メートルの高地La Pozマラソンでの勝利に備え、
数週間現地で練習した。ところがある相手選手のスポンサーから、
ペルーLimaの近くのビーチハウスでのパーティに招待された。
少なくともレースの一日前までには帰れると言う。この招待は
その選手に対する敬意のあらわれか、それともレースを不利に
する陰謀か?理由も詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問のタイトルが「ヘモグロビンについて」なのでこれに沿ってお答えします。



高度が高い土地では空気中の酸素の濃度が低くなります。
これに対する体の反応として、血液中の酸素を運ぶ役割を持つ赤血球(赤血球の中の色素であるヘモグロビン)が増え、効率よく酸素を運べるようにします。
マラソンなどの競技においては、体の筋肉に運ばれる酸素が充分にあればそれだけ効率よく筋肉を動かすことができ有利になります。そのため、マラソン大会に備えて何週間も前から高山地で練習をすることによって体内の赤血球(その中に含まれるヘモグロビン)を増やしてマラソンに備えたのでしょう。
しかしビーチハウスは高度が低く、酸素濃度も普通の土地と同じようにあるので、そこで長く生活すると体の中の赤血球数は元に戻ってしまい、マラソン競技においては不利になります。
したがってこのスポンサーの行為は結果として「レースを不利にする陰謀」ということになります。

余談ですが、実際に陸上選手で赤血球を増やすホルモン注射(エリスロポイエチン)を使用していた人はいるそうです。現在は禁止されていると思いますが。ただ、人工的に赤血球を増やすことによって血液の粘度(ドロドロ)が高くなって、脳梗塞や心筋梗塞で亡くなる方も少なくなかったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。よくわかりました。
機会があれば、また答えてください。

お礼日時:2001/07/03 17:05

マラソン選手の高地練習は、有名な話ですが、試合前1週間くらいからは、また平地に戻るようです。


今度は逆に過酸素呼吸症(だったかな)になってしまうそうです。 実は、この酸素というのは吸いすぎると「生物には毒」なんですよね・・・細胞を破壊してしまう。
ですから、少なくとも一日前では、高地にいた期間にもよりますが、ちょっと遅いかもしれません。
試合の前日にパーティというのが、危険かも・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん、平地に戻ってからの期間が問題ということですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/03 17:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高地順応

高地順応でのBPGの働きを教えてください。

Aベストアンサー

あんまりよく覚えてないけど、ヘモグロビンに作用して、酸素解離曲線を右方偏移だか左方偏移(たぶん右?)させて、末梢に酸素を行きやすくするんじゃなかったでしたっけ?全然違ったらごめんなさい。標準生理学とかに載ってないの?

Q昆虫はある日 突然地上にあらわれた????

昆虫はあなたが書いているように、ある日突然地上に現れたようです。
ただ、その根拠は、「化石が見つかっていない」ということ


この内容を証明する 文献・情報元をしってるかたいませんか?
 どなたか知ってるかた おしえてください!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

遺伝子解析により、全ての真核生物が、古代の古細菌
(好熱菌)から種分化した事が明らかとなっています。

しばしばある原種から新種が生まれる場合の、中間的
形質の化石が見つからず、ミッシングリングとされる事が
ありますが、「中間的形質の種」は、生存に不利であり、
淘汰圧が強くかかって、化石を発見しにくいほど急速に
進化した結果である事が、多くのケースで明らかとなって
います。

Qスポーツ選手は進化するのですか?

あらゆるスポーツに言える事ですが、
時代が若いほど、記録はスバラシイものになっていきます。

塗り替えられるべきモノが「それまでの記録」なのでしょうが、
これに反して、現代人の体力自体は落ちてきてます。
体格は、栄養状態の向上かで良くなってます。

「体格が良くなった恩恵を受けて、その中からズバ抜けた能力の持ち主が現れた・・・」と考えるのが妥当かと思うのですが、
「体格向上は、進化の過程であり、その中で能力の秀でた者が 新たな記録を作る」と考えるのはアリなんでしょうか?

Aベストアンサー

科学の進歩の影響の方が大きいように思います。
科学が進歩した結果、
・力学的に適した体の動かし方が解析される
・効率的なトレーニング法が開発される
・靴や水着など道具の性能が上がる
などがあって記録が向上したのではないでしょうか。

Q日食を肉眼で見るな! それじゃフライを捕る野球選手は?

 きょうの日食に関して、「下敷き・サングラスなどで見てはいけない。まして、肉眼で見るのは論外」とさんざん言われています。でも、野球選手がフライを捕るとき太陽が目に入るのは日常茶飯事ですよね? どういう関係なんでしょうか。
 太陽を肉眼で見てだめだとすれば、野球選手とくに外野手は(何万回も経験するだろうから)大量に失明しそうなものですが……

Aベストアンサー

ふざけて太陽をじっと眺めると残像で目がチカチカするでしょう。
それより更に長時間に渡ってジッッと眺め続けると、網膜が火傷し
たようになりますよというのが「日食を肉眼で見るな」の趣旨で
す。日常生活と科学観察では注視する時間が桁違いになることを考
慮しての注意事項ですよ。瞬間的に太陽を見たって、何も危険はあ
りません。

ちなみに可視光を減らせばまぶしくなくて長時間観察できそうな気
になりますが、紫外線や赤外線を遮蔽できてなければ火傷はするか
もしれないわけです。油断するって点では直視より危険な場合もあ
りますので、赤外線を遮蔽すると確認されていない減光手段は推奨
できないと言わざるを得ません。それが「専用の」ものを使えって
話の趣旨です。某社の専用グラスはJIS T-8141の遮光度13をクリア
しているので紫外線の透過率が0.000076%以下で赤外線の透過率が
0.014%以下であると確認できますが、下敷きやすすガラスでは確認
不可能ですよね。

私がきいている太陽観察での視力障害はカナダでの症例ですが、目
の色がどうだったかはデータがなかったので、私やあなたも注意し
なきゃいけないほど本当に危険なのかは判断を保留します。

ふざけて太陽をじっと眺めると残像で目がチカチカするでしょう。
それより更に長時間に渡ってジッッと眺め続けると、網膜が火傷し
たようになりますよというのが「日食を肉眼で見るな」の趣旨で
す。日常生活と科学観察では注視する時間が桁違いになることを考
慮しての注意事項ですよ。瞬間的に太陽を見たって、何も危険はあ
りません。

ちなみに可視光を減らせばまぶしくなくて長時間観察できそうな気
になりますが、紫外線や赤外線を遮蔽できてなければ火傷はするか
もしれないわけです。油断するっ...続きを読む

Q非黒人選手がオリンピックの100メートル走で金メダルを取るのは不可能なのですか?

非黒人選手がオリンピックの100メートル走で金メダルを取るのは不可能なのですか?

Aベストアンサー

以前、たしかソビエトのボルゾフとかいう選手が
金メダルとっていると思いますが。ミュンヘンだったかな?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報