最後のつめで失敗してしまう私は何かの病気ですか?

半年真面目に講義を受けて、テストを受け忘れる。
専門学校に二年かよい、試験を受け忘れる。
就職しても、シフトを間違えてクビになる。
自動車学校で免許取得を諦める。

子供のころから友達が居なくて、いじめられっぱなし
馬鹿にされ慣れています。
深層心理で不幸をアピールすれば誰かが助けて食えるかまってもらえると思っているのかもしれません。
馬鹿にされる、人から哀れに思われる為に自分を不幸にしているのかもしれません。
人のせいにして人を怨む理由を作っているのかもしれません。
自分が幸せになりそうになると、自らそれを壊しているように思えます。

2年間勉強して試験を受け忘れ、馬鹿だなぁと言われる対価として、資格を取って就職する事を捨てたんだと思います、こんな心理状態は何かで治療できますか?

A 回答 (5件)

> 私は何かの病気ですか?


★ そんなことはわかりません。風邪かも、コレラかも、糖尿かもしれませんが、わかりません。

> 最後のつめで失敗してしまう
☆ 詰めで失敗しているようには、記載内容からは思えません。記載内容から推定できる傾向は、詰めの局面を回避しているのかもしれないということです。

> 半年真面目に講義を受けて、テストを受け忘れる。
忘れれば、受けないで済む。テストを受けなければ実力が判定されない。まじめに講義を受けていたのに身についてないことがばれる危険はない。
> 就職しても、シフトを間違えてクビになる。
シフトを間違えて勤務に就かなければ、仕事で失敗しないで済む。仕事の能力が低いのがばれる危険はない。
> 自動車学校で免許取得を諦める。
免許を取得しなければ、運転免許を持っていることが必要要件の就職先を探さない正当化ができる。

> 子供のころから、いじめられっぱなし、馬鹿にされ慣れています。
慣れている状態を続ければ、能力や資質を改めて査定されるような事態にならないで済む。

> 不幸をアピールすれば誰かが助けて食えるかまってもらえると思っているのかもしれません。
それほどの馬鹿ではないでしょう。それほどの馬鹿ならば、こんなところにこうした質問文を書きません。

> 馬鹿にされる、人から哀れに思われる為に自分を不幸にしているのかもしれません。
「馬鹿にされる為に、人から哀れに思われる為に」ではなくて、「能力資質を向上させられないやつと査定される危険をするよりは、うっかりものと馬鹿にされる方が慣れていて、安心できる」というだけでしょう。

> 2年間勉強して試験を受け忘れ、馬鹿だなぁと言われる対価として、資格を取って就職する事を捨てたんだと思います。
「2年間勉強して試験で落ち、免許をとって就職して就職先で職務能力の発揮を求められそこで無能であると言われてしまう」vs「試験の日程を忘れ、免許も取らず、なんて阿保なんだと言われ続ける」 この後者を選択しているだけでしょう。

> こんな心理状態は何かで治療できますか?
たぶん治療は可能です。 でも、決意は必要です。 治ってしまったら、その先は実力を上げ、実績を評価されるということに向かわないといけません。 逃げて回るのをやめるという治療をするのですから。
一般的な治療方法は、主に心理療法になります。 記載の文からではちゃんとはわかりませんが、薬物療法はいらないです。 こうなった原因などを気にしないことも、治療を進めていく上で重要です。 通常は、カウンセラーとかセラピストかに定期的に自費で通って、自分の感じ方、志向、認知の仕方などを少しづつ軌道修正する方法をとります。 時間とお金がかかります。
「自力で治せるようなら、こんなことにはならない」と考えるのが一般的ですし、仲間やベテランの指導者について治すのが効率的で確実性も高いのは確かです。
自力でという場合は、自省、内省で自分の行動や思考、選択の傾向、状況や状況の推移に関する認知の具合を客観的に見ないとダメだと思います。 それがイヤだったからこうした回避性の思考や行動をとってきたのでしょうから、かなり難しいことです。 ですが、実は内省をしてなかった、回避性パーソナリティ障害なんて言葉も聞いたことがなかったというのであれば、図書館や古本屋で1,2冊拾い読みしてみてください。思い当たる筋があったら、その本は深く読む必要はないです。回避性パーソナリティ障害について研究するのではなく、自分の回避傾向をやめなくちゃと思えば、それで道は見えてくるはずです。その道を進むには大変な苦労があるはずですが、あとは自省、内省、自制、自律、自立で、自分の現状を見て、どうするのが今時点で大事かを見極め、行動していくだけです。
    • good
    • 0

>私は何かの病気ですか?


その可能性はあるでしょう。

>治療できますか?
治療行為は可能だと思います。
ただし、それによってその症状が軽減したり治癒するかなどは、やってみなければわからないだろうと思います。
    • good
    • 0

それは「自らで遊んでいる」のか、実際に苦しんでいるのか外部から判断出来ません。

多分両者は初めは明快に分かれていたのでしょう。だが、ある期間の間に自分でさえ区別することが出来なくなり、多分あなたはもうそれを分けることが出来ないでしょう。かなり悲惨です、意識が積み上げたものを無意識が破綻させる。立派な料理にゴキブリを無意識に入れ自分は破綻し店から追い出される。既に言った様に初めは「遊び」だった、だがもう無意識が意識を破綻させる段階になってしまっている、多分あなたの人生はもう元に戻らない程悲惨なものになるでしょう。
    • good
    • 0

ADHD?

    • good
    • 0

>>自分が幸せになりそうになると、自らそれを壊しているように思えます。



意外と、そういう方は多いといいます。
「病は気から」ともいいますが、勉強や仕事で苦しいとき、それから逃げるために、自分の精神力で病気を発生させるってこともよくありますね。

質問者さんは、ご自身のことをよくわかっていると思います。

>>こんな心理状態は何かで治療できますか?

不可能ではないとしても、なかなか治療は難しそうですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社のストレスチェック受けたんですが… 高ストレス者の判定だったんですけど… やはり医師の診断受けた

会社のストレスチェック受けたんですが…

高ストレス者の判定だったんですけど…

やはり医師の診断受けた方が良いと思いますか

Aベストアンサー

No3です。お礼有難うございます
会社や学校なんかで強制的にやる
ストレスチェック、体力測定、自動車のヤツとかは
無駄と言えば無駄ですが100人受けて一人でも現状を
認識して環境改善出来れば良い。位の
感覚でやってるもんだと思います
不特定多数に強制的に実施する訳ですから多くの人が反発します
まぁこの辺は人の特性ですから仕方ないでしょう

その中で普段から漠然と気になっていてチェックを受けて
データとして結果が出た。それを基に生活環境改善する
その為の指針です。その指針をどう使うかは本人次第です
要は専門家のアドバイスをデータ化したものなのです

質問者さんはその指針で思う所が有った
で、あるならば会社へ相談するなり自分で医者行くなり
生活や仕事のやり方変えるなりすれば良いかと思われます
アドバイスを受け入れる、受け入れないは個人の自由ですから

Q嫌なことを忘れる方法

嫌なことがあるとずっと引きずってしまいます。
同僚とちょっとしたことで言い争いになってそのことをずっと引きずって全く会話をしなくなったり、
10年、20年前の嫌な出来事を今でも思い出したり、それがきっかけで体調を崩したりしています。
嫌なことを忘れる方法の過去ログを見ても良いやり方は見つけられませんでした。

嫌なことを忘れる考え方もそうですが良い道具?、カウンセリング等良い方法をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

No.1の方と同意見です。

>人は「自分の為になる事」は良い事も悪い事もなかなか忘れられない場合が多い。
流石というか....鋭いご指摘です。脳の反応を良くご存知ですね....

ずっと愚痴愚痴ひきずっていく性質の方は、複雑なようで単細胞。段々とこだわる事に快楽を見出し、しつこく怒ったりして変な方向でストレス発散する場合が多いと感じます。


嫌な事を忘れるのは、ズバリ「考えない」「眼の前の情景を変える」「多忙にして現在の諸事に集中し無駄な事と実感する」といったところでしょうか。
カウンセリングは、人に話すことにより「自分に取って大切な事」との認識が生まれ、更に拘泥していく方もおられます。

Qプライベートな時間の中では仕事のプレッシャーを100%忘れる方法

私は人前で話をするのが苦手です。商品のデモで客の前で話すときはとくにです。2週間前にデモがある、といわれてもすでに緊張して胃が痛くなります。休み中もそればかり考えてしまいます。たとえば正月休み前に、仕事はじめに朝礼だということを知ると、休み中しょっちゅう考えてしまい、正月どころではなくなります。「年明けっぽいテーマじゃないとだめだ・・・あーもーだるいなあ!!!くっそ!!」という感じです。
仕事のストレスやプレッシャーというのは、はっきり「緊張」の2文字で片付くのではないか?と思っています。これさえコントロールできれば余計な悩む時間も少なくなり、ストレスも感じないので寿命も縮まらないように思います。そこで、タイトルの質問になるのですが、仕事とプライベートな時間との切り替えを100%するにはどうしたらいいでしょうか?休み中は一切思い出さない、仕事の悩みは仕事場についてから思い出すという生活をするにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

うーん、私も仕事が不安なときはプライベートなんてないほど頭の中がいっぱいでした。

わたしは仕事を軌道に乗せない限り無理だと思いますね。私はそうでした。

やはり仕事で大丈夫だと安心しない限り、プライベートな時間でも思い出してしまいます。不安をかき消すにはやはり不安の出所をしっかり見据えて解決しないと押さえ込むのは無理だと思うんです。

結局考えないようにしようということを考えてしまいます。

やはり苦手は苦手でももっと心理的に楽な道があるはず。わたしは苦手なこともどうにか大丈夫と思えるくらいにはなりました。苦手なことには変わりはないんですけれど。

おそらく苦手ということよりも、それによって自分が傷つくことを恐れているということがあります。私はそうでした。保身のためにいつもびくびくしていました。

たとえ失敗して恥をかいても自分の価値は損なわれないと強く言い聞かせたとき、プライベートでものびのびできた気がします。

Q傷ついた思い出を忘れようとすると苦しいときは、悲嘆が終わってないという

傷ついた思い出を忘れようとすると苦しいときは、悲嘆が終わってないということですか?

ものすごく傷つけられた思い出があり、ストレス解消のためにランニングをしていても、仕事や勉強でも集中しだしたりすると、急に言葉などを思い出して、またこれで忘れてしまうと同じ目に合うという恐怖と自分への裏切りのような気持ちが湧いてきます。

この場合は、悲嘆が終わっていないということなのでしょうか?前は運動や勉強をする体力も気力もなく、突然怒りで心拍が上がったり、洗脳されたようになっていました。随分たって、やっとすこし落ち着いたところですが、今度は集中して忘れてしまうことに危険を感じます。どうしたらよいのでしょう。

Aベストアンサー

どの様な出来事が遇ったのか判りませんが、『またこれで忘れてしまうと同じ目に合うという恐怖と自分への裏切りのような気持ちが湧いてきます。』と書いたのは、その出来事を忘れてはいけないと言う貴女の気持ちの現われなのではないでしょうか。
その様な出来事の捉え方では苦しい思いが残ってしまう様に思います。
僕が勧める方法は、プラスの解釈を三つ、マイナスの解釈を二つ書き出して、プラスの解釈の中から貴女が納得できる解釈を選んで、それをその出来事の解釈とする方法です。納得が出来る解釈が見つからなければ、もう少し考えてみることにします。

心のどこかに恨みや憎しみが残る解釈の付け方では、思い出す度に苦しくなるだけだと思います。
直ぐにでも忘れたい様なことならば、風船に括り付けて、大空の彼方に飛ばして、爆発させてしまうか、砂浜の片隅に埋めてしまうかします。時には顔を見たいなら、部屋の片隅に箱に入れてしまっておけば良いと思いますよ。

貴女が抱えていた悲嘆は、終わった様に思います。
終わらせ方が思い出させてしまう方法でしたので、思い出してしまうのでしょう。

Q何かアドバイスください

「主観的には」という留保つきではありますが、
現在、非常につらい状況の中で、大きな決断を迫られています。
※以下、あまり具体的な記述ができないことをお許しください。

今後の人生を決めるために、二つの選択肢の一つを選び取らなくてはいけません。
しかし、どちらの道も、険しく困難な道であることはわかっています。
どちらに決めたとしても、それに対する大きな努力を長期的に続けることが必要なので、
早く決めなくてはいけないのです。
しかし、焦るほど迷います。
決断する勇気がもてないのは、結局のところ、
どちらの道に対しても希望が持てないからという理由もあります。
希望が持てないので、その努力をする自信がないという甘えもあります。

そんな中、一日のうちで胃痛や吐き気、貧血に何度も襲われます。
朝は汗だくで目覚めますが、不眠というほどではなく、
変な時間に強い眠気を感じることもあります。
このような自分が非常に弱く、情けなく思います。


質問が抽象的で申し訳ありませんが、
どういったことでもかまいませんので、何かアドバイスを頂けたらと思います。

「主観的には」という留保つきではありますが、
現在、非常につらい状況の中で、大きな決断を迫られています。
※以下、あまり具体的な記述ができないことをお許しください。

今後の人生を決めるために、二つの選択肢の一つを選び取らなくてはいけません。
しかし、どちらの道も、険しく困難な道であることはわかっています。
どちらに決めたとしても、それに対する大きな努力を長期的に続けることが必要なので、
早く決めなくてはいけないのです。
しかし、焦るほど迷います。
決断する勇気がもてないの...続きを読む

Aベストアンサー

詳しいことがわからないのに差し出がましいようですが、私も似たような状況に陥ったことがありますので、そのときのことを思い出しながら書いてみます。

>このような自分が非常に弱く、情けなく思います。

人生の一大事を決めるのですから、自分を責めてはいけません。それくらい大事なこと、ということでしょう。たとえば、進路のことなどは重大ですよね。

>早く決めなくてはいけないのです。
>しかし、焦るほど迷います。
>決断する勇気がもてないのは、結局のところ、
>どちらの道に対しても希望が持てないからという理由もあります。

決断するのを延ばす、というのも立派な戦略だと思います。
今どちらかに決めたとして、その方向に猛進する気力や体力があるならよいのですが、まだその準備ができていないということですよね。

私の場合は、苦しみぬいた後、少し力が抜けたときに、人の言葉や後から入ってきた情報で「あ、こっちかも」と思いました。意外な原因で決まってしまうこともあります。

考えられるだけの体力の回復を最優先しつつ、どちらにも活かせる努力をしながら、もう少し決断を留保することもありだと思いますよ。

詳しいことがわからないのに差し出がましいようですが、私も似たような状況に陥ったことがありますので、そのときのことを思い出しながら書いてみます。

>このような自分が非常に弱く、情けなく思います。

人生の一大事を決めるのですから、自分を責めてはいけません。それくらい大事なこと、ということでしょう。たとえば、進路のことなどは重大ですよね。

>早く決めなくてはいけないのです。
>しかし、焦るほど迷います。
>決断する勇気がもてないのは、結局のところ、
>どちらの道に対しても...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報