この前、現在の日本の法律でちゃんと批准できるという話を聞きました。
日本の法律をダメだと文句を言ってきているのはどこの国の誰なんですか?
政府は日本を馬鹿にされてどうして反論しないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

労働者も農民も技術者も、すべて全く平等に扱うのだ。

権力の座につくであろう天才たちは、あらゆる社会階級、人種および性から出てくることが可能である。したがって、いま問われているのは、単なる民主主義ではなく、選択的民主主義である。

 制服や職務を口実にする全ての人間が、非人間的な行為を拒否する日が到来したあかつきには、世界平和の実現を期待することができるだろう。
 ( ラエル 著 THE GENIOCRACY )
_


 帯に短したすきに長し、足らないものも機能しない長いものも邪魔になる、そんなところではないでしょうか。
“格差是正”、毎回の国会予算委員会の決まり文句にもなっていますが、長ったらしいものを中間に残したままのそれら、何の格差是正なのやら。
 軍事の問題にしろ、最大で国境付近までの制約であるそれらの組織が長ったらしい階級制度を鼻にかけたまま、災害時はどうするなどと、腰を重くしている席にしばり付いている、そんなところではないでしょうか。それらは、国際平和の進展、歩み寄りに影を注し煙に巻いているだけとみえる。
いざとなったらそれらを利用し、公共とは名ばかりの、庶民門前払いを敢行する行政組織それらのファン、それらももはや、犯罪級ではないでしょうか。歴史は、それらのその姿勢と紛争したのではないでしょうか。それらの非公共性、閉鎖性、それが革命なりの標的になったものとみえる。
 何かしらの努力の末の政治現在、おおくの格差是正の末か、大まかに有権者とその代表者、男女間の格差是正もいわれますが、子供と成人と老人、先生と生徒なり語るものと聞くもの、.. 、それらしか、居なくなったような。 気になるところ、それは、庶民と国際協調の中間で、わけのわからない制服と階級とまんねり捏造職務、それらを繰り返す特権階級、それらではないでしょうか。
すでに社会には、子供と成人と老人、有権者と代議士、それしかいないのに、歴史の亡霊のように人々を追廻しその利を食らうそれら、それらの特権を整理することではないでしょうか。それで政治犯罪は大分沈静化するのではないでしょうか。
 おのれら自身が長ったらしい不正を抱えたままの、獣・テロ犯罪の議題などは、目くそはなくそを笑うに堕ちる感もある。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報