痔になりやすい生活習慣とは?

美術史を学びたいのですが。
社会人で、働きながらです。
大学など、どこか良いところご存知ないですか?
都内在住です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

放送大学に、こんな講座があります、大きな書店でテキストを買って授業を視聴すればいいでしょう


http://www.ouj.ac.jp/kamoku/theme/190/
    • good
    • 1

たとえばこんなところがあります。


http://shop.art-a-school.info/?mode=cate&cbid=52 …

また各大学の公開講座でもいろいろ開催されています。
http://www.second-academy.com/lecture/lecList/?k …
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q美術史について勉強したい

美術史について勉強したいと考えています。
私は大学院生ですが、美術とはまったく関係の無いところにいます。
しかし、学部時代に講義を受けて多少知っていることから、美術館などに行っているうちに興味がでてきました。

初心者でもわかりやすく解説してある本をご紹介していただけたらうれしく思います(一応、西洋美術については多少学部でやっているのですが忘れているところも多々あり)。
内容的には、日本も西洋もあり、特に日本について書かれていて、学術的なもの(大学教授などが書いているもの)が希望です。
自分でも大学の図書館で探したのですがピント来るものがありませんでした。

Aベストアンサー

遅いご回答で申し訳ありませんが、何冊か本をご紹介します。
No.1の方も書いておられますが、「初心者でもわかりやすく・・・学術的なもの」とは、なかなか難しいと思います。そこで、ここでは、「初心者でも」の方を採って、ご紹介します。

まず、次の2冊。
1)カラー版・西洋美術史・増補新装版・監修=高階秀爾・美術出版社・2002年
http://www.amazon.co.jp/dp/4568400643
2)カラー版・日本美術史・増補新装版・監修=辻惟雄・美術出版社・2002年
http://www.amazon.co.jp/dp/4568400651
とにかく、カラー図版が多く、楽しめます。なお、2)は、No.1の方がご紹介の本と同じ著者ですね。

西洋美術史であれば、次の本も、1)と同程度の内容です。
3)新西洋美術史・監修=千足伸行・石鍋真澄+大高保二郎+島田紀夫+千足伸行+名取四郎+福部信敏+諸川春樹・西村書店・1999年
http://www.amazon.co.jp/dp/4890135839
ただ、おしむらくは、カラー図版が少ないことです。

次の本は、上記3冊に比べると、かなり大部です。
4)美術の歴史・H.W. ジャンソン(Horst Woldemar Janson)・美術出版社・1995年
http://www.amazon.co.jp/dp/4568400368

以上のようなところから美術史全体をご覧になって、そこから、ご自分の好きな時期・地域などを見つけ、そこを掘り下げる、という方向をお取りになってはいかがでしょうか?

ちなみに、もし、20世紀の美術であれば、次の2冊がお勧めです。
5)カラー版 20世紀の美術・監修=末永照和・美術出版社・2000年
http://www.amazon.co.jp/dp/4568400562
6)現代美術の歴史・H.H. アーナスン(H.H. Arnason)・美術出版社・1995年
http://www.amazon.co.jp/dp/4568400376
5)は、1)2)と同じシリーズで、カラー図版がうれしい。6)は、かなり大部のものです。

以上、ご参考になれば、幸いです。

遅いご回答で申し訳ありませんが、何冊か本をご紹介します。
No.1の方も書いておられますが、「初心者でもわかりやすく・・・学術的なもの」とは、なかなか難しいと思います。そこで、ここでは、「初心者でも」の方を採って、ご紹介します。

まず、次の2冊。
1)カラー版・西洋美術史・増補新装版・監修=高階秀爾・美術出版社・2002年
http://www.amazon.co.jp/dp/4568400643
2)カラー版・日本美術史・増補新装版・監修=辻惟雄・美術出版社・2002年
http://www.amazon.co.jp/dp/4568400651
とにかく...続きを読む

Q今回質問ではないです。あらかじめご了承下さい。僕は美大進学〔多摩美、武蔵美〕を狙っており、高校一年生

今回質問ではないです。あらかじめご了承下さい。僕は美大進学〔多摩美、武蔵美〕を狙っており、高校一年生でもうすぐ高校二年生になる者です。
今回テーマを決めて手のデッサンを描きました。辛口で構いませんのでアドバイス頂きたいです。
テーマは【砂と両手】です。

Aベストアンサー

構図が気になります。
真横からでは、砂が分りにくいですよね?

後ろの砂の城がいらないか、一部だけをぼんやり描いて、手と砂に視点をおく。

「両手」とあっても、同じバランスで描くのではなく、どちらかの手が主役になる。
例えば砂を受ける左手には砂は無い?

脇役の砂の城が描き込み過ぎ。
手は見たままを描くのではなく、骨格が合っているか確認する。

辛口に言わせてもらいました。
これは制限時間内に描けていますか?
要点に気をつけるだけで、良いデッサンになると思いますよ。

Q大和撫子

男尊女卑の時代、女性の事を大和撫子と称したのは何故ですか?卑の存在であるのに可憐な花の名を付けたのは何故ですか

Aベストアンサー

「男尊女卑」とは、女性を「さげすむ」ということだけではありません。
「男性よりも低いものとして扱う」ということであり、「男100点、女90点」も「男尊女卑」です。

「なでしこ」の花は、「撫でし子」と語意が通じることから、しばしば子どもや女性にたとえられます。要するに「男の支配下にあり、保護の対象となるもの」という意識があります。
そのような「価値観」を押し付けているという点で、「男尊女卑」の考え方を反映しています。

Q東京藝術大学のデザイン科のデッサンについて

こんにちは。
外国人ですが、芸大を受けたいと思います。
今自国でアトリエで絵を勉強していますが、芸大の合格者の作品を見て、ちょっと微妙な違いがある気がします。
日本の絵画のスタイルは自国と違うかなぁって考えています。もしくは、自分のレベルはまだまだ達しないだろうか、悩んでいます。

その後、日本に行って予備校に通うかもしれないですが、今自国で勉強しかないと考えています。

以下は自分の作品です。
少しアドバイスをあげていただけませんか?

Aベストアンサー

地方(東京以外)の国公立も良いと思いますよ。
ただ、それなりに学力も必要ですし、大学によって特色が違います。
筑波はどちらかと言うと作家やデザイナーよりも芸術分野の教職や研究職を目指す人が行く大学という傾向があると思います。
愛知芸大も良い教授陣がおられると思います。
大学へ行く目的を明確にして、ご自分の師事したい教授のいる大学、やりたい事のできる大学に行けるよう情報収集する事だと思います。
それさえ適えば大学の名前にこだわる必要はまったくありません。

東京藝大は日本の芸術の最高学府なので難易度が別格です。
もちろんそれだけの意義はあるのですが、その最難関にこだわる必要があるのかないのかも自分の考え次第。
良い経験になると思うので受験するのは一向に構いませんが、記念受験という言葉もあるぐらい「ダメ元」の世界です。
外国人の方であればなおさら東京藝大である必要があるのか?と疑問符がつきます。
卒業後にどのような将来を考えておられるのかわかりませんが、せっかく海外から来られるのですからご自分にとってもっとも有益な学びの場を得て頂きたいと思います。

いつか才能が花開く日がきますようお祈り致します。
どうぞ頑張ってください。

地方(東京以外)の国公立も良いと思いますよ。
ただ、それなりに学力も必要ですし、大学によって特色が違います。
筑波はどちらかと言うと作家やデザイナーよりも芸術分野の教職や研究職を目指す人が行く大学という傾向があると思います。
愛知芸大も良い教授陣がおられると思います。
大学へ行く目的を明確にして、ご自分の師事したい教授のいる大学、やりたい事のできる大学に行けるよう情報収集する事だと思います。
それさえ適えば大学の名前にこだわる必要はまったくありません。

東京藝大は日本の芸術の最...続きを読む

Q世界史で大学より上の知識をつけようと思ったら、どんな事をすればいいのでしょうか?興味はかなりあって、

世界史で大学より上の知識をつけようと思ったら、どんな事をすればいいのでしょうか?興味はかなりあって、授業も楽しいのでもっと知りたいと思うようになりました。答えにくければ、古代ローマについて回答いただきたいです。

Aベストアンサー

いくつかの方向性があります。

たとえば一般知識として身に着けたいなら、ほかの方もいうように本をたくさん読めばよいでしょう。またラテン語を身に着ければ原文を読むことができるようになりますし、イタリア語ができれば現地で意義深い交流ができるでしょう。

ローマ古代史をそのものを研究したいのであれば、大学から大学院に行き、研究者になればよいでしょう。身に着けるスキルは上記と同じですが、それでお金をもらって食べていくことになります。

少し違う方向性としては、現代とローマを結びつける社会学的なテーマを追求することでしょう。
たとえば、アメリカ大統領や国連常任理事国がもつVETO:拒否権はそもそもローマ護民官が持っていた権利であり、それが皇帝制においてどのように生かされたか、それが現代社会にどのように反映されているか、というテーマなども面白いと思います。

私も個人的に古代ローマがスキで、皇帝時代よりは共和政のほうがワクワクします。スキピオやクラックス兄弟の活躍は胸が躍ります。
 幅広く知識を得て利用したいなら「趣味」でとどめておくほうがよいでしょう。研究者になれば深く追及することが余儀なくされますし、間違った答えや妄想レベルの仮説を立てることもできなくなってしまいます。

逆にそれで一生食べ行く覚悟があるなら、研究者になるのもいいと思います。

いくつかの方向性があります。

たとえば一般知識として身に着けたいなら、ほかの方もいうように本をたくさん読めばよいでしょう。またラテン語を身に着ければ原文を読むことができるようになりますし、イタリア語ができれば現地で意義深い交流ができるでしょう。

ローマ古代史をそのものを研究したいのであれば、大学から大学院に行き、研究者になればよいでしょう。身に着けるスキルは上記と同じですが、それでお金をもらって食べていくことになります。

少し違う方向性としては、現代とローマを結びつける社...続きを読む

Q情けは人の為ならず

「情けは人の為ならず」
の本来の意味は、おおざっぱにいうと、
・人に情けをかければ(気遣ったり優しくすれば)、最終的に自分が優しくしてもらえる、
と考え、人には優しくしましょう
という意味で、私の大好きな言葉なのですが、

現在は、
・情けをかけるとその人の(成長の)ためにならないので、厳しくしなさい
と、間違って解釈している人が半分くらいいると聞きました。

全文である、
「情けは人の為ならず、巡り巡りて己がため」
まで知っていれば、こんな「勘違い」はしないと思うのですが、
いつから「巡り巡りて・・・」以降が省略されてしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

>間違って解釈している人が半分くらいいると聞きました。

その通りで、字面から勘違いしているだけです。
間違っているのだから、どうしようもないね、と嘆くしかありません。
「そう解釈する人が増えたから、その意味も認めよう」などという性格のものではありません。

>いつから「巡り巡りて・・・」以降が省略されてしまったのでしょうか?

省略されようがされまいが、意味は変わりません。


笑ってしまうような誤用は、他にもいろいろありますよ。誤用は誤用です。
・その意見は、実に的を得ている。 ←「当を得ている」と「的を射ている」を混同した誤用。
・二の足を演じる。 ←「二の舞を演じる」と「二の足を踏む」を混同した誤用。
・耳ざわりがよい。 ←「耳障り」(悪い意味しかない)と「肌触りが良い」を混同した誤用。
・他社の失敗を他山の石と考えずに、しっかり対策せよ。 ←「対岸の火事」と「他山の石」を混同した誤用。

Qクラシック音楽といっても、昔はポップミュージックのようなものだったのではないですか?

クラシック音楽は今でこそ厳かな音楽という感じで、ポップミュージックとは対極的な存在とし扱われることが多いですが、作曲された当時は今でいうポップミュージックのように広く人気のある音楽だったのではないでしょうか。

まあ、宗教音楽は違うとしても、それ以外のクラシックは全て当時のポピュラー音楽だったはずです。

バッハは宗教音楽を多く作曲しているから違うとしても、ベートーベンやショパンなんかは完全なポピュラー音楽だったのではないでしょうか。

Aベストアンサー

No.9です。きりがないので最後にします。

>権威というのはある程度の時間とその分野における支配的地位が必要です。確かにベートーベンの生存時はバッハは権威だったでしょう。でも、その曲が生まれた当時はその作曲家も若く、権威が持てたはずはありません。

時間のことを言っているのではありません。「権威」になるのは「大衆」に認められることによってではなく、その時点における「権威」に認められることによってそうなるということです。

バッハは、約100年「忘れ去られ」ていました。それを復活させ、「音楽の父」としてドイツ音楽の権威づけの基礎にしたのは、メンデルスゾーンやその時代の「批評家」たちです。その辺のからくりは、No.6に挙げた 岡田 暁生著「西洋音楽史―「クラシック」の黄昏」(中公新書)に詳しいです。

クラシック音楽(特にドイツ音楽)がどのように成立したかは、こんな本も読んでみるとよいかもしれません。
ご紹介したような本もお読みなった上で、あとはご自分で考えていただければよいと思います。私の説明を押し付けるつもりはありませんので。

ハンスリック著「音楽美論」(原著は1854年)
https://www.amazon.co.jp/%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E7%BE%8E%E8%AB%96-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%9D%92-503-1-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4003350316

シューマン著「音楽と音楽家」(作曲家シューマン(1810~1856)の書いた音楽批評集)
https://www.amazon.co.jp/%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%81%A8%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E5%AE%B6-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%9D%92-502-1-%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3/dp/4003350219/ref=pd_sim_14_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=MGRS25VPQ4NG24D0TDXQ

No.9です。きりがないので最後にします。

>権威というのはある程度の時間とその分野における支配的地位が必要です。確かにベートーベンの生存時はバッハは権威だったでしょう。でも、その曲が生まれた当時はその作曲家も若く、権威が持てたはずはありません。

時間のことを言っているのではありません。「権威」になるのは「大衆」に認められることによってではなく、その時点における「権威」に認められることによってそうなるということです。

バッハは、約100年「忘れ去られ」ていました。それを復活させ、...続きを読む

Qもしゼンマイを巻かなくてもずっと振り続けることの出来るメトロノームが開発されたら売れますか?

もしゼンマイを巻かなくてもずっと振り続けることの出来るメトロノームが開発されたら売れますか?

Aベストアンサー

売れません。


1.メトロノームって何だっけ?という人がかなりいる。需要が少ない。音楽専門でもないと必要はない。

2.スマホのアプリとかで代用は可能。
 現実にあるかは知りませんけど,今のアプリレベルで言えば,メトロノームなんて,
 片手間で作れるもの。

3.ゼンマイ巻かなくても,カチカチ動くのは凄いかもしれない。
 太陽光発電とかで出来るかもしれない。ただ,カチカチと物理的に動くのはちょっと難しいかな。そこまでのエネルギーが必要ならば,それなりの太陽パネルが無いと。

4.難しい事言わずに,コンセントに指せばよいとか。


いろいろ考えたけど,1に戻ると思う

誰も欲しくないのが一番ダメ。

Q世界史:「皇帝」と「王」のちがいは?

「皇帝」と「王」のちがいはなんですか?

あと、神聖ローマ帝国のオットー1世は『王』ということで良いのですよね。そうすると、皇帝は誰だったのですか?

Aベストアンサー

王の上位者が皇帝。

神聖ローマ帝国の場合は帝国を構成する各国を支配する王などから選挙で選ばれて帝国全体の統治者となったのが皇帝。

>あと、神聖ローマ帝国のオットー1世は『王』ということで良いのですよね。そうすると、皇帝は誰だったのですか?
オットー1世が東フランク王国の王でドイツ帝国の皇帝。

日本で言えば殿様(王)と徳川将軍(皇帝)の様な関係。

Q絵の描き方について。 私は幻想的というか空想的な絵を描くのですが、部活中にその絵の続きをしていたとこ

絵の描き方について。
私は幻想的というか空想的な絵を描くのですが、部活中にその絵の続きをしていたところ
先生が来て褒めてくれた後に先生がこれは(描かれている物をさして)どうしてここに描いたの?
なんでここにはなにも描かれていないの?と聞いてきました。
私はとても焦りました。私が絵を描くときには頭にここにこれが入るとかを感じて描けます。
その時の気持ちや、表したい気持ちの形を頭に出してから描きます。
でも自分が絵を描いて自分だけが満足するのは違うと最近知りました。人にどう感動させるかが大事などなど…
先生は絵画をやられています。少しでも経験のある人の話が大事なのもわかります。
絵をどう描いたとかそういうのは描いている間に感じたものがこの形だったというのはダメなんでしょうか?テーマはどうしても最初に考えなければならないのでしょうか?
前の先生に戻してくれぇ…なんて。はぁ。全部言った方がいいですかね?どうしよう。

Aベストアンサー

>人にどう感動させるかが大事などなど…

そんなことを考えた時点でそれは「芸術」ではなく「芸能」になってしまいます。
他人の目を意識して物事を行うというのは、ある意味でとても卑しい事です。
まず、自分が描きたいものを描く。
それを見た人が感動すればそれでいいし、感動しなくてもそれでいいじゃありませんか。
自分が感動できればいいんですから。

指導をされている先生はおそらく理詰めで絵を考えよう、見ようとしているんでしょう。
あるいは自分の感受性の無さを作者の言葉で補おうとしているのか。
きっと幼いころから絵を「勉強」してきたのでしょう。
いちばん大切な「楽しむ」と言うことを忘れているように思います。

人に感動を与えることを第一に考えて描く画家を「商業画家」と言います。
テーマを与えられて描くイラストレーターや昔の看板屋と同じです。

どちらがいいとも一概には言えませんが
そんな大人の世界(笑)に入るのはもっと後からでもいいんじゃないかと思います。


人気Q&Aランキング