すべての銀行の全支店名(あいうえお順)とそれにたいする支店コードがのっている表ってどこかありませんか?URLを教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

kasmatさんのご回答にもありますが、どうやら全銀協から「買う」しか方法が無いようです。

そもそも都銀を始め各金融機関も全銀協から購入しているそうです。

金融機関でパソコンのデータサ-ビス(取引商会や総合振込・給与振込など)の契約をすれば、その際は必需品ですので金融機関コード表のコピーはもらえます(支店コード含む)。この場合でも変更があればその更新は各自で行う事になります。(最近のwin版はオンラインでアップデート出来る物が出来ているとの事で私も待ち望んでいる所です)只、今回の三井住友銀行の合併発足に関してはデータ変更が多大で有るので、おおよそ各社対応している用ですが・・・。
あとは気休めで、しかも気の遠くなる方法ですが(笑)、各金融機関のHPでは金融機関コードは載っていないものの、支店コードを表示している物も結構有りますので、HPを睨んで(笑)一つ一つチェックしていくしか手がありません。各金融機関のHPへは、kasmatさんご呈示分と同様になりますが、全銀協のHPからリンクすると便利です。(参考URL)
勿論、yukino211さんがお探しの様なサイトが有れば、私は無茶苦茶嬉しいですね(笑)。おそらく他のご解答者の皆様もご同様でしょう。

ちなみに、大変差し出がましいですが、都銀8行のコードを申し上げますと、
0001第一勧業銀行
0003富士銀行
0005東京三菱銀行
0006あさひ銀行
0008三和銀行
0009三井住友銀行
0010大和銀行
0011東海銀行
となります。

あと、信用金庫です。http://www.shinkin.co.jp/

参考URL:http://www.zenginkyo.or.jp/gaiyo/gai04.htm
    • good
    • 0

他の方の回答に便乗させていただきます。

前の方のかいた「金融機関便覧」の出ているリンクにある「金融機関・店舗情報CD-ROM」もけっこう良いです。
値段が便覧よりも高いぶん、農協等の支店コードまで出ています。
またデータ処理型であれば、CSV形式のファイルも入っておりますので、自由に加工ができます。追加料金を払えば毎月の異動情報も送られてくるそうです。(ただし、こちらはPDF)
    • good
    • 0

うちの会社では金融機関コード便覧というのをわざわざお金を出して買ってます。


この本にはご希望のものは完璧に載ってます。
銀行ってしょっちゅう、つぶれたり、ひっついたり、支店だしたりつぶしたりして
ひっきりなしにコードも変わるので、コードのメンテナンスも多分大変で、だから商売になると
思うので、ただでは難しいのではないでしょうか。

参考URL:http://www.zenginkyo.or.jp/kanko/kanko.htm
    • good
    • 0

金融機関名は見つかりましたが、読み・支店がありませんね。



参考URL:http://www.imasy.org/~yotti/bankcode.txt
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀行 銀行支店名の英字表記を教えてください。

おねがいします。直接経理に関係あるわけではないのですが、カテゴリーがみつからず、すみません。
海外送金の際、必要になりましたので教えてください。
UFJ銀行の尾山台支店、三井住友銀行の新宿西口支店の英字表記を教えてください。 おおもとの銀行名、そして支店名ともお願いします!

Aベストアンサー

三井住友銀行は現在使ってますので
 SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION
 SHINJUKU-NISHIGUCHI BRANCH
UFJ銀行は、
 UFJ BANK LIMITED
 OYAMADAI BRANCH
でいいと思いますが。

Q簿記の試算表・精算表

試算表・精算表の問題で、私は毎回、全訂正仕訳について仕訳を単に列挙し、計算に入れたものにチェックしていく方法で作成していますが、時間がかかってしまいます。

仕訳の列挙、計算への入れ方、またはその他で何か効率的な方法がありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

NO1の方同様です。

列挙→転記→チェック

というのが基本で、

それで時間がかかるのは列挙に時間がかかっているからではないですか。

試算表、清算表なんて出題のパターンが決まってますから、
出た問題をさくさくと書き出していくだけで、
あとは流れ作業ですから、

それに時間がかかるということは、
仕訳に時間がかかているということで、
それらのパターンに慣れていないと言うだけだと思います。

いくら早く仕訳をしても、転記間違いなど、
後からやり直すことになると、やはり一覧の列挙を
しておかないと、余計に時間がかかることになります。

過去問を10題くらいすれば、
ほとんど全てのパターンをこなすことができますから、
あとは、それをスピーディーに仕訳できるように
数をこなしていくだけです。

Q連結貸借対照表と単独貸借対照表どっち?

貸借対照表でソニー、松下、シャープを比較したいんですが、
連結貸借対照表と単独貸借対照表どちらで比較すればいいですか?

Aベストアンサー

近年の比較なら、連結です。

Q源泉徴収税額表の日額表の見方

日当の支払実額が5千円の場合、(一)列のその日の社会保険料等控除後の給与等の金額欄にある5千円から見て、源泉税が300円になるという理解でおりました。しかしながら、支払実額5千円の場合は、340円が源泉税額となると指摘されました。つまり、(一)欄の額は、すでに源泉税額を含んだ金額で見ないといけないとのこと。その場合の課税所得の求め方(税率等)が分かりません。一体5千円の場合の源泉税はいくらが正しいのでしょうか? 教えて下さい。

Aベストアンサー

>一体5千円の場合の源泉税はいくらが正しいのでしょうか?

○「支払う給与が【5千円】の場合の日額表の見方は?」という質問の場合は、「源泉所得税額300円」です。

つまり、300円を源泉徴収しますので、受給者が受け取るのは「4,700円」になります。

---
○「支払う給与が5千340円の場合の日額表の見方は?」という質問の場合は、「源泉所得税額340円」です。

340円を源泉徴収しますので、受給者が受け取るのは【5千円】になります。

※どちらも、社会保険料控除等0円、乙欄適用の場合です。

『[PDF]平成25年分 給与所得の源泉徴収税額表(日額表)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2012/data/02_1.pdf

*****
(参考)

『[PDF]税額表の使用方法、税額の求め方』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2012/data/06.pdf
『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
---
『国税局・税務署を調べる』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『国税庁>ご意見・ご要望』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は税務署に確認の上お願い致します

>一体5千円の場合の源泉税はいくらが正しいのでしょうか?

○「支払う給与が【5千円】の場合の日額表の見方は?」という質問の場合は、「源泉所得税額300円」です。

つまり、300円を源泉徴収しますので、受給者が受け取るのは「4,700円」になります。

---
○「支払う給与が5千340円の場合の日額表の見方は?」という質問の場合は、「源泉所得税額340円」です。

340円を源泉徴収しますので、受給者が受け取るのは【5千円】になります。

※どちらも、社会保険料控除等0円、乙欄適用の場合です。

『[PDF]平成2...続きを読む

Q大至急!給与支払報告書総括表・法定調書合計表の提出先

はじめての年末調整・法定調書作成がやっと終りそうです。
ところが、今疑問に思ってしまいました。

各市区町村ごとで給与支払報告書総括表を作成しました。
法定調書合計表も作成しました。

法定調書合計表は所轄の税務署ですよね。
給与支払報告書と総括表はその市区町村へ提出ですか?

作成したのをどこにどのように提出すればよいのでしょうか

明日期限ですよね
すみません!教えてください。

Aベストアンサー

法定調書合計表は、会社の所轄税務署へ提出する事となりますが、給与支払報告書は、基本的には会社の住所地は関係なく、それぞれの従業員の住所地へ提出すべき事となりますし、総括表も、それぞれの市町村ごとに作成すべき事となります。
提出自体は郵送でも可能ですし、到着が遅れたとしても、特に問題はありません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報