筋トレ→休養で超回復により筋肉が作られるというのは分かります。

では、休養期間を作らずに延々と毎日筋トレした場合はどうなるのでしょう?
超回復が追いつかず、疲労疲弊した筋肉はどんどん細くなるのでしょうか?
結果的に筋肉量も落ちますか?

A 回答 (5件)

筋肉をつけることを本気で考えた場合は、足りないですね。



クライミングだけでなく、スポーツで筋肉を追い込むことはできないです。
スポーツとトレーニングは、ある意味正反対のものです。

スポーツは点数を取ったりゴールに球を入れたり、相手に勝ったりするのが目的です。
そのためには、なるべく体力を無駄に消費せず、疲れないでやるのがベターでしょう?
ボクシングでもサッカーでも、試合中にスタミナを消費して後半ヘトヘトだと、実況やサポーターにバカだとか戦略ミスだとかボロカスに言われる。
クライミングも、なるべく登りやすいルートを選んだり、反動を利用したり、全身のバネを使ったり、腕の力に頼らず、負荷を分散させたり、無駄に筋力を使わずにやるでしょう?

でも、トレーニングは逆でしょう。
とにかく早く効率よく疲れさせるのが目的です。だから、あえて筋トレはその部位の筋肉だけを苛め抜くようにやるわけでしょう。
腹筋を鍛えるのに反動を使ってはいけないとか、背筋を使ってはいけないとか。他の部位を利用すればできてしまうことを、あえて逃げ場を作らないようにフォームを整え、鍛えたいところに集中して負荷をかけて追い込むわけです。よく、腹筋を何回もできるという自慢をする人がいますけれど、何回もできるなら鍛えられていないということですよね。


実戦的・技術的な練習と、筋力などの体力をつける練習では、目的設定が全く違うということを理解していなければなりません。実戦では自分の体力もつくかもしれませんが、あくまで筋肉の使い方やセンスを頭と体に覚えさせるもの。筋力トレーニングやランニングは、そういう実戦で臨んだ動きができるように体力や筋力の底上げを図るものです。

同時にやったとしますよ。
限界ぎりぎりの負荷がかかる実戦の練習をしたら、動くのが精いっぱいでろくな動きができませんよね。
逆に実践同様の内容で筋トレしても、今度は負荷が足りずに筋肉が尽きません。

クライミングも確かにやってるだけでもある程度たくましくはなるだろうけれど、バランスを取ったりしなければならないし、負荷がそこに集中しないようにかばっているわけです。もう1回もできない負荷でやるというのをクライミングでやると、落ちるってことですよね。
いちいち落ちていたら、効率悪いです。

ですから、普通は鍛えたいところを絞って、筋トレのような部位別のトレーニングメニューを行うわけです。

筋肉痛というのは、たとえ効いていなくてもなってしまうものなのです。
逆に筋肉痛になったからと言って、トレーニングが効いているというわけでもないんです。
詳しくは勉強してほしいですが、筋肉にエキセントリックな刺激を与え、かつ弱くてもじっくり負荷をかけていると、次の日当たりに筋肉痛にはなりやすいのです。でも、それだけでは決して筋肉が発達する運動ができたという証明にはならないんです。
ちゃんと鍛えると、そりゃ日常で持ってるものはモテるかもしれませんが、同じトレーニングを翌日に行うってことはまずできないぐらい筋力は低下したままなんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>筋肉痛というのは、たとえ効いていなくてもなってしまうものなのです。
>逆に筋肉痛になったからと言って、トレーニングが効いているというわけでもないんです。
これは目から鱗でした!
クライミングジムの方々は基本的にクライミングがほとんどで、筋肉痛=筋肉付くよ、という考えで教えられていたので、きちんと自分で勉強し直してみます!

お礼日時:2017/04/28 08:06

筋トレというのは、基本的にオールアウトと言って、もう1回もできない限界まで行うのが基本です。


変な精神論を言ってるわけではなく、そういうものです。
余裕がある重さでやったり、まだあと数回できるのに辞めたりするということは、現在の筋力でも問題ないということです。現在の筋力で十分できる内容なのに、現在よりも筋力が発達することは無いです。基本的に効率の良い負荷は最大筋力の80%程度。歯を食いしばっても10回ぐらいしか繰り返せない重さがベストです。それをさらに休憩をはさんで2セット、3セットと繰り返して最後は休んでも1回もできない感じになってその部位は終了です。

で、普通はそうやるんですが、そうすると1日で筋力が戻ることなどありません。次の日もヘナヘナとなって腕も動きません。
脚もよろけてしまいます。どうしたらなるべく疲労を早く回復させられるかというのは、みんなが悩んでいることで、そのためにBCAAを使ったりタウリンを飲んだり、みんなサプリにお金を使ってしまったりします。

だから毎日筋トレなどできるわけが無いのです。どうせやったところで、普段20kgの負荷で焼てるはずのことが10kgとか12kgでフニャフニャと上げ下げしても何の意味も無いことをみんなわかっているし、また最低でも前回と同様の筋力が戻るまではやろうとも思いません。


だから、筋トレを毎日しても良いのか否かという質問は、筋トレがどういうものなのかをまだ知らないからだということになります。
もちろん、軽い筋トレでは効果がゼロかというと、そうではありません。たとえ効率わるくても、ちょっぴりはプラスにはなるでしょう。
その内容であれば、最初から筋トレの頻度をきにする内容ではありませんよね。

やはり普通は、休みの頻度やプロテインの有無や、いつの時間帯が効率が良いかなんて事より、まず筋トレの内容を勉強して覚えるという事が先だと思います。で、だんだんその他の重箱の隅をつつくような情報も気になってくるものだと思います。
休憩が必要なほど追い込んで初めて、休息をとるサイクルの話になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
確かにクライミングなどをするとその日はもう重い物を持てないくらいになります。
しかし翌日は筋肉痛にはなっても重い物はフルパワーでないにしても持ててしまうのは追い込みが足りないという事でしょうか?

お礼日時:2017/04/28 07:31

自分の経験からいうと


ある一定まではつくけどその先は伸び悩みます
ですが減っていくということはなかったです
食事と睡眠さえ気をくばれば体が順応していくのかなと思います
ただ既に鍛え上がったかたが今まで休養をとっていたのをやめ毎日限界まで筋トレを行った場合はおそらく痩せていくと思いますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうとざいます!

お礼日時:2017/04/28 07:30

毎日無理をしてしまうと、筋肉が疲れて筋力量も落ちます。


ですから筋肉は意外と神経質の箇所があるかも知れないですね。

筋トレ(疲労)→休養(超回復)がunejotatehoriさんのいう通り筋肉をつける為には必須です。
あともう一つだけ栄養も付けていて下さいね。
要は、【疲労】と【休養】と【栄養】が、基本的な筋肉づくりの3要素です。

でも休養期間をとらないで、毎日、その休む暇もなく筋トレをやっていると筋肉自体が疲れ果てちゃうんですよね(-_-)
ですから筋トレをイッパイやっても、筋肉が付かないどころか逆に筋肉が、今より減ってしまいます(細くなってしまう)

もちろん細くなるとしても限度があると思いますけどね。
とにかく体が疲れていますので、最後に一番怖い怪我の要因ですよね(>_<)

その休養不足の時の心理は「疲れたよ~(._.)」とか「やる気がでないよ~(;_:)」とかです。
でも休養が多すぎてもダメです。
例えば1週間に1回の筋トレは・・・効果が下がります。
   2週間に1回の筋トレは・・・効果なしです。

でもその休養があっても、筋トレを普通にやっていても、しっかり栄養をとっていても、筋肉は細くなる事があるんですよ。
それを期分けで説明します。
【Aさんが筋トレをやり始めました】
第一期→1~2週間「筋肉痛で痛いよ(>_<)」
第二期→3ヶ月間「筋肉が前よりも、付いて来たぞ~やった(^◇^)」
第三期→以降「筋肉が今までの筋トレで慣れまくってしまって、太くならなくなっちゃったよ。逆に何か細くもなってきたような気がするよ」
という事で、細くなることもあるみたいですよ。  ピリオタイゼーション(期分け)から。
筋肉は常に感情心をもってます。

つまり、常に向上した筋肉がほしければ3~4ヶ月ごとに、
新しい刺激(回数・時間・重量をうまく増やす、+スロトレ、違った種類の筋トレ等々を...とにかく大変にする事が基本的)を与えないといけないんですよね。

unejotatehoriさんは筋トレを始めるんですか!?
これを覚えておくと筋肉をつけるのに有効な要因となりますよ。
大きな筋肉→小さな筋肉の順で筋トレをやる事です。
●それが例えば、小さな筋肉の腕の筋トレからやって、疲労が蓄積した状態で、
 次に大きな筋肉の胸の筋トレをしようとしても疲労蓄積の為に、十分にそこの大きな筋肉を筋トレしないまま終わってしまうからです。

でも、とにかく筋トレは継続です。
やって行く内に、だんだんと覚えて来るんですよね。
自分は始めは失敗した方がいいと思うんですよ。
それから例えば本を読んで、その失敗に気付く事がいいと思いますけどね。そうすると身に染みて理解しますよ。自分がそうでした。
ですから、
筋トレを継続して行く内に段々に「あッ、そうなんだ~>^_^<」って、徐々に本読みながらでも、
人に聞きながらでも覚えて行ってくれればいいと思いますよ。
気持ちゆっくり!筋トレをやって行きましょうよ(^。^)y-.。o○
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます!
少し前から筋トレをしているのですが、特に足腰、特に腹筋が太くなっていく一方なのです…。
因みに食事内容は変えてません。
徐々に調べながらやってみます!

お礼日時:2017/04/28 07:30

筋トレは、筋肉を「破壊→(24~48時間かけて徐々に)修復」のパターンで増える仕組みなので、十分な休養日をとらないと増えないどころか筋肉量が落ちて痩せ細っていきます。


http://www.cramer.co.jp/training/rest_3.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2017/04/28 07:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q筋トレについて調べているのですが、筋肉を痛め超回復で筋肉を肥大させてい

筋トレについて調べているのですが、筋肉を痛め超回復で筋肉を肥大させていきますよね。
それでは毎日30回腹筋ぐらいでは意味ないでしょうか?
ずっと毎日続けてきたのですが、見た目にでるほどムキムキでもないですし、無駄だったのでしょうか?

Aベストアンサー

自重の腹筋運動を毎日30回行ってるようですが、無駄ではありません継続される事で効果が出てきますしテニスに於いても腹部の筋肉は必用です。
自重の腹筋運動ですとムキムキにはなりませんが引き締まる程度ですが腹部が硬くなります、ムキムキにするには高負荷低回数のウエイトトレーニング(筋トレ)が必用になります。

自重の場合ですと回復が早いので毎日行っても構いませんが、疲労が強い場合は休息日が必用です。
高負荷低回数トレーニングを行った場合に筋肉疲労が強く筋肉にダメージが加わりますので回復するには休息日を1日~3日程度取る必要があります、場合によってはもっと取る場合もありますがこれは疲労度とダメージを受けた筋肉の回復の関係で休息を取る必要があります。
筋肉にダメージを受けて回復しますと筋肉はトレーニング前よりも太くなり強くなりますこれが超回復理論と言われてます。
「漸進性過負荷の原則」に則って継続されてウエイトトレーニングをされてますと挙上重量も上がってきますし筋肉も肥大されていきますが、まさにそれが超回復と言われる所です。
長期的に継続的にトレーニングをされてますと顕著に解ります。

自重の腹筋運動を毎日30回行ってるようですが、無駄ではありません継続される事で効果が出てきますしテニスに於いても腹部の筋肉は必用です。
自重の腹筋運動ですとムキムキにはなりませんが引き締まる程度ですが腹部が硬くなります、ムキムキにするには高負荷低回数のウエイトトレーニング(筋トレ)が必用になります。

自重の場合ですと回復が早いので毎日行っても構いませんが、疲労が強い場合は休息日が必用です。
高負荷低回数トレーニングを行った場合に筋肉疲労が強く筋肉にダメージが加わりますので回復...続きを読む

Q筋肉痛にならず、筋トレの超回復が分からない

http://okwave.jp/qa1231809.html
という、同じ質問を見つけ読みましたが、自分の場合、筋肉痛があまり起きないので、いま一つ超回復が分かりません。

超回復は、筋トレをして、48時間~72時間ほどで…とWebサイトなどでは、書かれていますが…

まず筋肉痛が起きないのは、負荷が軽いからとか、筋肉の使い方が悪いからと言われるので、
とにかく10回目でもう上がらないと言う位の重さで行い、1回あたり5秒以上、1セット1分はかけるようやっています。

それを3セットを上限とし、できるだけ使う筋肉に意識を集中するのですが、
軽い筋肉痛を感じることは稀で、ほとんどの場合、翌日、翌々日になっても筋肉痛になりません。

筋肉痛にならないので、とりあえず1日置きに筋トレをしていますが、
筋肉痛にならない場合の超回復はいつなのでしょうか。
そもそも筋肉痛にならないのが問題なのでしょうか。

まだ初めて日が浅いので、今の筋トレがいいのか悪いのか結果がでませんが、これでいいのか悩んでます。

Aベストアンサー

>一日置き位で筋トレに励むというのは、さほど間違いはないですよね

間違いかどうかは【行っているトレーニングの】

・強度(一概に重たい重量を扱うから強度が高いとは言いません)
例えばheavy duty的トレーニングは一般的な6~12RMの重量を扱いますが
強度は高いです)

・ボリューム

・筋線維に対しての損傷の与え方

その【期間の】

・栄養摂取

・睡眠量

などに影響されるもので、体重増が起きなかったり、使用重量が伸びなかったり
故障が起きたりしたときに初めて合っていたのか間違いだったのかが
わかります。

>筋肉痛にならず効果が出ない

超回復理論のもっともタコなことの一つですが、
本来、筋肉痛と筋肥大には「特に関係が無いと思っていい」です

>どうもこのまま続けても効果は出ないので、適切なアドバイスのできるトレーナーを探すのが
近道のような気がしてきました。

金を取るトレーナーもかなりタコな人が多いので、、、
基本的には目的を考えると「ボディビルダー」の方について下さい。

>一日置き位で筋トレに励むというのは、さほど間違いはないですよね

間違いかどうかは【行っているトレーニングの】

・強度(一概に重たい重量を扱うから強度が高いとは言いません)
例えばheavy duty的トレーニングは一般的な6~12RMの重量を扱いますが
強度は高いです)

・ボリューム

・筋線維に対しての損傷の与え方

その【期間の】

・栄養摂取

・睡眠量

などに影響されるもので、体重増が起きなかったり、使用重量が伸びなかったり
故障が起きたりしたときに初めて合っていたのか...続きを読む

Q『筋肥大の筋トレ』「生きた筋肉」と「死んだ筋肉」の違いそれと「生きた筋肉」は大事かどうしたらつくか教えて下さい

↓はhttp://oshiete1.goo.ne.jp/qa2936675.htmlのアドレスの補足で質問したものです。僕はこの補足で「生きた筋肉と死んでいる筋肉の違い」を質問しています。だれか詳しい方々この質問の通り「生きた筋肉はどんな筋肉」で「死んでいる筋肉はどんな筋肉」なのか違いを教えて下さい。そして「生きた筋肉は大事」か「どうしたらつくか」
を教えて下さい。よろしくお願いします。


             ↓補足内容
kaneguraさんがだいぶ前に「生きた筋肉」について言っていたのですが
実はお正月に親せきが集まっておじさんに筋トレの話をしたらおじさんも「生きた筋肉」について話してくれました。おじさんは「筋トレをするなら何かスポーツをしろ」と言いました。筋肉というのはつけたからには使わないと意味がないという事ですか?僕は1日の内に筋トレ以外でやる事はそんなに体をひんぱんに動かすほどハードじゃないので極端に筋トレの時間だけ体をひんぱんに動かすだけじゃ生きた筋肉はつかないのですか?僕はスポーツならバトミントンが得意ですがそれをしながら体をよく動かし筋トレで体を鍛えると「生きた筋肉」はつくのですか?よくテレビで見るアスリートは当然ですが鍛えてもいるし試合などや練習で体をひんぱんに動かしています。アスリートは「生きた筋肉」をつけているのですか?「生きた筋肉」をつけなければつけた筋肉はつまり「死んでいる筋肉」になるのですか?アスリートも「死んでいる筋肉」では試合はできないのですか?「生きた筋肉」と「死んでいる筋肉」なにが違うのですか?それと「死んでいる筋肉」は「生きた筋肉」によみがえらせる事はできるのですか?おじさんはちょっとしか
話してくれなくて完全にはわかりませんでした。やはり「生きた筋肉」をつける事は大事ですか?僕もスポーツをやった方がいいですか?ちょっと気になっていたので詳しい方々回答よろしくお願いします。(本当にごちゃごちゃとした質問でごめんなさい)


↓これが過去の筋トレの質問です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2936675.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2474447.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2931604.html

↓はhttp://oshiete1.goo.ne.jp/qa2936675.htmlのアドレスの補足で質問したものです。僕はこの補足で「生きた筋肉と死んでいる筋肉の違い」を質問しています。だれか詳しい方々この質問の通り「生きた筋肉はどんな筋肉」で「死んでいる筋肉はどんな筋肉」なのか違いを教えて下さい。そして「生きた筋肉は大事」か「どうしたらつくか」
を教えて下さい。よろしくお願いします。


             ↓補足内容
kaneguraさんがだいぶ前に「生きた筋肉」について言っていたのですが
実はお正月に親せき...続きを読む

Aベストアンサー

私の名前が出たので書かない訳にはいかないですね(笑)

生きた筋肉の反対は死んだ筋肉とは言えないですが(笑) 皆さんが書かれている様に、生きた筋肉=使える筋肉と表現した方が良いですね!

そもそも、筋トレのフォームは普段の実生活では有り得ない動作ですよね。
胸だけに効かすとか、三頭筋だけに効かすとか、単一的な動作です。

ビルダーの方が読まれていたら申し訳無いですが(汗)
動きがギコチナイ動きします。

ボディビル的筋トレと違い、どのスポーツでも格闘技でも、脚腰を軸として身体全体を使います。
その使い方は、常に反動で力やスピードを生みます。

つまり、反動を使うクイックリフトやパワークリーンやスクワットが複合的に筋肉を鍛える事が出来て、動作の伝達が速くなると私は思っています。

私は、若い頃、空手をしてましたから、筋肥大トレ後、直ぐにサンドバッグを叩いたり蹴ったりしてました。
そうする事によって、よりスピード+威力が増します。

しかし、それなりに身体を筋肉で大きくしてからの話ですよ(笑)

Q筋トレについて質問です。 週2回筋トレをしているのですが、筋肉がはらず(パンパン)にならずに筋肉の痛

筋トレについて質問です。

週2回筋トレをしているのですが、筋肉がはらず(パンパン)にならずに筋肉の痛みがあります。
筋肉痛とは違い、筋トレ最中に限界に近づくとピリピリと痛みが走ります。
この現象は正常なのでしょうか?

Aベストアンサー

再回答です

「筋肉を痛めつける」と表現する人もいるにはいますが、誤解を呼ぶ表現ですね。

何でもかんでも無茶をすれば良いという事ではなく、適切なメニューを適切なフォーム、適切な負荷で行うことが重要です

「筋肉に疲労を与える」という意味では「痛めつける」と表現することもできるかもしれませんか、「とにかくがむしゃらにやれば結果が出る」というのとは全く違いますし、それでは故障の原因を作っているだけのことです

私も10年ほどトレーニングしておりますが、同じ種目でも毎回と言っていいほど新しい発見がありますし、日々勉強です。

素人さんがマッチョなトレーニーを見ると、根性だけで結果を出しているように見えるかもしれませんが、実は相当な知識とセンスがなければなし得ないものです。

そう言った意味で、トレーニングは科学であると常々感じますね。

Q筋トレは筋肉痛が治まるまで休養すべきですか?

 こんばんわ。当方31歳、身長178cm、体重80kgの男です。
質問を読んで頂き、ありがとうございます。
腕の筋力を上げるためにダンベルで筋トレを始めたところなんですが
翌日から筋肉痛がありました。かなり限界までやりましたので。
そこで質問ですが、筋肉痛が完全に収まるまで待ってから筋トレを再開すべきでしょうか?それとも少しくらいの筋肉痛なら大丈夫なのでしょうか?最初の筋トレを行ってから今日で二日目です。まだ少し筋肉痛が残っています。

筋肉痛は一度筋肉が壊れたため生じ、2~3日待つことで超回復し筋力アップするというメカニズムと聞きました。筋肉痛が少しでもある状態では筋肉は再生強化中ですから、筋肉痛がなくなるまで待つべきかどうか迷ったため質問させていただきました。

お詳しい方、宜しければご回答いただけると幸いです。

Aベストアンサー

お礼、ありがとうございます。
先ほどの回答にも書きましたが、多少の筋肉痛が残っていても、気にならないのであれば、トレーニングするのは問題ないと思います。
軽くアップしてみて、今日はいける、痛みも気にならない、と思えるなら、私ならやってしまいます。
筋トレを続けていくと分かりますが、最初はキツイ筋肉痛があっても、トレーニングを日常的に行なう事で、以前ほどの筋肉痛は得難くなってきます。これはトレーニング強度や部位にも寄りますが、上腕二頭(いわゆるちからこぶ)は、私は今では中々筋肉痛にはなりません。
おそらく、私のように上腕二頭が筋肉痛になりにくい、といったトレーニーは結構いるのではないかと思います。
ですので、最初のうちは筋肉痛を目安にするのも良いですが、継続していくのであれば、筋肉痛を目安にすべきではありません。危険です。
なお、トレーニング前のストレッチは、トレーニングにはあまりよい影響を与えないと言われていますので、個人的には軽い負荷でUPするだけで十分と考えています。トレーニング後のストレッチも、私の場合はどちらかといえば、痛めた部位がないか、今日のトレーニングでの疲労度はどんなものかを確認する意味で軽く行なうだけで、必要以上にはしません。疲労さえ抜けてしまえば、問題は無いと考えます。
トレーニングをしない日に、稼動域を確保するストレッチは行ないますが・・・
私はそれなりにトレーニングを継続してきていますが、アイシングは基本的に痛めた直後や予想以上に無理の掛かった場合にしかしていません。高回数で負荷の掛かった場合などは必要かと思われますが、筋肥大目的のトレーニングでトレーニング後のアイシングは基本的には必要ないと考えます。(必要以上に暖める事もありませんが)

とりあえず、ネットでまともな知識を得るには、取捨選択するための知識も必要になってきます。出来るなら、最初は本から入った方が良いと思います。そうでないのなら、このカテでは、回答している人を絞った方が良いです。

最後に、先述した乳酸の問題ですが、解糖系のTCA回路で酸素不足に陥ると乳酸が発生します。乳酸はビルビン酸となり、ビルビン酸はアセチルCoAとなり、クエン酸回路イ入り、心臓のエネルギーや有酸素代謝のエネルギーになります。
http://hobab.fc2web.com/sub4-AST.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%B3%E9%85%B8

お礼、ありがとうございます。
先ほどの回答にも書きましたが、多少の筋肉痛が残っていても、気にならないのであれば、トレーニングするのは問題ないと思います。
軽くアップしてみて、今日はいける、痛みも気にならない、と思えるなら、私ならやってしまいます。
筋トレを続けていくと分かりますが、最初はキツイ筋肉痛があっても、トレーニングを日常的に行なう事で、以前ほどの筋肉痛は得難くなってきます。これはトレーニング強度や部位にも寄りますが、上腕二頭(いわゆるちからこぶ)は、私は今では中々...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報