イーベイ等で主に海外の個人向けに衣類の販売を行っているのですが、この程アメリカのとある業者に計20点、10kgほどの商品を送ったところ、しばらく税関で足止めされた上に返却されることになってしまいました。(先方の業者が税関で聞いた話で、今はまだ手元に戻っていません。)

私も先方も輸出入には素人で、返却理由がよくわからないため色々と調べていたのですが、その過程でとあるサイトにインボイスについて以下のように書かれているのを見つけました。

---引用開始---
コマーシャル・インボイスとは?
コマーシャル・インボイスは輸出者が輸入者宛に作成する貨物の明細書で、輸出入通関の際に税関当局に提出しなければならない重要な書類です。書類上の不備は通関手続きの遅れにつながることがありますので、必要事項を漏れなく正確に記入してください。

どんな貨物に必要?
書類以外のすべての物品を海外へ発送する場合に必要です。
---引用終了---

郵便局のEMS等で発送する場合、フランスや中国向けではインボイスを求められますが、それ以外では求められたことがありません。ここに書かれていることは、郵便局での海外発送は含まれないのでしょうか?

同じサイトに掲載されていたインボイスのサンプルを見たところ、郵便局のものとは似てはいますが、微妙に違っています。これらは似ているだけで直接関係ないのでしょうか?
どうもこれらの関係がわかりません。
どなたかご教授頂けたら幸いです。m(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

本来、インボイスは消費税が存在する国での商取引(金銭の授受がでる取引)すべてに関して必要です。

輸出入、国内取引を問いません。
これは消費税、関税の税額を確定させるためです。
ヨーロッパ諸国では消費税額が高いためこのルールが厳密に適用されている国が多いのです。
日本ではインボイスに基づく消費税の税制になっていないため、なじみがないのが実情です。しかし、将来消費税が10%を超えるような状況になればインボイス提出の義務づけが真剣に議論されるのではないかというふうに個人的には考えています。(益税の排除が目的です。)
ネットオークションは商売の取引ではないという感覚が利用者にあるため違和感をもたれることはごもっともと思いますが、現物を売り、現金を受け取る以上は金額と商品の量が少ないだけで通常の業者間の取引となんらかわらないわけです。(ここまで前置きですみません)
お尋ねの輸出入に関していえば、旅行者の持ち込み免税金額を下回るような取引に関しては税関での差し止めは発生していなかったが、金額、数量が多かったためお尋ねのような状況になったのではないでしょうか?
また、インボイスは販売者(名前、住所、連絡先)、購入者(名前、住所、連絡先)、物品名及び数量、金額、発行日付、インボイス番号(勝手にふってよい、個人間取引では無くても可)、インボイスであることを示すINVOICEの記述があれば書式は問いません。サンプルを参考にして多少変えても問題ありません。
以上を参考にしていただき、次回からスムーズに運ばれることを期待します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々とご丁寧にありがとうございます。
インボイスの書式は固定されたものがないことを理解しました。
しかし、郵政公社のサイトなどの資料http://www.post.yusei.go.jp/service/intel_servic …
などを見ますと、米国などでも商品でなければ、インボイスが必要ない場合が多いようです。
その後、関税法などを見ましたが、郵便物の場合はいくつか例外があるようですね。

お礼日時:2004/08/31 01:20

アメリカは海外からの繊維製品の輸入に関してうるさく、商用の場合はビザ(査証)が必要です。

 個人宛てに少量おくる場合は問題ありませんが、業者向けに大量に送った場合、ビザの関係でトラブっているのだと思います。

参考URL:http://www.kuronekoyamato.co.jp/ups_wwe/ups_wwe_ … http://www.murata4.co.jp/10online/02hanbai/03kai …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ビザが必要だとは知りませんでした。やはり業者向けとなると、郵便局経由では難しいのでしょうかね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/31 00:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q無償貨物と有償貨物の違いについて

有償貨物(Commercial Value)と無償貨物(No Commercial Value)の違いについて教えてください。

内製ソフトのCD-ROMを'No Commercial Value'として中国に輸出(発送)しました。
基本的には全て業者さんにお願いしているため、発送の詳細等は業者さん任せなのですが、中国の荷受企業から「'Commercial Value'でなければならないのでは?」と連絡がありました。
今まで他国には同様にCD-ROMを発送していたのですが、特に何の指摘もなかったために、全く意識したことがありませんでした。
そこで、'Commercial Value'と'No Commercial Value'の違いについてと、実際どうするべきなのかを教えてください。
素人の質問で大変申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

有償であれば通関金額(通関時申告金額)と決済金額が一致するという原則があります。(例外はあるが)
また経理的には、その会社の売上金額(輸出なら)と、あるいは仕入金額(輸入なら)と通関金額が一致するはずです。

輸入国側で、無償のINVOICEで輸入通関すると、決済(送金)できないことになります。無償とはそういう意味ですから。日本では外為自由化が進んでいるので、輸入貨物代金の送金といえば通関書類のチェックまで銀行はしませんが、無償輸入通関なのに送金が出えてくればおかしい。事後に税関や税務署の監査があれば、おかしいことがばれます。

逆に、輸出通関が無償になているのに入金すると上記同様おかしい。ただ監査が常時行われる大手企業と違い、小さい金額ならそこまで考えなくてもという意見もあるかもしれません。輸出の修正申告はこの意味で言いました。

QEMSのインボイスはどうすればいいの?

イギリスに物品(食べ物)を10キロほど送りたいのですが、EMSの物品用伝票はもう手元にあって、あとはINVOICEを作るのみなのですが、INVOICEはどこに入れれば良いのでしょうか?ダンボールの中に入れれば良いのでしょうか?ということは一度ダンボールの中を開けられるということなのでしょうか?その辺のことが詳しくEMSのサイトには書かれていなかったので分かる方いましたら教えていただけると助かります!

Aベストアンサー

>EMSで物品を送る場合、大したものを送るのではなければインボイスは別に必要ないのでしょうか?


書類など以外は必要です。大した物か大した物でないか、なんて基準はどうするのでしょうか?その価値を示すのがInvoiceです。
何度も言いますが、Invoice=送り状ではありません。辞書に送り状と載っているのは、おそらく、物品を送付する際に物品の価値などを記した書類、という意味でしょう。ちょっとずれていますね。

「国際郵便小包」はAir Percelと言ってEMSとは違います。これは、インボイスは必要ありません。


それと、インボイスは中に入れるのではなく、箱の外側に貼り付けます。
通関で使うわけですから、箱を開けずに中のものを説明するためです。

Qインボイスの書き方(輸入時)

こんにちは

外国の友人に、数店舗の現地の店から商品を買ってもらい、
一度に輸入したいと思っています。
日本での販売目的です。

輸入の際、通関に必要だということで
「インボイス」というものを初めて書いてもらおうと思うのですが、
どんな項目を記載してもらったらいいのでしょうか??
何か決まったフォーマットがあるのでしょうか。

店舗の商品明細&領収書は代わりにはなりませんか??

スペイン語圏からなのですが、英語で記載するんでしょうか??
すごく素人ですみません。

インボイスの書き方がわからなくて…
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
NO.2です。
インボイスを同梱(箱の中に製品と入れてしまう)のは
オススメ出来ません。
スペイン、日本双方の郵便局でインボイスが見つからないからと
開梱され不必要なまでに中を改められる・・・
製品の破損や紛失の可能性があります。
日本では、破損するような乱暴な取り扱いはしないと
思いますが、海外ではよくあることなのと、
日本で開梱され書類の捜索と現品チェックとで
通関に時間が掛かってしまい、受取日に
遅れが生じる可能性があります。

分かりやすいのは
インボイスを複数枚(4枚位でしょうか、、、)
封筒に入れ、箱の外側に封筒をしっかりと貼り付け、
(その際、封筒の封はしないで、口部分だけは
取り出し出来るよう、箱にテープ張りしないで。)
封筒外側に、INVOICE とマジックででも書く方法です。

後、郵便局によっては、
国際郵便の伝票 (インボイスとは別に、日本の郵パックで
出すときのような貨物に貼り付けるタイプの
送り状が必要で、これは必ず、スペインの郵便局にも置いてある筈です。
日本ですとEMSや航空小包でこのような伝票が
必要となります。恐らく似たような形式だと思います。)
にインボイスを挟みこんで置けばいいですよ、、、というところや
貨物の外装箱に少し切り込みを入れ、
そこにインボイスを挟んでおけばよいというところもあります。
(私もそのような形で出荷したことはあります。)
ただ、その場合、どこかでインボイスが落ちてしまったりして
日本に着荷した場合にはインボイスが見つからず、
やはり開梱されその挙句にインボイスが見つからないので
インボイスを郵便局に持参して下さい、、、と
いう通知がくる場合もあります。

尚、荷物が少量・小アイテムの場合、
上述の伝票の記載事項を全て満たせば、
インボイスが不必要な場合もあります。
(伝票の記載内容も、ほとんどインボイスの記載内容と
同じなので)。
これは発送地の郵便局の判断によります。
でも、念のためにインボイスは作ってもらい付けておいて貰うほうが
ベターです。(日本サイドで確認されることがあるので。)

伝票の雛形はないかと
スペインの郵便局のHPをみたのですが、
フォームを開こうとすると残念ながら私のパソコンでは
エラーが出て見れませんでした。。。
一応、リンク欄にスペインの郵便局のURLを貼っておきます。
また、EMS伝票の雛形は
郵便局のHPで確認できますので、
ご友人には、このスペイン版と言っても
お分かりになっていただけると思います。

日本のEMS伝票の雛形↓
http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2007/topics/kokusai_label/yu01647.pdf

長文になってしまい、かえって分かりにくくなったかも
しれません。ごめんなさい。
お役にたてば幸いです。

参考URL:http://www.correos.es/ENG/08-AtencionCliente/0808_b-EnviarPaquete.asp

こんにちは。
NO.2です。
インボイスを同梱(箱の中に製品と入れてしまう)のは
オススメ出来ません。
スペイン、日本双方の郵便局でインボイスが見つからないからと
開梱され不必要なまでに中を改められる・・・
製品の破損や紛失の可能性があります。
日本では、破損するような乱暴な取り扱いはしないと
思いますが、海外ではよくあることなのと、
日本で開梱され書類の捜索と現品チェックとで
通関に時間が掛かってしまい、受取日に
遅れが生じる可能性があります。

分かりやすいのは
インボイ...続きを読む

Q貿易の通関用インボイスと商業用インボイス

貿易で使うインボイスには主に通関用と商業用のインボイスがあると思うのですが、用途の違いはわかるのですが、どのように通関で使われるのか、又どのように流れるのかの違いがよくわからないので、どなたか詳しい方、教えて下さい。時々、海外のお客から低く金額が設定してあるインボイスがくるときがありますよね。これは、輸入用(現地通関用)としてお客に送り、エア/クーリエの場合はこっちをattach(通関でチェックされる?から、書類的には現地(海外)にいってしまうのがわかりますので、輸入用と一致させないといけませんよね?)して、支払用と日本通関用は(日本側では正規の値段をきちんと申請するとして)別途商業用インボイス(こちらの売値)を日本側の乙仲とお客に送る・・というやり方は解釈としてあってるのでしょうか?(インボイスを分けるのは違法だと思うのですが、この際は質問ということで無視して下さい。)日本の通関で使った書類もしくはデータ等は、現地に行くのでしょうか?船/エア/クーリエ、それぞれの場合どうなるのか、教えて下さい。
質問を書面にするのがなかなか難しくて支離滅裂だとは思いますが、わかる範囲・理解できる範囲で結構ですので、ご回答下さい。よろしくお願い致します。

貿易で使うインボイスには主に通関用と商業用のインボイスがあると思うのですが、用途の違いはわかるのですが、どのように通関で使われるのか、又どのように流れるのかの違いがよくわからないので、どなたか詳しい方、教えて下さい。時々、海外のお客から低く金額が設定してあるインボイスがくるときがありますよね。これは、輸入用(現地通関用)としてお客に送り、エア/クーリエの場合はこっちをattach(通関でチェックされる?から、書類的には現地(海外)にいってしまうのがわかりますので、輸入用と一致させ...続きを読む

Aベストアンサー

>エアの場合、付いていってしまうのが原則なら、輸入用のインボイスをお客に送付する必要は無いってことなのでしょうか?

その通りです。ただSHIPPING ADVICEとして、FAX/E-MAILで送ってあげた方が親切かもしれません。

>送付しなければいけないのなら、金額は、通関用と商業用で分かれる場合、attachするものと輸入用(後日送付するもの)は一致させなければいけませんよね?

違法な形でのINV使い分け(特に金額)は駄目なのは説明しました。

意味分かりにくいですが、三国間貿易(BUYER=入金先A国、貨物B国へという3国間)のときは、日本通関用のINVを貨物に添付するのはまずいですよね、元来はAからBからのINVOICEを取り寄せ貨物添付するか。通関業者明確に指示をしないといけません。この辺が初心者だと誤りやすいところで、AIR通関業者に指示がないと、Aに取っての仕入額がCにばれてしまいAの営業的にまずくなる。

>輸入用(後日送付するもの)
上で述べたとおり、AIRでは郵便等でINVOICE等を送るのは、私は大半省略しています。保険証券や他に原本を送り必要があれば別ですが。FAX/E-MAILで十分かと。(あるいは貨物添付のINVOICEで十分か)もちろん顧客が要求すれば応える必要あります。

>エアの場合、付いていってしまうのが原則なら、輸入用のインボイスをお客に送付する必要は無いってことなのでしょうか?

その通りです。ただSHIPPING ADVICEとして、FAX/E-MAILで送ってあげた方が親切かもしれません。

>送付しなければいけないのなら、金額は、通関用と商業用で分かれる場合、attachするものと輸入用(後日送付するもの)は一致させなければいけませんよね?

違法な形でのINV使い分け(特に金額)は駄目なのは説明しました。

意味分かりにくいですが、三国間貿易(BUYER=入金先A国、...続きを読む

Q海外から日本の携帯電話にかけるには

海外から日本の携帯電話にかけにはどうしたらいいのでしょうか

固定電話なら、例えば、03-1234-5678にかける場合

81-3-1234-5678でいいのだと思いますが

携帯電話、例えば、090-1234-5678なら

81-90-1234-5678

でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

固定電話03-1234-5678にかける場合

滞在国の国際電話識別番号-81-3-1234-5678です。

携帯電話090-1234-5678なら

滞在国の国際電話識別番号-81-90-1234-5678です。

滞在国の国際電話識別番号は、国によって違います。
イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、スイス、オランダ等ヨーロッパは、「00」(例外あり)です。
中国(中華人民共和国)、フィリピン、マレーシア、ニュージーランド等も「00」です。

アメリカ合衆国、カナダ等は「011」です。

香港、タイ、シンガポール等は「001」です。

台湾等は「002」です。

例えば、
イギリスから日本の固定電話03-1234-5678にかける場合

00-81-3-1234-5678になります。

アメリカから日本の携帯電話090-1234-5678にかける場合

011-81-90-1234-5678になります。

上に書いた国際電話識別番号は、昔、私が調べたものですので正しくないかもしれません。

念のため自分で国際電話識別番号は調べてくださいね。

固定電話03-1234-5678にかける場合

滞在国の国際電話識別番号-81-3-1234-5678です。

携帯電話090-1234-5678なら

滞在国の国際電話識別番号-81-90-1234-5678です。

滞在国の国際電話識別番号は、国によって違います。
イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、スイス、オランダ等ヨーロッパは、「00」(例外あり)です。
中国(中華人民共和国)、フィリピン、マレーシア、ニュージーランド等も「00」です。

アメリカ合衆...続きを読む

Q通関時のインボイスについて

こんばんは。どのカテゴリーで尋ねていいのか分からず、こちらに質問してみました。

あまり貿易実務に詳しくないのですが、
海外へ発送する貨物にインボイス(Commercial Invoice)を添付しますが、
このインボイスは、商品の内容物、数量、価格が明記され、輸出、および相手国での輸入の
申告の際に使用されるものだと思います。

ですので、輸出時のインボイスと、現地輸入時のインボイスを差し替えるという行為は、合法なのか、疑問です。

例えば、日本を輸出したときのInvoice価格は10,000円でしたが、途中で誤りに気付き、
輸出後に、物流会社(いわゆるフォワーダー)に依頼して、現地で輸入するときには、
このインボイスに差し替えてくださいと依頼して、5,000円の価格のInvoiceを渡す(FAXする)。 とか、

日本からは、海外の代理店A社宛てのInvoiceで、A社への販売価格5,000円のインボイスを添付して輸出するが、貨物は直接A社ではなく、最終エンドユーザーのB社へ輸送するため、
現地輸入通関には、B社の購入価格の10,000円の価格のインボイスで輸入通関するよう、
フォワーダーへ10,000円のInvoiceを送付して差し替えてもらう。

このようなふたつの事例は、海外との貿易というか商流が複雑化していくなかではありえることだと思うのですが、
実際、輸出時のInvoiceと輸入時のInvoiceが異なる(差し替える)ということに、違和感を感じております。
合法なのか、それともグレーなのか、ちょっと知りたく相談してみました。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

こんばんは。どのカテゴリーで尋ねていいのか分からず、こちらに質問してみました。

あまり貿易実務に詳しくないのですが、
海外へ発送する貨物にインボイス(Commercial Invoice)を添付しますが、
このインボイスは、商品の内容物、数量、価格が明記され、輸出、および相手国での輸入の
申告の際に使用されるものだと思います。

ですので、輸出時のインボイスと、現地輸入時のインボイスを差し替えるという行為は、合法なのか、疑問です。

例えば、日本を輸出したときのInvoice価格は10,000円でしたが、途中...続きを読む

Aベストアンサー

輸出国のインヴォイス価格と輸入国のインヴォイス価格が同じである必要はありません。

商流は、A社 → B社 → C社、物流は、A社 → C社の場合、
A社が輸出する時のインヴォイス価格は、A社からB社への販売価格であり、
C社が輸入する時のインヴォイス価格は、B社の利益が含まれたB社からC社への
販売価格であるからです。


関税を安くするために、アンダーバリューをしたり、
儲けを圧縮するために、オーバーバリューしたりする場合もあるようですが、
こう言うケースは、グレーというか、ブラックですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報