痔になりやすい生活習慣とは?

第二次大戦で日本が小物にみられる理由を教えて下さい。

海外掲示板などで第二次大戦の話になると、ドイツ>>>イタリア>日本の様な位置付けで語られます。
ドイツがダントツで強いのは事実ですが、日本がイタリアより低いのはどうかと思います。
確かに、第二次大戦の主戦場は欧州ですが、欧州戦線での枢軸国の戦力はほぼドイツ軍でイタリア軍は精々、自国とバルカン辺りと、地中海で敵艦を沈めていた位です。
それに比べ、日本軍は発展の乏しい東・東南アジア戦域だとは言えども連合国の植民地を攻め落とし、10万人以上ものアメリカ軍死傷者を出しました。

それなのになぜ、イタリアよりも下にみられるのですか?
(イタリアも確かに航空機技術などでは日本を抜いていましたが資源不足であまり量産出来ていません。)

「第二次大戦で日本が小物にみられる理由を教」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • お前も感情的になってるゾ~↓

      補足日時:2017/04/28 08:33
  • 結論 大日本帝国は世界全体で見れば強かったが、列強と比べれば大きく劣る。
    ということね。はい。

      補足日時:2017/05/16 21:05

A 回答 (32件中1~10件)

no31の方の言うとおりですね。




>>今の日本人を見れば分かると思います。
日本は今ですらイタリア以下なのですよ。
 その証拠に2016年参議院選挙投票率が先進国最下位の50パーセントを記録しましたね。
 また周りにあわせたり、空気を読むという謎の同調圧力があります。横並び。出る杭は打たれる。
 つまり今ですら日本は個人という一人一人から成り立つ市民社会が成り立っていないのです。

以下引用↓
ロング委員 質問
「(一度手にした自由を手放した)例外としてドイツがあげることができると思います。元帥貴方はドイツが第一次世界大戦後、一時期民主主義的な政府を持った事、そしてその後ヒトラーに熱狂的に従ったという事実を考えた事がありますか?」
※一部の媚米無知がネットでこのロング委員の質問を「ドイツもワイマールがナチに乗っ取られた」と要約しているが、原文にはワイマール・ナチという単語は無し

マッカーサー 返答
「そうですね、ドイツの問題は、完全に、そして全面的に日本の問題とは違っています。ドイツ人は成熟した人種でした。もし、アングロサクソンが人間の年齢で、科学や芸術や宗教や文化の面で見て、まぁ45歳とすれば、ドイツ人も同じぐらい成熟していました。しかし日本人は、時間的には古くからいる人々なのですが、指導を受けるべき立場にありました。近代文明の尺度で測れば、我々が45歳という成熟した年齢であるのに比べると、日本人は言ってみれば12歳の少年といったところでしょう。
指導を受ける時期というのはどこでもそうですが、日本人は新しい模範とか新しい考え方を受け入れやすかったのです。日本では、基本的な考えを植え付ける事ができます。日本人は柔軟で、新しい考え方を受け入れることが出来るほどに白紙の状態に近かったのです。
ドイツ人は我々と同じぐらい成熟していました。ドイツ人が現代の道徳を怠けて蔑ろにしたり、国際的規範を破ったりした時、それは彼らが意図的にやったことでした。ドイツ人は、世界について知識がなかったからそういうことをしたのではありません。
日本人がある程度そうだったように、うっかり、ついそうしてしまったというのではありません。ドイツ人は、自らの軍事力を用いる事が、自分の望む権力と経済制覇への近道と考え、熟慮の上での政策として、それを行使したのです。」

読んで字の通り、別に日本人が“民主主義”だけで後れをとっていると言っているわけでなく“、科学や芸術や宗教や文化の面”(つまり全部)でアングロサクソンとドイツ人が大人とすれば、日本人は白痴(白紙)の12歳の子どもと見下しているのです。



つまり、日本人は全員未開で進化しておらず、特に「自由」という概念の理解度は、アメリカの赤ちゃん以下であると言ってるのです。


マッカーサーの日本人(東洋人)評は「日本人は劣等感に悩んでいるため、幼児的な残虐性と、殺されようが、面倒を見られようが黙って従う奴隷の様な隷属性を併せ持っている」「従って日本人は力や権威で操った方がより効果的に統治できる」「日本人はアメリカにまとわりつくアホウドリのようなもんだ」でした。
    • good
    • 0

日本の第二次世界大戦における戦い方や外交を見ると、子供の喧嘩みたいだったわけですわ。


マッカーサーが終戦後、日本に上陸したとき、「日本人の精神年齢は12歳の子供だ」とつぶやいたそうですわ。
南京事件のときの蒋介石の腹黒いやり口を見るとまさに日本人はガキです。
日露戦争の頃の周到な戦略に基づいた外交と戦術と比べると、「同じ日本人か」と思える。
おそらく、軍幹部が官僚化し、現実に基づいた、戦略が立てられなくなったかと思うね。
官僚化したということでは、大本営は、毎日5時きっかりには、仕事をやめて全員帰宅していたと言う事実がある。
アメリカの参謀本部は大戦中は24時間、明かりが消えなかったというのにね。
ちなみに戦後の日本人は、知恵遅れの14歳児ですな。
(旧社会党や利権政治家の跳梁跋扈が足をひっぱとった)
    • good
    • 1

独り言開始 /*


 個別の会話とか、他の回答者への指摘って、OKWebのフランチャイズだった頃は禁止されていたような気がしますが、gooでは問題ないのかな?
 質問者の質問に対して答えるのが趣旨であって、自我はどこか他のところで発散して欲しいもんですが、友達とか出社すべき会社がないのかな。
*/ 独り言終了

主力を何を以って主力というか、それは微妙なところがありますが、前回答では歩兵の所有する兵器を主力と呼びました。日本軍が重機の装備率に劣ったのは日露戦争の頃に顕著となったという認識です。しかしながら、重機、軽機ともに歩兵の主力兵器であったという時代は今に至るまでありえません。歩兵の主力兵器は小銃です。

当時、小銃はある程度の規模の国力を持つ国では国産化していました。しかしながら、重機、軽機の開発には時間もかかりますので、輸入、ライセンス生産、デッドコピー、鹵獲品の流用などは極一般的でした。規模が違うからという意見もあるでしょうが、それでも物量、投入人員の差を埋める圧倒的な差と言えるでしょうか。

私自身は日朝で航空戦があったとしたら、北朝鮮はあなどれないと思っています。F-15C(日本はJですが)の50倍のMig21を飽和投入されたら、とても墜とし切れません。機関銃が・・・という意見は、これと同じく兵器マニアの性能比較と同じで、机上の妄想としては楽しいのでしょうが、戦術、戦域としては異なるものです。楽しい妄想通りであればベトコンは米軍、いえ、ベトミンの時期にフランス軍にすぐにでも負けないとなりませんよね。

圧倒的な差というのは、塹壕+小銃の歩兵に対する戦車の活用、地上軍における対地攻撃機のように、まぁ、これは俗にいうRMAなんですが、小銃に対する機銃はRMAではないです。優位性はあるにしても、局地戦闘はともかく戦局を変えうるものではない。

戦死者が多いのは戦闘そのものの内容もあるにせよ、やはり補給線が延びきっているとか、阿呆な参謀の無茶な作戦、投降を許さずに玉砕強要、そんな面にも着目すべきです。

日本軍が異常に強かったなんていう気は更々ありません。劣っていた点はどこの国のどこの軍だって、どこかの時間軸でスライスすれば多々あります。用法、用兵、作戦を無力化できるような圧倒的な差というのは大戦末期の核兵器であったり、圧倒的な物量差にによる無差別爆撃であったり、それを待たないと終戦には至らなかったわけです。独軍のV1、V2だってイラクがイスラエルに撃ち込んだスカッドと同じ効果は与えたかもしれませんが、戦局を決定付ける要素にはならなかった。根性論を持ち出す気はありませんが、数値比較だけで結果を事後裁定したところで、それこそ【印象操作】です。
    • good
    • 0

>第二次世界大戦の海軍は敵の通商を破壊することが主な任務であり役割です。




通商破壊が効果的な国とそうでない国があります、効果的な国は日本やイギリスなどの島国です。
だからドイツやアメリカは通商破壊で、イギリスや日本の民間船を多数沈めることで海上輸送網を破壊しできたわけですね。

逆に、ドイツやアメリカ本土は海上輸送に依存していないので、通商破壊でダメージをほとんど受けません。
なので、アメリカ本土にダメージを与えれない戦いを日本が選択しないのはとても理にかなっています。


というかね、ナンバーワン決定戦をやっているのですか?
商船と輸送艦の撃沈数で史上最大の戦果をあげたドイツ海軍と通商破壊戦の戦果を比べる意味がわかりません。

お題は、「それなのになぜ、イタリアよりも下にみられるのですか?」ですよ?理解できていますか?
    • good
    • 4

>結論 大日本帝国は世界全体で見れば強かったが、列強と比べれば大きく劣る。


ということね。はい。

列強の大陸国家と陸上戦力を比べると大きく劣る。
ということですね。

列強と書くと、日本もイタリアも列強にはいります。
    • good
    • 4

>No25


>>
え?今って2010年代ですよ?
当時の世界の著作権意識の低さを知らないんですか?(笑)
20世紀の事例を21世紀の常識に当てはめる。

おーい、馬 鹿 な ネ ト ウ ヨw

「著作権」と「ライセンス」「特許」の違いすら完全に勘違いwwwww
   大 爆 笑ww
すごく偉そうに
>当時の世界の著作権意識の低さを知らないんですか?(笑)
20世紀の事例を21世紀の常識に当てはめる。

だってよww  完全に勘違いしてる。なにもしらないんだろうなwww
無知がばれたww
 「著 作 権」 だってよw
何一つ詳細を知らなずに偉そうに語り 見 事 自 爆www


これを 馬 鹿 といいます。
    • good
    • 2

no25


>イタリア都の比較の話で、ドイツと比べている 意 味 が わ か ら な い 
  さすがに馬鹿ですねw
もう一度表を張っておくので数字を見直した方がよろしいかと。機関銃がここまで配備できてない軍隊が強いと思うのか? 
 もう一度w 八倍もの差がある。ネットウヨは大日本帝国が強くあってほしいという願望は分かるが、
そのずれた歴史認識は事実の数値を見て改めないとな。
 大日本帝国=現代の北朝鮮   だから

>>他国が刷りまくってないとでも思ってんの?
 円ドルでレートで計算しているのでアメリカとの比較ですね
1944年の時点で実体経済はアメリカは日本の数十倍上ですね。戦後もアメリカは全く経済混乱を起こしていません。一方実態の産業が発達してないにも関わらず、円を大量に発行しました。
その結果、借金をチャラにするため、1946年2月17日預金封鎖と新円切替が実施されました。この日に突然、政府がすべての銀行を封鎖し、個人法人問わず預金引き出し制限を掛けました。これが預金封鎖です。さらに今までの旧紙幣を使用を禁止され、旧紙幣に印紙を貼った新円だけが使用を許されることになります。これが新円切替です。旧紙幣の預金は完全に封鎖され、新円のみを世帯主が300円、家族が100円しか出金することができませんでした。これにより、いくら旧紙幣で預金してようがその資産はほぼゼロになり、政府がコントロールした額のお金しか手にすることができなくなったのです。

こんな無茶苦茶な状態で円ドルレートを4円で換算す る と はwwww
 馬鹿ですねwww
大日本帝国のゴミクズ後進国だった事実を、まともに勉強しましょうw


>>差があるところだけをピックアップすることに一体何の意味があるんでしょうかねぇ。
そもそも、陸軍においてドイツの方が強力なのは当たり前じゃないですか。


お馬鹿さんwまずはもう一度落ち着いて日本軍の機関銃の生産数を見直しましょう
海軍は制海権、空軍は制空権。つまり戦場の主力は陸軍の歩兵なんですよ?
 様々な島嶼戦で日本は陸上で惨敗しています
 まあそもそもまともに制海権も取れず、対潜水艦技術も目視しかない30年遅れの大日本帝国海軍ではドイツ海軍よりも劣っていますね。第二次世界大戦の海軍は敵の通商を破壊することが主な任務であり役割です。
艦隊決戦とかいう30年遅れの妄想です。海軍の役割は敵の補給路を破壊することしかありえません。

第二次大戦は敵の補給線を破壊することが海軍の第一目標であることすら気づけなかった大日本帝国海軍はドイツ海軍よりもはるかに劣っています。

戦艦を撃沈したところでなんの役にも立ちません。 

日本海軍の戦果

戦艦4隻
空母4隻
軽空母2隻
護衛空母5隻
重巡洋艦11隻
軽巡洋艦6隻
駆逐艦74隻
護衛駆逐艦4隻
潜水艦60隻

日本海軍が撃沈した連合国艦船184隻

撃沈した連合国艦船総トン数  130万9000トン

ドイツ海軍戦果
商船約3,000隻、
空母2隻、
戦艦2隻

ドイツ海軍が撃沈した連合国商船2157万トン


島嶼戦で最も重要な輸送船。アメリカが日本に撃沈された商船、輸送船は51万9千7百トン、わずか98隻でした。Uボートだけでも連合の輸送船2940隻沈めたドイツに謝罪した方がいいんんじゃないですかね・・・・・役に立てなくてごめんなさいって

>>え?今って2010年代ですよ?
当時の世界の著作権意識の低さを知らないんですか?(笑)
20世紀の事例を21世紀の常識に当てはめる。

さすが大日本帝国しか自慢することのないネット右翼さんw
あなたの認識は100年ずれてますね。まああなたのような一般人ですら著作権の歴史がここ最近の物だと考えているようでは、さすが元パクリ大国であることもうなずけますねw

>>当時の世界の著作権意識の低さ
 大爆笑w恥ずかしいww

工業製品の技術仕様に関しては著作権ではなく「ライセンス」「特許」
ですよwwwwwwwwwwwwwww

著作権意識????wwww
 いつから論文やら本の話してましたっけ????
「ライセンス」は非常に歴史があります。
すでに18世紀ごろには欧州と米国では法整備がおこなわれ、ライセンスを侵害すると裁判を起こされたり
するなど、近代国家として発明者の権利を守るための最も一般的なものでしたw
 
 恥ずかしいwwww
「著作権」と「ライセンス」「特許」を勘違いしてますねww

 おべんきょうしなおしましょうねwww
    • good
    • 1

>島嶼戦で単発小銃より圧倒的に重要になる機関銃の生産数を見てみましょう。


大日本帝国が強くあって欲しいという気持ちは伝わりますが、妄想だけでは隣国人と変わりませんね

イタリア都の比較の話で、ドイツと比べている 意 味 が わ か ら な い 


>戦時中日本は国民に給与を払うためと兵器の製造の為に円を乱発しました。
>一ドル4円というレートはありえません。
>円を刷りまくって下落しないはずがありませんね。

他国が刷りまくってないとでも思ってんの?

>欧州と日本で規模が違うとか印象操作してたから具体的な数値出してみました
>一人当たりの火力で8倍も差があるんだけど?

機関銃で戦艦や空母を撃沈できるのなら、そうなんじゃないですか?
差があるところだけをピックアップすることに一体何の意味があるんでしょうかねぇ。
そもそも、陸軍においてドイツの方が強力なのは当たり前じゃないですか。


>ネット上には日本がパクリ大国で技術らしいものが殆どなかったことを知らない人が多いですね。
少し年配の方ならついここ30年前くらいまでは、今の中国韓国とそっくりだと気付いているかたも多いんですがね

え?今って2010年代ですよ?
当時の世界の著作権意識の低さを知らないんですか?(笑)
20世紀の事例を21世紀の常識に当てはめる。

これを 馬 鹿 といいます。
    • good
    • 3

ネット上には日本がパクリ大国で技術らしいものが殆どなかったことを知らない人が多いですね。


 少し年配の方ならついここ30年前くらいまでは、今の中国韓国とそっくりだと気付いているかたも多いんですがね
「第二次大戦で日本が小物にみられる理由を教」の回答画像24
    • good
    • 0

no21の方。

根拠もなく妄想はやめてほしいです。
 >>あの当時は単発のライフルが主力だった
 いいえ違います。第二次世界大戦は第一次大戦と違い主力は分隊の機関銃です。それはM1自動小銃を配備出来たアメリカ以外の全ての列強(イギリスなど)で基本です。単発のライフル歩兵は、分隊の機関銃を援護するために存在し主力ではありません。
 それが欧米列強の第二次大戦です。
一方日本は、全ての機関銃の生産数を足しても大戦末期のstg44の生産数の半分にすら達していません。
 また欧州と日本の陸軍の動員規模を考慮して計算しても機関銃の数に8倍も差があります。

これは如何に日本軍がとるに足らない存在だったかを示しています。
(ちなみにアンデルヌからベルリンの戦い頃のドイツの一般装備はk98kからstg44に変わってます)
 因みに欧州ではどんなに差があっても1.3倍程度です。
 この火力差は陸軍の損害比にも出ています。
日本:アメリカ=8:1 だいたい陸上の死者数でも日本軍はアメリカの8倍ほどの損害をおっています。
一方欧州の西部戦線ではほぼ対等ですね。
    • good
    • 0
1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私は韓国人とのハーフですが、旧日本軍の良さが理解できません。 当方、第二次大戦に関しては関心があり日

私は韓国人とのハーフですが、旧日本軍の良さが理解できません。
当方、第二次大戦に関しては関心があり日本軍の極悪非道さと反面、アメリカ軍の勇敢さにはとても感心します。

旧日本軍は中小国程度の国力でありながら、自分が強いと過信してしまったとても滑稽な軍隊です。
兵器の質は米英独ソ伊仏(西方電撃戦時点)下手したら、ユーゴにも大きく劣りとても劣悪なデザインで、非人道的な兵器ばかりです。
兵器面に関しては★☆☆☆☆

また、兵士の質に関してもバカが多くまともな教育を受けられず無理矢理兵役につかされたので奇妙な特攻や、万歳突撃を行ったりと、非常にクレイジー克つ馬鹿馬鹿しいです。
兵士の質は★☆☆☆☆

なのにも関わらず、本国においては未だに日本軍の大本営発表を真に受け止めていたり、日本軍は勇敢で強い等と馬鹿げたことを言っている方がおります。
これに関しては非常に幼稚だと思うのですがどう思いますか?

Aベストアンサー

第二次大戦で日本は決定的な役割を果たしました。何も恥じる事はありません。

背理法で考えてみましょう。もし、日本が真珠湾攻撃を行っていなかったら、歴史はどうなっていたかと。

当然アメリカ軍の参戦は無かったか、あるいは、例え有っても、参戦時期は大幅に遅れていたでしょう。

その結果、ヒトラーが第二次大戦で勝利したかもしれません。少なくとも、第二次大戦は大幅に長引き戦死者の数も大幅に増加したでしよう。

日本の真珠湾攻撃が、第二次大戦の終結を早めたのです。従ってヨーロッパは日本に感謝するべきです。戦争の終結を早め、ヨーロッパ人の戦死者の数を大幅に減らしたのですから。

真珠湾攻撃を行った、東条英機以下のA級戦犯が何故ヨーロッパでも批判されるのか理解出来ません。

東条英機はヨーロッパ人にとって命の恩人ではないですか?もちろん、A級戦犯の靖国合祀も当然です。第二次大戦の終結を早めた歴史の英雄を何故合祀してはいけないのでしょう?

Q大日本帝国軍は今の北朝鮮レベルなのに何で威張ってたのですか?クソザコでしたよね?

大日本帝国軍は今の北朝鮮レベルなのに何で威張ってたのですか?クソザコでしたよね?

Aベストアンサー

時代が違うのだよ。ワハハ日本にはガンダムとエバンゲリオンが、いるmのだ!

Q朝鮮半島統治36年で日本がどのくらい悪政だったのでしょうか?

よく韓国から非難されるのですが、一体36年間で具体的にどのような悪政で韓国、朝鮮の人たちは怒っているのでしょうか? 怒る理由がよくわからないでいるから日本人側も何か釈然とせずにいる事が多いと思います。また、全く統治時代に良い事を日本はしなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

日帝が半島で犯した罪

1)日帝せいで半島の人口が35年間で2倍に増えてしまった。
2)24歳だった平均寿命が35年以上伸ばされてしまった。
3)人口の30%を占めてた白丁が市民権を得て、人権が認められ、教育を受けさせれてしまった。
4)幼児売春や幼児売買が禁止されてしまった。
5)女性が人間として扱われ、名前を付けなければならなくなった。
6)度量衡を統一されて日本とも流通がなめらかになってしまった。
7)8つあった言葉が統合されて標準朝鮮語をつくられてしまった。
8)5200校以上の小学校をつくられて師範学校や高等学校も合わせて1000以上つくられてしまった結果
  239万人が就学して識字率が4%から61%に上がった
9)大学を造られた。今ある、韓国のほとんどの大学は、当時日帝が作った
10)病院を造られてカルト呪術医療が禁止されてこれが平均寿命を延ばしてしまった。
11)3800キロ鉄道を引かれて港を造られてさらに電気まで引かれてしまったので、
  人間が物を担いで運ぶことが出来なくなってしまった。
12)工業が発達してしまい、国の経済が極端に大きくなった。それまでは、国家予算など誰も考える必要がなかった。
13)会社が作られるようになって物々交換から貨幣経済に転換してめんどくさい銭勘定をしなければならなくなった。
  もっとも、日帝が学校を作ったので、以前は銭勘定など出来なかったが、日帝は銭勘定をさせるために学校を作った。
14)二階建て以上の家屋が造られるようになって入浴するよう指導された。
  なにしろ、イザベラ・バードの朝鮮旅行記では、ソウルは平屋の藁葺き小屋が立ち並び、
  路地は糞尿にまみれている世界で最も汚く不衛生な町だと書かれているのが、
  30年後には日本と同じような近代都市に生まれ変わってしまった。
15)禿げ山に樹木を植林されて、洪水がなくなり、農業生産力があがってしまった。
16)ため池をつくられて今あるため池の半分もいまだに日本製だ
17)川や橋を整備されて耕作地を2倍にされて1反辺りの収穫量が3倍になってしまった。
18)コメの収量が3倍以上になってしまって、余った分を日本に輸出したら、なんと金が入ってきて、
  今まで奴隷同様だった白丁の生活が豊かになってしまった。
19)全土を精密に測量し、観測ポイントとして杭を打った。
  これは後に韓国に呪いをかけるための地脈を断つ杭だったと分かって、見つけ次第抜いた。
  おかげで、測量がまともに出来なくなって、道路を両端から造ったら、真ん中で食い違ってしまった。
20)今まで差別されていた白丁を主として、大勢の朝鮮人が日本に密航した。
  マルハンの社長などはそれを得々と言っている。
  ただ、後から強制連行した事が分かったので、賠償を求める裁判を起こした。
  仙石大臣が居るから、きっと保証してくれるだろう。
21)希望する者には日本名を名乗らせるなどよけいなことをした。
22)朝鮮語をとともに日本語を教えた。
  それまで読み書きできなかった朝鮮人のためにハングルを教え、それが今のハングル使用につながった。

日帝が半島で犯した罪

1)日帝せいで半島の人口が35年間で2倍に増えてしまった。
2)24歳だった平均寿命が35年以上伸ばされてしまった。
3)人口の30%を占めてた白丁が市民権を得て、人権が認められ、教育を受けさせれてしまった。
4)幼児売春や幼児売買が禁止されてしまった。
5)女性が人間として扱われ、名前を付けなければならなくなった。
6)度量衡を統一されて日本とも流通がなめらかになってしまった。
7)8つあった言葉が統合されて標準朝鮮語をつくられてしまった。
8)5200校...続きを読む

Q江戸時代の農民は貧しかった?

昔から疑問でした。
学校では農民は苦しい生活とか習いましたが、感覚と一致しないです。

貧乏で生活するだけで必死なら文化なんて生まれないんじゃないですかね?

各地の郷土料理。祭りもあるし?
死ぬ前に一度は伊勢参り?
茶屋だってあるし?

巡業だってあったでしょう?

村の寄り合い?に遅れたら駆けつけ3杯?お酒のんでるじゃないですか?

江戸で白米ばっか食べてた町民よりはよっぽどいい食事をしてたのでは?

そこそこ普通に生活してたんじゃないですか?

Aベストアンサー

救いようがない程の貧乏村はゼロではなかったでしょうが平均的な言い方をすれば普通に生活をしていたというのが小生の考えです。
きっかけは小生の生まれたところ。村高250石、殿様への年貢が200石、免(年貢率)は何と8割。ですが酷税に泣かされたといった悲惨な伝説はありません。寺も神社もあるし酒も飲んでいました。伊勢参りの記録は確認していませんが四国遍路の記録はあります。

なぜ免が異常に高いか
村高は豊臣秀吉が各地の領主に命じて調べさせたのが最初。しかし領主が役人を派遣して調査したのはごく少ないようで一般的にはやり方を説明して各村々にやらせ報告書を提出させた。これを「差出検地」といいます。村高が決まると年貢が決まる。村人は年貢は少なくしたい。ならば貧乏村にしてしまえ、というわけで過少申告した村があった。でもすぐにばれる。ばれると正しい年貢に増量されますが村高は訂正されなかったので免だけが異常に高くなった。
その後領主が変わるなどして再検地があると村高は訂正されることもあったようです。しかし小生の故郷は江戸時代を通じて領主の交代はなかったので再検地もなかったようです。

小生が知る範囲で最も重税なのは備中羽山村。村高58.5石、年貢が93.8石、免は160.3%(万治3年、1660年)。年貢の量が村高の1.6倍。年貢の常識論では有り得ない値。
この村、2年後には村高は128石余に増えている。農民の負担が増えた、村は苦しんだなどと言った史家先生がいたのではないかと思うが年貢の量は94.1石とほぼ変化なし。免が73.5%と何とか常識的な値に下がっているのだ。
史家の多くは村高基準で年貢制度を語っているようですがまちがい。年貢の絶対量を基準にしないと農民の負担はわからない。余計なことですが史家は算数ができないのかと疑いたくなることがよくある。

領主に納めた年貢の量を村の人口で割って1人あたりの年貢の量を調べたことがある。備中の20数か村でやったのですがどこの村も3斗5升から4斗とほぼ一定になった。小生の故郷も 年貢200石÷人口500人=0.4石 となる。村高や免の値とはほぼ無関係にこうなる。ただし宿場町や漁村は例外。さらに5才程度以下の子供は人口として数えられていないことがあるので要注意。上の羽山村は人口のデータが見つからないので計算できず。
1人あたり食糧が米1石、年貢0.4石、衣料費など雑費が最低1石必要と考えれば2.5石程度が1年間生活するために最低限必要な経費ということになる。村の数字の記録がどうであろうと1人あたり2.5石(米換算で)の生産があったということになる。当然冬の生産も含まれる。村高は夏の生産だけしか考えていないのでこのことも注意が必要。
逆に言えば人口がわかれば村の生産量が推定できるということになる。

農民はアワやヒエばかり食べていたか
年貢は土地(一般に田、畑、屋敷)に対してかかります。何を栽培しようと、逆に何も作らなくても年貢の額は変わりません(変えた領主もいたようですが)。米を作ろうとヒエを作ろうと年貢は変わりませんから誰でも最も高価な米を作ろうとしたはず。何故アワやヒエだったか、その理由は気候風土の問題で米が作れなかったのです。
関東地方などでは丘陵が多く水が乏しかったため水田は少なく、多くが畑。少ない水で育つ作物でないとダメだったのです。しかし畑の年貢も米で納めるのが基本。僅かに取れた米は全部年貢に。それでも足りないと他所から買ってきて年貢に充てました。それを見た、恐らく西日本出身の人が「米が食えない貧乏村」と言ったのでしょう。

救いようがない程の貧乏村はゼロではなかったでしょうが平均的な言い方をすれば普通に生活をしていたというのが小生の考えです。
きっかけは小生の生まれたところ。村高250石、殿様への年貢が200石、免(年貢率)は何と8割。ですが酷税に泣かされたといった悲惨な伝説はありません。寺も神社もあるし酒も飲んでいました。伊勢参りの記録は確認していませんが四国遍路の記録はあります。

なぜ免が異常に高いか
村高は豊臣秀吉が各地の領主に命じて調べさせたのが最初。しかし領主が役人を派遣して調査したのはごく少...続きを読む

Q元号と西暦は同日でもどうして一月程の差があるのですか?

元号と西暦は同日でもどうして一月程の差があるのですか?

また過去に元号の日付で起こった出来事(例えば戦争や天災)は

今の現実には西暦の日付に起こったと言う事でしょうか?

また明治時代近辺で、調整されてる様ですが、何がきっかけで

そうなったのでしょうか?

Aベストアンサー

もう少し、暦全般について調べたほうが良さそうですよ。興味があるなら、なおさら色々と知れて面白いと思います。

基本的に暦には、暦法と紀年法があります。
暦法とは、いつを1年の始まりにして、月をどうして、といったことを決めているものです。地球の文明のすべての暦に”月”があるのは、ある意味不思議でもありますが、”年”より”月”のほうが身近だったようで”月”から決められることも多かったです。太陰暦と呼ばれます。すぐに”年”の周期にも気づきますので、月ベースで年を決めるのが太陰太陽暦、年ベースに月を割り振るのが太陽暦です。
太陽暦も古くエジプトで紀元前何年だったか忘れましたが採用されている例があったと思います。今の西暦と呼ばれるものも太陽暦ですね。ローマの暦が元になっていますが謎な部分も多いです、カエサルなんかも確か大改革をやってたりします、調べてみるのも面白いと思います。
太陰太陽暦は中国で長らく使われており、これが日本にも入ってきて江戸時代まで使われていました。1年の春分・夏至・秋分・冬至を基準に24分割して、冬至と春分の丁度真ん中を年の替わりとしますが(実際は冬至を11月として1月を決めてたらしい)、月の満ち欠けベースで日にちをカウントするので、1月1日はいつも新月です。中国では国としては西暦を使っていますが、人々は昔から長らく使われてきた太陰太陽暦を元に新年を祝ったりします。これは西暦が人為的に決めたものに対して、太陰太陽暦が月や太陽の運行といった自然を元に決められているものであることも、その理由にあると思います。

紀年法は暦法とよく混同されますが、今年が何年というのをどこを基準に数えているかというのを決めているものです。西暦はキリストの誕生年であることが有名ですね(算出を間違えていることでも有名ですが)。上記のローマの暦は、もちろんキリスト誕生前、つまり紀元前から使われています。当時はローマ暦で、基準は知らないですが、執政官か何かを基準に〇〇何年みたいな感じで、しかも干支のように何年かで元に戻るので研究者では記録が1周期前か後かで論争になってたりもするようですが、それはともかく、暦法で書いたローマの暦と紀年法としてのローマ暦を混同しないでください。暦法としてのローマの暦はずっと使い続けられ、10世紀ころからキリスト誕生年基準の西暦という紀年法が広まって今の西暦となっています。

昔の日付については、当時その場所(国)で使われていた月日に、西暦に直した年で記述するのが一般的です。例えば元旦の出来事を西暦の月日に直すと、2月の何でもない日の出来事になってしまって訳が分からなくなることもあるためです。


ざっとさわりですが。
あと日本に西暦が導入されたときの混乱の話とか、たぶん他の人が面白く書いてくれると思うので任せます(あるいは自分で調べてみてください)。

もう少し、暦全般について調べたほうが良さそうですよ。興味があるなら、なおさら色々と知れて面白いと思います。

基本的に暦には、暦法と紀年法があります。
暦法とは、いつを1年の始まりにして、月をどうして、といったことを決めているものです。地球の文明のすべての暦に”月”があるのは、ある意味不思議でもありますが、”年”より”月”のほうが身近だったようで”月”から決められることも多かったです。太陰暦と呼ばれます。すぐに”年”の周期にも気づきますので、月ベースで年を決めるのが太陰太陽暦、年ベース...続きを読む

Q今まで九元号十人の、男系女性天皇が、いたのに、明治以後は、駄目と決めたのは、誰ですか?

今まで九元号十人の、男系女性天皇が、いたのに、明治以後は、駄目と決めたのは、誰ですか?

Aベストアンサー

直接関係ない記事だけど
http://www.sankei.com/premium/news/161010/prm1610100022-n1.html

これみると伊藤博文が強い影響力を発揮した感じがするね

Q太平洋戦争なんて所詮、第二次大戦全体で見れば 東部戦線>西部戦線>>北アフリカ戦線>バルカン戦線>太

太平洋戦争なんて所詮、第二次大戦全体で見れば 東部戦線>西部戦線>>北アフリカ戦線>バルカン戦線>太平洋戦争>日中戦争
こんな感じの立ち位置に過ぎない、ちょっとした小争いですよね?
教科書に載せる内容は精々、原爆投下程度だと思うのですが...。

どう思います?

Aベストアンサー

>>こんな感じの立ち位置に過ぎない、ちょっとした小争いですよね?

日本の左翼、沖縄で基地反対を言っている方、原発反対を主張している方といった現実が見ていない人、もしくは、「死んでしまえば、無だよ。結局、人間の人生なんて意味ないじゃん!」と考えている方からの立ち位置であれば、そんな意見もあるかもしれませんね。

日本が戦った「大東亜戦争」(日本を占領支配したGHQは、「大東亜戦争」という言い方を禁止し、「太平洋戦争」とすることを命令しました)は、自国領土を拡張するためとか、資源が欲しいっていう理由だけではなく、「帝国主義反対、人種差別反対」を戦いの目的にしていました。

このような高尚な「大義」を掲げた大東亜戦争に並ぶものとしては「奴隷制度廃止」をかけて戦った米国の南北戦争を思い出すくらいです。
(私は歴史に詳しくないため、同様な「大義」をかけた戦争が他にもあるかもしれませんが・・)

もし日本が大東亜戦争を戦ってなければ、現在でもアジア・アフリカ・南米などと同様に、日本も欧米の植民地として支配され、白人優位主義の人種差別政策が行われ、私たち黄色人種である日本人は、劣等人種として、卑屈な思いをしながら生活していたことでしょう。

日本の未来が良くなるように、と太平洋上の島で玉砕した日本兵たち、特攻機で爆弾かかえて突っ込んでいった若い人たちのことを知れば、「ちょっとした小争い」なんて、私は言えません。

>>こんな感じの立ち位置に過ぎない、ちょっとした小争いですよね?

日本の左翼、沖縄で基地反対を言っている方、原発反対を主張している方といった現実が見ていない人、もしくは、「死んでしまえば、無だよ。結局、人間の人生なんて意味ないじゃん!」と考えている方からの立ち位置であれば、そんな意見もあるかもしれませんね。

日本が戦った「大東亜戦争」(日本を占領支配したGHQは、「大東亜戦争」という言い方を禁止し、「太平洋戦争」とすることを命令しました)は、自国領土を拡張するためとか、資源...続きを読む

Q【三国志】三国志って実話なんですか? 中国古典に三国志という書物がないんですけど日本人が歴史を読んで

【三国志】三国志って実話なんですか?

中国古典に三国志という書物がないんですけど日本人が歴史を読んで三国志という名前で纏めたってことでしょうか?

日本で三国志は有名なのに中国古典に三国志という書がないんですけど。

Aベストアンサー

中国では「三国演義」というアルヨ。
三国志は中国の正史アルネ。

Q世界史:「皇帝」と「王」のちがいは?

「皇帝」と「王」のちがいはなんですか?

あと、神聖ローマ帝国のオットー1世は『王』ということで良いのですよね。そうすると、皇帝は誰だったのですか?

Aベストアンサー

王の上位者が皇帝。

神聖ローマ帝国の場合は帝国を構成する各国を支配する王などから選挙で選ばれて帝国全体の統治者となったのが皇帝。

>あと、神聖ローマ帝国のオットー1世は『王』ということで良いのですよね。そうすると、皇帝は誰だったのですか?
オットー1世が東フランク王国の王でドイツ帝国の皇帝。

日本で言えば殿様(王)と徳川将軍(皇帝)の様な関係。

Q日本にピストルが伝わって来たのは江戸時代後期だと思うのですが、高杉晋作と坂本龍馬以外で使ってた偉人が

日本にピストルが伝わって来たのは江戸時代後期だと思うのですが、高杉晋作と坂本龍馬以外で使ってた偉人がいれば知りたいです。

Aベストアンサー

確かディーン藤岡演じる五代友厚はピストルを持ってたね。 こどものあさが、初めて訪れた大阪の街ではしゃいで走り出した時、逆方向から走ってきた若いさむらい五代とぶつかって、その際五代の持っていたピストルがあさの着物の袖のなかに入ってしまった。


人気Q&Aランキング