アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

小学生のころから歴史が好きで、今まで
戦国時代→第二次大戦→湾岸戦争→中東・イライラ戦争→第一次大戦と
勉強をしてきました、ほかに何か良さそうなものありますか?

高2です。

質問者からの補足コメント

  • なんでバカなんや・・
    大学受験で文系志望になると嫌でも戦争勉強しなきゃいかんぞ(^o^)

      補足日時:2017/05/03 22:32
  • 僕わ歴史を学ぶことは苦痛でもないし、楽しいよ!

      補足日時:2017/05/05 00:10

A 回答 (9件)

必ずしも歴史書が歴史の真実を記しているとは限らない。

それに、歴史書は必ずしも面白くない。面白く無ければ人間は読むのをやめてしまう。

そこで私が推薦するのは、パール・バックの「大地」だ。中古で千円以下で手に入るようだ。第一巻だけでも読むと良い。あなたの人生が変わる。とてつもない価値の有る本だ。ピューリッツァ賞と、ノーベル賞を取っただけの事はある。
    • good
    • 1

ふふ、いい子。



正しい歴史を学びなさい
でも、歴史は1つじゃないことを知りなさい


これも何かの縁だ。少年。

問題




世界で一番恵まれて、自由の国はどこだ?






私も私の考えてる答えが正しいのか知らないんだ

だから、いつか答え合わせをしよう
    • good
    • 0

こんにちは。


凄いですね、小学生で勉強に興味が出るなんて
私小中ともに勉強嫌いで、新しい漢字作ったり
空欄だったり、落書きしたり、宿題やらないし、夏休みの宿題は8月31日にやるか、やらないで何だかんだで誤魔化しましたね。ずる休み沢山して、未だに九九もちゃんと言えないです。0点のオンパレードでしたし、オールもう少し頑張りましょうか、オール1でしたね。リアルのび太くんか、カツオ君ですね!
私は歴史好きになったのは高校生になってからでしたね。高校よく入れたな?と思いますよね?私も正解書いたとは全く思ってないんですが、受かりましたね。一人落ちたって聞きましたが。
まぁ、そんなこんなな私は高校デビューして、学級委員になり、クラスではトップの成績で、オール5あったし、100点普通に取ったし、三年間で一回しか休まず、精勤賞を貰いましたね。何で一回休んだのか覚えてないですけど。
で、短大行って卒業式の日に学長賞とか成績優秀賞を頂きましたね。未だにバカですけど。

そんな私の勉強法は、勉強に興味を持つこと!
好きこそものの上手なれ!です。

漫画好きですか?
男の子?女の子?
ジャンプ系好きかな?
少女漫画読む?
天赤とか、風光るとか、銀魂とか、ヒカルの碁とか、封神演義とか黒執事とか、海の騎士団とかヘタリアとか、うちトコとかって知ってます?
新撰組や平安時代、中世ヨーロッパ、国の擬人化、県の擬人化などの漫画です。
まだまだ紹介したいけど。

先に興味があるもの読んでてみて、読み終わったら、次にその時代の書かれた教科書読むと覚えたよ。私は。
興味があったら試してみてね!
    • good
    • 0

お馬鹿さんですね。

戦争好きなんですか?
    • good
    • 0

『応仁の乱』ってのが今ベストセラーになってるらしいです。

ちょこっと見てみましたが、面白そうに思いました。

個人的には大化の改新に至るまでの、天皇周りのごたごたが面白そうに思っています。

また日本の南北朝時代あたりも、よく分からないようなところが多く(これは上記応仁の乱と似た感じ?)て面白いらしいです。
    • good
    • 0

ダメ押しですが、私もローマ史をお勧めします。



有名なのは、塩野七生氏の「ローマ人の物語」ですね。

ローマというのは欧米の源流になる国家で、ここで発明された政治手法は現代でも生きています。
また、ローマ時代の中期にキリストが生まれ、後期にはカソリック組織が生まれてローマ帝国の滅亡と密接にかかわりあいながら、ヨーロッパの基礎を作っています。

ローマ史を一通り学べば
ユダヤ・キリスト・イスラムの発祥と立ち位置→十字軍→近代の生成→2度の大戦から現在の中東情勢まで見通しがきくようになってきます。

たとえばエルサレムがなんで対立の元になっているかの歴史的経緯も分かるようになるし、ハリウッド映画に出てくるモチーフも理解できるようになります。
(ちょっと古いですが、マトリックスに出てくるネブカドネザルとかザイオンの意味が分かり、マトリックスが創世記だという暗示が読み取れるようになります)

で、ローマから現代までをやってから、日本に戻って大化の改新から鎌倉・室町・戦国を通じて明治時代まで見直すと、これまた違う視点で日本史がものすごく理解できるでしょう。

だからダメ押しでローマ史をお勧めします。
    • good
    • 1

是非お勧めしたいのは、ローマ史です。

エドワード ギボンのローマ帝国興亡史The History of the Decline and Fall of the Roman Empireをお読みください。文庫本で日本語でも読めます。古代ローマの兵制とその普段の行動、政治家と民衆の関係など興味がつきません。欧米知識人が一度は読むべき書籍です。
英語ではグーテンベルグGutenberg(青空文庫のようなもの)で無料で読めます。少し単語が古くて難しいですけど。
    • good
    • 1

古代史も楽しいですよ。


ローマ以前に何があったか、ローマ以後に何があったか、ぜひ調べてみて下さい。
そうして行くうちに今でも昔と同じで人間はそう変わらないということに気づくでしょう。

近代史なら第二次世界大戦直後の朝鮮戦争も興味を惹かれます。
なぜならそこに戦後のイデオロギーが凝縮されているからです。
北朝鮮への脅威を感じているならば、なおさら学んでおくべきです。
    • good
    • 0

中国の歴史も面白い。


 お奨めは鉄人28号の作者、横山光輝の「史記」「三国志」
 文字の「史記」「三国志」を読むのは大変だが、漫画で取っつきやすいし、「史記」&「三国志」の美味しいところがチョイスしてあるので、そこそこ読んだ気になれる。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私は韓国人とのハーフですが、旧日本軍の良さが理解できません。 当方、第二次大戦に関しては関心があり日

私は韓国人とのハーフですが、旧日本軍の良さが理解できません。
当方、第二次大戦に関しては関心があり日本軍の極悪非道さと反面、アメリカ軍の勇敢さにはとても感心します。

旧日本軍は中小国程度の国力でありながら、自分が強いと過信してしまったとても滑稽な軍隊です。
兵器の質は米英独ソ伊仏(西方電撃戦時点)下手したら、ユーゴにも大きく劣りとても劣悪なデザインで、非人道的な兵器ばかりです。
兵器面に関しては★☆☆☆☆

また、兵士の質に関してもバカが多くまともな教育を受けられず無理矢理兵役につかされたので奇妙な特攻や、万歳突撃を行ったりと、非常にクレイジー克つ馬鹿馬鹿しいです。
兵士の質は★☆☆☆☆

なのにも関わらず、本国においては未だに日本軍の大本営発表を真に受け止めていたり、日本軍は勇敢で強い等と馬鹿げたことを言っている方がおります。
これに関しては非常に幼稚だと思うのですがどう思いますか?

Aベストアンサー

第二次大戦で日本は決定的な役割を果たしました。何も恥じる事はありません。

背理法で考えてみましょう。もし、日本が真珠湾攻撃を行っていなかったら、歴史はどうなっていたかと。

当然アメリカ軍の参戦は無かったか、あるいは、例え有っても、参戦時期は大幅に遅れていたでしょう。

その結果、ヒトラーが第二次大戦で勝利したかもしれません。少なくとも、第二次大戦は大幅に長引き戦死者の数も大幅に増加したでしよう。

日本の真珠湾攻撃が、第二次大戦の終結を早めたのです。従ってヨーロッパは日本に感謝するべきです。戦争の終結を早め、ヨーロッパ人の戦死者の数を大幅に減らしたのですから。

真珠湾攻撃を行った、東条英機以下のA級戦犯が何故ヨーロッパでも批判されるのか理解出来ません。

東条英機はヨーロッパ人にとって命の恩人ではないですか?もちろん、A級戦犯の靖国合祀も当然です。第二次大戦の終結を早めた歴史の英雄を何故合祀してはいけないのでしょう?

Q江戸時代の農民は貧しかった?

昔から疑問でした。
学校では農民は苦しい生活とか習いましたが、感覚と一致しないです。

貧乏で生活するだけで必死なら文化なんて生まれないんじゃないですかね?

各地の郷土料理。祭りもあるし?
死ぬ前に一度は伊勢参り?
茶屋だってあるし?

巡業だってあったでしょう?

村の寄り合い?に遅れたら駆けつけ3杯?お酒のんでるじゃないですか?

江戸で白米ばっか食べてた町民よりはよっぽどいい食事をしてたのでは?

そこそこ普通に生活してたんじゃないですか?

Aベストアンサー

救いようがない程の貧乏村はゼロではなかったでしょうが平均的な言い方をすれば普通に生活をしていたというのが小生の考えです。
きっかけは小生の生まれたところ。村高250石、殿様への年貢が200石、免(年貢率)は何と8割。ですが酷税に泣かされたといった悲惨な伝説はありません。寺も神社もあるし酒も飲んでいました。伊勢参りの記録は確認していませんが四国遍路の記録はあります。

なぜ免が異常に高いか
村高は豊臣秀吉が各地の領主に命じて調べさせたのが最初。しかし領主が役人を派遣して調査したのはごく少ないようで一般的にはやり方を説明して各村々にやらせ報告書を提出させた。これを「差出検地」といいます。村高が決まると年貢が決まる。村人は年貢は少なくしたい。ならば貧乏村にしてしまえ、というわけで過少申告した村があった。でもすぐにばれる。ばれると正しい年貢に増量されますが村高は訂正されなかったので免だけが異常に高くなった。
その後領主が変わるなどして再検地があると村高は訂正されることもあったようです。しかし小生の故郷は江戸時代を通じて領主の交代はなかったので再検地もなかったようです。

小生が知る範囲で最も重税なのは備中羽山村。村高58.5石、年貢が93.8石、免は160.3%(万治3年、1660年)。年貢の量が村高の1.6倍。年貢の常識論では有り得ない値。
この村、2年後には村高は128石余に増えている。農民の負担が増えた、村は苦しんだなどと言った史家先生がいたのではないかと思うが年貢の量は94.1石とほぼ変化なし。免が73.5%と何とか常識的な値に下がっているのだ。
史家の多くは村高基準で年貢制度を語っているようですがまちがい。年貢の絶対量を基準にしないと農民の負担はわからない。余計なことですが史家は算数ができないのかと疑いたくなることがよくある。

領主に納めた年貢の量を村の人口で割って1人あたりの年貢の量を調べたことがある。備中の20数か村でやったのですがどこの村も3斗5升から4斗とほぼ一定になった。小生の故郷も 年貢200石÷人口500人=0.4石 となる。村高や免の値とはほぼ無関係にこうなる。ただし宿場町や漁村は例外。さらに5才程度以下の子供は人口として数えられていないことがあるので要注意。上の羽山村は人口のデータが見つからないので計算できず。
1人あたり食糧が米1石、年貢0.4石、衣料費など雑費が最低1石必要と考えれば2.5石程度が1年間生活するために最低限必要な経費ということになる。村の数字の記録がどうであろうと1人あたり2.5石(米換算で)の生産があったということになる。当然冬の生産も含まれる。村高は夏の生産だけしか考えていないのでこのことも注意が必要。
逆に言えば人口がわかれば村の生産量が推定できるということになる。

農民はアワやヒエばかり食べていたか
年貢は土地(一般に田、畑、屋敷)に対してかかります。何を栽培しようと、逆に何も作らなくても年貢の額は変わりません(変えた領主もいたようですが)。米を作ろうとヒエを作ろうと年貢は変わりませんから誰でも最も高価な米を作ろうとしたはず。何故アワやヒエだったか、その理由は気候風土の問題で米が作れなかったのです。
関東地方などでは丘陵が多く水が乏しかったため水田は少なく、多くが畑。少ない水で育つ作物でないとダメだったのです。しかし畑の年貢も米で納めるのが基本。僅かに取れた米は全部年貢に。それでも足りないと他所から買ってきて年貢に充てました。それを見た、恐らく西日本出身の人が「米が食えない貧乏村」と言ったのでしょう。

救いようがない程の貧乏村はゼロではなかったでしょうが平均的な言い方をすれば普通に生活をしていたというのが小生の考えです。
きっかけは小生の生まれたところ。村高250石、殿様への年貢が200石、免(年貢率)は何と8割。ですが酷税に泣かされたといった悲惨な伝説はありません。寺も神社もあるし酒も飲んでいました。伊勢参りの記録は確認していませんが四国遍路の記録はあります。

なぜ免が異常に高いか
村高は豊臣秀吉が各地の領主に命じて調べさせたのが最初。しかし領主が役人を派遣して調査したのはごく少...続きを読む

Q日本にピストルが伝わって来たのは江戸時代後期だと思うのですが、高杉晋作と坂本龍馬以外で使ってた偉人が

日本にピストルが伝わって来たのは江戸時代後期だと思うのですが、高杉晋作と坂本龍馬以外で使ってた偉人がいれば知りたいです。

Aベストアンサー

確かディーン藤岡演じる五代友厚はピストルを持ってたね。 こどものあさが、初めて訪れた大阪の街ではしゃいで走り出した時、逆方向から走ってきた若いさむらい五代とぶつかって、その際五代の持っていたピストルがあさの着物の袖のなかに入ってしまった。

Q元号と西暦は同日でもどうして一月程の差があるのですか?

元号と西暦は同日でもどうして一月程の差があるのですか?

また過去に元号の日付で起こった出来事(例えば戦争や天災)は

今の現実には西暦の日付に起こったと言う事でしょうか?

また明治時代近辺で、調整されてる様ですが、何がきっかけで

そうなったのでしょうか?

Aベストアンサー

もう少し、暦全般について調べたほうが良さそうですよ。興味があるなら、なおさら色々と知れて面白いと思います。

基本的に暦には、暦法と紀年法があります。
暦法とは、いつを1年の始まりにして、月をどうして、といったことを決めているものです。地球の文明のすべての暦に”月”があるのは、ある意味不思議でもありますが、”年”より”月”のほうが身近だったようで”月”から決められることも多かったです。太陰暦と呼ばれます。すぐに”年”の周期にも気づきますので、月ベースで年を決めるのが太陰太陽暦、年ベースに月を割り振るのが太陽暦です。
太陽暦も古くエジプトで紀元前何年だったか忘れましたが採用されている例があったと思います。今の西暦と呼ばれるものも太陽暦ですね。ローマの暦が元になっていますが謎な部分も多いです、カエサルなんかも確か大改革をやってたりします、調べてみるのも面白いと思います。
太陰太陽暦は中国で長らく使われており、これが日本にも入ってきて江戸時代まで使われていました。1年の春分・夏至・秋分・冬至を基準に24分割して、冬至と春分の丁度真ん中を年の替わりとしますが(実際は冬至を11月として1月を決めてたらしい)、月の満ち欠けベースで日にちをカウントするので、1月1日はいつも新月です。中国では国としては西暦を使っていますが、人々は昔から長らく使われてきた太陰太陽暦を元に新年を祝ったりします。これは西暦が人為的に決めたものに対して、太陰太陽暦が月や太陽の運行といった自然を元に決められているものであることも、その理由にあると思います。

紀年法は暦法とよく混同されますが、今年が何年というのをどこを基準に数えているかというのを決めているものです。西暦はキリストの誕生年であることが有名ですね(算出を間違えていることでも有名ですが)。上記のローマの暦は、もちろんキリスト誕生前、つまり紀元前から使われています。当時はローマ暦で、基準は知らないですが、執政官か何かを基準に〇〇何年みたいな感じで、しかも干支のように何年かで元に戻るので研究者では記録が1周期前か後かで論争になってたりもするようですが、それはともかく、暦法で書いたローマの暦と紀年法としてのローマ暦を混同しないでください。暦法としてのローマの暦はずっと使い続けられ、10世紀ころからキリスト誕生年基準の西暦という紀年法が広まって今の西暦となっています。

昔の日付については、当時その場所(国)で使われていた月日に、西暦に直した年で記述するのが一般的です。例えば元旦の出来事を西暦の月日に直すと、2月の何でもない日の出来事になってしまって訳が分からなくなることもあるためです。


ざっとさわりですが。
あと日本に西暦が導入されたときの混乱の話とか、たぶん他の人が面白く書いてくれると思うので任せます(あるいは自分で調べてみてください)。

もう少し、暦全般について調べたほうが良さそうですよ。興味があるなら、なおさら色々と知れて面白いと思います。

基本的に暦には、暦法と紀年法があります。
暦法とは、いつを1年の始まりにして、月をどうして、といったことを決めているものです。地球の文明のすべての暦に”月”があるのは、ある意味不思議でもありますが、”年”より”月”のほうが身近だったようで”月”から決められることも多かったです。太陰暦と呼ばれます。すぐに”年”の周期にも気づきますので、月ベースで年を決めるのが太陰太陽暦、年ベース...続きを読む

Q世界史:「皇帝」と「王」のちがいは?

「皇帝」と「王」のちがいはなんですか?

あと、神聖ローマ帝国のオットー1世は『王』ということで良いのですよね。そうすると、皇帝は誰だったのですか?

Aベストアンサー

王の上位者が皇帝。

神聖ローマ帝国の場合は帝国を構成する各国を支配する王などから選挙で選ばれて帝国全体の統治者となったのが皇帝。

>あと、神聖ローマ帝国のオットー1世は『王』ということで良いのですよね。そうすると、皇帝は誰だったのですか?
オットー1世が東フランク王国の王でドイツ帝国の皇帝。

日本で言えば殿様(王)と徳川将軍(皇帝)の様な関係。

Q白人と結婚したがる日本人が多いが、この問題は意外と奥が深いかもしれない。実際、タレントを見ると、ハー

白人と結婚したがる日本人が多いが、この問題は意外と奥が深いかもしれない。実際、タレントを見ると、ハーフの割合が高い。この割合は、日本の人口の中のハーフの割合を遙かに超えている。

それと、ペットの犬だ。古来からの日本犬を飼っている者より、外国の犬種を飼っている者の方が多い。その内、日本の犬は外国の犬種ばかりに成るだろう。

同じ事が人間でも起きるかもしれない。なぜだろうか?全ての生物には生存本能がある。日本人は本能的に白人に近い方が生き残り易いと考えているのではないだろうか?

それには理由がある。核爆弾は日本に落とされたが、ドイツやイタリアには落とされなかった。日系人だけ強制収容所に入れられ、ドイツ人やイタリア人は入れられなかった。

従って日本人は生き残る為に白人の顔に近づこうとしているのではないでしょうか?

Aベストアンサー

日本人の美意識は、古来から外国の影響で変わってきています。平安時代はふくよかな女性が美とされましたが、時とともに外国の影響で美意識は全く変わっていきます。
現在は、欧米文化の影響が強いので、欧米人に対する美の意識も高くなっています。

欧米人でもっとも美しい女性に選ばれたエマワトソン氏も、平安時代の美意識の人が見ても、エマワトソン氏を美しいとは感じないでしょう。



では、何故日本に欧米式の美意識が普及したか。これは欧米文化が世界を支配した影響です。日本で欧米の美意識が普及し始めたのは明治からですが、決定的なのはGHQの支配を受けてからでしょう。その影響は現在のマスコミや教育界に根深く生きています。(美意識については、マスコミの影響が強い。)

欧米人が美しいという美意識は、その影響です。




これは仮説ですが、もしも欧米人の人種的特長が、黒人の特徴なら、その人種が世界を支配する事でその人種が世界で崇高な人種だというのを支配地域に叩きつけるので、世界の美意識もそれを基準に変わっていると思います。
肌は浅黒いほど美しく、鼻は低く横に広く大きいほどたくましく気高い。

なんていう美意識の文化圏が世界を支配したら、日本人もそれに従った美意識に強い影響を受けるでしょう。






*
この仮説はつまり、コーカソイドの支配地域がニグロイドになるという事です。

コーカソイドの元々の分布地域は、現在で言う北インド、イラン、イラク地域あたりです。ペルシャ人は中東のほかの人種とは違って白人っぽいと思われるでしょうが、そもそもコーカソイドはペルシャ人も含まれます。インドも、南はインド人らしい特徴ですが、北に行くにつれて白人に似た特徴になるのはそのためです。欧米人もコーカソイドに分類されます。

人類の歴史でヘゲモニーをになった時代が長いコーカソイドですが、その人種がコーカソイドではなくニグロイドだったら、人類の美意識も全く違っている事でしょう。



*
欧米的美意識でみても「欧米人に美人が多い」というのは嘘。
「ポーランド、ウクライナ、ベラルーシには美人が多い」は真実。

日本人の美意識は、古来から外国の影響で変わってきています。平安時代はふくよかな女性が美とされましたが、時とともに外国の影響で美意識は全く変わっていきます。
現在は、欧米文化の影響が強いので、欧米人に対する美の意識も高くなっています。

欧米人でもっとも美しい女性に選ばれたエマワトソン氏も、平安時代の美意識の人が見ても、エマワトソン氏を美しいとは感じないでしょう。



では、何故日本に欧米式の美意識が普及したか。これは欧米文化が世界を支配した影響です。日本で欧米の美意識が普及し始...続きを読む

Q大日本帝国軍は今の北朝鮮レベルなのに何で威張ってたのですか?クソザコでしたよね?

大日本帝国軍は今の北朝鮮レベルなのに何で威張ってたのですか?クソザコでしたよね?

Aベストアンサー

時代が違うのだよ。ワハハ日本にはガンダムとエバンゲリオンが、いるmのだ!

Qまじ質問です。アポロ11号でアームストロング船長が初めて月に降り立つ映像を撮影したのは誰ですか?

まじ質問です。アポロ11号でアームストロング船長が初めて月に降り立つ映像を撮影したのは誰ですか?

Aベストアンサー

>キャノンが世界初!ならありえますね。

キャノンが世界初でなければ、もっと可能性は高いですよね。
でも、NO10さんの言う通り、ピント固定方式であった可能性の方が高いでしょう。

日本でも固定焦点式のカメラが1986年頃から大衆向けに安価に売り出されています。
構想から大衆向けの商品になるまでに、10~15年位かかっても不思議はないと思いますよ。
NASAは国家威信をかけた事業であった筈ですから、費用は青天井だったと思います。

Q歴史を知るということについて

なぜ、人々は教育などで学んだもの、TVなどで観たもの、説得力のある偉い人から聞いたことなどを真に受けるのでしょうか⁉
過去の質問文にも書きましたが、習った、TVで観た,知った、偉い人から聞いた、記念館で詳しく知ったとか言う人とか色んな人がいますが、なぜ・・・簡単に信じてしまうのでしょうか・・・
私達が学ぶ知る歴史が真実とも限らないのに・・・・
嘘とも限らないけど、歴史学者が口伝や記録資料などを基に解釈と推測と調べ上げた結果などでしょう。(そういうのが参考書や教科書や本に書かれている・・・)
その中に嘘が混じってないとも限らない。(証拠があっても偽ものかもしれなかったりとか色々とあるのにね・・・)
だから、私は歴史を知ることについてはそれが真実とも嘘とも思いません。
それに私は政府を信用することについても似たような感覚を持っています。
歴史に関しては目の前で知ったからとか偉い立場の人がエリートが言ったからと言っても私は信じません。(歴史学者が調べ上げて解釈したものなのでね・・・)
当時人と現代人が両方いたとして、大体は両方の言うことが当たっていても、少しばかり色々食い違うのが見えてくるから・・・
でも、世界中の人々は正しいと言わんばかりに自分が知った歴史などが真実とも限らないのに信じている。謎で仕方ないです。
だから、複雑な気持ちになります。
(私は歴史を知ることについて半信半疑です。私からしたら歴史はファンタジーです。真実と嘘が混在していたり、それに歴史については真実か嘘か分かりかねるからです。)



そこで質問なんですけど
人々は歴史を知ることについて、なぜ、信じやすいのでしょうか?疑わないのでしょうか?
(国が教えてくれた歴史や学校などで学んだ歴史やTVの歴史関連の番組などで知った人学んだ人とか
信じ切ってるものだから疑問に思いました。)





質問ばかりですいません。
意味不明だったり、色々ありましたら指摘して下さって構いません。
今の時間は時間が空いたので質問しました。

なぜ、人々は教育などで学んだもの、TVなどで観たもの、説得力のある偉い人から聞いたことなどを真に受けるのでしょうか⁉
過去の質問文にも書きましたが、習った、TVで観た,知った、偉い人から聞いた、記念館で詳しく知ったとか言う人とか色んな人がいますが、なぜ・・・簡単に信じてしまうのでしょうか・・・
私達が学ぶ知る歴史が真実とも限らないのに・・・・
嘘とも限らないけど、歴史学者が口伝や記録資料などを基に解釈と推測と調べ上げた結果などでしょう。(そういうのが参考書や教科書や本に書かれて...続きを読む

Aベストアンサー

人間が知的に発達するのは、見聞きし、さわり、運動し、などの経験を基盤にしています。
英単語のスペルをみて、発音を先生に教わって、こう読むのだというのも、漢字、熟語でも同じです。
天気予報や潮の干満でも、あるいは、現在時刻を確認するのでも、世界の地理でも、日本の政治体制や国会での審議状況でも、北朝鮮のミサイル発射情報でも、新聞広告の商品の価格でも、ニューヨークや東京の株価状況でも、景気や雇用情報でも、火災や地震の被害状況などでも、交通路の渋滞情報でも、単純なやり方で得た情報をとりあえずor長期にor絶対の確信をもって、現在時点での正確な情報として信じます。
歴史だけを信じやすいのではないです。
> なぜ、信じやすいのでしょうか?疑わないのでしょうか?
疑ってるままよりは、とりあえず信じて扱う方が効率が良く、体系的に情報を整合させて理解したり行動する上で、より確実だからです。
サッカーをやっている最中でも、敵味方の選手の動き、ボールの飛び方を疑っているよりは、どれもこれも「こうなってああなって」と確定させることで、判断が可能になります。「こうなってああなって」と確定させたことと、次の瞬間に見えた動きが不一致だったら、そのことで必要な組立直しをするのが一番確実です。
考古学でも、歴史学でも、経済学でも、天体観測でも、航空機や船舶の自動操縦でも、家庭の電子レンジでも、これまでの調査や検討で、だいたいこうすれば大きな誤りにはならないという判断で、一般に提供されています。
そうしたものを受け取って、人生を生き、社会で生活しているのですから、その個人の経験で、ほぼ間違いがないと扱うのが、一番妥当なことを、信じて疑わないのです。
新しい事実の発見等で、そうした情報に誤りがあったことが一般的に報じられれば、「そうなのか」「そうだったのか」と部分修正するので済ませるのです。

> (国が教えてくれた歴史や学校などで学んだ歴史やTVの歴史関連の番組などで知った人学んだ人とか、信じ切ってるものだから疑問に思いました。)
自分で調べ検証するような能力も時間も方法ももってないのが普通です。 研究者であっても、自分でやれることはホンのわずかしかないです。 それは歴史だけでなく、通信技術でも、化学や生物でも、薬学の関係でも同じです。 自動車が走り回る道路を平気で歩けるのも、ぶつかっては来ない、暴走はしない、とりあえず信じているからです。 自動車を運転しているときでも、前を走る車が突然止まる危険はない信じているのです。 前車が突然止まったりしたら、多くの運転者は前車にぶつかります。
私なぞ、古文書を見せられても読めない、フランス語、英語、ギリシャ語、いや現代中国語の活字印刷物でも、読めない。 読めたとしても、周辺事情も知らないのに、判断など自分では出来ないです。
タマタマ見聞きした情報を信じることを基本的なやり方にするしかないです。
この「教えて!goo」の質問や回答が、どうして、上手く表示されるのか、書いたままが出ているのか、誤字を書いても、誰かが直してくれているのかさえも、わからないけれど、たぶん▲◆▽◇なのだろうという思い込み、信じ込みで済ませて、それで済んでいる間は、それを信じていくのです。

人間が知的に発達するのは、見聞きし、さわり、運動し、などの経験を基盤にしています。
英単語のスペルをみて、発音を先生に教わって、こう読むのだというのも、漢字、熟語でも同じです。
天気予報や潮の干満でも、あるいは、現在時刻を確認するのでも、世界の地理でも、日本の政治体制や国会での審議状況でも、北朝鮮のミサイル発射情報でも、新聞広告の商品の価格でも、ニューヨークや東京の株価状況でも、景気や雇用情報でも、火災や地震の被害状況などでも、交通路の渋滞情報でも、単純なやり方で得た情報を...続きを読む

Q第一世界大戦が起こった理由を簡単に教えてください

第一世界大戦が起こった理由を簡単に教えてください

Aベストアンサー

事は、英国の産業革命にまで遡ります。

これで独仏などの他のヨーロッパ諸国が
焦りまして、英国に追いつけ、追い抜けという
競争が始まり、
それが帝国主義へと発展しました。
追いつかないと侵略されるからです。


※帝国主義(ていこくしゅぎ、英語: imperialism)とは、
一つの国家が、自国の民族主義、文化、宗教、経済体系などを
拡大するため、あるいは新たな領土や天然資源などを獲得するために
、軍事力を背景に他の民族や国家を積極的に侵略し、
さらにそれを推し進めようとする思想や政策。


その過程で、ドイツは、隣国のフランスを孤立させるために、
オーストリア・ハンガリーなどと同盟を結びます。
イギリスはドイツの進出に脅威を感じ、それに対抗するため
フランスやロシアなどと協定を結び、後に連合国を形成しました。
こうして、ヨーロッパの列強は二つに分かれて対立していきました。

そうした中で、オーストリア・ハンガリーの帝位継承者夫妻が
セルビア人の青年に暗殺されるという事件が起き、
これがきっかけで第一次大戦が始まりました。

米国は当初は中立だったのですが、ルスタニア事件を
口実に参戦し、英仏に味方しました。

英仏に味方したのは、イギリスやフランスが負けると、
大量の貸付が焦げ付くことになり、資金の回収が困難になるからです。
第一次世界大戦では、ドイツに勝ってもらうよりは、
イギリスやフランスに勝ってもらう方がアメリカには
都合が良かったわけです。
この戦争で米国は大儲けをして、一躍世界一の
大国に躍り出ることになりました。


※ルシタニア号事件.
第一次世界大戦中の1915年、ドイツ軍の潜水艦が
イギリス客船を撃沈した。
多数のアメリカ人乗客が犠牲となったため、
アメリカが参戦するきっかけとなった。

事は、英国の産業革命にまで遡ります。

これで独仏などの他のヨーロッパ諸国が
焦りまして、英国に追いつけ、追い抜けという
競争が始まり、
それが帝国主義へと発展しました。
追いつかないと侵略されるからです。


※帝国主義(ていこくしゅぎ、英語: imperialism)とは、
一つの国家が、自国の民族主義、文化、宗教、経済体系などを
拡大するため、あるいは新たな領土や天然資源などを獲得するために
、軍事力を背景に他の民族や国家を積極的に侵略し、
さらにそれを推し進めようとする思想や政策。


その過...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報