前回「交通事故の加害者の不誠実な対応について」で質問をしたのですが(回答くださった皆さんありがとうございました)、その続編みたいなのですが・・
 保険関係の本で『示談をする時には資料を用意しておくと感情論にはならないので良い』とあったのですが、この資料とはどんなものを集めればいいものなのでしょうか。
 どなたか教えてくださいませんか??よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まず、示談は、完治した時点で開始します。


完治後、どちらかの保険会社に連絡すると通常、示談書を過失割合が多い保険会社が作成し、相手保険会社に送付し契約者のもとに届けます。
保険会社が提示する金額は、先にあげました書類をもとに計算します。そして、治療費や通院等の諸費用の計算は、当事者から出されて書類プラス医療機関からの書類(レセプト)をもとに計算をしていきます。これで、治療費の総額が判明し、
すべての立替金を計算。すぐに計算はしてくれません、なぜなら医療機関からの書類は、健康保険組合の書類を先に作成するため、後回しになり治療を終了してからでも1ヶ月くらいはあとになると思ってださい。
そして、大事な休業損害・慰謝料等も これでやっと計算できるのです。
計算で出された金額に過失割合を乗じて あなたの受け取り金額が決定されます。

ここで やっと補償額の交渉で判子を押すかどうかになるわけです。どこまで要求を通すか、妥協するかを親戚の方がアドバイスしてくれると思います。

示談は、治療費・慰謝料・休業損害の総額が自賠責の支払範囲以内が以上かで若干異なりますので、詳しくは、担当の方に教えてもらってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答いただきまして、本当にありがとうございます。

<示談は、完治した時点で開始します。
完治後、どちらかの保険会社に連絡すると通常、示談書を過失割合が多い保険会社が作成し、相手保険会社に送付し契約者のもとに届けます

ということは、完治もしていないのに勝手に示談書を書いて送ってくるなんてひどいことだったんですね。
やっと、全体像が具体的にわかってきて、更に安心することが出来ました。
やっぱり、思っている以上に時間がかかる上に、相手もあることなので面倒なのですね。。
でも、頑張って自分の要求は通せるようにして行きたいと思います。
いろいろ教えてくださって本当に助かりました。また質問するかもしれませんが、その時はよろしくお願い致します!!

お礼日時:2001/07/02 10:56

まず、「資料」という言葉に、惑わされないでください。


資料といっても、公の場所に出して、そのまま通用するものでなくても、被害額を箇条書きにして、書き出したもの、ぐらいのものでも十分です。
それを示して、自分の要求をはっきりさせるわけです。その上で、相手方とすれば、この項目については、これこれの裏づけ書類(資料)がいります、ということになります。
勿論その項目のなかには、資料の有無に関わらず「認められない」というものもあるでしょうが、要は、交渉のたたき台が欲しいわけです。
あなたは本を読んで、勉強されているのですから、要求できる項目に漏れのないようにしたいものです。
これは、この事故のための出費だ、と思われたら、とにかく書き出す、領収書をキープする、の姿勢です。
最終的に、「示談書に判を押す」まで、少しずつステップを重ねて行く、という心がまえでいてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!

>資料といっても、公の場所に出して、そのまま通用するものでなくても、被害額を箇条書きにして、書き出したもの、ぐらいのものでも十分です。

わかりました!公式文書でなくても大丈夫なんですね。安心しました。
とりあえず、なんでもいいから事故の為にかかった費用とか損害とか思いあたるものがあれば、書き出しとけば大丈夫なんですね?
一応、薬とかタクシーに乗ったときとかは領収書をもらっていたのでよかったです。わかる範囲で書き出してみます!ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/01 20:48

私は以前、過失割合10対0で交通事故に遭いました。


こちらの過失が0だったので、同乗者がむち打ちになったのですが私の保険会社は間に
入らず、交渉はすべて私が行いました。

とにかくアドバイス出来る事は、加害者に誠意が見られないなら、相手を引きずり出すこと。
それが無理なら、保険会社の課長クラスを引きずり出すまではごねること。

私が知合いの弁護士に相談した時には、「これくらい入院して、これくら通院したら、いくら払わせろ」
みたいな表を見せてもらいました。
弁護士会で用意しているもので、訴訟までいかないとなかなか認められない金額がかいてありましたが。。。。

私の場合、「いざとなったら訴訟までやるぞ!」って気合をみせるだけで、
かなり同乗者の友人に有利な条件で合意できました。
30分で5000円くらいですから、弁護士に相談する
事をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!助かります。

<加害者に誠意が見られないなら、相手を引きずり出すこと。
それが無理なら、保険会社の課長クラスを引きずり出すまではごねること。

どうすれば、引きずり出すことができるのでしょう?示談の時にごねてごねて・・という感じでしょうか?それとも、自分から相手の保険会社に「どうなってるんだ
」と口うるさい感じで電話してがんばる(本に書いてあった)とか??

<30分で5000円くらいですから、弁護士に相談する
事をお勧めします。

弁護士さんの知り合いがいないので、もう少し待っても納得いくような事がなければ、都道府県がやってる交通事故相談で法律相談があるのでそこにいって、弁護士さんを紹介してもらおうと思います。ありがとうございました!!

お礼日時:2001/07/01 20:57

失礼しました、URL入れておきます。


http://www.ne.jp/asahi/kosei/igarashi/jibai10.htm

下記のURLは示談の時の注意点などです、参考にしてください。
http://w1.alpha-web.ne.jp/~algernon/

http://member.nifty.ne.jp/koba-san/law/traffic/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々、ありがとうございます!!
参考URL見てみました。いろいろ詳しくのっていて、まだ全部目を通せてないですが、大変ためになりそうです。
もう少し、これを見ながら勉強して見ます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/01 21:28

過失割合は、決定したのでしょうか。


>保険関係の本で『示談をする時には資料を用意しておくと感情論にはならないので良い』とあったのですが

その本を読んでいませんので、前後の文脈がわかりませんが。多分、休業損害を請求するための公的証明や保険会社が見つめてくれる証明書等だと思います。
納税証明書や勤め先の給与証明ですが、保険会社から指定の用紙が送付されていると思います。
他も保険会社から損害賠償の計算の元にする書類が送られて着ていると思います。
例えば、保険会社していの書類として
 通院交通費明細書(領収書や病院までの距離の控え等)
 休業損害証明賞(勤め先で記入捺印をもらいます。)
   これがない場合は、確定申告書控(受付印が必要)
 他に治療の際に負担したものの領収書
だと思いますが、ただ、過失割合が生じる事故の場合は、あなたの加入している代理店や保険会社が説明してくれると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前回から度々回答いただきまして恐れ入ります!ありがとうございます!!

過失割合はまだ決まってないようです。ただ、前の5対5からは前進したようですが、まだまだ満足のいく結果にはなっていないようなのです。

<保険会社から指定の用紙が送付されていると思います。
他も保険会社から損害賠償の計算の元にする書類が送られて着ていると思います。

さらに相談したいのですが、前述の通り、過失割合がまだ納得いくような状態ではなく、相手はすでに話し合いもない状態で勝手に示談書を送りつけてきてまして、今交渉は私の保険会社の担当(親戚)がしてくれているのですが、「もし示談書を持ってきてもまだ判はつかないで、判を押すときのタイミングは教えるから」という指示が出されているのです。
教えていただいた書類の通院交通費明細書、休業損害証明書、他に治療の際に負担したものの領収書とかの説明はまだしてもらってないのですが、こちらから自分の保険会社の担当に確認取った方がいいものでしょうか??また、この書類はいつ提出するのですか?示談交渉のときなのですか?
それとあと1つ、指示されているように「もう、判を押してもいいよ」といわれて何も考えずに押しても問題ないと客観的に思われますか?
重ね重ねで申し訳ないですが、教えてください!!お願いします。

お礼日時:2001/07/01 21:21

示談の際に必要な書類は、参考URLをご覧ください。



ただ、この中には相手方の保険会社で指定の用紙も有りますから、事前に全て用意するには、先方と打ち合わせが必要だと思います。

>『示談をする時には資料を用意しておくと感情論にはな
>らないので良い』
ただ、実際にそうだとは思えませんが・・・・。

だいたい、事前に必要な用紙だけ送ってきて、当日には加害者が顔も出さないで、保険会社の担当者が「お詫びの言葉」も無く、一方的に条件を提示するだけですから、私の場合は1度目は話の途中から追い返してしまいました。
仲々、冷静ではいられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!

>だいたい、事前に必要な用紙だけ送ってきて、当日には加害者が顔も出さないで、保険会社の担当者が「お詫びの言葉」も無く、一方的に条件を提示するだけですから、私の場合は1度目は話の途中から追い返してしまいました。

ひどいですよね~。私の場合は話し合いも挨拶も何もない状態で示談書が私の保険会社の担当の人にいきなり送ってきました。これまたひどいですよね!!

それから、参考URL・・見たいのですみませんが教えてください!!
よろしくお願いします。

お礼日時:2001/06/29 23:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故の加害者の不誠実な対応について

1ヶ月ほど前事故に遭いました。
信号の無い交差点で直進車同士の事故でした。
私は優先道路での直進、相手は一時停止からの直進で、道路中央まで出てきていて停止してましたが明らかに無確認で急発進してきました。
その後の示談のことで質問したいのです。

私の保険会社は2対8だといっており、それでも「多い」と思ったのですが、謝罪があって常識程度のことがあれば円満解決で行こうと思っていました。でも、相手が「交差点だから5対5だ」と言い張ってるらしく、私としても、事故当時から今現在に至るまで謝罪も何も全く無いうえにこの状況なのでそんなことを言ってられなくなりました。また、そうこういっているうちに、いきなり交渉も連絡も無く示談書が判を突くだけの状態で私の保険会社の方に相手の保険会社から送ってきたのです。(内容はひどいらしく、保険会社が見せてくれなかった)

そこで、私は今、相手に一番厳しい措置をしたいと考えているのですが、どのようなことを訴えればいいのでしょうか??
また、
・車を新車にしてほしい(まだ3ヶ月未満の新車だったので)
・治療中で出勤できなかったバイト代を全額支払ってほしい
・慰謝料はどこまで請求できるのか??
・また、今1年に1回しかない国家試験を目指すために就職も我慢して勉強しているのですが、一番勉強しなければならない時に1ヵ月近く勉強ができなかったのです。勉強ができなかった精神的苦痛。またもし試験に不合格してしまったらその時の精神的苦痛に対しての補償は訴えられるのか??
・謝罪も無く、責任が無いような意味合いの行動しか相手が取ってないので
 刑事責任も考えています。
運転免許剥奪とか、殺人未遂とか。そういったたぐいで。
以上のことが、訴えることが出来るのでしょうか?
他になにかいい方法がありますか??
どうか、いいご意見があったら教えてください。
よろしくお願いします。

1ヶ月ほど前事故に遭いました。
信号の無い交差点で直進車同士の事故でした。
私は優先道路での直進、相手は一時停止からの直進で、道路中央まで出てきていて停止してましたが明らかに無確認で急発進してきました。
その後の示談のことで質問したいのです。

私の保険会社は2対8だといっており、それでも「多い」と思ったのですが、謝罪があって常識程度のことがあれば円満解決で行こうと思っていました。でも、相手が「交差点だから5対5だ」と言い張ってるらしく、私としても、事故当時から今現在に至るまで...続きを読む

Aベストアンサー

重過失について
多くの方が、過失割合を提示された場合に重過失ではと疑問に思うことがあることも確かです。しかし、保険会社が過失割合を算出する基にするのが、判例タイムズの過失相殺率の認定基準という本があります。その中には、交差点での衝突事故は一旦停止をし左右確認を実行しなかったのが事故原因で、一連の行動をしていれば事故などは起こらない。としています。

交差点の事故は、双方の徐行・進入時の左右確認がされていれば起こらないもので これらは、通常の過失と言っていいと思います。

そこで重過失とは、一般的には、居眠り運転・道交法上の酒酔い運転・無免許運転・30km以上の速度違反をさします。しかし、これより程度の低い、脇見運転・居眠り運転・居眠り運転・無免許・15kmから30kmの速度違反・酒気帯運転・著しいハンドル、ブレーキ操作不適切等を著しい過失として計算しています。
今回の場合は、適用できたとしても著しい過失として基本の割合に10%の過失を加えるくらいだと思います。だた、この動作を修正要素としてお互いに認めることができるかによりますが。

Q不誠実極まる交通事故加害者への対応についてアドバイスお願いします

家内が、約1年前、信号機のない横断歩道歩行中に左折してきた車に跳ねられました。(加害者過失100%)
事故直後に担ぎ込まれた救急病院での診断は「全治10日」でしたが、
実際には、症状固定まで約9か月(88回)の通院治療を要しました。
症状固定後、後遺障害14級9号(局部に神経症状を残すもの)が認定されました。

治療の過程で、保険会社より「早く治療を終了させろ」といった趣旨の電話を何回か受け、
不誠実なその態度に腹を立てて加害者本人に改善要求の電話をしたところ、
多分事前に保険会社から知恵をつけられたのだと思いますが、
「こちらは保険に入っているのだから、保険会社を通してくれ」の一点張りで、挙句に、
「こちらはちゃんと見舞いに行った」(確かに、事故の翌日早朝に一度だけ顔を出した)
「子供がいるのにこんな時間(夜8時頃)に電話してくるのは非常識だ」とまで罵倒されました。

当方(家内)は、痛い思いをし、1年近くも通院し、なお痛みは全快していないというのに、
加害者は、何の痛みもなく、何事もなかったように生活し、その挙句、上記のような不誠実極まる態度です。
恐らく、初期診断が「全治10日」だったので、行政処分(違反点数、反則金)も軽微なものだったと思います。

故意に起こした事故ではないので、加害者に誠意が見られれば、敢えて加害者の不利になることをしたいとは思いませんが、
このような、不誠実極まりない態度を取られても、被害者はただ耐えるしかないのでしょうか?
初期診断より実際はかなり重い怪我たっだことを理由に、加害者に何らかのペナルティーを与える方法はないでしょうか?

家内が、約1年前、信号機のない横断歩道歩行中に左折してきた車に跳ねられました。(加害者過失100%)
事故直後に担ぎ込まれた救急病院での診断は「全治10日」でしたが、
実際には、症状固定まで約9か月(88回)の通院治療を要しました。
症状固定後、後遺障害14級9号(局部に神経症状を残すもの)が認定されました。

治療の過程で、保険会社より「早く治療を終了させろ」といった趣旨の電話を何回か受け、
不誠実なその態度に腹を立てて加害者本人に改善要求の電話をしたところ、
多分事前に保険会社か...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社にせよ、加害者本人にせよ許しがたいですね。

加害者へのペナルティとしては、
慰謝料の増額ということが可能かと思います。
本来なら、自賠責保険や任意保険による基準というので
慰謝料が決定されることになるかと思いますが、
弁護士基準による慰謝料を請求する、という方法があります。
任意保険基準よりも高額な慰謝料になりますので、
それなりにペナルティになるのではないか、と思います。

Q物損事故の示談成立後について(加害者側)

当方が加害者側の物損事故で相手側と示談成立後被害

者側から体の不調を訴えてきた場合、賠償金は支払わ

なくてはいけないのでしょうか?また、その場合は事

故当時契約していた任意保険の補償の適用は受けれる

でしょうか?また、物損事故の示談において損害保険

会社が相手側に提示した条件と、おりあわず示談が成

立せず、裁判になり敗訴し保険会社が当初提示してい

た金額より多く支払義務が生じた場合、保険会社は上

乗せ分を相手側にしはらってもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

 まず、身体に関わる損害についてですが、賠償責任を負う場合というのは医師によりその症状・障害と事故との間に「相当因果関係がある」と診断された場合のみです。医師の診断、つまりこれを医学的他覚所見といいますが、保険の取り扱いにとどまらず、全ての法律上の賠償責任はこの医学的他覚所見がない限り求めることはできません。
 一方、本人が症状を訴えるだけのものを自覚症状といいますが、これだけでは因果関係まで挙証することは事実上不可能な上、法律上何ら賠償責任を負いません。

 次に、保険での取り扱いですが、これは法律上の賠償責任を負担することによって被る損害を補償してもらうわけですから、基本的に当事者間で話し合いが決裂して最終的に司法判断に頼ったとしても、そこでの判決が法律上の賠償責任にあたりますから結果的に保険会社が全額負担します。
 したがって、人身と物損とを問わず、ここに当初の話し合いや提示金額との「差額」とか「上乗せ」という概念は存在しません。

 ただし、自動車保険で注意しなくてはならない点がいくつかあります。
 まずは、なるべく早い時点で警察への届け出を「物損」から「人身」に切り替えてもらう必要があります。これは、当事者が一緒に、あるいは別々であっても警察署へ出向いて必ず手続きしなければなりません。その際に、相手が受診した病院から診断書を予め取りつけておき、警察署へ提出する必要があります(後日でもよい場合あり)。これをしないと、事故証明書は人身事故として発行されないので、保険会社は人身にかかわる保険金を支払えません。できるだけ被害者に都合をつけてもらい、早期に警察署へ同行して人身に切り替えてもらうよう説得して下さい。
 そして、同時に保険会社へも人身について損害が発生していることを伝えておく必要があります。保険会社は事故と治療内容の因果関係を調査するためにも、被害者に医療照会同意書を取り付けたりする準備がありますから、連絡を怠っては保険金支払いに支障をきたします。

 余談ですが、物損の示談が有効に成立していても、人身についてはそれを別個に取り扱うことになりますから、人身については人身の損害について改めて交渉を進めて(実際には保険会社が交渉にあたると思いますが)示談を成立される必要があります。
 尚、人身に関する示談が既に成立した後であっても再び後遺障害などで賠償請求された際は、医学的他覚所見つまり医師による診断書に基づく因果関係の証明さえあれば賠償義務が発生しますので、そのときは改めて保険会社へ連絡し、保険金によって支払いを受けることができます。

 まず、身体に関わる損害についてですが、賠償責任を負う場合というのは医師によりその症状・障害と事故との間に「相当因果関係がある」と診断された場合のみです。医師の診断、つまりこれを医学的他覚所見といいますが、保険の取り扱いにとどまらず、全ての法律上の賠償責任はこの医学的他覚所見がない限り求めることはできません。
 一方、本人が症状を訴えるだけのものを自覚症状といいますが、これだけでは因果関係まで挙証することは事実上不可能な上、法律上何ら賠償責任を負いません。

 次に、保険...続きを読む

Q異議申し立て(前回はありがとうございました。)

今年の1月23日にパートバンクの紹介で正社員として入社。
7月の末に会社に「やりたいことがみつかったからやめさせてください」と責任者にいいました。
責任者は「8月いっぱいならいいよ」といいました。8月31日で退社が成立
退職届けなどは今のところはだしてません。口頭のみでやりとりしただけです。離職票は自己都合になると思います。
正直なところ辞めると決断したのは
休日も工場カレンダーで月7日程度だと書いてあったのに、日曜と祝日のみ。
交通費も実費支給がまったく支給されない。
以前勤めていた会社で患った手のひらの皮膚疾患が今の会社では食品関係で手袋もつけることができないので悪化してきたこと。
以上の三つが決断した理由です。
そのうえ退職を申し出た後二日くらいしてから交通費はどうなってるのと聞いたら「契約社員はでない」といいました。私は入社時も面接のときも契約社員なんて聞いてないし正社員のつもりでした。書面の契約書などもまったくかわしておりません。ハローワークで異議申し立てをしようと思うのですが経験のあるかた詳しい方いろいろ体験談、アドバイスお願いします。
職安で何度も相談したら離職票をもってきてからじゃないとわからないといわれました。

今年の1月23日にパートバンクの紹介で正社員として入社。
7月の末に会社に「やりたいことがみつかったからやめさせてください」と責任者にいいました。
責任者は「8月いっぱいならいいよ」といいました。8月31日で退社が成立
退職届けなどは今のところはだしてません。口頭のみでやりとりしただけです。離職票は自己都合になると思います。
正直なところ辞めると決断したのは
休日も工場カレンダーで月7日程度だと書いてあったのに、日曜と祝日のみ。
交通費も実費支給がまったく支給されない。
以前勤...続きを読む

Aベストアンサー

ハローワークで異議申し立てができるのは「離職理由」に対してです。あとは求人票と内容が違うというのでは苦情は言えるかもしれませんが、それ以外はハローワークではできません。

契約社員と正社員の違いというのは通称で、正社員でもアルバイトみたいな人もいれば、契約社員でも正社員みたいな人もいるので何とも言えません。
この内容で言えることがあるとすれば、そういう肩書きというより、労働条件の通知(労働基準法第15条=書面明示事項などが決められている)がちゃんと行われたか、ということに尽きると思います。
この内容を扱ってくれるのは労働基準監督署になります。が、貴方は辞めるということなので、会社を指導して貴方が救済される、ということにはならないため、話を聞き置く、という程度で終わる可能性もあります。

参考URL:http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3a.html

Q被害者から加害者へ示談書を送る。

知人の件で相談します。
知人(女性)は被害者で、強制わいせつを受けました。
加害者はその行為を認めています。
行為を認めた際、被害者の上司が立ち会っています。
そこで、
被害者から加害者あてに、告訴しない代わりにと、慰謝料額を明記した示談書を送った場合、逆に脅迫罪になるのでしょうか。
慰謝料額は50万円。(その他項目あり)
受けた行為は、
あごを持たれ無理やりキスされた。
羽交い絞めにされ下半身をまさぐられ、太もも及び、キュロットスカート(職場の制服)の上から陰部を触られた。
逃げると、なら口でぬいてくれ、と言われた。

皆様の知識を伺わせてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

(強制わいせつ)
第百七十六条 十三歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

示談ですが、示談書には当人の署名捺印が必要になります。
示談書は、必ず2部作成して加害者と被害者が保管してください。
内容は、きちんと強制わいせつ罪と書いて、発生日時・場所(住所)を書いてください。
刑事告訴をしない代わりに、双方が示談ということに同意して加害者は被害者に慰謝料として○○万円を○月○日に支払います。
示談成立後は、双方が異議を申立てをしません。
上記の内容では、脅迫罪にも恐喝罪にも該当しません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報