氷河性海面変化って何ですか?具体的に、第三者がわかりやすいように教えて下さい。非常に困ってます!!助けて!!!!!

A 回答 (2件)

補足。


参考URLです。


http://www.nhk.or.jp/sch/junior/arasuji06.html

www2s.biglobe.ne.jp/~nkazu/yama/hyouga.htm

taiki3.envi.osakafu-u.ac.jp/AtmEnvDoc/Aono/Climate/CliHis.html

www.kataoka-el.co.jp/koukogaku3.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございます。おかげで助かりました。

お礼日時:2001/07/02 21:21

北半球では200万年前から1万年前までに4回の大きな氷河期がありました。

氷河期になると海面が大きく低下し、あちこちに陸地や半島が現れました。日本列島が大陸と陸続きになり象をはじめたくさんの動物が南下してきました。その後間氷期(氷が溶ける時期)が来て日本海が生まれ動物達は元の大陸に帰れなくなりました。

氷河期と間氷期の繰り返しで生まれたのがリアス式海岸と呼ばれる入り江の多い海岸です。日本では三陸海岸が有名。ヴァイキングのふるさと北欧にもリアス式海岸が多く、天然の良港をヴァイキングに提供していました。南米南端のパタゴニア地方にもリアス式海岸がたくさんあります。

今日では地球温暖化によって氷河が解け海面が上昇することが心配されています。
我々が何もせず今の生活を続ければ日本の海岸線沿いの町や、バングラデッシュ、セーシルなどの低地をもつ国は壊滅的打撃を蒙るといわれ世界的に地球温暖化の防止策が話し合われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに早速に回答をくれて本当に、本当にありがとうございます。

あつかましいんですが、できればなんですけどもっともっと詳しくor詳しいことが載っている(図など)ホームページなども教えてください。お願いします。

お礼日時:2001/06/30 21:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海面高度ってなんですか?

航空機の雑誌を読んでいたら
「海面上昇率は海面高度における最大上昇率である」
という記述がありました。
この海面高度というのはなんですか?

Aベストアンサー

 飛行機の運用のためには、高度と大気状態の間の関係が定まっていないとどうしようもないので、温帯地域での気象統計を整理した結果を用いて、海面高度から上空までの大気の状態変化が定められています。これは仮想のもので、実際とは一致しませんが、たとえば全ての飛行機の高度計(気圧を高度に換算しています)が、この標準大気にしたがって較正されていれば、安全に運行することができます。
 ここで、海面の気圧を1気圧として、その場所の気圧から高度を換算するとあります。高度が上がるとその割合に応じて気圧が低下することを利用しています。一般の高度計もこれの応用です。
 以下のサイトに高度-気圧の関係資料があります。
 http://www.sksato.co.jp/text/7640-00.html
 つまり「海面高度」とは圧力計による理論的な海面からの高度で、実際に計測した高度ではないということです。

他の参照URL http://www.vmp.kyushu-u.ac.jp/aero/ornithopter/terms/standard_atmosphere/item.html

参考URL:http://www.jal.co.jp/jiten/dict/p283.html#01

 飛行機の運用のためには、高度と大気状態の間の関係が定まっていないとどうしようもないので、温帯地域での気象統計を整理した結果を用いて、海面高度から上空までの大気の状態変化が定められています。これは仮想のもので、実際とは一致しませんが、たとえば全ての飛行機の高度計(気圧を高度に換算しています)が、この標準大気にしたがって較正されていれば、安全に運行することができます。
 ここで、海面の気圧を1気圧として、その場所の気圧から高度を換算するとあります。高度が上がるとその割合に応じ...続きを読む

Q第三次高調波について

三相PWMインバータや、三相スイッチングコンバータでは高調波が発生しますが、なぜ第三次高調波成分は打ち消されて出現しなくなるのでしょうか?
フーリエ解析をしてみたものの良く分かりません。

お分かりの方はぜひ教えてください。

Aベストアンサー

・三相それぞれの波形が同一
・各相で基本波の位相差が120度ずれている
という条件が成立していれば、
*各相の3n次高調波は同位相、同振幅
になります。
ここで、
・三相三線の線間電圧、線電流の総和は0
という条件から、
線間電圧、線電流には3n次の高調波成分は含まれないことになります。

で、
最初の「各相の波形が同じ、基本波の位相差が120度」の条件が満足されてない場合には3n次の高調波は残留しますし、
この条件が満足していても、Y結線の相電圧では3n次の高調波が含まれていることもあります。(その場合、3n次の成分からなる中性点間の電圧が発生します。)

Q氷河が溶けていますが海面は上昇していますか?

アラスカやヒマラヤの山岳氷河が急速に溶けています。氷河が溶けると海面が上昇するはずですが
(質問1)海面の上昇は確認できているのですか?
(質問2)縄文時代は海面が今より高かったのですか?(関東平野内陸部に貝塚がある。)
以上です。

Aベストアンサー

氷河が溶けても、その水が海に向かうとは限りません。
大気中の水分も、陸地に生えている植物の中にも、陸地の湖、池、湿地や川にも、ツンドラなどのところにも、地中の地下水などにも向かう場合があります。海水が増えるかどうかは、それらの水の貯水状態の増減とも関係します。
 
衛星データと海洋観測データで、海面水位の変化は世界中で一様に起こっているのではないことが明らかになっています。世界平均海面水位は上昇していますが、平均上昇率より数倍大きな上昇率を示す海域もあれば、海面水位が下降している海域もあります。海面水位の変化が場所によって違うのは、海水の水温・塩分が場所によって不均一で、その変化も不均一なことが主な原因で、それは海洋循環の変化(海水が地球上を流れる海流の速度や位置、大きさなどが変化していること)と関連があると推測されています。
 
平均海面の水位については、下図のように発表されています。
(海面の高さの変化が場所によって違うことが確認されたのは最近で、その変化は微妙な量です。昔のデータはあてにならないと思った方がいいです。平均海面水位がこのグラフの線の通りに上昇したのだと思ったら、それは誤解になります)
最近7年間程度なら、上昇したところ下降したところの平均では、年間3ミリ程度とのことです。
 
縄文時代は、今よりも120mくらい高い所に海面があったと書いている人が多いようですが、実際には85mくらい高いところにあったのが最高値で、もっと少なかったところや、あまり上昇していなかったところもあるようです。 陸も隆起したり沈降したりするので、厳密に調べるのは難しいでしょう。

氷河が溶けても、その水が海に向かうとは限りません。
大気中の水分も、陸地に生えている植物の中にも、陸地の湖、池、湿地や川にも、ツンドラなどのところにも、地中の地下水などにも向かう場合があります。海水が増えるかどうかは、それらの水の貯水状態の増減とも関係します。
 
衛星データと海洋観測データで、海面水位の変化は世界中で一様に起こっているのではないことが明らかになっています。世界平均海面水位は上昇していますが、平均上昇率より数倍大きな上昇率を示す海域もあれば、海面水位が下降して...続きを読む

Q熱膨張による海面上昇について

熱膨張によって海面が上昇する、
と聞いたのですが、
実際、どれくらい水温が上がると海面が上昇するのですか?
北極や南極などの氷が溶けたら、
水温が下がってしまわないですか?
また、その事を確かめられる簡単な実験があれば教えてください

Aベストアンサー

熱膨張によって海面が上昇する、
と聞いたのですが、
実際、どれくらい水温が上がると海面が上昇するのですか?

>>水温が上がると水は気化して蒸発し体積は小さくなるはずです
  水は熱膨張しません

>>北極や南極などの氷が溶けたら、
  水温が下がってしまわないですか?
  水は零度になると氷になって液体から固体になります
  北極や南極などの氷は空気が零度以下であるため氷の状態をしてい  ます
  空気が零度以上になると溶けて水になり海水に溶け込みます
  北極の氷は水中から水上に浮かんでおり、
  南極の氷は大陸の上に積み重なっています
  水温は零度以上であり、空気が零度以下であることが原因です
  
  大気の温度が上がると南極や北極の氷が溶けて海水の
  体積が増加し海面の上昇が発生するといいます
  2℃の上昇で50cm上がると聞きました
  詳しくは「地球温暖化現象」で検索してください
  地球の温暖化は排気ガスが原因といいます
  今世界中で対応が叫ばれています
  ぜひ勉強してください
  
  

熱膨張によって海面が上昇する、
と聞いたのですが、
実際、どれくらい水温が上がると海面が上昇するのですか?

>>水温が上がると水は気化して蒸発し体積は小さくなるはずです
  水は熱膨張しません

>>北極や南極などの氷が溶けたら、
  水温が下がってしまわないですか?
  水は零度になると氷になって液体から固体になります
  北極や南極などの氷は空気が零度以下であるため氷の状態をしてい  ます
  空気が零度以上になると溶けて水になり海水に溶け込みます
  北極の氷は水...続きを読む

Q「極地の氷溶解」と「海面」

少し前のある質問を読んでいたところ「温暖化で極地の氷が溶けても海面は上昇しない、温暖化による海水の膨張で海面が上昇する」という趣旨の回答があったのですがこれは事実なのでしょうか?

北極の氷が溶けても海面が上昇しないのは分かりますがこの論は南極でも成立するの???

Aベストアンサー

ご存知かも知れませんが,蛇足まで.
コップで試してみましょう.

南極の実験:
コップになみなみ水を注いでから,氷が解けたのを模擬して水を入れてみる.

北極の実験:
コップに氷を入れてからなみなみ水を注いで氷がとけるのを待つ.

#北極圏(グリーンランドなど)の陸地の氷河は海面上昇に少々貢献してしまうでしょう.

Q海面上昇、下降について。

地球温暖化により、海水面は上昇するとマスコミでも言われておりますし、現に上昇している映像もみたことがあります。
しかし、ある番組である科学者が、海水面は下降するとIPCC?で報告されているとの発言がありました。
ではなぜ今上昇してるのか?と疑問に思ったのですがとくに触れられませんでした。
地域差、はあると思うのですがそのことも特に触れられず...
そのひとは今は歴史的には寒い時期なので暑くなってもどうってことないと言っておられていたのですが、それとこれとは違うだろ。と感じました。
実際のところどうなのでしょう??
上昇?下降?でも実際水没しかけの島もありますし。

Aベストアンサー

温暖化や海面上昇に関する情報には、偽情報が横行していますので、下記正式機関の発表を
ご一読ください。

(1)IPCC第4次評価報告書(6ページ目)
⇒ http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/ipcc/ar4/ipcc_ar4_wg1_spm_Jpn_rev.pdf

(2)ここが知りたい温暖化
⇒ http://www-cger.nies.go.jp/qa/qa_index-j.html

(3)地球温暖化問題懐疑論へのコメント(18ページ目)
⇒ http://www.cir.tohoku.ac.jp/~asuka/

(4)IPCC批判については、上記6~10ページ


消防自動車は火災の情報が入ると、事実が完全に確認できなくても現場に駆けつけます。
これは人命と財産を守ると言う重大な役割があるからです。
そして、消火活動を妨害すると、刑法第114条で「火災の際に、(中略)消火を妨害した者
は、1年以上10年以下の懲役に処する。」として、厳罰に処せられます。
 温暖化防止は、消火活動とは異なりますが、人類や動植物の命を守り、生態系の危機回避
という点では同じです。いや、温暖化が進むと地球が二度と立ち直れなくなるので、建物の
火災とは比較できないほど、重大です。

 今後温暖化が深刻になるにつれて法体系も整備され、遡及的に追求されることも考えられ
ますので、人道的立場に立った議論が求められます。

温暖化や海面上昇に関する情報には、偽情報が横行していますので、下記正式機関の発表を
ご一読ください。

(1)IPCC第4次評価報告書(6ページ目)
⇒ http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/ipcc/ar4/ipcc_ar4_wg1_spm_Jpn_rev.pdf

(2)ここが知りたい温暖化
⇒ http://www-cger.nies.go.jp/qa/qa_index-j.html

(3)地球温暖化問題懐疑論へのコメント(18ページ目)
⇒ http://www.cir.tohoku.ac.jp/~asuka/

(4)IPCC批判については、上記6~10ページ


消防自動車は火災の情報が入ると、事...続きを読む

Q海面上昇は世界中一緒?

最近温暖化、特に海面上昇について興味をもち、調べています。
過去の質問などから、今後100年で0.09~0.88m海面が上昇するという予測がされていることはわかったのですが、ひとつ、素朴な疑問があります。
気温、水温の上昇は地域でかなりの差がありますが、海面の上昇は世界中どの地域においても同じなのですよね?

Aベストアンサー

海面上昇については場所による違いはほとんど無いものと思われます。
No.2のharimitiさんの回答に補足します。海水の膨張についてで、水は4度のときが最も体積が小さく、それ以上になると膨張するためにおこります。

Q段ボールコンポストにうじ虫! 助けてください!

今年の7月から段ボールコンポストを始めました。60センチ四方くらいの段ボールで庭の枯れ葉混じりの土と米ぬかだけで始めて、最初は土の中にいる色々な虫がいましたが混ぜてフタをして翌日には40度くらいになっていて虫は死んでしまったようです。ほぼ毎日、生ゴミを入れて快調でした。しかし!3日前に突然大量のうじ虫を発見。いつからいたのでしょう、気がつきませんでした。木枠に網戸用の網を二重にした特製の蓋をしていたのに・・・半月ほど前にうかつにも半日フタを忘れたことがありましたがその時に産み付けられたのでしょうか。揚げ油やきな粉を投入して50~58度まで温度を上げましたが減ったもののまだ結構います。全滅させないと成虫になったら一大事です。経験のある方、助けてください!!!

Aベストアンサー

100Lくらいのポリエチレン製の丈夫な袋を用意して
沸騰させた湯を50Lくらい入れて投入して半日くらい蓋をすればすぐにいなくなります。
やけどしないように最初に空袋を設置してやかん等で後から注ぎ込むのが安全です。
只、周りにも這い出している場合はそちらから戻ってきます。
使用後の袋の処理が鬱です。
火災の心配がないなら中で炭を10時間くらい熾せば同じ効果と窒息させる効果があるでしょう。

Q北極の氷が溶け何故海面上昇が起こるのか?

 よく氷が溶けて海面が上昇すると耳にするのですが、氷は水が膨張した状態ですよね。なのに何故海面が上昇するのでしょうか? 
 コップに水と氷をめいっぱい入れた状態にして氷が溶けたとしても水はコップからこぼれたりしませんよね。
 

Aベストアンサー

地球上の水は約14億Km3あるそうです。
http://www.e.chiba-u.jp/~inabah/gimon/wa11.htm
海水が98.37%、氷河が1.59%、地上の水は0.036% だそうです。
仮に氷河が全部溶けたとしても海水が1.6%増えます。(13.772億Km3→13.996億Km3)

水が凍ると1割ほど体積が増えるそうです。グラフを見ると4度で13.772億Km3だとすると、8度になることによって15.1492億Km3(一割増)になるようです。
http://www.kdcnet.ac.jp/buturi/kougi/buturiko/heat/heat1/fig-water.htm
しかも、一次関数ではなく2次関数なようですから、10度→11度でも1割ぐらい体積が増えそうです。(赤道直下の温暖化による海水の膨張は南極、北極に比べて非常に大きい)

つまり、氷が水になる地域よりも海水自体の温度が上がることによる体積の上昇の方が影響が大きいと言えると思います。
氷が解けて海面が上昇すると言うのは分かり易いから広まったんだと思います。

地球上の水は約14億Km3あるそうです。
http://www.e.chiba-u.jp/~inabah/gimon/wa11.htm
海水が98.37%、氷河が1.59%、地上の水は0.036% だそうです。
仮に氷河が全部溶けたとしても海水が1.6%増えます。(13.772億Km3→13.996億Km3)

水が凍ると1割ほど体積が増えるそうです。グラフを見ると4度で13.772億Km3だとすると、8度になることによって15.1492億Km3(一割増)になるようです。
http://www.kdcnet.ac.jp/buturi/kougi/buturiko/heat/heat1/fig-water.htm
しかも、一次関数ではなく2次関数...続きを読む

Q海面上昇のメカニズム

地球温暖化に伴い、極地等の氷山が溶けて海面上昇を懸念されて久しいですが
 
水と氷の体積の比率は確か 1:1.1 ほどだったと思います。
であるなら氷が溶ければ溶けるほど体積は減るのではないのですか?
もしくは海水の場合は上記の通りではないのでしょうか?

素人考えでは海面が上昇する理由がわかりません。
何方かお教え頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

北極海の氷についてはその通りですが、
南極大陸の上にある大量の氷が溶けるからです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報