私は、今年1月から就職しました。
それ以前に、7月の後半から不定期にある会社にお世話になってアルバイト等をさせていただいてました。
その会社は、6月末で決算です。
今までに、全部で43万円バイト料としていただいてます。
あんまりいいとは思えないのですが、源泉徴収を丙種でやるから適当に領収書をわってくれといわれています。源泉がかからないように領収書を発行したいのですがいったいどうしたらいいのでしょうか?
どなたかいい方法をおしえてください。

A 回答 (1件)

それって脱税なんですがご存じですか。



こうした場所で、その様な質問は回答できないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

知りませんでした。
どうもすみません。

お礼日時:2001/06/29 18:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q決算後修正 買掛発生もれ(3月決算)

決算確定後に買掛の発生もれが判明しました。 4月始めの支払でしたので、税理士の先生が気が付かない訳はないと思いますが、先週になってまるで他人事のように知らされ、責任転嫁してきました。

私としては入力を確認したつもりでしたが(金額が小さくないので)、データをお渡しした後は介入できない状況でした。責任の度合いは担当者と税理士どちらが高いのでしょうか?

しかも決算後修正はしないらしいのです。税理士の今期にもぐり込ませるなどの発言などから、尚の事信頼できない状況です。

ですが、決算後修正に詳しくないので、実務がどうなるのか? 今後にどう影響するのかなど教えていただけませんか? 黒字決算が赤字決算になってしまいそうです。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

買掛金の未計上と言うことは、費用の計上不足ですから税金が過大の方向の誤りです。従ってその誤りがないのに比べれば少し余計に税金を払うと言う意味になります。
これは申告上では何のペナルィにもなりません。
実務上は多少の金額ならば修正申告(実際は更正の請求ですが)をすることではありません。
あなたの会社のオーナーが余計な税金を払いたくないと言うのならば税理士と掛け合うことですが、その余計な分は来年の税金でその分減額され、結局は1年分のその利息だけが被害と言うことです。今の低金利ではこれは非常にわずかでしょう。
それと責任は誰かと言うことですが、これは会社と税理士の仕事の分担によります。貴社で決算修正前の試算表の作成は会社でしょうか、税理士でしょうか。また買掛金の計上は通常誰の業務でしょうか。

こういうことは契約で違うので一概には言えません。
でも私が経理ならば今回の件は若干の苦情を言うだけで済ましますね。

Q源泉徴収の丙欄

GWに10日展示会をする予定でバイトを募集しました。

日給8千円を予定しております。
日雇いなので丙欄で源泉徴収を考えております。徴収額0円
当然扶養控除申告書を書いてもらいません。
ほとんどの人が会社員なので主たる給与はあります。
給与は翌月10日分まとめて支払予定です。8万円(源泉徴収0円を予定)

こういった場合、丙欄適用で源泉徴収0円でいいのでしょうか。
税務釈義などを見る限り、認められると思いますがどうなんでしょうか

Aベストアンサー

それでいいと思います。
参考までに↓

参考URL:http://www.tkcnf.com/haradakaikei/work/447.pdf

Q源泉所得税の丙欄適用の要件

給与を勤務した日又は時間によって計算していて、雇用期間が
2ヶ月以内の場合は、翌月一定の日に前1ヶ月分を支払う場合も
丙欄を適用して構わないのでしょうか?

それとも日々支払う訳ではないから、そもそも日額表は使わない
のでしょうか?

前担当者が丙欄を使用していて、12月分給料を翌年1月に支払って
いるのに前年の所得として計算していたので「これはおかしい!」
と思い月額表を使用するようにしましたが、源泉徴収額が前に比べ
かなり多くなったので少し不安になってきました。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

日額表を使えるのは、給与を日ごと、又は週ごとに支払うようなものに限られ、計算方法は時間単位・日単位であったとしても、1ヶ月分まとめて支給される場合は、月額表を使用しなければなりませんので、もちろん日額表の丙欄は使えない事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2511.htm

ですから、月額表を使用する訳ですので、その方が扶養控除等申告書を提出していれば月額表の甲欄により源泉徴収すべき事となりますし、その提出がない場合は、月額表の乙欄により源泉徴収しなければならない事となります。

Q源泉所得税の日額丙欄の場合の半日の税額

いつもお世話になっております。
日雇い労働者で源泉税の丙欄適用の労働者の場合、一日たとえば12000円で契約して働いてもらっている場合、一日の源泉税が仮に200円とすると、2日だと400円というようになるのは、わかるのですが、日によっては半日だけでる場合もまれにあります。その場合、日当は12000×0.5で6000円にするのですが、源泉税の税額はどうなるのでしょうか?その日は実質6000円だから6000円の場合の税額(この場合0円になると思います)を適用しなければいけないのか、一日12000円で契約していて結果半日しか出なかったのだから、税額は12000円の税額×0.5の100円は徴収して良いものなのか、よく分かりません。どなたかご存知の方アドバイスいただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あくまで実際の支払額6,000円に対する源泉徴収税額を適用します。


個人の所得税は超過累進税率(所得が高くなるにつれて段階的に税率も高くなる)によっていますから、支払額が半分になったからといって単純に0.5を掛けて徴収するものではありません。

(まあ、100円200円のレベルではそう気にする必要はないとも言えますが、

これが何万・数十万となると大きな問題となります。)

なお、「仮に200円」と書いておられることからお分かりと思いますが、12,000円に対する丙欄の額は今、97円です。

Q社長が立て替えて2月に支払っていた研修中の食事代の領収書を4月1日に渡され、同日に清算、手渡しするの

社長が立て替えて2月に支払っていた研修中の食事代の領収書を4月1日に渡され、同日に清算、手渡しするのですが、このお金のやり取りを起する良い方法を教えてください。

Aベストアンサー

#1です

仮払いで出しているのでなければ
本日付け(伝票を記入する日)で伝票を起こせばいいと思います
(借)厚生費(私の場合はですが会議費) /(貸)現金 
摘要欄に、食事した日、払った人
(私の場合はですが何月何日 食事した人の名前)で記帳して居ます


人気Q&Aランキング

おすすめ情報