レセプトとかレセコン(レセプトコンピュータ)っていいますよね。
レセプト・・・病院が、健康保険組合とかに、「こういうことをこんだけやったからこれだけお金ください、的な明細」・・・ってなんで「p」を発音しちゃうんでしょう?

英辞郎には「risíːt」とあります。

ちなみに、今日受けたセンター模試の発音問題ででてきて間違えました・・・

A 回答 (3件)

そうですね、レシートが receipt のことと知らなかったんですね。


レセプトという言葉よりレシートの方が一般的だと思いますが、
結びつかなかったんですね。

発音問題では頻出なのでこの機会に覚えればいいことです。
模試なんだから。

ちなみに、reception も日本語になっていて
「レセプション」です。

ともに、receive という動詞の派生語として覚えるものです。
    • good
    • 0

カタカナ語を何でも英語だと思わないでください。



前の方が答えているように、これはドイツ語です。「エネルギー」もドイツ語ですね。

野菜の「ピーマン」はフランス語です。英語だったら大変なことになってしまいます。
    • good
    • 0

医療用語はドイツ語由来のものが多い



英語は関係ない。
買い物したときにもらうレシートは英語由来だけどな
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英辞郎第三版で発音記号を表示させるには(Windows Vista使用)

Windows VistaのPCに英辞郎第三版をインストールしました。
ですが、発音記号が正しく表示されません。
一応ネットでも調べてみたのですが、どれもよく理解できません。
一部試みてもみたのですが、やはりうまくいきませんでした。

どなたかVistaでの対処法を、分かりやすく教えて頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

第三版ですね、私のは多分第二版です、でも発音記号のインストールは同じだと思います。

このサイトを参考に、発音記号フォントをダウンロードして、フォントフォールダにインストールして下さい。

http://www.eijiro.jp/v81/hatuon/hatufont.htm

http://scripts.sil.org/cms/scripts/render_download.php?site_id=nrsi&format=file&media_id=silipa93win&filename=silipa93.exe

うまく行くことをお祈りしております。 もし分からない点有れば補足なりして下さい。

Q英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。 発音博士というアプリを使用して英語の発音の

英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。
発音博士というアプリを使用して英語の発音の勉強を
しています。
別にsiriでも構わな位のですが、clerkという単語を発音しても絶対にrと認識されます。
*発音博士というアプリでは自分の発音をアプリ側が
認識した発音記号を提示してくれます。大体rrってでます。

サイトで何度もlの下の動きを確認したり、youtubeでもみました。前歯の付け根に下をつけて発音など。
また自分でも色んの位置に舌先を持ってきたりいく通りもの発音をためしましたが、だめです。。
もともとの滑舌のせい?!
こう発音したらlと認識するよ!っていうのがあれば是非ご教授願います。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

クラークのクを、くぅと発音せずに、短くkと言って、kの続きにエル(L)を発音できているでしょうか
klです
その次は、ゥぁー音です ゥぁーRです

ロンドンは正しく発音できますか

everybody loves raymondは正しく発音できますか

Q山とか海とか湖とか川とか丘

英語で、山と湖の呼称は‘Mt.’や‘Lake’が前について、海と川と丘は‘sea'や‘river’や‘hill’が後ろにつくのは何故でしょうか?何か理由があるとしたら教えてください。

Aベストアンサー

 
  固有名詞の場合、慣習的に決まっているものが多く、アメリカやイギリス、オーストラリアの政府などが、mountain と hill の区別を法律で決めても、慣用的表現はあまり変化しないと思います。
 
  mountain と hill の違いは、端的に、山の高さの違いでしょう(1000フィートを基準というのもありますが、厳密なものではありません)。それと、mountain というと、「山脈」の意味もあり、頂上が聳えたっているもののイメージですが、hill は、高台のような感じで、「丘の頂上」と言っても、聳えたっているような感じではありません。それは、高さの違いから起こって来るものだとも言えます(平野では、高さ100mぐらいの丘も、「山」と呼び、山地部では、高さ2千mの山も、「丘」と呼ぶ例があるようです)。
 
  前に付くか、後ろに付くかでは、mountain も lake も、後ろに付く場合があると思います。例が思い当たりませんが、固有名を、例えば、abcd とすると、abcd mountain, abcd lake が英語では自然だからです。
 
  Mt.***** という形の山の名は、Mountain ***** ではありません。Mount ***** と読みます。
 
  しかし、一般に、よく知られている山や湖は、Mt. や Lake で始まっています。これは、恐らく、mount, moutain や lake がラテン語起源で、フランス語を経由して英語に入って来たためだと思えます。フランス語だと、英語のように、二つの名詞を並べて、前の名詞が形容詞的な意味となるというような用法は、基本的にありません。最近は、英語の影響を受けて違うかも知れませんが。(このサイトの質問の或る人のフランス語の回答を見ると、そういう例を書いていましたが、間違いではないかと思うのですが、最近はフランス語でも、そういう用法があるのかも知れないので、間違っているとは言えませんでした)。
 
  フランス語だと、山は、mont(モン)で、普通、この後に山の名が来て、山の名が、形容詞のような働きをします(mountain に当たるのは、montagne で、こちらは「山」の一般的な意味で使いますが、山の名前の場合、mont の方のようです)。le mont ***** で、*****山、という形になります。複数だと、「山脈」ですが、les Monts rocheux(または、les montagnes Rocheuses) は「ロッキー山脈」ですが、英語でこれは、the Rocky Mountains になります。(ロッキー山脈は、英語でもフランス語でも「岩の」という形容詞が rocky ですから、例として不適切としても、アルプス山脈は、英語で、the Alps Mountains と言います)。
 
  英語の Mt. **** は、フランス語の言い方を踏襲しているのです。
 
  lake は、ラテン語起源で、これもフランス語を経由して英語に入って来たものです。mount と同じような規則が働くのでしょう。レマン湖はフランス語だと、Lac Leman で、こういう風に、名前が後ろから形容詞的に働きます。英語だと、Leman lake が自然なのですが、慣習的に、lake の後ろに、湖の名前を付けているのでしょう(また、フランス語だと、le lac de **** という言い方もするはずで、英語でも、これに対応して、the lake of **** というのがあるはずです。ソルト・レークは、最初から英語で名前を付けたもので、ソルトは、固有名というより、「塩」という普通名詞で、「塩の湖」の意味です)。
 
  川の river は、ラテン語起源ですが、イギリス・ラテン語を通じて英語となっていて、フランス語を経由したのでありません。しかし、古い言い方が残っているイギリス英語では、テームズ川を、the River Thames と言い、アメリカでは、the Thames River と呼ぶようです。その他の場合も、イギリスでは、river を前に出すようです)。
 
  sea や hill は、hill の方はラテン語やギリシア語に平行形があるようですが、元々ゲルマン語です。ゲルマン起源英語の場合、名前+sea, hill というような形が自然なのです。
  

 
  固有名詞の場合、慣習的に決まっているものが多く、アメリカやイギリス、オーストラリアの政府などが、mountain と hill の区別を法律で決めても、慣用的表現はあまり変化しないと思います。
 
  mountain と hill の違いは、端的に、山の高さの違いでしょう(1000フィートを基準というのもありますが、厳密なものではありません)。それと、mountain というと、「山脈」の意味もあり、頂上が聳えたっているもののイメージですが、hill は、高台のような感じで、「丘の頂上」と言っても、聳えた...続きを読む

Q英辞郎でオンマスで意味が出るようにしたい

ネットで意味のわからない単語を、英辞郎で都度入力して調べています。 ほとほと疲れてきたので、英辞郎でオンマウスで意味がポンと出るような機能ってないのでしょうか?
あれば設定の仕方を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これをどうぞ!

http://viva-ubuntu.net/?p=549

Q発音記号と発音問題

発音記号を知らなくては発音問題はできない、と思っている者です。

発音記号が読めなくても発音問題が8割以上取れる人はいますか。
記号が読めなければ、hard, heard, hurt, heartなどの区別は難しいと思いますが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

No.1の方がおっしゃるように、発音記号を知っていたほうが断然有利だと思います。例えばセンター試験の英語レベルでは、問われる発音が限られるため大した差はないかもしれませんが、その後も英語を勉強し、流暢に話したいと思うのであれば、正確な発音の習得はとても重要です。きれいな発音ができれば、自然と英語を話したくなります。

英語圏に留学できる人は、日常生活の中で発音を習得できると思われますが、日本で英語を勉強するならば、発音記号をマスターし、単語を何度も聞いたり発音したりすることが、英語耳を作るために大切だと思います。辞書で単語を引いた時、発音記号をマスターしていれば、その場で自分でネイティブ並みの発音を再現できます。英語の勉強において、これは大きいですよ。
少し話が広がりましたが、発音問題にとどまらず、将来を見据えて発音記号をマスターしておいたほうがよいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報