痔になりやすい生活習慣とは?

化学実験でアルコールとカルボン酸の合成によるエステル生成を行なったのですが、考察においてわからないところがあり質問します。

炭酸水素ナトリウム水溶液がアルカリ性であることを説明せよ。という課題に対し、

NaHCO3→Na + HCO3 の式より
HCO3がH2Oと反応し、
HCO3 + H2O →H2CO3 + OH
HCO3 とOHが生じることがわかる。
H2CO3はほとんど電離しないため、OHが過剰となる

と回答しました。

しかし、
・HCO3 + H2O →H2CO3 + OH の式において、 HCO3→ H + CO3乗数2-とならない根拠を示しなさいと言われたのですが理由がわかりません。
ここがどうしてもわからず困っています。
どうかご教授願お願いします。

A 回答 (2件)

ここがどうしてもわからず困っています、ということだけど、


HCO3がH2Oと反応し、
HCO3 + H2O →H2CO3 + OH となる根拠はわかっているのかな?
それがわからず、ただ何かに書いてあるのを写したと思われているから
突っ込まれているんじゃないかな。
    • good
    • 0

かなり化学離れしていますね。

この様な反応においては「全ての可能な反応が起こる、沈殿か気化の様に相変化して系から除かれる場合以外阻止できない」というのが化学の教えるところです。
だから、「H2CO3はほとんど電離しない」は冗談以下です。
> HCO3→ H + CO3^2-とならない根拠
そんなものはありませんが、かなりに起こりにくいことを示すのは容易で、HCO3のpKaを示すだけで良い。そんなのネットの海に幾らでも落ちています。たとえば、
http://www.lauher.com/che142/acidbase.pdf
の一ページ目。下から8行目に、pKa=10.33
と書かれています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング