うつ病について。
先日、うつ病でしょうか?等の質問をさせて頂きましたものです。

何人の方から精神科などで診察してもらった方が良いと言われ、今日会社で緊張感と言うか動悸のような症状があり絶えられなくなりお昼に早退して精神科に行ってみたのですが、確かに心療内科などに比べると長い時間話を聞いて頂きました。
ですが、自分がここまで、精神的に苦しくなった内容は5割程度しか話してないと思うのですが、診断は抑うつと言われました。

薬が睡眠導入剤のゾルピデムとトラゾドン塩酸塩錠50mg、ロラゼパム錠0.5mgでした、正直自分では鬱病にまではなっていないと思っていましたので、本当にこの薬を飲んで大丈夫なのかと考えています。

もし同じ病気で同じ薬を処方して飲んでみた感想などお聞かせ頂けると助かります。

よろしくお願いします。

A 回答 (7件)

薬を飲むなと書いている輩もいますが、そのような書き込みは完全な医師法違反ですので無視してください。



出ている薬は、寝つきをよくする薬と、睡眠薬、精神安定剤ですので、医師の方も本格的なうつ病とまでは考えていませんね。

薬が完全にあなたに合うものが見つかるまで、長い方だと半年くらいかかります。病状に波がありますから。

今は、出された薬をしっかり服用し、それでどうなのかをきちんと伝えていけば、あなたの症状を大きく軽減できるようになります。

ただし、薬だけでは良くなりません。悪くなった環境を見直すことも同時に始めてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とりあえずクスリはのんでみました。
寝た後、睡眠導入剤の効き目がなくなるとすぐに目覚めていましたが、長く寝れたのですが、効きすがなのか朝なかなか起きる事ができません…動悸はほとんどしないのですが、会社は休んでいるので、会社ストレスがなくなったからなのか、クスリのおかげかわ分からない感じです。
ですが会社に行かなければと考えると気分は1日落ち込んでいます。
おそらく現場を移動するしか解決方法はないかと思っていますが、精神科では移動させた方が良いと言うような診断書は書いて頂けるものでしょうか?
ご存知でしたら教えて頂けると助かります。
よろしくお願いします。

お礼日時:2017/05/03 13:45

№6の追記ですが、



医師の診断書にも書ける限界があります。

できることは、会社には産業医という方がいますので、現在の病状について書かれた診断書をもとに、上司、産業医、あなたの3人で話し合いの場を設けてもらい、異動について願い出る方法があります。
    • good
    • 0

何錠、いつ飲むのか分かりませんが、余り聞いたことの無い処方だと思います。

ただし処方の「強さ」は適切だと思います。良い心療内科と良い精神神経科の医師では処方が全く違うことがあります。前者は通常弱い薬から入り、後者は強烈な薬から入ります。心療内科の患者は病気になれていないので薬の副作用が出ると飲むのをやめてしまう恐れがあり、他方はじめから精神神経科へ来る患者は、どうでも良いからこの状態から抜け出たいと考えて来るので、かなり強い副作用が出ても強い薬を求めており、副作用で仕事や生活に支障が出ることを恐れていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとーございます。
ゾルピデムとトラゾドンは就寝前に1錠ずつ、ロラゼパムは朝晩2回で食後に1錠です。
昨日飲んでみたのですが、ゾルピデムだけ飲んでいた時は朝早めに目が覚めていましたが、今日は目覚ましが鳴るまで目覚めませんでしたが、少しボーっとして起きるのがかなりキツイ感じでまた寝てしまいました。
この三種類のクスリはそこまで強めではないでしょうか?

お礼日時:2017/05/02 12:01

もしお時間があれば


すこし長くなりますがこちらのドキュメント映画をみてください
実際起こった出来事と、それを裏付けする情報とできちんと整理された真実の話です。

 一見 オカルトチックで関係なく思えるかもしれませんが
 製薬会社に医療業界がどういった形で抑えられているのか、
そこまでの話で、世界全体の流れの説明が必要になってきますので
 できれば最初からきちんと見てもらえたらしっかり理解していただけると思います


https://www.youtube.com/watch?v=yp0ZhgEYoBI

スライヴ(日本語版)
    • good
    • 0

飲んじゃ駄目です。



現段階の精神科の薬の治療は、
まさにこの脳内物質の量を 手探りで当たるまで調べる。
 もし丁度よい分量をみつけたとしても、その日、その時の人間の体の状態は刻々と変化するために
 その日はのんでみておちついても、次の日は効かない、しばらくするともっと情緒不安定になってきた
・・等 現代の脳科学・脳医学では、数撃ちゃ当たる作戦で 患者は言わば実験動物的な立場にあります。

薬に寄る肝臓・腎臓のダメージのおそろしさを知らないまま、ファッション感覚で薬をのんでしまってる方々がいます
 一定の年齢になったときに、大きな後悔をすることになってしまいます( ;∀;)「肝臓はいちど壊れたら治せない。」
  薬とは、薄めた毒の副作用であるという事を皆さん忘れているというか知らないんですよね。

後述しますが、製薬会社と医療業界というのは
 東電と政府といった闇があります。持ちつ持たれつな関係ができあがっているんです。

数年前から突然わいてでた 鬱というキーワード、これらはそうしたマーケットの拡大をはかるステマです。


https://www.youtube.com/watch?v=N8HDXhHU_N8&t=13 …
 
こうした事実もありますし、脳内ホルモン量を弄るリスクというのはどれだけヤバイことなのか
あくまで私は健康オタクの延長にいるだけの知識ですが、あなたが私の身内なら絶対に飲ませません。
 生活習慣の中で脳内ホルモンなどの栄養の元となる食生活のみなおしや
 体の調整・メンテナンスの一環である運動量のみなおし、

(シングルベッドなら寝返りの重要性・寝る前にスマホをみたりしてないか
 ・夜遅い食事で胃腸が働いてないか ・・・などそのほか睡眠の質が下がってないか)

その穴を埋めずして、薬だけで変えようとしても
根本的な部分がおかしいのに、余計体に負担を増やすだけだとおもいませんか?

極論ですが、うまい棒とコカ・コーラを食事にしている方がいて
ある日体調不良となり、精神的なバランスも崩してしまう・・、
そこで精神疾患と言われ薬を処方される。 
・・これでは治りません。一瞬運がよければ誤魔化せるだけです。

万が一 その日のタイミングで薬の量がたまたま合っていて快調になったとしても
長期的な服用の薬をやめたら、タバコと同じでそこから今度は薬の中毒作用がおこります

http://ameblo.jp/momo-kako/entry-10600586537.html
こちらを読んでみてください

脳内ホルモンというのは、言わばロボットに取ってのスイッチと同じようなものです。
 泣くというスイッチを押せば泣く、怒るというスイッチは怒る、笑うスイッチは笑う。

ほかにも自律神経など、各臓器などのバランスを保つ 非常に繊細な大事な部分です
そこを薬によって、変えるということがどれだけ恐ろしいことか・・
(→http://genki-go.com/autonomic/ 自律神経とは)


運動量や食事内容教えていただければ
もしあなたのホルモン分泌を狂わせる何かが生活習慣にあるようでしたらアドバイスしますから!

 薬だけはやめておきましょう。
    • good
    • 0

職場は取り敢えず辞めて解決です!あなたは真面目な素敵女子だからちゃんと息子さんにフォーカス当てていっぱい笑うんですよ!!!私の周りに薬漬けで死んだみたいになっちゃった人多くて


薬で治るのが超疑問なんです。友達に愚痴りまくったり、家族仲良くして下さい。あなたに解決できない問題は来ないはず。しんどいけど、乗り越えられますよ。祈っています。不満な顔は神様が嫌いなんだって。あなたは綺麗だからニコニコしてて下さい。
    • good
    • 0

薬で治るというか、自殺の衝動を抑えるだけだから、凄い沈まない代わりに歓喜や感動が無くなりますが、辛くなった原因は本当になんとかなら

ないものなのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
薬を飲むと歓喜や感動がなくなるんですか!?
原因は急な職場移動やその現場の人間関係と息子の不登校が重なった事からだと思うので、仕事は辞める以外にない感じです。自分の事を解決しないまと息子の事もかまえなくなっている感じです。

お礼日時:2017/05/01 21:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうつ・抑うつ状態・神経性うつ病・抑うつ神経症の違いについて

唐突ですが・・・
「うつ病」、「抑うつ状態」、「神経性うつ病」、「抑うつ神経症」のそれぞれの違い(定義)を教えてください。また、一般的に『うつ』という場合は「抑うつ状態」のことを指しているのでしょうか? 
一応、自分なりに調べようと試みたのですが、余計に混乱してしまいました。
定義そのものでなくても、上記のような言葉を調べられるサイトなどがありましたらお教えください。お願いします。

Aベストアンサー

 まず、「抑うつ状態」とは、分かりやすく言えば「落ち込んでいる」状態です。まれに、当てはまらない方もいらっしゃいますが、人間誰しも、1週間、1ヶ月、1年間を通じて考えると調子が良くて何に対しても積極的に考えられるし、行動を起こすにも比較的、苦にならない時期と、そうでない時期とがあります。
 また、色々な出来事がきっかけになって、抑うつ状態は起こります。身内やペットの死、仕事上の重大なトラブル等は、周りの人も比較的気がつきやすい原因ですが、ストレス社会の中で生きている私たちにとっては、日常的にも気分的にめいるような小さな事件が少なくありません 。
 しかし、多くの方は、自力で、または、時間の経過にともなって、抑うつ状態から抜け出すことができます。
 
 それが不可能な場合は、「抑うつ状態」を状態像とする、「うつ病」という「病気」の範疇に入る可能性があります。
 たとえば、この時期、冬季性うつ病、という病気が雪の多い地方で多くみられますが、この病気は、秋が深まり、木枯らしが吹いて、雪が降ってくると、ドーンと落ち込みの時期がやってきます。そして、雪が解けて春の日差しが強くなってくると、明るく普通の状態に戻れるという、気候と関係したうつ病です。
 何だ冬だけ我慢すればいいのか、と思われがちですが、ただの抑うつ状態とうつ病の人とは、かなり状態が違います。
 よく見られるうつ病の人の症状としては、
・何もやる気が起きない。(ひどくなると布団から出られない)
・いつも眠いような気がするけれども、実際には眠ることが出来ずに、不眠をうったえる。
・自分の身の回りの世話が出来なくなる。 (整理整頓、衣服をかえる、女性なら化粧や髪の毛の手入れ)
・人と会って、話したりするのがおっくう。
 などですが、うつ病がひどくなると、生きていることが面倒になったり、自分が世の中に存在する価値がまったくないような気分になって、自殺を試みることが多々あります。

 ところで、「抑うつ状態」を示す病気としては、「うつ病」以外にも、精神分裂病(今度、統合失調症に名前が変わります。)、神経症(不安障害)、躁鬱病(双極性気分障害)、依存症、摂食障害、境界性人格障害などがあり、「抑うつ状態」という状態像を示すからといって、「うつ病」と断定はできません。あくまで、「抑うつ状態」は症状を示す状態像であって、病名ではありません。

 次に、「神経症性うつ病」と「抑うつ神経症」について解説します。
まず、「抑うつ神経症」ですが、憂うつな気分、外界への関心の低下、自信の喪失、消極的な生き方への傾斜、未来への悲観、取り越し苦労などを主症状とする「神経症」で「うつ病」との区別がつきにくい病気です。
 うつ病よりは抑うつ状態が軽く、個々の状態の持続期間は短いのですが、全体としては2年以上にわたって遷延します。
 抑うつ神経症に対して、「神経症性うつ病」という言葉があります。この言葉の概念はふたとおりあります。
 ひとつは、症状の上で神経症的な特徴を持ったものをいうケースです。つまり、神経症性の性格がかなり関与していると考えられ、はっきりと神経症的メカニズムを持ち、本体は神経症ですが、抑うつ症状を主に表します。この場合は抑うつ神経症と同義語として使われます。
 もうひとつは、重度のうつ病を精神病性というのに対して、それほど重症でないものを「神経症性」というケースです。

 先ほど述べたとおり、「抑うつ神経症」と「うつ病」の境界は明瞭ではなく、症状もオーバーラップしているの区別は困難です。
 米国精神医学会診断基準である「DSM-(4)」は1994年に改訂した際に、「抑うつ神経症」という名称を完全に削除し、うつ病などの気分障害の一亜型とし、「気分変調性障害」とし、うつ病のひとつとしてしまいました。その基準によると、2年以上の慢性的な抑うつ気分の他に、次の6つの症状のうち2つ以上があることが条件とされています。
(1)食欲減退または過食
(2)不眠又は過眠
(3)気分の低下又は疲労
(4)自尊心の低下
(5)集中力の低下又は決断力の低下
(6)絶望感
 ところで、治療面において、「抑うつ神経症」は「うつ病」とは違い、抗うつ薬に反応しないケースが多く、精神療法、環境調整などがより重要となり、それらの治療技量が必要とされていると言えます。経過も周囲の状況に影響されて、慢性化しやすい傾向にあります。

 まず、「抑うつ状態」とは、分かりやすく言えば「落ち込んでいる」状態です。まれに、当てはまらない方もいらっしゃいますが、人間誰しも、1週間、1ヶ月、1年間を通じて考えると調子が良くて何に対しても積極的に考えられるし、行動を起こすにも比較的、苦にならない時期と、そうでない時期とがあります。
 また、色々な出来事がきっかけになって、抑うつ状態は起こります。身内やペットの死、仕事上の重大なトラブル等は、周りの人も比較的気がつきやすい原因ですが、ストレス社会の中で生きている私たち...続きを読む

Qうつ病で精神薬を飲んでいます。

うつ病で精神薬を飲んでいます。
一週間ほど前から不穏感とそわそわ感が止まりません。受診している医者でリスパダール液1mgを処方されて飲んでいるのですが、その何時間かは効いているのですがまたそわそわし出して…
一日中止まらないので困っています。
対処法などあったら教えてほしいです。

処方されている薬は、デパケンR、レメロン、ベゲタミンA、サイレース、フェノバールです

Aベストアンサー

そわそわして,静座出来ないというのなら,アカシジアかもしれません,
http://digitalword.seesaa.net/article/16329512.html
リスパダールとべゲタミンで起こります。
リスパダールとべゲタミンは抗精神病薬ですけど,後者は睡眠薬目的で使われる事も多いです。
またべゲタミンには,フェノバールも入った合剤なので,これ以外にフェノバールを処方するのは不思議です。
フェノバールは,睡眠薬としては古くて,安全性が低く,依存性が高いからです。
デパケンは気分安定薬です。
抗うつ作用 を狙ったレメロン,躁うつ病を視野に入れたデパケン,統合失調症か強い不安・不隠・睡眠を狙った抗精神病薬に,サイレースとフェノバールと最強の睡眠薬を,入れる意味が分かりません。
薬が強すぎて調子悪い可能性もあります。
抗精神病薬は,鬱を誘発する可能性もあります。

Qうつ病で精神科に行ったけどたった一種類の薬

質問お願いします


先日うつ病に似た症状が酷くなり、精神科に初めていったのですが 少し話をして処方されたのは レクサプロ1週間分だけでした。

症状が沢山あってもこんなもんなんでしょうか?あまりおかしい人間に見られまいと、全部を話せず、症状が軽く見られてしまったのかなと不安でいます…


ちなみに症状は以下の通り。言えなかったのは×つけてます。


頑張れない
やる気がでない
思考力低下
集中力低下
関心がなくなる
仕事時の過食


×過去のフラッシュバック
×すぐ泣いてしまう
×神経質になる
×家族にイライラ
×喋るのが疲れる、めんどくさい
×不安になると過呼吸というか呼吸が苦しくなる
×人が怖い

などです。

あまりに沢山いってはいけないのかなと 全部言えませんでした。どれを言うべきだったのかも分かりません…薬的に言った方がいいのとかあるんでしょうか?

Aベストアンサー

私もうつ病で通院しています。

もう10年目です。

最初の5年は症状も軽く、薬もずっと一定。

その後転勤をきっかけに、何度も長期にわたり休むようになりました。

転勤先の医師はしょっちゅう薬を変えました。

いったいなにがどう効果があるのかないのかわからないくらい。

1年くらい通院して病院を変えました。

その後約4年間同じ薬を飲み続け、今ようやく昔の元気を取り戻しました。

メンタルヘルスは時間のかかる病気です。あせらずじっくり構えてください。

医師の問診を受ける時は、話したい事をメモにして見ながら話したほうが良いです。

言い忘れや聞き違いの内容その時もメモをとったほうが良いです。

記録は全てとっておきましょう。

出来れば手帳に毎日の出来事や気分・症状を書き留めておくとよいですよ。

それから治療費がかさみますから、市役所へ行って自立支援医療の届出をすると

医療費が1割で済みます。

それから領収書も全部取っておきましょう。(1年の合計-100,000円)×10%が税金から帰ってきます。

3年前までさかのぼって請求できます。

私がアドバイスできるのはこのくらいでしょうか。

私もうつ病で通院しています。

もう10年目です。

最初の5年は症状も軽く、薬もずっと一定。

その後転勤をきっかけに、何度も長期にわたり休むようになりました。

転勤先の医師はしょっちゅう薬を変えました。

いったいなにがどう効果があるのかないのかわからないくらい。

1年くらい通院して病院を変えました。

その後約4年間同じ薬を飲み続け、今ようやく昔の元気を取り戻しました。

メンタルヘルスは時間のかかる病気です。あせらずじっくり構えてください。

医師の問診を受ける時は、話したい事...続きを読む

Q今月10日から鬱病と診断されルボックス25mgを朝晩1錠ずつ飲んでいま

今月10日から鬱病と診断されルボックス25mgを朝晩1錠ずつ飲んでいます。飲み始めて1週間はだるさや眠さでしんどかったのですが1週間たったあと2日程調子がいい日が続きそのあとから強烈な後頭部の頭痛が続きました。一昨日の晩と昨日の朝勝手な判断で服用を止めると頭痛もおさまりとても楽でハイな気分です。昨日晩と今朝はまた飲みました。調子はいいです。薬を飲み始めてから気分はいいのですが体がしんどくて倒れそうです。飲まない方が楽な気がするのですが飲まなくてもいいでしょうか?次の診察は31日でまだ日にちがあるので…薬が合わないのでしょうか?気分はいいので鬱病は治った気がします。もう飲みたくないのですが断薬症状があると心配なので…飲まないと気分もいいしテンションもあがるし楽なんですけど…

Aベストアンサー

勝手にやめると、非常に恐ろしい「耐薬性ウツ」に転化することがありますので、頭痛が無いときは飲み頭痛がおきたら減らして下さい。
その状況を医師に「必ず」報告して下さい。
>とても楽でハイな気分
躁転してしまった可能性もありますので、これも医師に「必ず」伝えて下さい。
ルボックス(フルボキサミン)は副作用の少ない薬なのですが、ウツの薬は一人一人効き方が違うので、医師の慎重な分析が必要です。

Q精神病性うつ病

現在、うつ症状の他にも、自傷もするし妄想もあるし幻聴もあります。
医師からは気分障害と診断されてますが、細かく分類すると精神性うつ病になるんでしょうか?
(それともパーソナリティの問題?)
精神病性うつ病に詳しい方、いらっしゃいましたら教えて下さい。
又、参考資料になりそうなものありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

診断が気分障害で、自傷や妄想、幻聴があるのならばうつ病というよりもボーダーラインに近いような気がします。
精神病性にしろ何にしろうつ病であればうつ病と診断されると思います。
医者がうつ症状を呈している患者にうつ病と言わない場合は、他に疾患がある場合です。
特に統合失調症や人格障害に関しては、病名を告げることによって患者がショックを受けないようにうつ状態や気分障害と言葉を濁すことがあります。
自分は精神病相当のうつ病ですが診断されても特に何も役に立ちませんでした。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報