先ほどの質問、間違っていました。正しくは

10円玉、50円玉、100円玉を合わせて11枚選んだときの合計金額は何通りあるか?
但し、どのコインも最低1枚は含むものとする。

答えは54通りのようなのですが、どうしても解けません。ご教授願います。

前回質問URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=97394

A 回答 (3件)

まず、合計11枚になる組み合わせを数えます。

それには、
○ ○ ○l○l○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
11枚の○の間に2ヶ所しきりを入れます。左から、10円、50円、100円玉の数と
します。上の例は10円3枚、50円1枚、100円7枚です。このような組み合わせは
10ヶ所の「間」から2ヶ所しきりを選んで入れるので、10C2=10*9/1*2=45通り
となります。
問題は合計金額は何通り?です。複数の組み合わせで同じ金額になるかどうか
念のため調べておきます。個数をn,m,(11-n-m)とすると金額は10n+50m+100*( 11-n-m)
=1100-90n-50mです。もう1通りあったとして1100-90a-50bとし、それらが等しい
ので、90n+50m=90a+50bつまり9(n-a)=5(m-b)です。これの最小の解は
n-a=5,m-b=9です。ところが、どのコインも最低1枚は含むのであるコインの枚数
の最高は9枚です。つまり、m-b=9を満たす解は無いということです。ということ
で、上の45通りは合計金額の重複は無しということになります。
よって答えは45通り。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

すっきりしました。「2ヶ所しきりを入れる」という発想ができませんでした。
合計金額についての考察も完璧ですね。

実は(間違いばかりで本当に申し訳ありませんが)、正しい質問は、
「10円玉、50円玉、100円玉を合わせて12枚選んだときの合計
金額は何通りあるか?但し、どのコインも最低1枚は含むものとする。」
でした。

gator先生の回答を参考にして自分なりに考えてみました。

合計12枚になる組み合わせは、11C2=55通り
個数をn,m,(12-n-m)とすると金額は10n+50m+100*(12-n-m)=1200-90n-50m
もう1通りあるとして1200-90a-50bなので90n+50m=90a+50bつまり9(n-a)=5(b-m)
これの最小の解はn-a=5,b-m=9
コイン枚数は最高10枚なのでb=10,m=1のみが該当し、それに対応するのは
a=1,n=6のみである。その場合の合計金額はいずれも610円になる。
よって、答は55-1=54通り

これで良いんですよね。
確認していただけるとありがたいのですが。

お礼日時:2001/06/29 21:55

再びgatorです。

「先ほどの質問」があっているのではないでしょうか?
97394に回答しました。ご覧下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に何から何までありがとうございました。

お礼日時:2001/06/29 21:59

3種類のコインを最低1枚は入れて11枚にする並べ方は9通り。


(1-1-9、1-2-8、・・・1-9-1)

この9通りに、それぞれ3種類のコインを組み合わせていく方法が6通りあるので
(3X2X1)、9X6=54(通り)。

違うかなぁ・・・?

この回答への補足

お礼の後で書いてます。

すみません。答えの「54通り」は違っているかもしれません。

補足日時:2001/06/29 20:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。

>(1-1-9、1-2-8、・・・1-9-1)

2-3-6 というような組み合わせもあるのでは?

お礼日時:2001/06/29 20:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貯金箱の作り方

5種類ある硬貨を 一つの入り口から
入れて、中で 5種類に分けることの
出来る 貯金箱を作りたいのですが 
いろいろやってみたのですがなかなかうまく
いきません どなたか 良いアイデアを
教えてください

Aベストアンサー

こんにちは

私も子供の頃に同じ発想の貯金箱を作って失敗した口です。
今では、理屈が解ったので、問題なく動作する物を作れる自身があります。

これらのコインを坂を滑らして、正しい箱に落とすというものです。
この坂の作り方で、正常に動作するかしないかが決定されます。

コインが流れる落ちる様に坂にするのは考えられるんですが、実はもう一つ坂にします。

ボール紙にを折り、開きます。

===========
  __   __  (3)
 |××| |××| (2)
-----------(1)
-----------谷折り


===========

谷折りした所より数ミリ上に直線を引きます。
谷折りした所にコインを合わせて、(2)の穴の大きさを決定します。穴を開けるのは×の部分です。
谷折りから(1)までの間は穴を開けてはいけません。
一番左に1円玉用の穴、次に大きいコイン、・・・、一番大きいコインという様に最終的には作って行きます。
とりあえず、一番左の1円玉だけつくって見ましょう。

もう一度谷折りの所を折って、V字では無くて、
覗くとこういう感じにします。片側は垂直。(ここがみそ)
\|
当然コインを入れると、上記画面では、左側に傾きますね。
1円玉より大きいコインは、谷と(1)の間の所に穴が無いのと、(3)の所があるので、落ちません。
1円玉だけは谷と(1)の所だけにかかっていて、左側に落ちます。V字のバランスとコインが滑り落ちる坂のバランスを考えてください。

こんな感じです。

こんにちは

私も子供の頃に同じ発想の貯金箱を作って失敗した口です。
今では、理屈が解ったので、問題なく動作する物を作れる自身があります。

これらのコインを坂を滑らして、正しい箱に落とすというものです。
この坂の作り方で、正常に動作するかしないかが決定されます。

コインが流れる落ちる様に坂にするのは考えられるんですが、実はもう一つ坂にします。

ボール紙にを折り、開きます。

===========
  __   __  (3)
 |××| |××| (2)
---------...続きを読む

Q10円玉3枚、100円玉7枚、500円玉3枚使って支払うことができる金額は何通りあるか?

10円玉3枚、100円玉7枚、500円玉3枚使って支払うことができる金額は何通りあるか?
という問題で、どうして(3+1)(7+1)(3+1)-1で、答えを出すと、バツなんですか?
ちなみに答えは91です。

やり方を教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

百円玉5枚 ⇔ 五百円玉1枚
という両替ができる場合は重複しますので、差し引かないといけません。

両替できる場合とは・・・
A 百円玉5~7枚で、かつ、五百円玉0~2枚
B 百円玉0~2枚で、かつ、五百円玉1~3枚
Aを両替すると、百円玉2~7枚、五百円玉1~3枚 つまり、Bになりますから、
重複部分として差し引くのは、AかBのいずれか一方です。

ゼロ円も含めて何通りあるかを計算すると、
(3+1)(7+1)(3+1) - Aの場合
 = 4・8・4 - 4・3・3
 = 128 - 36
 = 92通り

ゼロ円を含めないとすれば、仕上げに1を引いて
92 - 1 = 91通り

ご参考になりましたら幸いです。

Q貯金箱の作り方教えてください 困っています

今、家庭に貯金箱がなくて、買う暇もないです。。家で簡単に作れる 作りかた教えてください。。 
紙粘土を使わないでもできる 簡単な方法を教えてください  家に大体あるもので  
今、いい材料は大きい筒があります 。
スバらしい ↑にあった 工作・創造がとてもいい人お願いします。。  答えてください

Aベストアンサー

買いに行く暇が無いのでしたら、別段貯金箱を使わなくても貯金はできるのではないでしょうか?
空いているお菓子箱でも、ペットボトルでも、何だっていいと思います。
あと、作るのにかける時間ももったいないです。
よっぽど人里離れた場所にお住まいになっているのでなければ、買いに行った方が早いのでは?
でなければオンラインショッピングのサイトに行けば、100円台から売ってますしね。

それでも、作る方に心が傾いているのでしたら。
お手持ちの大きい筒は、両側が開いているものですか?
もし、底を自分でつけるのでしたら、コインを入れた時の重さに注意した方がいいと思います。
手のひらに乗る、小さな「10万円たまる貯金箱」でも、いっぱいにつめたら4kgはありましたよ。片手で持つのが、そうとうしんどい重さです。
ガムテープで止める、というような方法ですと、ちょっと厳しいかもです…頑張って下さい。

もし違ってたらすみませんが、学校の宿題(アイデア貯金箱コンクール)ですか?

Q10円玉,50円玉,100円玉の問題

 10円玉,50円玉,100円玉,あわせて30枚ある。合計金額は2000円である。10円玉と50円玉の合計枚数は、100円玉より2枚多い。10円玉,50円玉,100円玉はそれぞれ何枚ずつあるか?
という問題があるのですが、
10円玉の枚数をx、50円玉の枚数をy、100円玉の枚数をzとして、
 x+y+z=30
 10x+50y+100z=2000
という連立方程式をつくったりしてみたのですが答えが導くことができません・・・。
ヒントでいいので分かる方いらっしゃいましたら御願い致します。

Aベストアンサー

「10円玉と50円玉の合計枚数は、100円玉より2枚多い」からx+y=z+2という式が出てきますね。

ちゃんと解けますよ。

Qセブンイレブンにかなり前にあった半熟卵入りの焼きそばの作り方分かる方いますか?

焼きそばの上に薄い○形で外側だけが固まった状態のたまごがあってそれを潰すと中から半熟味付けのたまごが出てくるんですが、めちゃくちゃおいしかったです。
もう売ってないし作り方知ってる人いたら是非…

Aベストアンサー

残念ながら食べたことは無いけど、ポーチドエッグが乗ってたんじゃないかな。作り方は、サイト詳しく載っているので検索してみてください。

Q3円玉と5円玉をいっぱい持ってるときの問題

3円玉と5円玉をいくら組み合わせても買えない値段はいくらか、全て答えよ
多分1、2、4、7円だと思うのですがなぜかが言えません!なぜか分かる方教えてください!

Aベストアンサー

多少「理論的」に説明します。

すべての整数は、以下のA,B,Cのどれかです。
(A)3で割り切れる数(3の倍数)
(B)3で割ると1あまる数
(C)3で割ると2あまる数

このうちAは3円玉だけですべて支払えます。

Bは、必要なだけの3円玉に5円玉2枚を加えれば10を3で割ったあまりが1なので、13円以上の場合はすべて支払えます。

Cは、必要なだけの3円玉に5円玉1枚を加えれば5を3で割ったあまりが2なので、8円以上の場合はすべて支払えます。

逆に、どうしても支払えないのは、
 
 *13円未満の(B)のうち5の倍数である10円を除いた1円と4円と7円
 *8円未満の(C)のうち5の倍数である5円を除いた2円
 以上4通りです。

なお1円と2円は最も低額の3円未満であるという点からも支払えません。

Qこのグラフの作り方が分かる方いらっしゃいますか?

添付した画像に表示されているエクセルのグラフという部分の作り方は
どのようにしているのでしょうか?

グラフを作成で作れるグラフですか?
それとも、lを並べてグラフっぽくしたものでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「|」記号を使用して、セル内に棒グラフとして表示できます。

棒グラフを配置するセルを選択します。
セルのデータに、たとえば「=REPT(”|”,C1*10)」を入力します。
※添付画像の3列目がグラフ化されているようなので。C1はグラフにする数値、「|」は棒グラフを表示する要素。

添付図ように数値によって赤とオレンジと青でグラフを色分けするなら、条件付き書式も必要ですね。

Q一円玉1000億枚!!!?

カテ違いかも知れませんが、一円玉一千億枚はどの位の量になるのか?何かわかりやすく説明できるような方法教えてください。
例えば・・
10tダンプ何台分とか・・・
四畳半の和室何部屋分とか・・・

一円玉一万枚なら見たことあるのですが(学校の授業で使った)
そのときはゴミ袋半分弱くらいだったような気がします。その一万倍の一千倍となると想像がつきません。
わかる方いたらおねがいします。

子供の為に銀河系の恒星の数を想像してもらうのに考え付いた方法です。

Aベストアンサー

旬なところで、サッカーのグラウンドで考えましょう。
サッカーのグラウンドに1円玉をびっしり並べていき、一面に敷き詰めたら、上に重ねて並べていきます。
そうすると・・・。

サッカーのグラウンドは、105m×68mだそうです。
面積にすると、7140平方メートルです。
1円玉は直径2cmなので、1枚が占める面積は、
0.02m×0.02m=0.0004平方メートル です。
(1円玉は直径2cmの円ですが、占有面積は1辺2cmの正方形です。)
つまり、サッカーのグラウンド1面に1円玉を敷き詰めるには、
7140÷0.0004=1785万枚 が必要です。

全部で1000億枚並べるにあたり、これが何段できるかと言うと、
100000000000÷17850000=約5602段 です。

1円玉の厚さは1mmなので、5602段積み上がった高さは約5.6m。
ゴールのクロスバーの高さは約2.5mなので、サッカーグラウンド一面に敷き詰め、ゴールの高さまで積み上げたのが2回分、それでもまだ余る!

・・・というのは、どうでしょうか?

旬なところで、サッカーのグラウンドで考えましょう。
サッカーのグラウンドに1円玉をびっしり並べていき、一面に敷き詰めたら、上に重ねて並べていきます。
そうすると・・・。

サッカーのグラウンドは、105m×68mだそうです。
面積にすると、7140平方メートルです。
1円玉は直径2cmなので、1枚が占める面積は、
0.02m×0.02m=0.0004平方メートル です。
(1円玉は直径2cmの円ですが、占有面積は1辺2cmの正方形です。)
つまり、サッカーのグラウンド1面に1円玉...続きを読む

Q誰が読んでも、分かる文章の作り方

会社で、試験報告書を作成し、提出するのですが、文章のことで注意されます。
具体的には、一部の人だけが分かるような文を書くな、と注意されます。
自分や、その試験の内容をある程度知っている人には、伝わるのですが、全く知らない人には、伝わらない文章を作成してしまいます。
それを改善するために、見直しをしたりするのですが、客観的に見ることができずに分かりづらいところを、見逃してしまいます。

また、よく日本語を注意されます。
これらを改善するためには、どのようなことをするべきでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 必要最小限の項目を最初にまとめ、詳細はあとのほうがわかりやすいかと。ウチの基本フォーマットはこんな感じ(ウチは機械系の耐久試験がメインです)。必要があればそのつど項目追加します。

・試験した対象
 いったい何を試験したのか。バージョン違いがあるならそのどのバージョンかも。

・試験の目的
 その試験において何を確認したかったのか

・試験の方法・判定基準
 どのようにして試験を行ったか。また、結果がどのようであれば合格とするか。

・サンプル数
 いくつの製品について試験を行ったか。一つであるのが当然である場合は必要なし。

・試験期間・回数
 どれだけの時間試験を行ったか。また、それが実際の使用における何日分・何回分相当であるか。期間や回数が関係ないものについては必要なし。

・試験の結果
 結果がどのようであって、判定は合格といえるのか。

・試験詳細
 試験の細かいデータなど。

Q100円 50円 10円の硬貨を合わせて14枚

100円 50円 10円の硬貨を合わせて14枚
金額にして660円持っていた。
今250円の買い物をして残金を調べたら、100円、50円10円の硬貨の比は、
3:2:1であった。
最初に持っていた50円硬貨は何枚か?

申し訳ありませんがどなたか教えてください。

Aベストアンサー

660円持っていて、250円使った残金は、660-250=410円
硬貨の枚数比が3:2:1で410円になるのは、100円3枚+50円2枚+10円1枚のときだけ。
410円で6枚。
660円のときは14枚だったので、使った250円の硬貨の枚数は8枚ということになります。
100円1枚+50円2枚+10円5枚。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報