タイトルの通り、会社で新規事業を立ち上げたい為
それに向けて検討しているのですが
新規事業を成立させる為にはどんな資料があれば良いでしょうか。
※事業計画書など

社内起業のご経験のある方のご意見を頂ければ幸いです。

なお、私は一般職ですが個人事業主になれば良いのでは?
といったご意見はなしの方向でお願いします。
※あくまで会社の仲間と新しいことに挑戦したいだけなので。

A 回答 (4件)

資料としては、「事業計画書」的なものになりますが。



でも資料より、まず上層部との「コンセンサス形成」ですね。
すなわち、コンセンサスがあれば、資料など何でも良いと言いますか、幹部から「こんな資料を作ってくれ!」などと要求があります。

逆に言えば、いかに完璧な資料を作成したところで、偉いさんが一言、「やらない」と言えばお終い。
私の実体験でも、事業部長(役員レベル)とコンセンサス形成のもと、進めていた新規プロジェクトが、副社長や担当常務の「鶴の一声」で、ご破算になった経験があります。

私は事業部長からは信頼を得ていましたので、本部長決裁の範囲は、割と何でも出来ました。
しかし本部長決裁を超える案件に関しては、その上の決裁を仰がねばならず、大会社だったので、副社長や常務は「雲の上」の存在で他人同然。
そうなると、「事業部長が副社長らから信頼を得ているか?」「本部長に説得力があるか?」などと言う話であって、私の力が及ぶところではありません。

事業部長と入念に打ち合わせて資料を作成し、副社長らの前でプレゼンしましたが、プレゼン自体は好評ながら、保守的な会社だったので、「面白そうだが、ウチの本部や事業部でやることじゃなさそう」的な結論で、本社の役員会の議題にもならずにボツになりました。

あと数年で定年退職を迎える役員連中は、任期中を大過なく終えることに必死で、余り冒険したがらないんですよ。
そう言う連中に決断させるには、資料より、キーマンや決裁者とのコミュニケーションが重要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アンサーありがとうございます。

社長がやる気があるのでおそらくコンセンサスの問題はなさそうです。

ただ、最終的に話を通すにしてもこれだけ検討しました。どうでしょうか。みたいなものが欲しくてですね。

お礼日時:2017/05/09 23:00

社長がOKすれば良いだけの話ですから…



口頭説明だけで了承が得れるなら何も必要ないし、求められる物があるならそれを準備すれば良い。


貴方が説明(プレゼン)するのに必要な資料を準すれば良いだけでの話です。


事業内容に関する資料は当然ながら、資金計画は必要でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アンサーありがとうございます。

皆さん仰る通りで結局はネゴれる力があるかですね。
その要因に説得力だったりコミュニケーション能力が問われるとは思いますが。

資金計画…
おそらく初期投資が大きい事業は即却下されそうではありますが。
参考とさせて頂きます。

お礼日時:2017/05/09 23:03

普通に考えれば経営陣にプレゼンするための資料ですよね。


だとすれば、大元になるのはやはり事業計画書、目論見書でしょう。

要は、その事業がどれぐらいの利益を出せると見込んでいるのか、
その根拠は何か、利益化するまでどれぐらいの期間と資金と人材が必要なのか、
そういう判断材料を見せれば良いわけです。
とは言っても社内ですからね。不十分なら作り直せば良いわけで、必ずしも投資家に説明するほどの資料が必要なわけでもありません。

個人的な意見を言えば、最低限の計画書は必要ですが、
それよりは中心メンバーの熱意の方が大事ですかね。
ネガティブチェックをしている間に熱が冷めてしまう事の方がマイナス。
大きな資金が必要な事業ならそれもやむなしですけど、
それほどではないのなら、やってみて失敗すれば良いと思います。

あと大事なことは「成功(事業継続)と失敗(事業撤退)」の境界線をきちんと決めておくこと。
結論の先延ばしはろくな結果を生みません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アンサーありがとうございます。
目論見書ですか。頭の中になかったので参考になります。

ネガティブチェック重要ですね。
社内活動も継続はかなり難しい状態ですし。

成功と失敗の境界線…
ゴールを決めるのに近しいですね。
これまた参考とさせて頂きます。

お礼日時:2017/05/09 22:56

とりあえずざっくりしたもんでよくね?


決定権を持ってる人間がどこまで要求するか?の話なので
当該の人もしくは仲介する上司的な人などに意見を求めるべきだと思う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

アンサーありがとうございます。
決裁権は重要ですが、
上に意見は聞いているものの
具体的なものは提案してと言われています…

お礼日時:2017/05/09 22:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qはじめまして。名前の通り、ド素人の事業主です。 8/8に独立して理容店を開業致しました。 将来的には

はじめまして。名前の通り、ド素人の事業主です。

8/8に独立して理容店を開業致しました。
将来的には事業拡大も視野に入れており、
簿記の知識も「まったくない」中、初年度から青色申告にチャレンジしようと考えている無謀な私にご教示いただければと思い、質問致します。

1>
6/30に会社を退職致しました。会社から源泉はいただいたものの、当然のごとく年末調整はされていません。
支払い金額 ¥3,034,508
源泉徴収税額 ¥ 75,100
社会保険料等 ¥ 537,057 と記載されています。
この所得はどう扱ったら良いですか?
事業開始時点に帳簿に記載するものなのか?
確定申告の際だけに申告書に記載するものなのか?

2>
退職前より開業準備に入っておりまして、6/8に政策金融公庫より開業資金の融資を受けました。
融資金額から融資金送金手数料 ¥216、団信生命保険料 ¥10,740が引かれて振り込まれました。
それぞれはどういう扱いになるのでしょうか?
また、8/8の開業前に利息の支払い ¥7,870が発生しております。これに関してもお願い致します。

3>
事業用として車両も購入致しました。
12年落ちの軽自動車です。
お店の宣伝カーとしてロゴをラッピングし、事業と自家用を兼ねております。
使用比率としては、週に1日を自家用、残りの6日は事業用です。
以前のマイカーローンの残債(¥526,036 手数料込)と、
この度の購入費用(¥700,864 手数料込)を一本化してマイカーローン(¥1,220,000融資、残りの手数料は自腹)を組み直しました。
8/8の開業前(7/10)に引き落とし(¥14,969)も始まっております。
車両は減価償却資産という科目になるのでしょうが、帳簿記載の際はそれぞれどう振り分けて記載したら良いのでしょうか?

今時点で分からない事を羅列させていただきましたが、
上記のような事すらも分からないド素人の私にご教示下さい。
よろしくお願い致します。

はじめまして。名前の通り、ド素人の事業主です。

8/8に独立して理容店を開業致しました。
将来的には事業拡大も視野に入れており、
簿記の知識も「まったくない」中、初年度から青色申告にチャレンジしようと考えている無謀な私にご教示いただければと思い、質問致します。

1>
6/30に会社を退職致しました。会社から源泉はいただいたものの、当然のごとく年末調整はされていません。
支払い金額 ¥3,034,508
源泉徴収税額 ¥ 75,100
社会保険料等 ¥ 537,057 と記載されています。
この所得はどう扱...続きを読む

Aベストアンサー

1について
所得税というものは、所得に対して課税されます。所得というものには種類があり、特定なものを除き、複数の所得があればそれを最終的に合算することとなります。
ご質問のような場合には、事業と給与は別に一度考え、給与関係に関するものは事業の会計帳簿等に記載する必要はありません。申告の際に青色決算書というものを作成しますが、これは事業部分だけとなります。この書類で事業所得を計算することとなります。
次に源泉徴収票から申告書に転記しつつ計算することで、給与所得が計算されることとなり、あなたの場合には、これらの事業所得と給与所得を明記したうえで合計所得とすることとなります。
さらに社会保険料控除等についても、源泉徴収票から申告書へ転記し、その他の控除証明等も添付の上転記させ、控除を受けることが可能となります。
事業が赤字となれば、給与所得との通算が認められることにもなります。
源泉徴収票に書かれている税額は、すでに納付済みの所得税として、申告書の年税額より差し引くこととなりますので、重複されることはありません。

2について
会計帳簿は基本的に事業の開始日からとなります。それ以前の開業準備部分については、繰延資産という形で一度計上し、将来にわたって経費計上することが前提となります。借金は、開業前であっても開業日の会計帳簿に記載し、備考欄等で実際の借入日などを記入することでよいでしょう。送金手数料などは普通に経費計上してもよいでしょう。
団体保険などについては、たぶん経費として認められないと思います。ただ、申告書上の生命保険料控除の対象にはなるかと思います。
決算書の経費で引くもの、申告書の所得控除で引くものがあり、さらに決算書の経費の計上方法もいくつかありますのでご注意ください。

3について
車両は、減価償却資産と言われる車両運搬具という勘定科目で計上の上、減価償却手続きにより経費計上を将来にわたり行うこととなります。中古の場合には耐用年数が法律で定められた期間より短縮となりますが、そこでも計算が必要となります。
12年落ちということですので、2年での減価償却となり、月割計算も必要でしょう。
既存のマイカーローンなどを含めた借り換え等を行っているようですが、通常借入金の返済は経費とはなりませんが、利息分は経費とすることになります。しかし、一本化されることで、それがわからなくなってしまうと思います。

簿記も税金も分からずにすべてを始めて処理するというのは大変なことです。
税理士に頼むと費用が高く感じるのかもしれませんが、税理士まで頼めないということであれば、地域の商工会・商工会議所・青色申告会などでも、記帳代行や記帳指導、相談なども受けてくれています。当然会員向けサービスですので、入会金や会費も必要となります。ただ、お店の運営であれば、地域の団体等に加入することで、地域の経営者仲間を作ったり、地域のイベントでも名を売ることもできるかもしれません。
融資相談や経営相談なども受けてもらえることがありますし、商工会などであれば、労災保険の特別加入なども対応している(経営者用の労災)などと言うこともありますので、総合的に考えて検討されてはいかがですかね。税理士より安価だと聞きますし、ただ、税務相談は税理士でなければ認められないため、制度説明を超える内容であれば、提携の税理士に臨時相談などをすることも可能かもしれません。

私は税理士になるための勉強をし挫折した者です。しかし、一応勉強をし、さらに税理士事務所での勤務経験があるため、自分で起業した事業の会計処理から税務その他の手続き全般を自分で行っています。周りの経営者に聞くとほとんどが税理士などの専門家を利用し、大きな負担があると聞きますがね。

帳簿の書き方や会計処理の仕方なんてものは一つ一つ聞いていたら、事業なんてできません。基礎があって、特殊な場合を聞く程度にならなければなりません。それが難しければ専門家へ依頼するのです。
何でしたら、1年間だけ専門家へ依頼し、帳簿などの指導や制度説明を受けながら練習し、2年目からは自分だけで行うとかという方法もありかもしれません。

経理などを軽く見る方が多いのですが、簿記検定の合格は経理の基礎やルールを学ぶだけであり、実務ができるわけでもないのです。税理士試験に合格しても、申告書がすぐに書けるわけではないのです。税理士試験に申告書の書き方まではありませんからね。内部の計算方法や制度理解等を図る試験ですからね。

ハードルを上げる様で申し訳ないのですが、簡単に説明できるようなものではありません。まずは本でも買って自分なりに進めてみて、その進めた内容を持って専門家等の指導を受けてみてはいかがですかね。税理士と顧問契約を結んでも、つきっきりで見てくれるとは限りませんからね。さらに、理解度が低ければ低いほど、当然税理士などの説明度合いも増えるため、顧問料も増えてしまうことでしょう。

最後になりますが、同じ領収証等から会計処理や税務申告書作成を行ったとしても、その処理をする人の能力により計算結果が変わります。間違いというものもあれば、他正しい方法がいくつもある中で、それをどこまで知っているのかでも変わってくるのです。
あなたが作成すると高額な税負担になり、間違いのリスクも高いかもしれません。しかし税理士ですと費用は掛かりますが、税負担を軽くするためのノウハウをめいいっぱい利用して計算してくれますし、間違いリスクも低く、税理士側のミスであれば賠償もしてくれるのです。事務負担のために事業が傾いてしまうという人もいますので、無理せずに考えましょう。

1について
所得税というものは、所得に対して課税されます。所得というものには種類があり、特定なものを除き、複数の所得があればそれを最終的に合算することとなります。
ご質問のような場合には、事業と給与は別に一度考え、給与関係に関するものは事業の会計帳簿等に記載する必要はありません。申告の際に青色決算書というものを作成しますが、これは事業部分だけとなります。この書類で事業所得を計算することとなります。
次に源泉徴収票から申告書に転記しつつ計算することで、給与所得が計算されることと...続きを読む

Qメーカーが定価を売り場によって吊り上げることはよいのでしょうか?

メーカー(製造販売元)がHP等で掲載している定価より
高い価格で自社商品を販売することは問題ないですか?

因みに自社商品の委託販売(代理店での販売)ではありません。
サービス等が付加されたものでもなく、同じ商品ですので、
販売手数料をどちらかに支払う必要も追加コストもありません。

割引は可能だとしても、売り場やお客様によって価格を吊り上げるのは
信用を失う印象があるのですが、、。

ご存知の方、伺えますと幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>定価より高い価格で自社商品を販売することは…

処方箋が必要な医薬品を始め法令類で売価が規制されている商品でなければ、別に問題ありません。

>信用を失う印象があるのですが…

失う信用と、高く売ることによる利益増とを天秤に掛けて判断すれば良いことです。

Q株式会社設立について

回答お願いします。 現在、夫が建設業の個人事業主です。 妻の私は専従者です。
いずれ株式会社になると思うので、自分で手続きできるようにと株式会社設立の本を読んでいる途中です。  分からないことがたくさんあります。
・定款作成の発起人とは夫のみでよいのでしょうか?資金の出資者が発起人とゆうことで妻の私は発起人とみなされますか?出資していないのでなりませんか?
・役員構成での主なパターンで 取締役 または 取締役かつ代表取締役 + 取締役 とあり このパターンにの場合、取締役かつ代表取締役が夫 取締役が妻でよいですか?
・任期・取締役は選任後2年以内に終了する事業年度のうち最後の事業年度にかかる定時株主総会の終結まで。条件が揃えば最長10年の意味がわかりません。 分かりやすく教えてください。
・株式は必ず発行しないといけないのでしょうか?    
  説明不足と思いますがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

株式会社の設立には「発起設立」と「募集設立」がありますが,小規模の株式会社の設立ならば,取締役会を設置しない株式会社の発起設立がいいでしょう。書類の書式等については法務局ホームページにありますので,お手元の本のほかにも,こちらもご覧いただくと良いように思います。

取締役会を設置しない株式会社の発起設立
 http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/content/001188847.pdf

さて,発起人というのは設立時に出資をした人のことですから,出資をするのがご主人だけであるならば奥様は発起人にはなりませんし,奥様も出資するのであれば発起人になります。

役員構成については,取締役会を設置しない場合には取締役が1人いれば足り,その唯一の取締役が代表取締役になります。取締役を2名以上置くのであれば,その取締役の中から代表取締役を選定することができますが,その選定は,定款に定めた選定方法(株主総会で選定するか,取締役の互選で選定するか)に従って選ぶ必要があります。とはいえ設立時代表取締役の選定については定款の附則で定めることができますし,または上記リンク先にある「設立時取締役選任及び本店所在場所決議書」の書式で決めることもできますので,今回はお好きなほうの選択でかまわないでしょう。
ご主人を代表取締役,奥様を取締役にしたいのであれば,それらの書類に

設立時取締役 何某(←ご主人の名前)
設立時取締役 何某(←奥様の名前)
 どこどこ(←ご主人の住所)
設立時代表取締役 何某(←ご主人の名前)

と書けばいいです。

取締役の任期については原則として「その選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで」ですが,定款に「株式の譲渡制限の規定」(リンク先定款の7条の条項です)がある場合には,この「2年」を「10年」に伸長することができます(リンク先定款の19条の規定です)。役員を身内だけでガチガチに決めて変えるつもりがないのであれば,10年に伸長しておくといいでしょう。

株式会社において株式の発行は必須ですが,株式=株券ではありません。リンク先定款の6条のような規定を置き,株主名簿を備えておけば,それで十分です(株主名簿の記載事項は会社法121条に定めがあります)。

役員報酬はその名のとおり「役員に対して支払われる報酬」ですから,奥様が役員報酬を受け取りたいのであれば奥様を取締役にすべきだと思います。

個人で建設業許可を取得していたとしても,それを会社の許可として使用することはできまません。個人と会社はまったく別の存在だからです。新たに会社で建設業の許可を受ける必要があります。
その手続きは素人でもできないことはないとは思いますが(むしろ専門家に頼まないとできないというほうがおかしいでしょう),でももしもそれで失敗した場合,その不利益はご自身が負うことになります。

というか役員報酬を損金として認めてもらうには,設立後すぐに所定の内容の株主総会議事録を作って税務署に届出をする必要があるのですが,これは対税務署手続きであるために,設立登記に司法書士がかかわっていたとしても司法書士はたぶんそのことを教えてくれません(それは税理士がフォローしてくれる分野です)。専門家と呼ばれる職にある者でも,専門外のことは知らないことがあるようなことがあるのです。専門家には極力頼らずに済ませたいとお考えなのかもしれませんが,頼らないことにより不利益を被りかねない部分もあるということを十分に考えてから行動したほうがいいように思います。

株式会社の設立には「発起設立」と「募集設立」がありますが,小規模の株式会社の設立ならば,取締役会を設置しない株式会社の発起設立がいいでしょう。書類の書式等については法務局ホームページにありますので,お手元の本のほかにも,こちらもご覧いただくと良いように思います。

取締役会を設置しない株式会社の発起設立
 http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/content/001188847.pdf

さて,発起人というのは設立時に出資をした人のことですから,出資をするのがご主人だけであるならば奥様は発起人にはなりま...続きを読む

Q何の書類を作ればいいのか困ってます。

初めまして。
自営業を始めたばかりです。
ある会社から在庫が溢れてるものを売り飛ばしてくれないかという依頼を受けたものの物販なんて全くやったことがなかったので、よく仕事を下さったり、色々アドバイスをくれたりととてもよくしてくれる知り合いの方がいるのですが、その方に販路なんかの相談をしたところ、その方が代わりに販路を作って売ってくれることになりました。

その方は優しすぎるくらいの方で、お前が受けた依頼だから売った報酬はお前がもらえ。そうすればお前の実績になるだろうし。と言ってくださり、私のところにお金が入る形になるみたいです。

簡単になりますが、商品やお金の動きを書いていこうと思います。

私をA
依頼を下さった会社をB
売ってくださる方をCとします。


BからCに商品。CがAとして保管・販売。
販売したことでAにお金が入り、Bが設定した金額より上乗せした利益を引いた分(Bが設定した金額)だけAからBに支払い。残りの差し引いた利益はAのもの。
と言う形になるようです。

ここで、Cさんが、こういう流れになっているよっていうのを証明できるように書類を作って欲しいと言われたのですが、どんな書類を作ればいいのかわかりません。
Cさんもうろ覚えで、受領書だっけなー?と言っていたのですが、受領書をどんな時に発行するのか調べてみるとなんか違う気がしてまだ作れずにいます。

なんという書類を発行すればいいのかわかる方教えていただけませんか?

初めまして。
自営業を始めたばかりです。
ある会社から在庫が溢れてるものを売り飛ばしてくれないかという依頼を受けたものの物販なんて全くやったことがなかったので、よく仕事を下さったり、色々アドバイスをくれたりととてもよくしてくれる知り合いの方がいるのですが、その方に販路なんかの相談をしたところ、その方が代わりに販路を作って売ってくれることになりました。

その方は優しすぎるくらいの方で、お前が受けた依頼だから売った報酬はお前がもらえ。そうすればお前の実績になるだろうし。と言...続きを読む

Aベストアンサー

Cさんの会社が売り上げるなら、Cさんの会社に入金してもらわないと面倒です。
Cさんが Aさんの販売員として働いてくれるという形を取るのなら、Aさんの会社で売り上げてAさんの会社で入金してもらえればよしです。

商品をAさんからCさんにおした場合、CさんからAさんに註文書発行。AさんはCさんに注文請書を発行。
Aさんが出荷時、Cさんに発行するのは、納品書と請求書。
Cさんが商品を仕入れた時、Aさんに発行するのは、受領書。
Cさんがお客さんに売った時にお客さんに渡すのが、Aさんの銀行口座(またはCさんの銀行口座)の記載のある請求書。
入金を受けた方の会社(AさんまたはCさんの会社)は、お客さんから入金あり次第、領収書を発行。
お客さんへの納品は、Cさんの会社からお客さんへ。この時にお客さんは、Cさんは納品書を添付。お客さんはCさんに受領書をわたす(できるだけもらう)。

Cさんが売上金の受け取り口座である場合は、Aさんの銀行口座に振り替え。

ってところだと思います。

Q会社のおかしいところ

うちの会社は、玄関入ってすぐの階段下にスペースがあり、
そこにカタログなどのストックを置いています。

先日、在庫補充のため発注してあった帳票類が大量に届き、その階段下スペースに段ボール箱が山積みになっていました。広くもないスペースだし、大量すぎて階段下だけに収まらず自販機の前にまで置かれている有り様。

普段は事務所がある階とは別の階に帳票類の在庫は置いてあるので、運送会社さんが一時的に置いてくれた階段下スペースから移動させなければなりません。

しかし、誰も運ぼうとしません。
自販機の前(足元)を塞いでいても誰も気にならないのか、、、?
乱雑に積まれたままの段ボール箱を見て玄関入ってきたお客様がどう思うのか考えないのか。

行き帰りにそこを通っても片付けなきゃと誰も思わないのか、とりあえず自販機の前を占領していた箱は自分で片付けました。

上司には「言ってくれればみんなで運ぶのに」と言われましたが、言われるまで誰も運ぼうとしないのはどうなんだ??
自分たちでその玄関を見て片付けなきゃと動こうとしないのか。

「とりあえず自販機の前だけは片付けたので、他お願いします」と伝えましたがその後片付けられることもなく、、、
何度も言いたくもないし早く片付けたかったので、仕事の合間をみて自己満でいいやとひとりで1箱ずつ運びました。

「誰もやらないし声かからないから、とりあえず自分もやらない」みたいなスタンスでいるようで、呆れます。


他にも、事務所内の大きめなゴミ箱に
各々がゴミ箱持ってゴミ捨てにきて
もう入らないという満杯な状況になっても
次の人が変えればいい的な感じで
ゴミ袋を変えようとしない、、、

自分が捨てたことで次の人がもう入らないって状況だったら、普通は満杯なゴミ袋取り出して、新しい袋をゴミ箱にセットしません??

ゴミ袋を新しくセットしようとしたら
「そこまでしなくていいのに!
当番の人を甘やかしちゃだめ!」って、、、
物理的にもうそれ以上入らないゴミ箱をそのままって、意味がわからない。

そりゃ当番の人がやるにこなしたことはないが、
もうそれ以上入らないゴミ箱をそのままにしとく神経を疑ってしまう。

言われてないから、当番じゃないから、
そりゃ言いたいこともわかるけど
もっと思いやりを持って行動できないものか?


他にもまだまだありすぎてストレス溜まります。
このまま会社にいたらイライラしすぎて倒れそうです。

うちの会社は、玄関入ってすぐの階段下にスペースがあり、
そこにカタログなどのストックを置いています。

先日、在庫補充のため発注してあった帳票類が大量に届き、その階段下スペースに段ボール箱が山積みになっていました。広くもないスペースだし、大量すぎて階段下だけに収まらず自販機の前にまで置かれている有り様。

普段は事務所がある階とは別の階に帳票類の在庫は置いてあるので、運送会社さんが一時的に置いてくれた階段下スペースから移動させなければなりません。

しかし、誰も運ぼうとし...続きを読む

Aベストアンサー

自分はあなたと同じ気になる派です。

気になって自分から行動する人
そこに気付いて見て見ぬフリをする人
そこに何の違和感も感じない人

と3つに大きく分かれますよね。
自分は周りにあまり期待しないので、自分で何とかします。
綺麗にして維持を邪魔する人には、具体的にどうして欲しいか言います。
見て見ぬフリした人は、協力してくれることもあります。
でも、何の違和感も感じない人は、終わってます。

来客の目につくところがそんなんじゃ、会社の体制がよくないですね。
せめて上司が、指示を出すぐらいするでしょうね。普通はね。

自分が気になるから自分で片付ける。それ以上でも以下でも無い。
他人に期待しないのがイライラしないコツですかね。

Qすいません。経営者の方々.成功した方々に質問です。 既婚2年 子供1人 自分は建設業の仕事をしていて

すいません。経営者の方々.成功した方々に質問です。
既婚2年 子供1人

自分は建設業の仕事をしていて
毎日考えるのは自分がどうしたらせいこうするのか?
そしてこの業界を辞めたいが次に
儲ける仕事が他に見当たらないので
毎日考えてます。ちなみに年収は400弱ぐらいです!

他に就職も結婚してるから
今より収入が減ったら生活が苦しくなるし
自分自身が成功するにはどうしたらいいのか!?
もしよかったら教えてください。

Aベストアンサー

返事ありがとう
 参考までに、この本を読んで見たらいい。表紙にはちょっと引いてしまうが、内容はいい。
『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか 最新改訂版 (メディアワークス文庫)』アマゾンにあるから。

Q企業するにあたって

企業しようとしたら、銀行以外ならどこからお金を借りられますか?
借りられる金額や期限などもありましたら、お願いします。

また、国や県・市町村といった、行政の力を借りて合同などで、やることも可能ですか?
例えば、焼却場などで熱した湯を使わせてもらったりとか・・・

あいまいですみません、どのようなモデルがあるのかもわからないので、
こんなの見てみたらとか、ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

企業ではなく、起業という言葉を使うべきではありませんかね?

言葉は大事ですよ。

一般的な借入先としては、日本政策金融公庫(以前は国民生活金融公庫。通称公庫)というものがあります。政府系金融機関と呼ばれます。

どのような借入先であろうが、官民共同事業であっても、事業計画がなければだれでも貸してもらえるわけではありません。当然事業計画は起業される経営者が作成するものです。

官民共同のような事業ですと、よほど優秀なコンサルタントと会社の社会的評価などが必要となると思います。

私の会社では、地元金融機関へ起業資金の融資を申し込み、融資を受けました。
ただ、申し込んだ満額の融資が受けられませんでしたので、日本政策金融公庫からも追加で融資を受けましたね。

事業計画のたたき台を作り、銀行の担当者と相談の上で計画を詰めましたね。
ただ、一般の金融機関と公庫では求めるものが異なるため、事業計画などは作り直すことにもなりましたね。

現在ですと、地域の創業セミナーのようなものを自治体などが行い、受講済みの方については、法人設立費用の優遇措置が受けられる場合があるようです。
さらに、経営革新支援法で認められた事業計画があると、融資でも優遇が受けられたりするようです。
さらに、雇用を生み出すような事業計画ですと、その計画の中に補助金や助成金に該当するような形にし、補助金等の要件を満たす採用につながれば、返済義務のない補助金等が受けられることもあります。このようなものももらうことができれば、起業時に必要な資金も少なく抑えられる場合もあることでしょう。ただ、もらえるかどうかは認定や審査によりますので、計画に直接組み込むことはできないかもしれませんが、補助金等がもらえれば余裕のある計画であることがわかればまた違うかもしれませんね。

事業は、業種や経営方針によっても異なります。事業の運営実態があればなおさら状況も変わるものです。これらの説明ができなければ、簡単に融資などは出してもらえませんよ。

商工会などでは、小規模の事業者向けのサポートをしてくれます。さらに費用をかけることができるのであれば、中小企業診断士をはじめとする経営コンサルタントうアンドも利用するのもありでしょう。ただ、なんでも人任せですと、実際に経営するあなたの理解が薄くなってしまうようなことにつながり、結果事業に破綻が生じれば、大変なことにもなるでしょうね。

企業ではなく、起業という言葉を使うべきではありませんかね?

言葉は大事ですよ。

一般的な借入先としては、日本政策金融公庫(以前は国民生活金融公庫。通称公庫)というものがあります。政府系金融機関と呼ばれます。

どのような借入先であろうが、官民共同事業であっても、事業計画がなければだれでも貸してもらえるわけではありません。当然事業計画は起業される経営者が作成するものです。

官民共同のような事業ですと、よほど優秀なコンサルタントと会社の社会的評価などが必要となると思います。

私...続きを読む

Q起業する場合の、個人資産と自分の会社の資産の分けについて

なんと検索したら良いのか分からないので教えてください。

例えば、貯金が1000万ある人が、そのうち300万円を資本として起業するとします。
その企業が失敗し、倒産、閉店、破産申請などになった場合、社長たる企業者は自分の貯金として残しておいた700万の中から弁済しなければならないのでしょうか?それとも、あくまでも企業のお金は企業のお金、個人のお金は個人のお金と分けて考えられるのでしょうか?
(https://www.houjintousan.jp/hasan/torishimariyaku/kojinshisan.htmlを拝見しましたが、「法人債務」が何に当たるか分かりませんでした。銀行から借り入れをせず、自分が自分の会社に貸した形になっていれば関係ない?)

また、一般的に法人として起こすなら株式会社になるかと思いますが、利益が出たらその分ずつ最初の300万を自分の貯金に返すような形で株の売買する場合、株所有者の変更などはどこに届を出すのでしょうか?会社内で分かっていればいいだけ?

Aベストアンサー

Re:回答No.4

「最初の資金で足りなくなったらもう諦めるという手もあるとは思いますが……取引先や契約先がある、または従業員を雇っている等の場合は、それでは無責任ですもんね……」ですが、実は知人と一緒に興した資本金1千8百万円の最初の会社は、経営状態をよく見て、債務超過になる前に潔く会社を閉めたんです(従業員がいましたが)。

自分で起業した会社というのは、愛着(執着?)、拘り、思い入れなどがあり、赤字になってももうちょっと頑張れば持ち直すと思って借金を重ね、無理しやすいんです。ですが、設立した会社は3年で38%、5年で15%、10年で6%、20年で0.3%しか生き残れていません(国税庁と日経新聞の調査統計による)。しかも生き残れているのは親会社が作った子会社みたいに支援や後ろ盾があるところばかりで、それがない会社は間もなくほぼ全滅します。そしてさらに悪いことに、経営者はたいてい借金まみれの地獄に陥るんです。

経営者は、会社を設立したら、先を夢見るだけではダメで(縁起でもないかも知れないが)いつどんなふうに潰れるかのストーリーもよく考え、危なくなったら冷静沈着に判断して延命処置しないことです。でないと大変なことになります。

Re:回答No.4

「最初の資金で足りなくなったらもう諦めるという手もあるとは思いますが……取引先や契約先がある、または従業員を雇っている等の場合は、それでは無責任ですもんね……」ですが、実は知人と一緒に興した資本金1千8百万円の最初の会社は、経営状態をよく見て、債務超過になる前に潔く会社を閉めたんです(従業員がいましたが)。

自分で起業した会社というのは、愛着(執着?)、拘り、思い入れなどがあり、赤字になってももうちょっと頑張れば持ち直すと思って借金を重ね、無理しやすいんで...続きを読む

Q在庫なしのビジネスの具体的な例を教えて下さい。

在庫なしのビジネスの具体的な例を教えて下さい。

Aベストアンサー

店頭販売しなければ良いだけの話です。


今日欲しい…
明日欲しい…

って言う人を顧客対象としなければ、どんなビジネスも在庫なしでできます。

Q息子の会社に電話して勤務先等を聞き出すことは可能でしょうか? 私の行き過ぎた過保護もあってか、二年ほ

息子の会社に電話して勤務先等を聞き出すことは可能でしょうか?
私の行き過ぎた過保護もあってか、二年ほど前から息子とは音信不通になっており、どこに住んでいるのかもわかりません。
分かっている情報は、某有名な飲食チェーン店で働いているということだけです。

そこで、これからその某飲食チェーン店の本社に問い合わせて、息子が現在、何県の何処の支店で働いているのかを聞き出そうと思っています。

今は個人情報保護法等もあってか、企業も個人情報をむやみに他人には明かさないと聞きますが、本社に私が息子の親であるということをちゃんと伝えれば、教えてくれますよね?

詳しい方がおられましたら、詳細よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者様がまた誤解されると思いましたので補足させて頂きます。

会社は従業員含め個人情報を安易に漏せません。
電話でも、訪問でも同じ事です。

また、そのような行動を親がすることで子供の立場が悪くなる。
結果、余計に仲がこじれるという可能性が大きいというのは想像して下さい。

あなたは親なんですから戸籍から現住所を見つけ出すことは
できますので、職場に迷惑を掛ける前にできる事はあるのでは?

そんな暇は無い、面倒だ、わからない・・・などであれば
弁護士や、行方不明者捜索の業者へ依頼してはどうでしょうか?

何度も失礼いたしました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報