今ショスタコーヴィチをとりあげて論文を書いております。
まだ資料を集めていない段階なのですが、ショスタコーヴィチの受容に関するデータ(演奏回数など)が載っている書誌やサイトはありませんでしょうか。

ついでに、ショスタコーヴィチの音楽を(1.聴いたことがない。2.聴いたが嫌い。3.聴いた上で好き。)、みなさんはどの手の人ですか?
また、その理由ももらえると嬉しいです。

アンケートの方だけでもいいので、ふるって参加をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

先に回答したものです。

9番は結果的に不評でしたが、無駄の無さはダントツです。5番は、ベートヴェンの第5と比較され、20世紀の運命とか言われたことがありましたが、そういうものを書いてしまったために、9番に寄せる期待はさぞ大きかったことでしょう。5番を書いたときのソビエトの政局と9番を書いた当時の
ショスタコーヴィチに対する政府の扱いは、歴史を探るしかありませんが、依然に出版された<証言>(死人に口無しですが、)、ドキュメンタリーなどを観ると、殺されかねない圧力が芸術家にまで及んでいたようです。曲が長すぎるとか、暗すぎるとか。想像ですが、ショスタコーヴィチの曲に出てくるアイロニーは、すべて、こういう政府への憤りかもしれません。曲が長いというなら短くしよう。暗いというなら、滑稽なものを書こう。5番では、自分を抑えて政府受けのするものを書いてしまったけれど、9番では開き直りが感じられます。一般人には、天才の考えることはわかりませんが、マーラーが長大な2番、3番を書いた後に、かわいらしい4番を書いたのや、ベートーヴェンの4番や8番のようなものを大作の前後に時折仕上げたくなるのかも知れません。7番、8番を仕上げた後、その反動が、次の9番という聖なる番号を持つシンフォニーで行われたのは、ショスタコーヴィチらしい気がします。9番への批判は、想像していたでしょうがうまくかわせるだけの強さ(憤り、覚悟)をその時持てていたためと思います。長くなりましたが、最後に、日本映画、松田優作主演の角川映画<野獣死すべし>のなかで主人公が、自宅のステレオで5番を聴いていたのが印象的でした。神経質な主人公の性格をうまく捉えた、選曲だと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。実は一般人といいながら、kaiso2さんはショスタコーヴィチに詳しいですね。9番についても、よくわかってきました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/07/28 11:14

回答に質問を混ぜてしまい、申し訳ございません(^^;


前にも書いた通り、私はクラシックをほとんど聞かないので、
専らクラシック好きの友人から、CMで流れたような有名な曲の
CDを借りるだけです。
というわけで、正直に言えば、アンケートの答えは
4.聴いたことはあるけど、好き嫌い以前によくわからない、です。
チャイコフスキーぐらい分かりやすかったら好きか嫌いか言える
のですが、ショスタコーヴィチは難しい感じがして………。
初心者が聞いてもいい作品は何でしょうか? あ、また質問をして
しまいました………すいません(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今日ある本を読んで知ったのですが、第7交響曲の1楽章に出てくる部分が、アリナミンVの古いCMで、「ちーちーんぷいぷい」というのと重なるというのがありました。

そんなわけで、7番はおすすめしてもいいかなと。
割と聴きやすいんですよ。

で、一番演奏される5番ですが、これも割とよい作品ではあります。
が、聴きなれないと3楽章などには面喰らってしまうことでしょう。
どうしてこんな薄暗くておそろしく寒々しい音色をしているんだろうと。
楽章で4、2、1、3の順で理解していくことをおすすめします。

ショスタコーヴィチ自身はチャイコフスキーの叙情的な音楽はあまり好きではなかったようですね。

どうも補足(!)ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/01 17:05

こんにちは。

アンケートだけです。同じころ活躍していたプロコフィエフよりは、好きです。プロコフィエフは、別の世界の人間(宇宙人)のようで、いくらかの作品以外は嫌いです。ショスタコーヴィチでも、好きな曲と嫌いな曲が、わかれます。マーラーのように、好きになると全部許せるというようなものではないですね。ショスタコーヴィチは政治色が強いので、本人もチャイコフスキーが嫌いと言っているように、ロシアの叙情性は、欠落しております。ちなみに、シンフォニーでは、4番と13番がお気に入りですが、1番、5番、9番、15番は結構好きな方が多いと思います。逆に2番、3番、12番あたりは聴いたが嫌いもしくは、聴いたことがない部類でしょうか。日本では、5番が圧倒的に上演回数が多いと思いますが、森の歌などと同様、政府のショスタコーヴィチへの圧力が、皮肉にも節度を持たせ、簡潔な作品となったのは興味深いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。僕もプロコフィエフはあまり聴きません。

「曲による」というのもアリですね。確かに。

さて、
>政府のショスタコーヴィチへの圧力が、皮肉にも節度を持たせ、簡潔な作品となった

というのがちょっと考えてしまいました。
では9番の交響曲はどうでしょう。政府としては大々的な賛歌を期待していたのでは。そういう政府の期待という圧力に対してこういう作品を出したことで、ものすごく批判されたんでしたよね。
少し考察のテーマにしてみたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/01 17:15

クラシックは素人なのですが。


6~7年前にクルマのCMで「レニングラード」(?)
とかいう交響曲の盛り上がる部分が使われていたと
思います。
ということは、ほんの一部分ですが「あー、この曲
聴いたことある」という反応がけっこうあるのかも。
ところで、
ムラヴィンスキーの好きな人は、ショスタコーヴィチも
好きなんでしょうかね? 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へえ。レニングラードがCMに使われていたとは。著作権料も馬鹿にならんだろうに……

一楽章のあれですかね? よくわからないんですが。
この交響曲は第二次世界大戦のさなかに書かれ、初演されたといいます。
次の交響曲(8番)ほどではないんですが、反戦的な意味が強いです。
で、そういうものを車のCMに?
なんか、大胆ですね。

「聴いたことある」という反応で言えば、上に言った著作権料の問題から、そんなに多くは出ていないかもしれませんね。

ショスタコを振ってこそのムラヴィンスキーですから、多分そういう人は多いと思いますね。
でも、全員がってことはないかと思います。
それに、実はショスタコーヴィチによると、ムラヴィンスキーの解釈を完全には認めていなかったような言い方をしていますし。

なんか、逆教えて!gooになってきていますね(笑)
でもOKです!

で、補足要求(!)なんですが、聴いたことがある上で、touch32さんはお好きですか? お嫌いですか?

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/30 07:09

専門的なことは知らないのでアンケートのほうだけ・・・


私は「聴いた上で好き」です。
私はオーケストラをやっていて、以前「交響曲第5番」を演奏しました。
日本では「革命」というサブタイトルもつけられていますが、その時の指揮者の先生が、「5番」が作曲された時代背景などについて説明されて、「2楽章のコミカルなフレーズは、独裁者に表面上は従いながらも背中で『あかんべえ』をしているような民衆を表している」というようなことを言われました。
それから「5番」を聴くと、1楽章冒頭の荒涼とした雪原のようなイメージ、4楽章最後の勇壮かつ悲壮感漂うような雰囲気が、当時の時代背景をほうふつとさせます。
今でもこの曲が演奏される演奏会はほとんど聴きに行きます。
その他も、あまりたくさんは聴いていないですが、作風が気に入っています。
(短い曲ですが、「5つの断章」など)。
以上、参考になるかどうかわかりませんが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。アンケートだけでも助かります。

そうか、演奏した上で好き、というのもあったんですね(笑)

5番は僕も4楽章だけやりました。トランペットのトップを。
ラッパはじめて2年目にこの曲は相当無理がありましたが、初見大会で一回の余興演奏ということで。
それ以来ショスタコにはハマりましてね。
5番から聴きはじめて、1番、7番、2、3、4、8と来たんです。
これからどんどんと聴いていくつもりですが、ここ最近、聴いていてどうもわからないことが多すぎて困っております。

5番の2楽章はコミカルですが、マーラーのレントラーの影響が非常にありますね。
舞踏ですから、やはり民衆的、そして、どこか馬鹿にしたような感じをもっているというのはあるんでしょうね。
5番に関しては「ムツェンスク郡のマクベス夫人」というオペラが批判されたことで、交響曲第4番の初演を見送るなど、彼独自の自由な表現を奪われた上で作ったものですから、意外にこれをショスタコーヴィチの代表作だ、と思ってしまうと違ったりするんですよね。

参考になりました。どうもありがとうございました。

後続の方も、演奏経験など問いませんので、どしどし回答ください。

お礼日時:2001/06/29 23:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qショスタコーヴィチ 交響曲10番

ショスタコーヴィチの交響曲第10番の連弾譜が
あると聞いたのですがどこで取り扱っているのでしょうか?
知っている方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

いくつか心当たりを当たってみましたがなさそうですね。交響曲の連弾版というのはスケッチとして残されているものは多いのですが、商売にならないせいかなかなか出版されませんね。ベートーヴェンだと3種類くらいの編曲ものがあるのにモーツァルトもブラームスも一部しかなくて残念です。作曲家を深く知るためにピアノ弾きにとっても重要なレパートリーなんですけどね。

CDが出ているものに関してはなんとか調べがつくものの、ヨーロッパの図書館や大学にある楽譜なので入手は難しいですね。

Q宝塚歌劇団関連で論文が書きたいのですが・・・。

今度、自分の1番興味のある事柄をテーマにして論文を書くことになりました。
私はミュージカル鑑賞が昔から好きなので、何かそれに関連するものがしたい
ということで「宝塚歌劇団」をテーマに選びました。
しかし、私は実は「宝塚歌劇団」の公演は今まで1度も観たことが無いのです。
ですが、女性が男性を演じ、それが多くの女性ファンの支持を受けているという実態にとても興味を持っています。
「宝塚歌劇団」に関連する論文を書くのに、何か面白いテーマは無いものでしょうか?
ここ数ヶ月間、ずっと考えているのですが考えが一向にまとまりません。
どなたか良いアドバイスがありましたら、どうかよろしくお願いいたします(><)

Aベストアンサー

まず、お伺いしたいのですが、何学部ですか?(というか論文、とだけなので、特にジャンルはないのでしょうか?)

宝塚歌劇団の論文、と言ってもあまりにも広範囲で、なんともいいようがないのですが・・・。
論文テーマというには漠然としていますが、私が「宝塚って不思議だなぁ」と思うポイントをざっと書くとこんな感じです。(分け方は適当です)

【法律関係】
・タカラジェンヌはなぜ「生徒」と呼ばれるのか
⇒宝塚歌劇団ができたばかりの頃、芸能に従事する人に対し、税金のようなものがかけられるので、「生徒」とした、という話を聞いたことあります。そのあたりの法制度のこととか。

・宝塚歌劇と著作権
⇒阪急(宝塚歌劇は阪急の1部門です)と東宝で、演劇著作権関係の会社を作っているはずです。

【経済・経営】
・宝塚と地域経済
⇒現在においても、大消費地でもない宝塚市に2500人規模の劇場をもち、黒字経営をしている(と思われる)ということ自体、不思議さを感じます。(小林一三さんの阪急経営戦略とはいえ)

・宝塚歌劇とマーケティング
⇒「日本の商業演劇で儲かっているのは劇団四季と宝塚だけ」という通説が正しいならば、それはなぜか。

・宝塚歌劇のメディア戦略
⇒数年前から衛星放送を開始した宝塚のメディア戦略など。

【社会学的?】
・宝塚の男役とジェンダー論
・宝塚歌劇の組織論
⇒宝塚歌劇団は役者からスタッフにいたるまですべて自前です。何でもアウトソーシングが主流の現在、徹底した自前主義の組織論はとても不思議です。

【歴史・文学】
・日本芸能史における宝塚歌劇の位置付け
・宝塚の歌劇(レビュー)作劇手法の特徴
・宝塚歌劇の演劇的浄化(カタルシス)

【建築】
・劇場空間としての宝塚大劇場
⇒エプロンステージのついた劇場、2500人収容で最後列の端の人まで舞台が見える工夫など、面白い空間です。
また女性客が圧倒的に多いが故の工夫もあると思います。

【技術・製作】
・宝塚歌劇の大道具製作と移動技術
⇒年に数回の全国ツアーや、時には海外にまでもって行くセット類。あれだけの規模の大道具を持ち運ぶ技術って気になります。

・・・何が面白いかは人によるかと思います。
大事なのは「宝塚ってここが不思議だなぁ」と思うことではないでしょうか。不思議と思えるところがあれば、特に見る必要はないと思います。
ただ、宝塚に興味を持てば、不思議と思えることも見えてくるでしょうし、不思議と思う気持ち、問題意識を強くするためにも、本当は観劇したほうがいいんですが。

下の方も書いておられるように、特に東京では観劇チケットの入手が大変困難です。
そこで力を使い果たしてしまって、嫌になったら元もこもないですね・・・問題意識をもち続けてがんばってください。(正直、最近のチケット不足で私は歌劇から足が遠ざかり気味です)

まず、お伺いしたいのですが、何学部ですか?(というか論文、とだけなので、特にジャンルはないのでしょうか?)

宝塚歌劇団の論文、と言ってもあまりにも広範囲で、なんともいいようがないのですが・・・。
論文テーマというには漠然としていますが、私が「宝塚って不思議だなぁ」と思うポイントをざっと書くとこんな感じです。(分け方は適当です)

【法律関係】
・タカラジェンヌはなぜ「生徒」と呼ばれるのか
⇒宝塚歌劇団ができたばかりの頃、芸能に従事する人に対し、税金のようなものがかけられる...続きを読む

Q共謀罪と騒がれていますが共謀罪とはなんのことですか?

共謀罪と騒がれていますが共謀罪とはなんのことですか?

Aベストアンサー

共謀罪

そのままの意味で、共謀したら罪に問われます。

今話題になっているのは、この共謀罪ではなく、組織と共謀した人が対象です。
また共謀しただけでなく、何らかの実行が伴わないといけません。

騒いでいるのは、この法律が施行されるとヤバい連中だけです。
一般の人は興味ありません。

Qショスタコーヴィチの弟子

ショスタコーヴィチに作曲を師事した作曲家で、以下に挙がっていない、知っている作曲家がいれば教えてください。
B・ティシチェンコ
B・チャイコフスキー
G・ウストヴォルスカヤ
K・カラーエフ

Aベストアンサー

ゲオルギー・スヴィリードフ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%95

ユーリイ・レヴィチン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%81%E3%83%B3

ワディム・ビベルガン
http://item.rakuten.co.jp/hmvjapan/1379259/

アトヴミヤーン
ペイコー
http://gligligliere.blog58.fc2.com/blog-date-200905.html

モイセイ・ヴァインベルク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF

ヴェニアミーン・フレーイシュマン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9E%E3%83%B3

ソフィア・グバイドゥーリナ
http://www.anne-sophie-mutter.de/mj_index_bach.php

クシシュトフ・メイエル
http://www.hmv.co.jp/artist/detail/000000000167543/

ルドルフ・バルシャイ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A4

ゲオルギー・スヴィリードフ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%95

ユーリイ・レヴィチン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%81%E3%83%B3

ワディム・ビベルガン
http://item.rakuten.co.jp/hmvjapan/1379259/

アトヴミヤーン
ペイコー
http://gligligliere.blog58.fc2.com/blog-date-200905.html

モイセイ・ヴ...続きを読む

Qフリーデザイナー契約書の書き方&著作権わからない

初めまして、拝見頂きありがとうございます!

私は、今初めて個人でチラシや名刺の依頼を受けているのですが、
契約書の書き方がイマイチわかりません。
私としましては、
・キャンセル料 
・支払い方法
・著作権の扱い 
・納期
・枚数
・デザイン料 
・仲介料
・納品方法
・契約日付
・プライバシーポリシー
・品質保証
・二次使用

が記載されればいいんですが、どうしたらいいものか。
文章がわからないのか、身動きがとれないのです。

http://www.banzaicopyright.com/agreement_free_sample_0222.html

のサイトを見ましたが、難しい言葉が多くて混乱してきます。
おそらく、私の希望している契約書と違う事も書かれてるのではないかと。

クライアントさんも一般の方で、起業しようとしている方なのですが、
わかりやすくで大丈夫かな~と思ってます。
1枚目にわかりやすく、簡略化したものを2枚目に上記サイト的なしっかりしたものを、
ってやってもいいのかな。。。

あと、著作権についてもわからないです。
私は、このお仕事を自分の実績として公表したいと考えているのですが、
これ、著作権を譲渡の形にしてしまうと、もう権利はなくなってしまうので、
私がこの仕事しました!って言えなくなるのでしょうか?
その場合は、使用許諾になるのですかね??でも、製作物はチラシや名刺なので、そんなギスギスするものではないのですが....
譲渡してもいいのだけど、実績として言えないのであれば、譲渡したくないなーという感じです。

よろしくお願い致します!

初めまして、拝見頂きありがとうございます!

私は、今初めて個人でチラシや名刺の依頼を受けているのですが、
契約書の書き方がイマイチわかりません。
私としましては、
・キャンセル料 
・支払い方法
・著作権の扱い 
・納期
・枚数
・デザイン料 
・仲介料
・納品方法
・契約日付
・プライバシーポリシー
・品質保証
・二次使用

が記載されればいいんですが、どうしたらいいものか。
文章がわからないのか、身動きがとれないのです。

http://www.banzaicopyright.com/agreement_free_sample_0222.html

...続きを読む

Aベストアンサー

貼っておられたリンクを見てみましたが,解りにくい事は無いと思います。というか,契約書にするなら普通はこんな感じですよ。だからまず,解らないと言わずに読み込んでみましょう。私がリンク先を読んで気になったのが著作権周りです。
フリーのデザイナーさんですよね?

著作権は,著作物を制作した時点で発生して一生有効です。それを関連する権利資格含めて全て譲渡するのは得策では無いように思います。
お客様の会社ロゴマークなどなら手放して良いでしょうが,キャラクターなどは譲渡の範囲を決めた方が良いでしょう。
商品や,所謂カテゴリーで競合しないように出来るだけ沢山使いたいでしょうから。

Qショスタコーヴィチの5番のおすすめ

批判に応えるという意味で非常に面白い曲であるので、選曲させていただきました。

この曲の聴きどころ、そして自分が持っている演奏(そしておすすめの演奏)などを、今後の参考のために教えてください。また、「好き・嫌い」だけの回答でも結構です。この曲を1度でも聴いたことのある方に参加していただければと思います。
「ショスタコーヴィチが種蒔きゃプラウダがほじくる」というような図式がこの質問でも起こらなければいいのですが・・・

なお、この質問は本質的に困っている質問とは言えないかもしれませんが、己の知識欲を充足させるためには必要不可欠なものであるとして立ち上げたものであります。

締めきりを2002年1月10日頃に設定します。ひょっとすると少し早まるかもしれないので、ためらわずにご回答ください。

Aベストアンサー

こんばんは。

中学生の時吹奏楽部でホルン奏者してましてコンクールでショスタコの5番
4楽章を演奏しました。

ショスタコーヴィチの5番は壮大でダイナミック、色彩と変化に富んだ曲で
数ある交響曲の中でも傑作だと感じています。

5番の中では1楽章が特にいいですし、金管楽器が一度も奏されない3楽章も
哀愁漂い好きです。
聴きどころですがこの曲の場合どの楽章も、またどの部分も聴いてほしいです。

お薦めの指揮者、演奏ですが。

カレル・アンチェル指揮/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
録音1961年11月(発売元:日本コロムビア)
録音古いですが40年前とは思えないほど音質はいいです。
滑らかな完成度高い演奏です。

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団
録音1984年4月(発売元:ビクター音楽産業)
ライブ録音で演奏は荒いところがあるものの何か引き付けられる魅力ある演奏です。

でわ

Qデザインの著作権の譲渡と、著作人格権の保護

デザインの著作権の譲渡と、著作人格権の保護

調べれば調べるほど混乱してきて分からなくなったので質問します。

デザインで制作したものですが、
例えば、デザインを契約書で譲渡を行った場合、譲渡された方は何がOKになり、
何がNGのままなのでしょうか?



著作人格権は譲渡できないものですから、著作者に残り、
二次使用や複製・改編はできないと思われますが…

Aベストアンサー

No1は何をいってるのだ?質問主のいうように著作者人格権は著作者本人のみで譲渡はできません。死後 生きていたならば著作者人格権の侵害になる行為に対して遺族が請求できるのであって、生きている間は本人のみ。
著作権(著作財産権)のみを譲渡できます。契約で著作者人格権、特に同一性保持権についてを主張しないことに同意させることはよいでしょう。

著作権を譲渡したならば、二次使用や複製はできますが、意に反する改変を行うと同一性保持権の侵害になります。公表権と氏名表示権もあります。公表権については譲渡した場合、その著作権を行使する形で公表することは侵害にはなりません。変名で公表して欲しいというのに実名で公表すれば氏名表示権の侵害

QSHostakovich(ショスタコーヴィチ)のピアノ曲について

SHostakovich(ショスタコーヴィチ)が作曲したピアノ曲
「24のプレリュード」Op.34より 
上記の曲について勉強したいのです。
何かご存知の方よろしくおねがいします。
SHostakovich(ショスタコーヴィチ)自身のことでもかまいません。

Aベストアンサー

ショスタコーヴィッチには24の前奏曲というのを2シリーズ(Op.34とOp.87こっちはフーガ付きで有名)作曲しています。
私が最初に出会ったのは交響曲第5番(「革命」と呼ばれています)です。しかし、その年(1975年)、彼は死にました。
有名どころでは、昔アリナミンVのコマーシャルでA.シュワルツネッガーが出ていたもののBGMが交響曲第7番「レニングラード」でした。
作品としては15曲の交響曲、15曲の弦楽四重奏曲、バイオリン協奏曲、チェロ協奏曲、ピアノ協奏曲を2曲ずつ、あと歌劇、映画音楽、バレエ音楽、室内楽曲等々。
中でもお気に入りはオラトリオ「森の歌」です。
なぜかいろいろな曲を2曲ずつ作曲してます。24の前奏曲もその一つですがOp.34はあまり有名ではありません。

QGoogleの著作権画像について

Googleなどで著作権にならない画像などありますよね?

著作権の会社にあると聞きました

Googleで例えば
[著作権フリー 犬]

などを検索すると

画像は著作権で保護されている場合があります

と出ますがその画像を使うと著作権になるんでしょうか?

Aベストアンサー

全ての画像にその注意書きを出しているだけです。
実際にその画像が自由に使えるものかどうかは、その画像のある本来サイトで確認してください。
「自由に使ってください」という旨が無ければ、使えないと思ってください

Google側では著作権フリーかどうか調べて登録しているわけではありません。
「著作権フリー」をキーワードにしたからと言って、実際にフリーの画像だけを表示しているわけではありません。
例えば「この犬の写真の著作権は私にあります。フリーでは無いので、勝手に使わないでください」と説明文が付いている画像が、「著作権フリー 犬」でヒットする可能性があります。

Q小劇場に出演する方にお花等をあげたいのです

東京のいわゆる小劇場に出演するいとこがいます。
身内の事情で15年会っていませんが連絡はたまにとっており、
このたび劇場に行くことになりました。
私はそのいとこが大好きです。

ところが私は世間知らずでお花とか差し入れとかなにか気持ちを
差し上げたいのですが、どのようなものがいいのか、どのタイミングで
渡せるのか、まったくわかりません。

いまのところ、ちょっとした花束を受付の方に言付けようかと
思っていますが、大丈夫でしょうか?
3日間の公演の真ん中の日に行きます。
そのあとはすぐに帰らないといけません。

小劇場に行ったことのある方、出演されている方、アドバイスを
いただけないでしょうか?
お願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。一年前まで小劇場を中心に役者をしていた者です。

小劇場で上演するほとんどの劇団は
終演後に、お客様をお見送りしてお話できる時間を設けます。
その点につきましては、念のため事前に
終演後に少しお話できるかどうか確認されるとよいですね。

私は女なのでやっぱり終演後の花束は嬉しかったです。
ただ、あまり大きな花束だと贈る方ももらう方も持ち歩きが大変でしょうから
生花の花束をお贈りになるのでしたら片手で持てるくらいの小さな花束がよいかと思います。
あとはプリザーブドフラワーのように
ずっと枯れないでお部屋に飾れるものだとお手入れも楽でいいですね。
一人暮らしで役者をやっている人間は大概、バイトや仕事と芝居の稽古で時間に追われていて
せっかくもらった綺麗なお花を枯らしてしまうことも多いですから。

食べ物の差し入れは実際結構多いですがその多くは甘いお菓子で
出演者たちは、最終日に持って帰る荷物を減らそうと自分で食べたり配ったりし
公演中甘いものばかりを食べ続けて、最後には拒否症状でちゃう人もいたりします(笑)
中日に観劇されるのでしたら、私がオススメなのは栄養ドリンクです。
公演期間、役者たちは
今までの稽古の疲れを出さずにお客様に楽しんでもらおうと最後の力を振り絞ります。
役者が自分で栄養ドリンクを買ったりして健康管理をすることも多いので
久しぶりに会うプレゼントとしてはちょっと地味かもしれませんが
箱であげればみんなに配ったりできていとこさんの株もあがる(?)かもしれませんし
役者としては、毎日の栄養ドリンク代がうくので(笑)一番嬉しいものだと私個人は思います。
私が役者仲間に差し入れするときは大体栄養ドリンクです。
箱だとちょっと重いですが、ドラッグストアならどこでもありますから
劇場の最寄り駅近くで買って、すぐ受付にことづけて
終演後会ったとき「受付に差し入れことづけてあるからね」と添えればokですね。
何を贈られるにしても、大きくなく多くないものがよいかと思います。

ちなみに栄養ドリンクを出演者にいきわたるように贈るなら10本入りを1~2箱、
いとこさんだけに、という感じならビタミンCや鉄分なんかが成分で入ったC1000やpure-inなど6本入り美容系ドリンクを1箱が私はオススメです。
長文失礼しました。

こんにちは。一年前まで小劇場を中心に役者をしていた者です。

小劇場で上演するほとんどの劇団は
終演後に、お客様をお見送りしてお話できる時間を設けます。
その点につきましては、念のため事前に
終演後に少しお話できるかどうか確認されるとよいですね。

私は女なのでやっぱり終演後の花束は嬉しかったです。
ただ、あまり大きな花束だと贈る方ももらう方も持ち歩きが大変でしょうから
生花の花束をお贈りになるのでしたら片手で持てるくらいの小さな花束がよいかと思います。
あとはプリザーブ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報