Excelを利用していますが、相対参照や絶対参照は日常的に使用しても、複合参照を利用することがありません。
どういった時に利用するものなのでしょうか?
できましたら具体例などを教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

掛け算の九九を例にします。



A2からA10に1から9。B1からJ1に1から9が入力されていて、九九の表を作成します。
B2は1×1になりますが、これは=B1*A2になります。しかし、これを表全体にコピーしても
九九の表はできません。B2に=B$1*$A2として表全体にコピーすれば1発で完成します。
B$1は行を1行目に固定し、$A2は列をA列に固定しています。コピーで表ができるわけです。
このように、行・列どちらか一方だけを固定させて参照することを複合参照といいます。(蛇足でしたか)

他には、合計に対する個々の占率、基準となる年に対する各年の進展率などもありますね。
複合参照を使わなくても計算はできますが、複合参照を使えばコピーで算式が登録できる(上の九九の表のように)ケースはかなりありますね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「複合機」は英語でなんと言う?

コピー、FAX、プリンタ、スキャナが一体となったいわゆる「複合機」のことを英語では、なんというのでしょうか?

Aベストアンサー

こちらにあるように、" Multifunction Products " として分類しています。
 一般的には、" ALL-IN-ONE *** " ( ALL-IN-ONE INKJET PRINTERS 等)と称しています。



http://www.usa.canon.com/opd/controller?act=OPDCategoryIndexAct&fcategoryid=2159

QExcel絶対参照を相対参照にしたらファイルサイズが増加?

Excelにて、ファイルサイズを小さくしようと思い、絶対参照しているものを相対参照(「$」を外す)にしてみました。
素人考えでは、計算は変わらないし文字も減るから少しはファイルサイズが小さくなるだろうと思ったのですが、逆に大きくなってしまいました。
なぜこうなってしまうのでしょうか。
理屈のわかる方、教えてください。

Aベストアンサー

書式の場合ほどあからさまではありませんが、
数式の場合も、個別に設定するより、フィルやCtrl+Enterで【まとめて設定】した方が
ファイルサイズが小さくなる傾向があります。

直感的に考えても「A1は○○,A2も○○,A3も○○,…,A100も○○」
と記憶するより「A1,A2,A3,…,A100は○○」と記憶した方が情報量が少なくなりますよね。
 ※これはあくまでイメージで、実際はそれほど単純でもないのですが…。

例えば、B1セルを =$A$1+A1 として B10セルまでフィルした場合、
「B1セルにある =$A$1+A1 という数式」も「B5セルにある =$A$1+A5 という数式」も、
「A1セルの値に左隣のセルの値を加える」という同一の式( R1C1形式で表記すればどちらも =R1C1+RC[-1] )なので、
Excelの内部的には「B1,B2,…,B10に、ある同一の数式が入力された」と認識されるようです。

ところが、置換を行うとそれぞれのセルについて数式を個別に修正(再設定)することになりますから、
"$"を"$"に置換した場合のように【数式が変化しない場合でも】
「B1セルに=$A$1+A1,B2セルに=$A$1+A2,B3セルに=$A$1+A3,…」と個別に記憶することになり、
ファイルサイズが大きくなるのだと考えられます。
------------------------------------------------------------------
例えば、私の環境(WinXP,El2003)では、

A. B1:B65536について =0+1 を Ctrl+Enter で一括入力した場合
 ⇒ファイルサイズは3.39MBです。

B. B1:B65536について =$A$1+A1 を Ctrl+Enter で一括入力した場合
 ⇒ファイルサイズはAと同様3.39MBです。

C. Bについて、"A"を"A"に置換した場合(数式はBと変わらない)
 ⇒3.75MBに増えます。

D. Bについて、"$"を""(空白)に置換した場合
 ⇒Cと同じく3.75MBになります。

E. Cについて、B1セルをダブルクリックしてフィルした場合(数式はB,Cと変わらない)
 ⇒3.39MBに戻ります。

F. Dについて、B1セルをダブルクリックしてB列の数式を書き換えた場合
 ⇒3.39MBに戻ります。
------------------------------------------------------------------
なお、この件については、以前MSのサイトで
 ・書式はまとめて設定した方がファイルサイズが…
 ・数式はCtrl+Enterやフィルで入力した方がファイル…
 ・配列数式にすればさらに…
といったトピックを読んだような記憶があるのですが、今回見つけられませんでした。

私自身は長いこと「そういうもんだ」と思ってきたのですが、
リクツの部分についてはもしかすると思い違いがあるかもしれないので、
あくまで参考程度にお考えください。

書式の場合ほどあからさまではありませんが、
数式の場合も、個別に設定するより、フィルやCtrl+Enterで【まとめて設定】した方が
ファイルサイズが小さくなる傾向があります。

直感的に考えても「A1は○○,A2も○○,A3も○○,…,A100も○○」
と記憶するより「A1,A2,A3,…,A100は○○」と記憶した方が情報量が少なくなりますよね。
 ※これはあくまでイメージで、実際はそれほど単純でもないのですが…。

例えば、B1セルを =$A$1+A1 として B10セルまでフィルした場合、
「B1セルにある =$A$1+A1 と...続きを読む

Q英語 複合関係詞

we will elect【】we believe is trustworthy.
アwhoeverイwhomeverウthose whoエof whom

文構造そのものが分からず困っています。
自力での理解は下記の通りなんですが...
---------------------------------------------
(1)元の二文に戻す
(We will elect anyone+We believe anyone is trustworthy)
(2)ダブってしまうanyoneをwhoに変えて連結
(We will elect anyone who we believe is trustworthy.)
(3)anyone who=whoeverだから選択肢アが正解になる。
---------------------------------------------
全くの見当違いでしょうか?その場合は
正しい理解の仕方を教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

完璧です。
複合関係詞にいわゆる連鎖関係詞が絡んでいます。
we believe が挿入という説明をする人が多いですが、
とにかく、believe に対する目的格でなく、is に対する主格で whoever を選ぶ。

QExcelの相対参照と絶対参照

Excelの絶対参照と相対参照を学習するのによい例題をさがしています。入門期の学習です。
参考書を見ると
・商品の単価、売上数量、売上高、構成比という表で売上高は相対参照、構成比は絶対参照
・月別売上額の合計、消費税額
というのをよく見かけます。ほかにどのような題材があるかを教えてください。

消費税額の計算では、絶対参照をつかわなても計算ができます。
絶対参照をつかうと、消費税率が変わった時に消費税率のみ変えれば表がすぐかわります。
このように、絶対参照をつかうとこういう利点があるというのが分かる題材を探しています。できるだけ、企業内で使える題材でお願いします。

Aベストアンサー

例1.月単位でシート分けした日誌を付ける場合
年と月を絶対参照にすれば日付けは
A1=年,B1=月
A3=1,A4=2,・・・A33=31
B3=DATE($A$1,$B$1,A3)
で下方にコピーすれば日付が表示されます。
表示形式をユーザー定義で (aaa) とすれば曜日が表示されます。
年と月を変えれば曜日がすぐに分かりますね。

例2.複数の項目でカウントしたりする場合
列と行の先頭に条件となる項目を設定して
Sheet1
_ A B
1 あ う
2 い う
3 あ う
4 い え
Sheet2
_ A B C
1 _ あ い
2 う
3 え

Sheet2!B2=SUMPRODUCT((Sheet1!$A$1:$A$4=$B1)*(Sheet1!$B$1:$B$4=$A2))
でB2:C3に数式をコピーすると
Sheet2
_ A B C
1 _ あ い
2 う 2 1
3 え 0 1
と表示されます。

Q複合関係代名詞について

私は今高1で、英語の授業で複合関係代名詞、複合関係副詞についてならいました。

例文です。


Whoever calls on me, tell them I am out.
 (誰がたずねてきたとしても、私は出かけていると伝えてください。)


譲歩の副詞節を作る複合関係代名詞、複合関係副詞を用いる場合、その複合関係代名詞、副詞

を含む節の最後に , は絶対必要ですか?

解答お願いします。

Aベストアンサー

別に複合関係代名詞に限った話ではないですが、,を入れてもらった方が読みやすいですよね。
そういう考えでいいと思いますよ。
ああ、ここで関係詞節が終わって主節に移るんだなとわかりますから。
(話し言葉ではカンマは見えないので、短くポーズを置きます)

Tell them I am out whoever calls on me. と関係詞節が後半に回ればカンマは不要です。
whoever~と言い出せば、そこから関係詞節だよという明確なサインになりますので。

Q相対参照から絶対参照に変換する方法

エクセルで作った関数の相対参照から絶対参照に変換する方法について検索したところ、OKWeb内で以前回答があり、それを参考に実行したところ、ほとんどの相対参照が絶対参照に変換されたのですが、一部で「#VALUE!」となってしまいます。なぜでしょうか。
ちなみに、その関数というのが以下の通りです。

=IF(SUMIF(L108,"",L109)+SUMIF(L127,"",L128)+SUMIF(L155,"",L156)+SUMIF(L181,"",L182)+SUMIF(L238,"",L239)+SUM(L238,L181,L155,L127,L108)=L90,"",SUMIF(L108,"",L109)+SUMIF(L127,"",L128)+SUMIF(L155,"",L156)+SUMIF(L181,"",L182)+SUMIF(L238,"",L239)+SUM(L238,L181,L155,L127,L108))

力業で作った関数なので、少し長くなってスミマセン。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。ロジック自体は一緒ですが、よけいなオブジェクト参照をしないように変更しました。少しは速くなっていると思います。

Sub test()
Dim c As Range, myrng As Range, s1, s2, fml, cnvfml
For Each c In Selection
If c.HasFormula Then
  cnvfml = Application.ConvertFormula(Formula:=c.Formula, _
    FromReferenceStyle:=xlA1, ToAbsolute:=xlAbsolute)
  If Not IsError(cnvfml) Then
    c.Formula = cnvfml
  Else
    fml = c.Formula
    For Each myrg In c.Precedents
      s1 = myrg.Address(ReferenceStyle:=xlA1, _
      rowabsolute:=False, columnabsolute:=False)
      s2 = myrg.Address(ReferenceStyle:=xlA1)
      fml = Replace(fml, s1, s2)
    Next
    c.Formula = fml
  End If
End If
Next

End Sub

#3です。ロジック自体は一緒ですが、よけいなオブジェクト参照をしないように変更しました。少しは速くなっていると思います。

Sub test()
Dim c As Range, myrng As Range, s1, s2, fml, cnvfml
For Each c In Selection
If c.HasFormula Then
  cnvfml = Application.ConvertFormula(Formula:=c.Formula, _
    FromReferenceStyle:=xlA1, ToAbsolute:=xlAbsolute)
  If Not IsError(cnvfml) Then
    c.Formula = cnvfml
  Else
    fml = c.Formula
    For Each myrg I...続きを読む

Q日本語と英語。。。

こんにちわっ!くだらない質問だと思うけどつきあってください!
今の年になって言うのも恥ずかしいんですけど、日本語の『コンプレックス』って
どういう意味なのでしょうか?
確か英語では『複雑』や『複合』、『建築物の複合体』とかだったような・・・。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちわ

インターネットで調べると
コンプレックス 確かに複雑、複合などの意味もありますが、劣等感 という意味のcomplex という意味もちゃんとありますです

inferior complex とかinferiority complex
で劣等感となります

complex は辞書でひくと
【形】 複合の、複雑な、込み入った、入り組んだ、面倒{めんどう}な、手間{てま}のかかる
【名-1】 コンプレックス、強迫観念{きょうはく かんねん}、固定概念
【名-2】 複合体{ふくごう たい}、合成物{ごうせいぶつ}、建築物{けんちくぶつ}の集合体{しゅうごうたい}、集合施設{しゅうごう しせつ}、複合施設{ふくごう しせつ}、総合施設{そうごう しせつ}、総合{そうごう}ビル、コンビナート
【名-3】 《化》錯体

となります。

ほとんど日本語と同じ意味と考えていいのではないでしょうか?

QExcel 絶対参照と相対参照の違い。

VLOOKUP関数を用いて数式を列に作ります。
範囲が違うシートのセルを指定します。
その場合、テキストでいくと相対参照にしなくてはならないのですがなぜでしょう?
相対参照と絶対参照の違いがExcelのヘルプで見ても理解できません。

わかる方、教えてください。

Aベストアンサー

terta さん、こんばんは。
 
 ご質問の補足****************

   「$A$1とA$1の違いを教えてください。
    (絶対参照列と絶対参照行・相対参照列と絶対参照行)

について、そこだけをコメントしましょうね。
実は、単純な約束事なんです。

  ・$A$1 は、行Aも列1も「絶対」指定ですね。
  ・A$1 は、列1 だけが「絶対」指定になっています。

  -----以下、説明---------

・$(ドル)マークは、「これが付いていると、他のセルに
 コピーした時に<変化しません>」を意味します。
 これって、まさに「絶対」なんです。

 逆に、$が付いてなければ、コピーで移動した分だけ
 自動的に「変化する」約束になっているのです。
 EXCELが、移動した分だけ「相対的に」変えてくれるのです。
   
   ※もしこの自動変化が無ければ、ずれる値を全部
    自分が手で入れ直さないといけなくなる。 
    そしたら、とっても疲れる、、、。
    だから、相対参照は、とても便利な機能なんです。

・あなたの書いた例だと、最初の$A$1 は、行「A」も
 列「1」 も、縦(行)、横(列)いずれの方向へ移動して
 コピーしても変化しません。 行も列も変わらない。
 「行A」も「列1」も絶対参照だからです。
 いつも絶対的な場所(セルのアドレス)を指しています。

 左右、上下、どの方向のセルへコピーしても、まったく変化 
 しません。 いつでも「$A$1」を指したままです。


・ところが、次の例「A$1」の場合は、列番号1 だけには
 $マークが付いているので、上と同様に列方向へ移動コピー
 しても「列は1のまま変わらない」のですが、、、しかし、、
 行「A」は$マークが付いていないので、こちらは「行」が 
 移動した場合は、そのセルの分だけ行が自動変化します。
   (行が変わらない移動ならば、もちろん無変化で、
    $マークが有っても無くても同じことになる、、、、。
    ここでの議論は、行や列が「移動したとき」の話、です)

 だから、例えば行が3個下へ移動すればAから「D」に、
 5個なら「F」に変化します。

 つまり、「参照元のセルとの位置関係」から計算しなおして
 いるんです。だから、お互いの関係が「相対的」なんですネ。 
 「そこから見て、右に3個目」とか、「上に2個目」と覚えて
 あとは自動計算でずらしてくれるんです。これが相対参照。。。


※複合参照なんて、ほとんど意味がない名前です
 これは単なる名前の付け方に過ぎない。つまり、行と列の
 どちらか一方が絶対参照、他方が相対参照になっている、、、、。
 この「混ざった」状態に「カッコ良い名前」を付けたに
 過ぎません。(くだらん、、、)

以上ですが、ご理解いただけたでしょうか?
 

 





 

terta さん、こんばんは。
 
 ご質問の補足****************

   「$A$1とA$1の違いを教えてください。
    (絶対参照列と絶対参照行・相対参照列と絶対参照行)

について、そこだけをコメントしましょうね。
実は、単純な約束事なんです。

  ・$A$1 は、行Aも列1も「絶対」指定ですね。
  ・A$1 は、列1 だけが「絶対」指定になっています。

  -----以下、説明---------

・$(ドル)マークは、「これが付いていると、他のセル...続きを読む

Q複合機について

私は今HP (ヒューレット・パッカード)の複合機を使っています。
かなり前(5,6年)の複合機なので買い換えようとおもっています。
買おうと思っている複合機はphotosmart wireless b110aですが、
photosmart wireless b110aには英語の文章が書かれた物をスキャンし、ワードファイル等に変換できる機能はついてますか?

ちなみに私がいま持っている複合機ではできました。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヒューレットパッカードのwebを見る限りでは、ついていないみたいですね。
http://h50146.www5.hp.com/products/printers/inkjet/aio/b110a/soft/#2

あくまでも検索した結果ですが、
EPSONのPX-403Aなら「読んde!!ココ パーソナル」が付いているので、その機能(OCR = Optical Character Reader)は付いているのですが、
価格・性能などで質問者様の要望にこたえられる製品かどうかまでは分かりません。
http://kakaku.com/item/K0000226300/

質問者様がおっしゃっている機能は「OCR」というものですので、メーカーや掲示板で問い合わせる際に、「OCRは付属しているか?」と聞くといいと思います。

あくまでも参考まで

Q絶対参照なんだけど相対参照にもしたい

図のように数式を絶対参照にしてコピーしたいのですが
この場合、横の五月には貼り付けできますが
下の二年には貼り付けで着ません(一年の結果を表してしまいます)

これぐらい簡単な表なら書き換えればいいのですが、もっと大きな表の時は
一々書き換えてられません

この場合、一年の数式を二年にも貼り付けるには
どういう数式にすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

二年の計算式入力セルがB21セルなら、B9セルに以下の式を入力し、下方向および右方向にオートフィルして下さい。

=LARGE(OFFSET(B9,-5-MOD((ROW(B9)+3),12),0,4,1),$A9)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報