もともと裕福な家庭ではなかったのですが、父が自制が出来ない性格のようで、借金が膨れ上がっています。
母も父の借金の返済をするために、パートをかけ持って働いています。
兄や姉はこんな父に嫌気があるようで、奨学金で大学に行き、家を出てしまいました。
家には私と、中学生の弟がいます。
私は今年就職したのですが、安月給なのでそこまで家を助けられる状況ではありません。
父はそんな状況を理解しているのか分かりませんが、借金してはギャンブルして借金が増えている状況です。
父の借金で家族が苦しむのは正直嫌です。
父は現在、派遣で働いている状況です。
けどその給与も家に入れずに、自分で使っている状況です。
もう、父にしっかりしてほしいのですが、債務整理なども話しても右から左の状況です。
私としては自己破産も視野にいれて考えてほしいのですが、本人に自覚がなくても自己破産の相談などって乗ってもらえるのでしょうか?

A 回答 (4件)

お気持ちお察しします。


ですが、出来るだけ噛み砕きますので、少しでも伝わればとも・・感じます。

1、最初に依存症と言う言葉は聞いた言葉あると思います。m(_ _)m
「病気」なんです。これは。。。

覚せい剤、アルコール、カフェイン、女性問題、そして、ギャンブル。
お父様は最後のギャンブルに依存しています。

脳みその快楽部分本体が、望んでおります。

その状況で、債務整理をしても、無意味。
それは、病気を克服していないから治していないから、。
よって、依存症が再発してサラ金や闇金にお金を借りてギャンブルします。

2、お家を離れてしまったお兄様、お姉さまはある意味正解だと思います。m(_ _)m
それは、反面教師(お父様のギャンブル依存症)を見て勉強してきたからです。
だから、可能であるなら、お兄様+お姉さま+御質問者様が毎月1,2万円を出し合って、
最後の助ける弟さんを救ってあげる手伝いをする事が望ましいと感じます。m(_ _)m


3、その上で、今後、一切あわない。それくらいの覚悟をした方が良いです。m(_ _)m
それは、現在の病気のお父様の場合、動ける体力がある=ギャンブルに行く=あった人にはお金を借りる→病気の再発です。。

ですが、本人は病気と認識しておりません

なので、弟さんを助ける為に、兄弟が一緒になって救い出すのです。

4、残念ながら1番で説明した病気・依存症のなかで一番重いのはギャンブルとも聞きます。
理由はそれ以外のものは、身体を壊すので、「あ、止めなきゃ・・・身体を壊す。。」と思う事が出来るからです。ですが、ギャンブルだけは違うと聞きます。m(_ _)m


学生さん(弟さん)や新卒社会人さんの御質問者様には厳しい問題ですが、
これが現実なのです。ですから、必ず、絶対に、未来の幸せの為に、弟さんを守ってあげてください。

いまは、それが、最善の最善の方法です。m(_ _)m

時間問わずに呟いてください。必ず誰かが見ていますから。m(_ _)m

最後に、同じ大人として・・・・・
簡潔に良い方向に持っていけなくてごめんなさい。。。
代わりに謝ります。。。m(_ _)m

甘えたい世代でも、存分に甘えられなかったと思います。。
甘えたい世代でも、守らなければならないお父さんを守ってきた事だと思います。。

本当にごめんなさい。。m(_ _)m
    • good
    • 0

そうですねぇ。

お父様に一番は自覚を持って頂くのが一番だと思うのですが、このままだと弟さんもいらっしゃることですし、お父様を連れて専門家に相談してみてはいかがでしょうか?
まず、お父様に現状をしっかり把握してもらってどうなっているのか危機感をしっかり持って頂かないといけませんよね。
イストワール法律事務所さんは親切丁寧に対応をしてくださいます。
質問者さんが仰っている自己破産についても対応してくれるので、お父様を連れて相談してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 1

>本人に自覚がなくても自己破産の相談などって乗ってもらえるのでしょうか?


 本人に自覚がなければ無理です。

>兄や姉はこんな父に嫌気があるようで、奨学金で大学に行き、家を出てしまいました。
 であれば、お兄様、お姉様に相談し、貴方も家を出て、お兄様かお姉様と生活なさっては如何かと思います。お仕事をなさっているなら可能でしょう。どのような形であれ、いずれ子は独立せねば成りません。

 貴方は親の借金の保証人などには成っていませんね?。私からの借金を踏み倒した破産者は、息子二人は嫌気がさして家を出ていたので関係なしでしたが、同居する娘はサラ金からの借金の保証人になっていたので、最後道連れで破産させられ、会社も辞めるハメになってました。何があっても保証人になってはいけません。正直に言って、その父親を何とかするのは無理です。道連れにされないように、距離を置く方向で検討されることをお勧めします。

 とは言っても、貴方をそこまで育ててくれたのもそのご両親。最悪の状態になった時、弟と母親は引き取って暮らせる位、しっかり自立した生活を目標にされるのが良いと思います。親に借金がなくとも、子はいずれそうせねば成りません。基本に立ち返って、他の家族のことよりも、自身の成すべき事を最優先にされるのが良いと思います。
    • good
    • 0

本人にその意志がなくては駄目です。



お母さんもあなたもお父さんを見放さないのはすごいですね。
甲斐性なしのお父さんに考えを改めらせるのは難しいと思います。
だって、今までそんな自堕落な生活をしていても、お母さんや家族が何とかしてくれていたんですから、危機感なんてないでしょう?
ギャンブル依存の人はなかなか足を洗えないものです。

もうお父さんに経済的な期待は捨てて、戸籍上離婚されてはどうでしょうか?
ギャンブルの為の資金は自分で働いてもらって、離婚すれば借金はお父さんが背負えばいいです。
できれば地方に住み込みで出稼ぎに行ってもらいましょう。
お父さん一人になれば、低収入で借入金は制限されます。
お母さんとあなたの収入で弟さんを大学まで進学させてあげるというのは?

債務整理や自己破産はリスクがあります。
あなた方に全く影響が無いとは言えません。
どうしてもしなければならないなら、やはり離婚後に行い、
あなたと弟さんはお母さんの戸籍へ移ったほうがいいでしょう。

お母さんもこの生活に変に慣れてしまっているかも知れませんね。
このままだと老後は悲惨なものになりかねません。
お母さんとっしっかり話し合って、真剣にお父さんに話されてはどうでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q借金を自己破産した時に再度口座をまた作ってもいい?

私は去年自己破産しました
その時に使っていた口座を手放しましたが再度その口座を作り
貯金をしても大丈夫ですか?

何かこちらに不利になることは、ありませんか?

Aベストアンサー

>口座を作り貯金をしても大丈夫ですか?

 大丈夫です。

 ただし、あまり露骨に資産隠しをしたお金を見せびらかせるのは遠慮した方がいいです。借金を踏倒した方は忘れていても踏倒された方は頭にきていますのでその点は注意したほうがいいでしょう。

Q自己破産した父がまた借金をしています

実は9年くらい前に父が消費者金融に手を出し、
兄弟で弁護士の先生にお世話になり、一度 
自己破産させました。
これで借金できないと思っていたのですが、
最近、弟の会社に取り立ての電話が毎日かかってきています。
長いこと問いただしてやっと白状させたのですが、
また4社くらいから40万借金したことがわかりました。
過去ログを見ていたら、貸付禁止依頼をすればいいようですが、
与信照会後に貸す貸さないは業者の判断というような説明もありました。
本人が家族に迷惑をかけている、悪いことをしているという
意識が低いのが怖くてたまりません。
(法的に?)二度と借り入れできないような方法は無いものでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

貸付禁止依頼は永久登録ではありませんので、9年前に仮に登録していたとしても効果は無かったでしょう。(たしか1年からせいぜい5年くらいだったと思います)

弟さんの会社に督促の電話がかかってくる、ということは正規の業者ではないのではないですか?
正規の業者は保証人でもない人に請求をしたり、嫌がらせをすることはありません。

闇金なのであれば、対策は「最初から借りない」ということ以外無いですね。
元々法律なんて無視していますから・・・

もし、法的にやりたいのなら「成人後見人制度」を活用したらいかがですか?
これで認定されれば、契約はできない(無効)になりますのである程度の抑制ができると思います。

ただし、先程も言ったように闇金は別です。
ですから本人のにコンコンと言って聞かせるしかないでしょう。
破産したときも周りが半ば強引に申立させませんでしたか?
本人が「もう懲りた」と思わなければまたやるものです。

しかし、私も様々な人を見てきましたが、それでも改めない人は改めないんですよね・・・
糠に釘というか何と言うか・・・
本人に行って聞かせるのと同時に、監視も必要でしょうね。
カウンセリングをしてくれるところもあるようですから、そういったところに相談してみるのもいいかもしれません。

大変ですが頑張ってください。

貸付禁止依頼は永久登録ではありませんので、9年前に仮に登録していたとしても効果は無かったでしょう。(たしか1年からせいぜい5年くらいだったと思います)

弟さんの会社に督促の電話がかかってくる、ということは正規の業者ではないのではないですか?
正規の業者は保証人でもない人に請求をしたり、嫌がらせをすることはありません。

闇金なのであれば、対策は「最初から借りない」ということ以外無いですね。
元々法律なんて無視していますから・・・

もし、法的にやりたいのなら「成人後見人...続きを読む

Q借金地獄の自己破産

実は、私の友人の家庭環境のことなのですが借金地獄に陥ってます。正確な金額までわかりませんが500万以上だと思います。
そして、金融会社からの借金返済を他の金融会社から借りて、返済しての雪だるま式のような状態です。
 更に、そこの親は自分の名義ではもう借りることが出来ないので息子や娘の名義で借りているのです。 先ほど言った500万は家族全員の借金です!(5人家族)
 はっきり言ってこの金額は返す見込みがありません!

この場合、自己破産宣告を宣告するとしたらどうなるのでしょうか?自己破産宣告をするのは5人となるのでしょうか? 
どんなささいな事でもかまいません!
誰かアドバイスをお願いします!!!

Aベストアンサー

どこからいくらの借金か、月々の返済能力はどのくらいなのかなどの詳しい状況がよくわからないので、はっきりとした回答ができないのですが、やはり、自己破産・任意整理などをするべきでしょう。
自己破産になると会社の役員職に就けない、カードが作れない、などの社会的な制約がありますが、自己破産を理由に職を解雇されることはありません。
任意整理をすると、現在の借金がいくらかは減額されるかもしれません。

どちらにせよ、ちゃんとした弁護士さんにそうだんするのが一番ですね。
ただし、弁護士会などで弁護士さんを紹介してもらうと、最初から相談料を払わなくてはいけません。それに、15万円ほどの弁護士料を一括(もしくは二分割程度)で払うのが普通のようです。

お金が無くて弁護士も雇えないという人のために、ボランティアで動いてくれる団体があります(下記参考)。
こちらに相談すれば、弁護士費用を分割で払うことが出来ますよ。ぜひ、あなたのお友達に教えてあげてください。

参考URL:http://www2.to/kyu-sai/

Q連帯保証人が払った借金を、自己破産した債務者に請求できるのか?

借金の連帯保証人は、債務者本人が自己破産しても、保証する義務を負いますよね。
連帯保証人は、この保証したお金を、債務者本人(自己破産している)に請求することはできるのでしょうか?

私の友人が、自己破産した知人の連帯保証人として借金を肩代わりしたのですが、最近、自己破産した本人が就職して金回りがよくなっているみたいなので、払ってほしいみたいですが。
自己破産した時点で、債務者本人は借金の肩代わりをした保証人に対しても責任がなくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

債務者が弁済をおこたり、保証人が弁済すれば今度は保証人が債務者に請求することができることを求償権とよびます。本来なら求償権を行使できて当然ですが原債務の免責決定を受けた場合、破産者は債務が不存在の状況ですので求償権を行使できる債務も無いということになります。
ですから今回のケースでは法的には請求権は存在し得ないこと同じことになります。仮にこれを認めれば保証人の求償権だけでなく、破産者に対する旧債権者が再度請求権が復活することになり、破産制度自体の根幹を揺るがしかねないことになります。
確かに安易に破産を認める現制度に問題はありますが、現状では困難といえます。

Q父も母も借金まみれでした・・・

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=454080
で、母の借金が判明しました。
その後、家族会議で今後をまず検討する為、お互いの収支を隠さず出し合ったのですが・・・
父にも消費者金融や銀行や親戚から450万程の借金が明るみに出ました。
少し前は、複数ある借入を一本化する事しか考えていなかった父ですが、現在よく話し合い、その考えを改めさせ、弁護士の所へ相談しに行くよう説得をしました。
が、父、母ともに家だけはどうにか守りたいと言っております。
個人版の再生法を利用すれば、家は守る事が出来ると言う事を色々聞いたり調べて知ったのですが、母の借金の総額も依然ご相談した時の倍近くになり(約九百万)程になってしまいました。
私共夫婦も、母のせいで出来た借金の支払が月々8万あり、その他にも色々な出費があるのでアパートに出る余裕も無いのが現状です。
出来れば家は売却せずすむ方法を・・・と思うのですが。
父は個人版の民事再生法。母は自己破産。と言う事は出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

1.お母様は自己破産しかないでしょう。

2.お父様は自己破産以外の道がありますね。
もちろんお母様とは独立に別の道を選ぶことが出来ます。

家のローンは残っていますか?
もし残っていない場合は家という資産がありますので、その資産価値が重要になります。
いま家の価値をA円とします。
家のローンが残っている場合は、家を売って得られるであろう価値からローンの残高を引いた額を家の価値Aとします。

親戚は置いておいて(こちらももし待ってもらえないようならば仲間に入れるしかありません)、他の借金額(銀行、金融)をBとします。

A>Bであれば、再生手続きは無理です。
しかし、Aが十分Bより大きい場合(目安としてBの2倍)は、家を担保として銀行よりお金を借りて、Bの返済に充て、あとは借りたお金を返済していく道があります。
この場合は一度任意整理を行って消費者金融などの高金利を法定金利まで圧縮してから行います。

B>Aであれば再生手続きの可能性は多少あります。
ただし総返済額がAを上回らないといけません。およそ3~4年程度でAを上回る返済が可能ですか?
このときにはお父様自身に安定した収入がありその収入から返済できることが条件になります。
家のローンが大きいときなどは家の価値Aはマイナスになりますから、話は非常に簡単になります。

上記両方とも無理となると、やはり自己破産しかなくなります。

つまり、家を売らなくて済む場合というのは、

債権者の立場で考えて、自己破産・免責となると、「現在のお父様の資産分」しか返済してもらえない。
でも、自己破産・免責でないストーリーだと「現在のお父様の資産分」+「お父様の収入からの返済分」を受け取れる。

という状況のときなのです。

1.お母様は自己破産しかないでしょう。

2.お父様は自己破産以外の道がありますね。
もちろんお母様とは独立に別の道を選ぶことが出来ます。

家のローンは残っていますか?
もし残っていない場合は家という資産がありますので、その資産価値が重要になります。
いま家の価値をA円とします。
家のローンが残っている場合は、家を売って得られるであろう価値からローンの残高を引いた額を家の価値Aとします。

親戚は置いておいて(こちらももし待ってもらえないようならば仲間に入れるしかありま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報