痔になりやすい生活習慣とは?

ベランダガーデニングをしていますが、日差しが強すぎ・風が強い環境のせいか、南西など日当たりの強いところで大丈夫な植物さえ、かれてしまう場合、どんな植物がいいでしょうか?
背の高い植物は、風で倒れてしまうので、なるべく低いものがいいとはおもっているのですが、勉強不足で、どんなものがいいのか、わかりません。
去年の冷夏で、それまで順調に育っていたハーブが全滅し(旅行に出ていた)、かなりヘコんでいます。
どなたか、いいアドバイス、この環境に適した植物、対処の仕方をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

↓のページに南西のベランダでガーデニングをしておられる方がいます。


http://lbchp.vis.ne.jp/BG/gardens2003111-1.html

↓ベランダ・ガーデニング特集
http://kyushu.yomiuri.co.jp/gardening/special/fi …

遮光ネットを利用するのも一つの手かもしれません。
ただし、見た目が悪くなるのが難点ですかね…。
ホームセンターなどで3mや5mの既製品も売られていますが、切り売りの場合は安価で販売していたりします。
安いところで1m220円程度。

↓遮光ネットとはこんな感じの物です
http://www.rakuten.co.jp/gardenmate/446997/

参考URL:http://lbchp.vis.ne.jp/BG/gardens2003111-1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
url、早速見てみました。参考になりそうなことがいっぱい書いてあって、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/29 17:01

我が家のバルコニーは南(やや南西)向きです。


私も少しですがガーデニングをしていて、今までたくさんの植物を枯らしてしまいました(TT)
我が家の場合、ちょうど風の通り道にもなるみたいで隣家よりも風当たりが強いみたいです。

そんな我が家で今育っている植物(夏バージョン)は・・・
・ゴールドクレスト(背があまり伸びないよう頂点をカットしています)
・ヘデラ
・ゼラニウム
・日々草
です。

ゴールドクレストとヘデラは枯れたものもありましたが、ゼラニウムと日々草は今のところ枯れたことはありません。
日々草は毎年イキイキとしています!

その代わり、夏場の暑い時などは一日2回水遣りする時もありますが・・・^^;

残念ながらハーブは上手く育てられませんでした。

うちは使ってませんが、ラティスで少しは日や風当たりが遮ることができるかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

と、隣のお宅が似たようなものを育てているので、被ってしまうかも・・・^^;
やはり、ハーブはダメなんですね。
むつかしいなあ。
ラティスで、なんとか遮光するのもいいかも。
アドバイス、ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/26 23:35

南西の日当たりが強くかつ風が強いのは植物の生育にとっては大変過酷な環境です。


私も東京の南向きのマンションでベランダガーデニングをしていますが今年の夏の日差しと強風には苦労しました。
ハワイ固有の高山植物で強銀剣草(シルバーソード)はハワイの最も厳しい環境に適している植物で葉は風に強い針状になっていて銀色でこれは表面の細かい毛に空気が含まれて日差しが反射して銀色に見えるそうです。
これは紫外線や乾燥した空気や強風から身を守るために高山植物によく見られる特徴と同じです。
そして葉は棘のようになり中身はサボテンのようになっています。
前置きが長くなりましたがlands1107さんのベランダ環境では高山植物かサボテン類が適していると思います。
高山植物は難しいのでサボテン類は如何ですか。
中でもお勧めはアロエです。
アロエも色々種類があり木立ちアロエは挿し芽や株分けで簡単に殖やせますし私は昨年の夏に2年物を2か月程水遣りを控えて冬にオレンジ色の綺麗な花を咲かせました。
ハーブとして使うならアロエベラが良いですし千代田錦や不夜城は葉が綺麗で小型でも有ります。
下記参考URLもご参照下さい。

参考URL:http://heboen.hp.infoseek.co.jp/kanyou/aloe.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなってすみません。
高山植物のシルバーソード、というのは初めて耳にしました。そういえば、高いところって風は強いし環境意外と苛酷ですよね。
ちょっと考えてみようと思います。
サボテン、ちっちゃいのは今、あるんです。
うまく育ってくれることを祈ります。
早速の回答、ありがとうございます。

お礼日時:2004/08/26 23:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q暑さに強く、生命力のある草花

去年、家を購入したことをきっかけに、プランターにいろいろ植えましたが、
夏バテをして、水やりをあまりしなかったせいで、ほとんど死んでしまいました。
もともと、体調を崩しやすく、きっと来年もそんな状態になると思います。
そのため、あまり水やりしなくても大丈夫な草花を探しています。
できれば、毎年花を咲かせてくれるものがいいです。
あとハーブや葉っぱものでもかまいません。

今、ちゃんと咲いているのはサザンクロスと、かろうじて生きているニオイザクラ。あとウインターコスモスです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら適していると思います。
 それから暑さが強いという事は関東かそれ以西にお住まいの方でしょうか?宿根や多年草の場合越冬できるかが鍵になりますので、寒さの厳しい所でしたら条件にあてはまらない場合がありますので、予め御了承下さい。
【宿根草、多年草】
●ベゴニアセンパフローレンス
 道路の植栽に植えられるぐらい丈夫で乾燥にも強いです。安価で100円ぐらいで売られています。ただし冬は室内に取り込むか軒先などに置いてください。霜に当たるとグッタリして一度に駄目になります。
http://yasashi.info/he_00002.htm
●カランコエ
 今頃から花屋さんに並び始めます。多肉(サボテンの仲間)ですので、乾燥には強いです。ただしベゴニアセンパと同じで霜には当てられません。
http://yasashi.info/ka_00005.htm
●ゼラニウム
 花が綺麗な昔からのゼラニウムと、匂いが特徴的なセンテッドゼラニウムがあります。こちらも冬は室内に取り込んでください。暖地なら戸外越冬可能です。
http://yasashi.info/se_00002.htm
http://yasashi.info/se_00008.htm
●ローズマリー
 寒さに強く乾燥にも強い丈夫な花です。ただし成長が早いので、プランターに植えても2年に一度ぐらいは植え替えの必要があります。乾燥には強いですがハーブですので、蒸れに弱いです。蒸れないように若干風通しを良くしてあげて下さい。
http://yasashi.info/ro_00002.htm
●ミント
 ミント類は丈夫で手間いらずで、ティーやバスにも使え重宝します。冬は地上部が枯れますが、春には芽吹いてきます。ただし相当成長力がありますので、1つのプランターには1種類しか植えてはいけません。他の植物を侵食します。また1つのプランターに2種類のミントを植えると雑種化しますので、必ず同じ種類のものを植えて下さい。成長が著しいので1~2年に一度は植え替えの必要があります。蒸れには弱いので(蒸れたからといって枯れませんが、見栄えが悪くなります)、梅雨入り前にバッサリ刈り取ってやると良いです。刈り取った物はティーやバスに使えます。
http://yasashi.info/mi_00003.htm
●メキシコマンネングサ
 相当強い植物ですが、プランターにコレだけ植えるというのは何となく華がないです。ただし多肉ですので乾燥には強く手間はかかりません。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/mannengusa0.htm
●マツバギク
 暖地なら越冬します。こちらも多肉ですので暑さと乾燥には強いです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Matubagiku.html
●アイビー
 割と強いですが、地味です。2年に1度は植え替えが必要です。
http://yasashi.info/he_00008.htm←こちら以外も色々な種類があります。
●オリズルラン
 暖地なら越冬できますが関東や西日本でも山間部なら難しいかもしれません。
http://yasashi.info/o_00009.htm
●アロエ
 乾燥には相当強いです。また花も咲きます。我が家では地植えですが、越冬基準はオリズルランと同じです。
http://yasashi.info/a_00020.htm

 多年草、宿根草でも丈夫なものは大抵成長も早くどのみち植え替えは必要です。そうしたら暑くなる前の6月頃に夏の乾燥に強く丈夫な花を植えて12月頃まで楽しむというのもテだと思います。
【1年草】
●ポーチュラカ
 カラフルで安価な夏の花です。乾燥には相当強いです。
http://www.yasashi.info/ha_00021.htm
●マツバボタン
 代表的な夏の花です。
http://yasashi.info/ma_00002.htm
●リビングストンデージー
 上の3つと同じ多肉系で丈夫で乾燥に強く、華やかです。
http://yasashi.info/ri_00006.htm
●ガザニア
 我が家では西日が当たる所に植わっていますが、元気に花を咲かせます。暖地なら越冬します。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●メランポジウム
 小さなヒマワリといった感じで単植でも見栄えがします。
http://www.yasashi.info/me_00001.htm

 これらの花達は今は終りですので、売られていません。またこの時期は夏の花と冬~春の花の境目の時期ですので、花屋さんに行ってもあまりないです。中旬から下旬ぐらいに行くとパンジー、デージー、アリッサム、ノースボール、ムルチコーレなどの丈夫で花期の長い花達が店頭に並び始めます。それまでにプランターを洗って太陽光線に当てて乾かし、土と鉢底石を買って準備をしておけば、苗を一気に買って一日で準備が終わります。
 また夏にある程度楽をしたいなら
(1)西日には当てない
(2)下がコンクリやアスファルトならレンガなどで下からの熱を防ぐ
などの対策が必要です。特に夏の西日は相当強烈ですので、これにも負けずに尚且つ多年草、宿根草というのはハーブではまずありませんし、乾燥に強いものでも越冬が難しかったりすると思います。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら...続きを読む

Q1年中ベランダでOKな観葉植物

観葉植物は熱帯性なので暑さに強いと言いつつ、
どこを見ても真夏の高温多湿や直射日光は避けると書かれており
結局家の中に入れています。
東南東向きのベランダなので日の出から10時ごろまでガンガン日があたる上
コンクリート照り返しのベランダの中は、8月は35℃くらいになります。
エアコンをつければの室外機の熱風でさらに上昇…。
でも冬は最近なら最低気温6~8℃くらいになります。(数年前なら2℃ということも)
こんな状況で年中ベランダに出しておける鉢植えの樹木というのはないでしょうか?
日本の自然には年中外で生きてる木がいっぱいありますが、これらの中に
鉢植えでベランダで育てることの出来るものはありませんか?
大きさは1.7mくらいで止まってくれるのが理想なんですが…。

Aベストアンサー

ユッカ・エレファンテペス(青年の樹)。日当たりの好きな観葉植物です。
原産地はメキシコの砂漠(西部劇に出てくるような荒地)で土は乾燥気味に育てます。耐寒温度は2~3℃ですが、0℃以下にならなければ大丈夫でしょう。丈夫ですが、鉢土を過湿にすると葉先が黒っぽくなります。
http://www.saisyokukenbi.jp/howtoraise/yuka_erefan.html

フィロデンドロン・セローム。日が当たっても良し、半日陰でも良し、恐ろしく頑丈な観葉植物です。逆に言えば、これを枯らすようではもう他にやるものがありません。(笑)
耐寒温度は3℃以上ですが、少々雪をかぶっても株は死にません。
ただし葉がワサワサするため、少しばかり場所を取ります。
http://www.saisyokukenbi.jp/howtoraise/seroumu.html

ミニチュア版として同じ仲間の、フィロデンドロン・クッカバラ。
セロームと似ていますが、葉が小ぶりで沢山出ます。セロームと同じ性質で丈夫です。
http://www.saisyokukenbi.jp/howtoraise/kukabara.html

アイビー(ヘデラ)。青葉のものと斑入りのものがありますが種類は多いです。仕立て方は釣り鉢やスタンド鉢で垂らすものや、ヘゴ棒で主に上へ伸ばすやり方があります。耐寒性は0℃以上と丈夫です。
http://www.saisyokukenbi.jp/yoseue/mn040003.html
以上が頑丈で強健な観葉植物です。

次点として、ガジュマル。元々は日当たりを好む植物ですが、耐陰性もあります。耐寒温度は5℃以上。暖房までは必要ありませんが、冬場は玄関内あたりでも良いので少し保護してやります。
http://www.saisyokukenbi.jp/stylish/st150012.html

なお鉢をコンクリートの上に直接置くのではなく、レンガなどを左右2つ並べてその上に鉢を置くと、照り返しの熱を少しでも和らげ、また底穴からの通気性も高まり、根や株の発育のためにもよろしいものです。
また室外機の熱風は、植物には直接当たらないようにする配慮は必要です。
また夕方には鉢周辺にも水遣りして夜間温度を下げ、空中湿度を上げてやると更に良いでしょう。

ユッカ・エレファンテペス(青年の樹)。日当たりの好きな観葉植物です。
原産地はメキシコの砂漠(西部劇に出てくるような荒地)で土は乾燥気味に育てます。耐寒温度は2~3℃ですが、0℃以下にならなければ大丈夫でしょう。丈夫ですが、鉢土を過湿にすると葉先が黒っぽくなります。
http://www.saisyokukenbi.jp/howtoraise/yuka_erefan.html

フィロデンドロン・セローム。日が当たっても良し、半日陰でも良し、恐ろしく頑丈な観葉植物です。逆に言えば、これを枯らすようではもう他にやるものがありません。...続きを読む

Q直射日光がガンガン当たっても平気な植物は?

引っ越す事になったのですが
そこのベランダが、夕方前から4時間ほど、
強烈な西日が当たります。
だけど「日当たりがいい」のは確かだし
せっかく道路に面しているので、お花でも育てたいのですが
これからの時期とこの環境。何が適しているでしょう?

★なるべく手がかからないものがいい
★実用も兼ねて食べられるものならなお嬉しい
★住宅地とはいえ道路側なので空気はあんまりよくないかも

わがままな質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 冬が零下にならなければ、トケイソウなんていかがでしょうか?
 1年草扱いで、春にタネを蒔き、秋に実を収穫して終わりのものもあります。

 トケイソウは根がつくとそれほど手がかからないし、2品種植えると
実が出来やすくなり、パッションフルーツを楽しめるうえ、つる性なので
夏の西日を防ぐカーテンの役割を果たしてくれます。

 トケイソウは空気が悪くても、持ち前の生長力でぐんぐん育ってくれます。

Q南西向きはどうですか

ベランダが20年間南向き生活でした。今回新築マンションを購入することに決めました。しかし値段の関係上、南西向きの部屋に決まりました。南西向きっていかがなものでしょうか。決まってしまいましたが今更気になってしようがありません、既にお暮らしの方教えてください。

Aベストアンサー

南西向きに住んだことはありましたが、最高でしたよ。
南向き、東向き、南東向き、南西向き、西向きと住んだことがありますが、南西と西向きが一番よかったです。
何より明るくて日照が多くて洗濯物がよく乾きます。
照明も乾燥機も節約できて、電気代が激減しました。
西日は暑いといわれますが、それは何の対策もしない場合です。
簾をかけるだけで1~2℃下がりますし、遮熱カーテンをするとエアコンをかけなくてもすごせました。(遮熱カーテンは高いものではありませんし、デザインも選べますし、遮熱ブラインドなどもあります)
ただ日本人はどうしても南、東、西、北の順で好みますから、売却する場合はどうしても西向きは売れにくいかもしれません。
でも私の知る限り、マンションを買った人の間では「東向きを買うくらいなら西向き」という意見が圧倒的に多いです。
住んでみればきっとわかると思います。

Q暑さ、寒さの両方に強いツル植物って何がありますか?

ベランダの目隠しのために、ラティスを取り付けてツル植物を這わせたいと思っています。南向きのベランダで、朝9時から夕方まで日光はあたりっぱなしです。逆に冬は雪が降り、ベランダには数センチ積もるような事もあります。
それでいてわがままな希望なのですが、できれば葉が落ちないほうがいいかな。これは無理なら仕方ないですけど。

アイビーは可能なんでしょうか?ツル植物といえばそのくらいしか思い当たらないもんで・・・。できるだけ上の条件がそろうなら、別に他の物でもかまいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

我が家には「オカメズタ」がありますが、これは常緑です。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/okame1.htm
かなり丈夫で排気ガスまみれの場所でもめきめき育ち、雪が積もっても春にはしっかり新芽が出ました。
日当たりも西日までばっちり当たる場所においてありますが平気なようで、真夏でも元気ですよ。
アイビーとはいえアイビーにはかなりの種類があります。
中には強い光に弱いもの、落葉するもの、耐寒性にかけるものなどありますから選ぶときは気をつけたほうがいいですよ。
以前丈夫なアイビーを選ぶコツを園芸ショップの人に聞いたのですが、
・葉が大きいもの
・葉が緑色のもの
・葉が肉厚なもの
といわれました。一般的に斑入りの葉のものには耐寒性にかけるものが多く、外での管理は不向きなものが多いそうです。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/hedera1.htm
これは西洋キズタといわれるアイビーなのですが、これは結構丈夫です。よくショップでも見かけるものだと思いますよ。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/pumila1.htm
プミラの中にも丈夫で外OKのものがあります。
他には羽衣ジャスミン、トケイソウ、テイカカズラ、ムベ、ツルニチニチソウなどなど常緑で目隠しに使えてある程度の耐寒性があるものはたくさんあります。
雪の量や冬の気温などはやっぱり住んでいる地域の人のほうが詳しいと思うので、買うときにショップの人にアドバイスをもらったほうが確実と思います。

我が家には「オカメズタ」がありますが、これは常緑です。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/okame1.htm
かなり丈夫で排気ガスまみれの場所でもめきめき育ち、雪が積もっても春にはしっかり新芽が出ました。
日当たりも西日までばっちり当たる場所においてありますが平気なようで、真夏でも元気ですよ。
アイビーとはいえアイビーにはかなりの種類があります。
中には強い光に弱いもの、落葉するもの、耐寒性にかけるものなどありますから選ぶときは気をつけたほうがいいですよ。
以前丈夫な...続きを読む

Qミニトマトの葉が黄色くなって・・・

ベランダで育てているミニトマトの葉が黄色くなってきてしまいました。
もう終わりなんでしょうか?でもまだトマトは4個くらいしか食べていません。
他のトマトはまだ青いです。
そういう病気もあるんですか?教えてください。

Aベストアンサー

トマトは、他の野菜類に比べて、かなり肥料食いです。
元肥を入れていたとしても、成長に伴って、追肥が必要になってきます。
トマトに限らず、葉が黄色くなるのは、肥料不足のサインです。
ベランダということなので、たぶん、プランターかと思いますが、地植えにくらべて、特に肥料不足になりやすいです。
今からなら、即効性の化成肥料を与えれば、復活する可能性があります。
また、カルシウム分が不足すると、
尻腐れ病といって、実(青いあいだでも)のおしりの部分が、茶色くなってきます。
ちょっとお値段高めですが、カルシウム入りの化成肥料も出ていますよ~。
枝の下の葉から、順番に黄色く枯れていくのは、葉の寿命で「お役目ごめん」なので、心配はありません。カビがでやすいので、取り除くといいですね。

Qベランダでハーブを育てる時の防虫対策について

ベランダでハーブを育てたいと長年思っていましたが、
とても虫が苦手なんで諦めていました。
でも、どうしてもやってみたいという気持ちが強くなって。

(ハーブ大好きで、毎日料理その他に使いまくり、消費量がすごいんです。
 でも、お店に買いにいっても、種類がなかったり、売り切れだったりで
 あちこち探しまわる・・なんて不自由なことが多い日々で。)

そこで、あらゆる防虫対策を教えて欲しいのです。
ハーブや土にかけるだけでなく、周囲に何かを置くとかなんでもいいです。
できる限り手をつくしたいです。

ベランダは日当たり・風通しがとてもよいです。
都会のマンションの高層階で周囲になにもなく、普段もベランダに虫や鳥が飛んでくることもほとんどなく
比較的虫が来にくい環境ではあるのですが、土と植物があればどうしてもでて来ますよね・・

まずはよく使う、バジル・ローズマリー・ミント・ルッコラを育ててみたいです。
アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

バジル・ローズマリー・ミント・ルッコラのすべての栽培経験者です。
実は、4種すべてに虫がつきました。(~_~;)
今季は、ミントについたヨトウムシの被害が、一番ひどかったですね。

ハーブに限らず、なぜ植物に虫がつくのかを考えてみましょう。
それは、
・植えている土や苗に、元々、虫のタマゴや幼虫がいた。
・成虫が飛んできて住み着いたり、タマゴを産みつけた。
・虫が快適に過ごせる環境であった。
が、大きな理由だと思います。

せっかく自家栽培されるのですから、無農薬の方がいいと思いますので、
・培養土は、使う前に直射日光に当てて2~3週間干したり、熱湯や薬剤で消毒するか、有機物の少ない鉱物質系のものを使用する。
・苗は、購入の際に、よく観察する。(鉢底のナメクジなども!)
・成虫の飛来を防ぐために、タネマキや植え付け直後に、防虫ネット(網戸ネットでも代用できます。)で、密閉する。
などの対策が、考えられますね。

マンションの高層階でしたら、よほどのことがない限り、大丈夫そうですね。
あとは、室内で水耕栽培(ハイドロカルチャーや、川砂+水)されると、虫にとっては住みにくい環境になるので、大丈夫かなと思います。
ただし、土に植えて、外で育てるのとは、ずいぶん成長に差が出ます。

ちなみに、我が家のように大量に虫がついたとしても、虫が食べる分以上に植えていると、人間の分くらいは残ります。(笑)
そして、虫の活動時期が終わると、急速に成長してくれます。
あ、うちの場合、タネマキしたチャイブは芽が出た直後に食われて、全滅でした。(~_~;)
2株しかなかったイタリアンパセリは、茎しか残りませんでした。

バジル・ローズマリー・ミント・ルッコラのすべての栽培経験者です。
実は、4種すべてに虫がつきました。(~_~;)
今季は、ミントについたヨトウムシの被害が、一番ひどかったですね。

ハーブに限らず、なぜ植物に虫がつくのかを考えてみましょう。
それは、
・植えている土や苗に、元々、虫のタマゴや幼虫がいた。
・成虫が飛んできて住み着いたり、タマゴを産みつけた。
・虫が快適に過ごせる環境であった。
が、大きな理由だと思います。

せっかく自家栽培されるのですから、無農薬の方がいいと思...続きを読む

Q丈夫で直射日光可の鉢植え観葉植物を探しています。

丈夫で直射日光可の鉢植え観葉植物を探しています。

我が家の玄関(外)に、鉢植えの樹木を置きたいと考えています。
玄関は南向きで西側に障害物がなく、昼前から日没まで直射日光
が当たりっぱなしです。
玄関のひさしは透明の天板で、さらに日当たり良好です。
良すぎて葉焼けや生育不良、枯死など不安要素ばかりです。

太幹のゴムの木あたりを置こうかと思いましたが直射日光は、あ
まり良く無さそうですね。

ひさしの下までは約2.5mで、日当たりは前記の通り。
大きな鉢で楽しめる観葉植物、または樹木を教えていただけると
有り難いのですが、、、。

あれやこれや案を頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんにちは
我が家はシェフレラが外でガンガン育っていますよ。
直射日光当たっても大丈夫だと思いますが、ちなみに九州で地植えです。
どの植物も西日がガンガンと土の温度が上がるのは嫌うようです。
根が傷むと、葉先から枯れ上がってきます。
そこだけ直接コンクリに置かないですのこ状の鉢置きの上に載せるなど
ちょっと工夫すればいけるのではないでしょうか?
手始めにシェフレラは挿し木出来るので、ポット植えして根が出たら置いてみてはどうですか?
環境に慣れてしまえば、植物は逞しいので育つと思います。
ヤシ系の植物もいけると思いますけど、冬越しがどうでしょうか?
観葉植物ではありませんが、エニシダを大鉢で置いても見事ですよ。
これは、西日だろうがいけます。
無茶苦茶強いです。
グリーンカーテンみたいな感じにもなります。

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qエアコンの室外機からの送風

おはようございます

エアコンの室外機からの送風は草花にどれくらい影響しますでしょうか?
どれくらいの距離を離せばよいか、またはついたてで遮ったほうが良いのか
わからなくて困っています
現状は横ニ台並んだ室外機から花壇まで約40センチほど離れています

これから夏にむけて熱風が吹き付けるのは必至の事態です

どうすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

>エアコンの室外機からの送風

エアコンの室外機からの送風は草花にどれくらい影響しますでしょうか?
どれくらいの距離を離せばよいか、またはついたてで遮ったほうが良いのか
わからなくて困っています
現状は横ニ台並んだ室外機から花壇まで約40センチほど離れています

これから夏にむけて熱風が吹き付けるのは必至の事態です

どうすれば良いでしょうか?


影響度についてポイントが数点あります。

◇エアコンのタイプと室外機からの送風の種類
多くのエアコンが冷暖房除湿(ドライ)機能のインバーターエアコンだと思います。
その場合は、一部の除霜やクイックスタートの為の運転を除き
冷房:温風40~60℃
除湿:断続的に温風40~60℃<基本的には冷房&OFFや送風運転での間歇運転です>
暖房:冷風5~20℃

◇室外機の構造
熱交換器(凝縮器と送風ファンの位置や方向)が上吹き出しOR背面吹き出し、左右側面吹き出し、上と背面の2方向吹き出し等があり、その方向に室外機からの排気(送風)が花壇の植栽に影響するので、室外機の構造と排気方向に留意して距離を置くor植栽(グランドカバー以外の背丈のある草花)を避ける。

◇花壇の植物の種類や特性にて耐性は違うが・・・
温度以上に風による乾燥や葉茎からの脱水症状・ストレス(温度・湿度・風の変化や影響)がダメージに成る。

◇その他、室外機が日照を遮ったり、風通しを塞いだりしていませんか?


対策としては、

◇室外機との間のスペースを取るのが一番です。

◇スペースが取れない場合は、送風の吹き出し方向を避ける→距離・背丈も考慮。

◇室外機の横に風除け板やカバーを設置。

◇植物側の防衛策として、鉢を台の上に置く等、かさ上げする。

◇影響の出る前に、危険ゾーンの鉢をローテーション[日替わり席替え]して移動。

◇エアコンの運転期間&時間を短縮する事で→植物によっては、マルチと霧吹き(乾燥防止)、エアコン運転時の鉢やプランターは避難にて影響を最小限にとどめる事が可能な品種もあります。

>エアコンの室外機からの送風

エアコンの室外機からの送風は草花にどれくらい影響しますでしょうか?
どれくらいの距離を離せばよいか、またはついたてで遮ったほうが良いのか
わからなくて困っています
現状は横ニ台並んだ室外機から花壇まで約40センチほど離れています

これから夏にむけて熱風が吹き付けるのは必至の事態です

どうすれば良いでしょうか?


影響度についてポイントが数点あります。

◇エアコンのタイプと室外機からの送風の種類
多くのエアコンが冷暖房除湿(ドライ)機能のインバータ...続きを読む


人気Q&Aランキング