第一審公判の手続

第一審の公判期日における手続

って、違うのでしょうか?

予備試験と司法試験で似た問題が出てますが、答えが違うのですよね。

A 回答 (1件)

公判手続きは広義で、公判期日は狭義です。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公判前整理手続は控訴審以降もやるのでしょうか?

一定の重大な犯罪を裁く裁判員裁判において
公判前整理手続が第一審初公判の前に行われると思うのですが、
控訴審、上告審に進んだ場合も、公判前整理手続は行われるのでしょうか?

例えば、殺人の罪に問われた被告人が、
無罪を主張しているのに死刑判決が出た場合、
控訴審、上告審でも公判前整理手続が行われますか?

Aベストアンサー

公判前整理手続は裁判員裁判対象事件について行われるものですが、
裁判員裁判の対象は地方裁判所で行われる刑事事件が対象になり、
刑事裁判の控訴審・上告審は対象外になっていますので、
控訴審・上告審では公判前整理手続は行われないはずです。

公判前整理手続について
 http://www.courts.go.jp/vcms_lf/20903007.pdf

裁判員制度ではどんな事件の裁判をするのですか
 http://www.saibanin.courts.go.jp/qa/c2_1.html

Qなぜ第一回公判期日後は証人尋問請求できないのですか?

刑事訴訟法の勉強をしている初学者です。

なぜ第一回公判期日後は証人尋問請求できないのですか?
第一回公判期日後に新たな証人が見つかるような場合に、
証人尋問できないとすると真実発見に反すると思うのですが。

そもそも、そのような場合がないのでしょうか。
それとも、第一回公判期日後は他の手続が用意されているのでしょうか?

イメージができなくて困っています。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

それは単なる勘違いです。

刑事訴訟法226条及び227条1項を根拠とする【捜査としての】「証人尋問」の請求が、第1回公判期日前にしかできないだけです。証拠調べ手続きにおける証人尋問の請求は第1回公判期日後でもできます。
そもそも第1回公判期日「後」には証拠調べ手続きで証人尋問をすればいいのだから、226条及び227条1項を根拠とする【捜査としての】「証人尋問」はもはや認める意味がないということです。

呼び方は同じ「証人尋問」ですが、226条及び227条1項の「証人尋問」は【捜査】です。任意捜査としての被疑者以外の取調べ(223条1項。いわゆる参考人の取調べ)が拒否された(226条)又は、供述が変わる可能性がある(227条1項)場合に、取調べを強制的に行うための手続きであって、証拠調べ手続きではないのです。

時間ないからこの程度の説明でいい?

Q公判前整理手続における証人尋問権について

刑訴法321条1項2号前段書面について、もし証人が近日中にも国外退去になると言うとき、その証人への被告人の尋問権はどう保護されますか?この場合、弁護人による証人への尋問は可能でしょうか。また、入管への裁判所からの退去処分延期は認められますか?

Aベストアンサー

これは、証拠能力のある物は何か、
と言う条項でしよう。
その一つとして、海外にいる者が従前に検察官の面前の調書だ、
と言うことであって、これから海外にゆく者の規定ではないです。
従って「その証人への被告人の尋問権はどう保護されますか?」は、ないです。
「この場合、弁護人による証人への尋問は可能でしょうか。」は、不可能です。
「入管への裁判所からの退去処分延期は認められますか?」は、認められません。

Q期間公判手続

って、なんですか?

調べてもありません。

刑事訴訟です。

Aベストアンサー

民事裁判でも同じですが計画的に審理するために、刑事裁判でも全ての手続きを法廷でしていません。
期間公判手続きと言う用語は刑事訴訟法にありませんが、法廷での手続きとそうでない手続きを別けているので、その用語のことだと思います。(刑事訴訟法316条の2以後参照)

Q予備的併合

民事訴訟の予備的併合の具体例を教えて下さい。

この予備的併合と予備的請求って同じ意味ですよね?

Aベストアンサー

例えば、被告は原告に対して未払い賃料10万円支払え。
と言う訴訟で、仮に、未払い賃料でなければ賃料相当損害金として10万円支払え。
と言うようなことを予備的併合といいます。
このことから、予備的併合と予備的請求は同じです。
しかし、例えば、この例では原告は貸主、つまり、当該不動産の所有権を前提としています。
そこで、被告が所有権は私にある、等から、原告が、原告所有の確認訴訟を別訴として提起した場合は、10万円支払えとの裁判と確認訴訟とを併合事件として一つの訴訟として審理することがあります。
それを「併合事件」と言っています。
前者は事件番号は同じで、後者は事件番号が違いますが判決文は一通内に記載されています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報